パーマのスタイリング剤、おすすめはジェル?ワックス?美容師が解説

ロングヘアが似合わない人の特徴と顔について
Pocket

「パーマヘアってどうやってセットしたらいいの?」

「パーマヘアにはどんなスタイリング剤がおすすめ?」

今回は、そんな疑問に詳しくお伝えします!

パーマにぴったりのスタイリング剤を、美容師が詳しく解説していきます。

スタイリング剤のおすすめはジェル?ワックス?

他にもムースやヘアオイル、ヘアミルクなどたくさんの種類がありますよね。

スタイリング剤のおすすめはジェル?ワックス?

どんなタイプがウェーブをおしゃれに決められる?

パーマをかけている髪は、スタイリング必須。

もちろんスタイリング剤も使う必要があります。

パーマをかけている方に向けて、おすすめのスタイリング剤とセット方法をご紹介しますので、ご参考いただけたら嬉しいです。

パーマを楽しむあなたは今、スタイリング剤に何を使っていますか?

スタイリング剤とはたくさんの種類がありますよね。

クリーム状やスプレータイプ、ヘアバーム、ヘアオイルやヘアミルクなど。

パーマの濡れ髪風を再現できるものや、香りの良いもの。

また、ワックスの中でもハード系やソフト系に分かれています。

メンズ向け、レディース向けなど多岐にわたるスタイリング剤。

アットコスメやAmazonなど、ネットのランキングから購入される方も多いでしょう。

パーマを楽しむあなたは今、スタイリング剤に何を使っていますか?

市販品では「ミルボン」や「ロレッタ」「ナプラ」などは女性にも大人気のスタイリング剤ですよね。

パーマのヘアセットが簡単なスタイリング剤。

くせ毛さんに人気のスタイリング剤や、キープ力が長持ちするタイプもあります。

サロン全売品やしっとり・さらさら系の系スタイリング剤、オーガニックタイプなど。

個人それぞれにぴったりのスタイリング剤があります。

今回は、最新のスタイリング剤について美容師が詳しくお伝えしていきます。

パーマを楽しむためのスタイリング剤とは、どんなタイプのものでしょうか?

パーマを楽しむためのスタイリング剤とは、どんなタイプのものでしょうか?

パーマがくっきり戻るもの、広がるパーマを抑えるスタイリング剤などを解説していきます。

忙しい朝に簡単にパーマがセットできるスタイリング剤や、髪にもやさしいスタイリング剤を詳しく解説していきます。

パーマをかけた髪型にぴったりのスタイリング剤についてお伝えします。

まず、パーマにはいろいろな種類がありますよね。

細かくパーマをかけるスパイラルパーマや、ウェーブが大きめのパーマなど。

どのパーマにも共通して言えることは、パーマは少し濡れ髪風やツヤ感を出すのがトレンド感が出るということ。

パーマヘアは、ツヤが出るタイプのスタイリング剤がおすすめなのです。

 

パーマヘアは、ツヤが出るタイプのスタイリング剤がおすすめなのです。

パーマをかけた髪型にスタイリング剤をプラスして、うるっとした質感に仕上げると素敵です。

ツヤがある髪は若々しく見えるという効果もありますよ。 

スタイリング剤には様々な種類がありますが、中でもおすすめのスタイリング剤とは?

 パーマヘアにぴったりのスタイリング剤とは、ムースとワックス。

ただしスタイリング剤であるムースは、髪が硬い方や毛量が多い方には向きません。

ムースは泡状にかなり柔らかいタイプのものが多く、髪が硬かったり多かったりすると、馴染みすぎてしまいます。

 パーマヘアにぴったりのスタイリング剤とは、ムースとワックス。

ムースが髪に吸収されやすいため、スタイリング剤としてあまり機能しない可能性が高いのです。

特にパーマをかけた髪は、うねりでもともとの髪質より少し変形するもの。

ムース状や柔らかめのスタイリング剤では、ヘアセットしにくいといえます。

では、硬めの髪質や髪の毛の量が多い方には、どのようなスタイリング剤が向いているのでしょうか?

