解決!湿気で髪がうねらない方法を美容師が徹底解説!

サムネイル
Pocket

雨の日など、湿気で髪がうねることにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

湿気で髪がうねってしまうのは、髪の毛が水分を吸収してしまうから。

特にくせ毛など吸収性を持つ髪質の場合、湿度が高いと水分を吸収して髪の毛が膨張し、うねりや広がりの原因になるんです。

ある程度は仕方がないことですが、対策方法ももちろんあります!

今回は湿気によるうねりが気になる方に向けて、お悩み別に対策方法を解説します。ぜひ参考にしてください。

全体のうねりが気になる場合の対策方法

まずは全体的にうねりが気になる場合の対策方法を解説します。

朝のスタイリング時にワックスを使ってコーティングする

最初に軽く解説したように、水分を吸収すると髪の毛が膨張し、うねりや広がり、そして爆発などの原因になります。

なので少しでも水気の吸収を抑えるために、髪の毛をコーティングしましょう!

ワックスなどのスタイリング剤でコーテイングしてあげると、さすがに100%とまではいきませんが、何もつけていない状態よりは広がりを抑えることができます。

ワックスでまとめる

↑このように、うねりだけでなくパサパサ&ゴワゴワしてしまう髪にもおすすめです。

まとまり感とツヤが足されることによって、髪の毛自体もきれいに見えませんか?

ちなみに上のbefore&afterで使っているのは、くせ毛の方のために開発したMAXオリジナル「プリュムワックス」という製品です。

ワックス詳細

↓プリュムワックスの嬉しい口コミもいただいています!

レビュー

女性はワックスを使い慣れていない方が多いので「どうやってワックスでスタイリングすれば良いのか分からない……」という方もいると思います。

でも実は、ワックスを使ったスタイリングって簡単なんです!

基本は適量を両手のひらにしっかり伸ばしたら、髪の毛を手櫛で梳かすような感じで、ざっと馴染ませるだけ。

ショートの方なら束感を出すために部分的に指で毛束をつまむような感じでセットしたりするのも良いですね。ロングの方はワックスをつけた後、コーミングしてあげるとさらにツヤ感が増しますよ!

ワックスを使った詳しいセット方法は動画で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▼動画はこちら

 

うねりをあえて活かす髪型にする

うねりやすいくせ毛なら、あえてうねりを活かす髪型にする方法もあります!

癖を活かしたヘアスタイルにすると、毎日のセットもかなり楽になりますよ。

コテで巻いたりしなくてもパーマ風スタイルになれるというメリットもあります。ニュアンス感たっぷりのスタイルは、直毛の方にはできない、くせ毛だからこそできる髪型と言っても過言ではありません!

イメチェン

↑ロングヘアよりもショートヘアの方が、癖を活かしやすいためおすすめです。

僕の美容院にいらっしゃるお客様には「人生で初めてショートにした」という方も結構いらっしゃいます。なので今まで短くしたことがない方も、ぜひトライしてみてほしいです。

 

癖を活かすミディアム

↑結べる長さをキープしたいのであれば、ミディアムやセミロングでもOKです。

このようにカットを変えるだけで、変わることができるんですよ!

このくらいの長さであれば色々なヘアアレンジも楽しめます。梅雨の時期など髪の毛が爆発してしまう場合は、コンパクトなまとめ髪にしたりするのも良いですね。

縮毛矯正をかけるのはどう?

縮毛矯正について

くせ毛の方で縮毛矯正をかける方は、非常に多いですよね。

特に梅雨の前くらいになると、美容院では縮毛矯正のオーダーが増えるんですよ。髪が扱いにくくなる梅雨は、やっぱりくせ毛にとってはしんどいですからね……。

確かに縮毛矯正をかけるとくせ毛でもストレートになりますし、うねりにくくなるため扱いやすくなります。

ただ、僕としては縮毛矯正はおすすめはしません。

何故かと言うと傷むからです。それから縮毛矯正をかけているとハイトーンなど明るいカラーにできないので、髪色も制限されます。それから髪の毛が数センチ伸びてくると根本の癖が気になるので、結構頻繁にかけなくてはいけません。時間もお金もかかってしまいます

