ストレートパーマのメリットとデメリット、縮毛矯正との違いは?

ストレートパーマのメリットとデメリット、縮毛矯正との違いは?
Pocket

うねる髪をまっすぐにするための施術にはストレートパーマと縮毛矯正があります。

これらの2つは目的によって正しく選ぶ必要があるのですが、その違いを知らない人も多いはず。

このページでは毛髪診断士がストレートパーマをかけるメリット・デメリットと、縮毛矯正との違いについて解説しています。

くせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当してきたスタイリストの意見も紹介。

くるくるとうねるくせ毛の髪はまとまりにくく、毎朝ヘアセットに時間がかかるため一度はまっすぐでサラサラ・ストレートな髪にしてみたいと思うもの。

ストレートパーマと縮毛矯正、あなたが選ぶべき施術はどちらなのでしょうか?ストレートパーマを選ぶメリット・デメリットとあわせてご紹介します。

どちらの施術も髪へのダメージが大きいため、正しいヘアケアを導入しなければ髪がパサパサ・ボサボサに。

ご自宅で簡単に導入できて、サロンクオリティのヘアケアを実現できるおすすめのアイテムも紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ

プリュムシャンプー

パーマをかけた髪を元の状態に戻す施術がストレートパーマ

まず最初にストレートパーマと縮毛矯正、この2つの違いについて説明します。

ストレートパーマは、本来パーマをかけた髪を元の状態に戻すための施術、つまり直毛さんがパーマをかけた後に元に戻すためのものです。

一方、縮毛矯正はくせ毛の髪質をまっすぐサラサラのストレートに「直す」(正確にいえば結合を切ってまっすぐにしてから再度くっつける)ことのできる唯一の施術であり、強いうねりがある髪でも施術後にはまっすぐな髪に。

うねりがそんなに強くないくせ毛さんの場合にはストレートパーマを選ぶことがありますが、縮毛矯正とは何が違うのでしょうか。

ストレートパーマのメリットは熱処理がない分、髪に優しいこと

ストレートパーマ、縮毛矯正の2つの施術の共通点は「始まりと終わり」に使う薬剤です。

まず最初、施術の「始まり」に還元剤と呼ばれる第1の薬剤で髪内部で今の髪の状態を作っているシスチン結合と呼ばれるものを切断します。

髪の毛は通常、健康な状態であれば弱酸性であり、一番外側のキューティクルと呼ばれるウロコ状の組織ががっちりを保護しており、第1の薬剤、還元剤を使わなければこのキューティクルを開き、中身のたんぱく質の結びつき(=シスチン結合)が切断されることはありません。

ここまではストレートパーマも縮毛矯正も同じ工程、還元剤を洗い流して髪を乾かします。

その次にアイロンをかけて熱で髪を伸ばすのが縮毛矯正、ストレートパーマの場合は基本的に熱処理をしません

その後、「終わり」には第2の薬剤である酸化剤を髪につけて髪を元の酸性の状態に戻し、洗い流した後にトリートメントをして完了となります。

ストレートパーマでは髪に熱を加えないため、縮毛矯正よりも髪ヘのダメージは軽くなる点がメリットになるわけです

デメリットはくせ毛直しには不向き、ストレートパーマでまっすぐにならない

ダメージが軽くなるストレートパーマですが、最初にお話した通りくせ毛を直すための施術ではないため、縮毛矯正に比べてクセがすぐに戻る、そもそもくせ毛が真っ直ぐにならないというデメリットがあります。

またストレートヘアにパーマをかけて、元に戻すために施術を受けても完全に最初の髪の状態に戻すことは難しいことも知っておきましょう。

最近ではどちらの施術も多様化していて、ストレートパーマでもアイロンで熱を加えることもあれば、縮毛矯正で熱を加えないものも。

直毛さんがパーマを落とすのに縮毛矯正を使うことはありませんが、くせ毛さんがうねりを取るためにストレートパーマにすべきか縮毛矯正を選ぶべきかは迷うもの。

髪のうねり、クセが強い場合には縮毛矯正となりますが、自分のくせ毛の髪はどちらにすべきなのか分からないという場合には美容師さんにしっかりと相談してからどちらの施術を選ぶかを決めましょう。

市販品にも縮毛矯正用の薬剤が販売されており、ご自宅でセルフでの施術も可能ですが、これはあまりおすすめできません。

髪へのダメージが大きい施術であり、一歩間違えてしまうとちりちりのチリ毛になる可能性もある施術です、美容室でカウンセリングを受けてから施術するようにしてくださいね。


髪へのダメージは縮毛矯正よりストレートパーマが少ない、それでも正しいヘアケアは必要

薬剤を使うのでどちらにしても髪が傷む

熱処理が加わらない分、縮毛矯正よりも髪へのダメージが少なくて済むのがストレートパーマのメリットであることは間違いないのですが、「始まりと終わり」に使う薬剤は同じものでした。