硬い髪質の方や量が多めの方は、ワックスを選びましょう。 

パーマのうねりも綺麗に出すことができます。

普段使いする場合は、パリパリに固まらないものを使うことも重要。

普段使いする場合は、パリパリに固まらないものを使うことも重要。

ハード系のスタイリング剤はゴワゴワしやすくなります。

ものによってはシャンプーでも落ちにいものもあるんです。

スタイリング剤が落ちにくいということは、スタイリング剤による汚れが洗い落とせないということ。

スタイリング剤による汚れが蓄積されて、頭皮に毛穴が詰まる可能性が高いです。

おしゃれなパーマどころの話ではなくなってしまいます。

パーマとは、薬剤で髪質を変化させているもの。

頭皮に毛穴が詰まると、髪に栄養が水分が行き渡りにくくなり、髪の毛にダメージが生まれてしまいます。

頭皮に毛穴が詰まると、髪に栄養が水分が行き渡りにくくなり、髪の毛にダメージが生まれてしまいます。

ダメージを負った髪にパーマをかけると、もともと受けているダメージにパーマの薬剤の負担が加わるため、髪や頭皮にとって大きなダメージになります。

そういったこともあり、パーマのおしゃれを楽しみたい場合は落ちにくいスタイリング剤の使用をお勧めできません。

どうしても髪が硬くてセットが決まらない、スタイリングできない場合は、硬めのスタイリング剤を選ぶのもOK。

しかし、しっかり毎日洗い流すことがダメージ毛を生まない大きなポイントです。

できれば、スタイリング剤はやわらかく仕上がるものを使うのが理想。 

  • ヘアオイル
  • ヘアミルク

この2つはしっとりさせたりツヤを出したりできるスタイリング剤。

ヘアオイル・ミルクはしっとりさせたりツヤを出したりできるスタイリング剤。

髪のケアとしても使われることが多いスタイリング剤です。

しかし、カールを上手く出すことができないので、パーマのスタイリング剤としては不向きなのです。

パーマのスタイリング剤としては向かなくても、ヘアケアにぴったり。

特に、パーマをかけた後は髪が傷みやすいもの。

パーマ後のヘアケアとして使うことがオススメです。

ヘアオイルやミルクはアウトバストリートメントとして、お風呂上りのケアに使いましょう。

ヘアオイルやミルクはアウトバストリートメントとして、お風呂上りのケアに使いましょう。

ウェットにするならムースやジェルを髪の長さに合わせて選ぶ

パーマにおすすめのスタイリング剤は、ワックス。

ムースやジェルは髪が硬い、髪の毛の量が多い方には不向きのスタイリング剤。

しかし、髪質が柔らかい、または一般的な硬さの方にはオススメのスタイリング剤です。

パーマが簡単に戻り、ツヤ感をプラスするスタイリング剤です。

しかし、ムースもジェルも使い方に要注意。

使う方法としては、どちらも適量手に出して髪に馴染ませるだけ。

パーマにおすすめのスタイリング剤は、ワックス。

その適量を誤ってしまうと、髪がビショビショに濡れた印象になってしまいます。

濡れ髪風パーマとはトレンド感のある髪型ですが、スタイリング剤をつけすぎると行きすぎたウェット感に。

スタイリング剤は、髪の長さに合わせた適量を使ってくださいね。

また、髪の量や髪質によっても使う量が異なるもの。

ご自身のパーマヘアに合った量を使ってください。

次に、ムースとジェル、それぞれのスタイリング剤の特徴を挙げていきます。

ご自身のパーマヘアにぴったりのスタイリング剤を見つけてくださいね。

ご自身のパーマヘアにぴったりのスタイリング剤を見つけてくださいね。

ムースの特徴

  • 水分を多く含んでいる
  • 柔らかいのでスタイリングしやすい

では、パーマをした髪に使いやすいムースの選び方とは?