そのため僕は癖を活かすことができるデザインを提案しています。そしておすすめしない施術をするのは美容師として正しいとは思えないので、現在僕の美容院に縮毛矯正のメニューはありません

もちろん「サラサラストレートが好きだから、どうしても縮毛矯正をかけたい!」というのであれば、かけても良いと思います。自分が好きなヘアスタイルで過ごすのが一番だからです。

でも「別にストレートヘアが好きなわけではないけど、どうすれば良いか分からないからとりあえず縮毛矯正をかける」「扱いやすくするためだけに縮毛矯正をかけることを選ぶ」のは、やめてみてほしいんです。

先ほどご紹介したように癖を活かせる髪型はたくさんありますし、ワックスで髪をきれいに見せることだってできます。

なので安易に縮毛矯正をかけるのではなく、その前に一旦「本当に自分にとって縮毛矯正は必要なのか?」を考えてみてくださいね。

 

前髪のうねりが気になる場合の対策方法

次に前髪のうねりが気になる場合の対処方法を解説します。

前髪が決まらないと、一日テンションが下がりますよね……。なのでしっかり対策して、きれいな前髪を作っていきましょう!

前髪は乾かし方が非常に重要です。

朝シャンをする方は、乾かし方を見直しましょう。朝シャンをしない方も朝起きたときに前髪に癖がついていた場合は、一旦根元からしっかり濡らして乾かすと寝癖がきれいにとれますので試してみてください。

前髪がうねりやすい&癖がある方向けの乾かし方

前髪の乾かし方

↑前髪を乾かすときは、まず根元から

根元の部分にドライヤーを当てながら、手でワシャワシャしながら乾かしましょう。

ちなみにドライヤーを近づけすぎてしまうと熱で髪が傷みますので気を付けてください。ドライヤーの距離の目安は「手のひらにドライヤーの風を当てても熱くない距離」です。

前髪

↑生え癖がある場合は、うねる向きとは「逆」の方向にひっぱりながら乾かしてください。

そうすることで、うねりにくくなるんですよ。

前髪が浮いてしまう場合は、手のひらで上から軽く前髪を潰すような感じにしながら乾かすのもおすすめです。

▼詳しい乾かし方は動画をご覧ください!

 

表面だけうねって広がる場合の対策方法

中には「全体的にはうねらないけど、表面の髪の毛だけがうねったり広がったりする」という方もいますよね。

表面のうねりも、ワックスを使うことで目立たなくすることができます!

表面のうねりやアホ毛などが気になる場合は、表面の毛を撫でるような感じでワックスを使うと良いですよ。

ワックスbeforeafter

↑このように表面がうねる&チリチリする髪も、プリュムワックスをつけただけでツヤが出てまとまりました。

ちなみにプリュムワックスはトリートメント系のソフトワックスで、パリパリに固めないタイプです。

ワックスにも色々な種類(ハードタイプやソフトタイプ、ファイバータイプ等)がありますが、女性にはソフトタイプのものがおすすめですね。

しっかり固めてしまうものだとどうしても不自然な感じになりますし、やわらかさが出ないからです。

また毎日使うのであれば、成分もしっかりとチェックしてくださいね。特に敏感肌の方はお肌についても荒れる心配が少ない、優しい成分で作られたワックスを選びましょう!

(もちろんプリュムワックスは刺激になりにくい安全な成分のみでお作りしています)

まとめ

今回は湿気で髪がうねってしまうことにお悩みの方に向けて、対策方法をご紹介しました。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

公式LINE画像

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAX戸来オンラインショップ

プロフィール


MAX戸来(ヘライ)
20歳から上京し、22歳から原宿美容院MAXを一人で設立。24歳から一律カット料金3万円に。
パサつく髪、くせ毛、ダメージ毛で悩む全国のお客様へ「毎日サロン帰り」を実現することができるヘアケア製品の開発、ヘアスタイルをご提案。
公式HPを見る

髪型BEFORE→AFTER画像集を見る

公式LINEで髪型の無料相談する

MAX戸来公式オンラインSHOPはこちら

ページ上部へ戻る