パーマ用ムースもあるので、どんなムースが良いのか見ていきましょう。

  • 水分多め&柔らかめのムースはパーマを戻しやすい
  • パーマのカールによってムースを変える

水分の多いムースはパーマが戻りやすいスタイリング剤。

水分の多いムースはパーマが戻りやすいスタイリング剤。

また、柔らかいため髪に馴染みやすいのが特徴です。

パーマのカールによっても使い分けると良いでしょう。

パーマのカールが細かい、太め、大きめウェーブなどによってムースを使い分けてください。

長時間パーマをキープする場合は、ハード系やパーマをくっきり戻すタイプがおすすめです。

先ほど紹介したように、ムースは水分多め&柔らかめのスタイリング剤なので、ショート〜ミディアムヘアの方におすすめです。

続いて、ジェルの特徴を解説していきますね。

続いて、ジェルの特徴を解説していきますね。

ジェルの特徴

  • ウェット感が出る
  • 固まるタイプが多い
  • 手直しができない
  • 長時間パーマをキープできる

ジェルも水分が多めのスタイリング剤。

柔らかいぷよぷよした質感なので、扱いが簡単なのが特徴です。

しかし、固まるタイプが多いので手直しができません。

その分、パーマを長時間キープできるといえます。

ジェルはパーマを長時間キープできるといえます。

パーマのヘアセットに使えるスタイリング剤、ムースとジェルを紹介しました。

女性の髪質にはムース、男性の髪質にはジェルが合うことが多いです。

また、ムースのジェルも水分が多い&柔らかめの素材なので、ウェットなパーマに仕上がりますよ。

ウェット感を出すのにぴったりですが、つけすぎて髪を乾かさなくてはいけないレベルにするのはNG。

ムースもジェルも適量使うようにしてくださいね。

パーマや髪質によって、スタイリング剤を使い分けることがオススメです。

パーマや髪質によって、スタイリング剤を使い分けることがオススメです。

パーマのスタイリング剤にはしっかり髪型を維持できるワックスがおすすめ

パーマにおすすめのスタイリング剤を紹介してきました。

ムースやジェルはウェット感の出るスタイリング剤。

しかし、髪質によっては合わない場合も。

パーマのヘアセットをする上で、どんな髪質にも合うスタイリング剤はワックスです。

ワックスを使ったパーマのセット方法も簡単。

  1. 髪を乾かす前にヘアオイルをつける
  2. 乾かした後にワックスを必要な箇所に付ける

パーマのヘアセットをする上で、どんな髪質にも合うスタイリング剤はワックスです。

簡単にパーマのうねりを再現できるスタイリング剤です。

では、パーマのヘアセットを詳しくお伝えしていきますね。

スタイリング剤・ワックスを使ってどのようにパーマをセットしていくのがオススメか、簡単にセットできる方法を解説します。

  • 髪の毛の毛先〜中間を中心にワックスをつける
  • パーマを担当した美容師にヘアセット方法を聞いてみる

この2つが簡単にパーマヘアをセットできるコツ。

パーマは薬剤で髪質を変えているため、ダメージを受けています。

パーマは薬剤で髪質を変えているため、ダメージを受けています。

パーマによってパサつきやすい毛先~中間部分を中心にワックスをつけることがポイント。

ツヤ感のあるパーマに仕上がります。

また、毛先にまとまり感が出るだけでもきれいに見せられますよ。 

それからどのようにセットするのが良いのかについては、下記の内容によっても変わってきます。

  • 元々の髪質
  • 髪の長さ
  • 髪の量
  • パーマの種類(コールドパーマなのかデジタルパーマなのか等)

これらの髪質などにより、パーマのかけかたを変えている美容師が多いです。

ベストなのは、パーマを担当した美容師にセット方法を教わること。

ベストなのは、パーマを担当した美容師にセット方法を教わること。

乾かし方のコツなども一緒に教えてもらいましょう。 

それからパーマはどうしても髪が傷む施術です。

スタイリングはもちろん、ヘアケアにもしっかりこだわってダメージを抑えてくださいね。

パーマのためのスタイリング剤に美容師考案のワックスをご紹介します

パーマヘアのスタイリング剤にはワックスがおすすめ。

特に、スタイリングもヘアケアもしやすいタイプがイチオシとお伝えしました。

パーマは薬剤によってダメージを受けるもの。

スタイリング剤も、ヘアセットとヘアケアが同時にできるタイプだと良いです。

スタイリング剤も、ヘアセットとヘアケアが同時にできるタイプだと良いです。

パーマのセットが簡単にできて、パーマよるダメージを抑えられるスタイリング剤。

そんな夢のようなスタイリング剤があるの?

そう、実は美容師が監修した夢のようなスタイリング剤があるんです。

それは、美容師が監修して作ったプリュムワックス。

 ヘアセットをしながらヘアケアもできるプリュムワックス

プリュムワックスは、スタイリング力がありながらパリパリに固めないタイプのスタイリング剤。

パーマのスタイルキープにぴったりのスタイリング剤なんです。

やわらかいニュアンスを残して仕上げることができるので、パーマのスタイリングにぴったり。

もちろん巻き髪のセットにもお使いいただけます。

そしてプリュムワックスはワセリン主成分の保湿系ワックス。

パーマで乾燥しやすい髪に自然なツヤをプラスできるスタイリング剤です。

パーマで乾燥しやすい髪に自然なツヤをプラスできるスタイリング剤です。

プリュムワックスは、パーマのスタイリング剤にはもちろん。

ヘアケアアイテムとしても使えるアイテム。

お風呂上りのアウトバストリートメントとして使っていただいてもOK。

では、市販品とプリュムワックスの違いはなんなのでしょうか?

次の項目で詳しく解説します。

市販品との違い、ベタベタせず髪にツヤが出ます

プリュムワックスは、パーマのヘアセットに最適なスタイリング剤。

市販品との違いを詳しく解説していきますね。

プリュムワックスは、パーマのヘアセットに最適なスタイリング剤。

  • スタイリングだけではなくヘアケアもできる保湿力
  • べたつかないサラリとした使い心地
  • 固形トリートメントのようなつけ心地
  • 無香料、無香性の香りがないワックス
  • 添加物を一切含まないオーガニック原料

プリュムワックスの成分は、保湿効果のあるワセリンが主成分。

その他4つの保湿成分配合なので、パーマでパサつきやすい髪を簡単セットできるスタイリング剤。

そんな保湿力の高さから、「固形トリートメント」と呼ばれることも。

お肌と髪に優しい保湿成分だけで作ったので、スタイリングだけではなくパーマのヘアケアもしっかりできるんです。

寝ている間の乾燥から髪を保護し、朝の寝癖や広がりを予防。

寝ている間の乾燥から髪を保護し、朝の寝癖や広がりを予防。

朝起きた時のスタイリングがかなりラクになりますよ。

そして、プリュムワックスは使い心地も嬉しいスタイリング剤。

べたつかない仕上がりで、香料や着色料などの添加物は一切不使用。

ワックスによっては手がべたつくことがありますが、プリュムワックスは手も髪もサラサラに。

枕やお肌についてもベタつく心配はありません。

また、香料も含まれていないのでどんな場所でもお気軽に使えます。

あなたのパーマにぴったりのスタイリング剤を選びましょう

今回は、パーマヘアにおすすめのスタイリング剤をご紹介させていただきました。 

パーマのスタイリング剤としてはワックスが一番オススメです。

どんな髪質の方でも簡単にセットできるスタイリング剤としてお使いいただけます。

中でもオススメのワックスは、プリュムワックス。

中でもオススメのワックスは、プリュムワックス。

  • スタイリング&ヘアケアできる保湿力
  • べたつかないサラリとした使い心地
  • 固形トリートメントのようなつけ心地
  • 無香料、無香性の香りがないワックス
  • 添加物を一切含まないオーガニック原料

これらがプリュムワックスのこだわり。

保湿成分たっぷりなので、ぱさつきやすいパーマヘアをしっとりまとめてくれますよ。

少しでもパーマをかけている髪の扱いに悩んでいる方の参考になれば幸いです。 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Pocket

毛髪補修成分で”艶髪”

Pocket

Pocket