この薬剤による髪へのダメージは決して小さいものではなく、ストレートパーマをする場合にもその後のヘアケアを考えておく必要があります。

ストレートパーマ、縮毛矯正、どちらも薬剤でキューティクルを開いて閉じるのは同じ

2つの施術で使われる薬剤は簡単に言うと、「硬く閉じている殻をこじ開けて中身を切った後に閉じる」ということ。

この工程で殻(=キューティクル)が開けられてしまうだけに留まれば良いのですが、実は剥がれ落ちてしまうことがほとんど。

髪の毛の防護壁であるキューティクルを失った髪はその部分や開いて閉じようとしたもののしっかり閉じなかった部分から髪内部の水分やたんぱく質が流出してしまいます。

結果、髪の毛の内部には空洞ができてしまいスカスカ、髪は乾燥してパサパサに。

この状態だと髪は大気中の水分を過剰に吸い込んでしまうため、梅雨や夏、雨の日に湿気が多いとチリチリ・ゴワゴワで手触りも悪くなります。

縮毛矯正だとその傷み方がさらに強いわけですが、ストレートパーマでも髪に起こっていることは同じ、状態に合わせた正しいヘアケアをしなければ、パサパサ・ボサボサの見た目の悪い髪になってしまうため注意しなければなりません。

ダメージを受けて傷んでしまう髪には保湿・毛髪補修ができるヘアケアアイテムを

毛髪補修ができるヘアケア製品を使うと良い

ストレートパーマ、縮毛矯正の薬剤による処理で傷んでしまった髪は内部がスカスカ、乾燥してしまいパサパサの状態。

そんな髪に求められる正しいヘアケアとは、うるおいを与える保湿と内部を補修するための毛髪補修です。

髪が傷んでパサつくなら美容室でのサロントリートメントを受ければ良いのでは?とお考えになる方もいらっしゃいますが、サロントリートメントの効果は一時的なもの。

たしかにサロントリートメント直後はツルツルで指通りのよいしっとりとした髪になるのですが、施術後に帰宅して数日もすると髪をコーティングしていたトリートメントが洗い流されてしまい、結局元の状態に戻ってしまいます。

ストレートパーマ、縮毛矯正を受ける場合に大切なのは毎日ご自宅で続けられるヘアケアを導入すること。

最も身近で誰もが毎日、お風呂で行うヘアケアであるシャンプー&トリートメントを見直すことからスタートしましょう。

傷んで乾燥しやすくなった髪に、洗浄力が強すぎるシャンプーは向いていません。

髪を綺麗サッパリと洗い流してくれそうですが、健康な髪であれば良いものの、ダメージを受けている髪には本来、必要とされる皮脂は残してくれるマイルドな洗浄力を持つシャンプーを選ぶようにしましょう。

適度に残った皮脂は頭皮・髪の毛にうるおいを与えてくれます。

その後に使うトリートメントには保湿成分はもちろん、髪の内部をしっかりと補修してくれるケラチンが含まれたものがおすすめです。

美容室のメニューでも見かけることのあるケラチントリートメントは、髪内部の成分であるケラチンそのものを補充してくれるため弱くなった髪を健やかな状態に導いてくれます。

さらにもう1つ、お風呂から出た後に使う洗い流さないトリートメントの導入もぜひご検討ください。

ヘアミルクやヘアウォーターなど、洗い流さないトリートメントには様々なものがありますが、おすすめはヘアオイルです。

油分で髪をコーティングすることで髪内部の水分の流出、外部からの余計な水分の流入を防ぐだけでなく、ドライヤーやアイロン・コテの熱からも髪を保護します。

ヘアオイルを使ってブローしたあとの髪はツヤ・まとまりが出て見た目も綺麗になりますよ。

くせ毛を見続けてきた美容師がプロデュースした毛髪補修成分配合3点セット

毛髪補修で美しい髪に

ストレートパーマか、縮毛矯正にすべきかを迷うくせ毛、そのお悩みを抱えたお客様のカット・スタイリングを担当し続けてきた美容師が、その経験と知識を踏まえてプロデュースしたプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」を紹介させてください。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

プリュムシャンプー&トリートメントは傷みやすく乾燥に弱いくせ毛のために作られており、アミノ酸系・ベタイン系の界面活性剤を含むプリュムシャンプーには選択的洗浄機能があり、マイルドな洗浄力で髪を優しく洗い流します。

シャンプー&トリートメント両方に毛髪補修成分としてケラチンを配合、さらにトリートメントにはヘマチンを加えていることで髪内部でのケラチンと結合を助けてしっかり補修しながら、しっかり髪を保湿します。

お風呂上がりの洗い流さないトリートメントとしてお使いいただくプリュムヘアオイルにはケラチンに加え、シルク・コラーゲンを配合。

髪内部に染み込んで髪にうるおいを与えて保湿、さらに毛髪補修します。

使い方もとても簡単、お風呂から出たあとにタオルで優しく髪を乾かしたら適量を髪に馴染ませ、ドライヤーでブローするだけ。

それだけなのに仕上がった髪のツヤ・まとまりにはきっとあなたも驚かされるはず。

ご自宅で簡単に導入することができるにもかかわらず、サロンクオリティのヘアケアが実現可能。

実際にご利用いただいているお客様からの口コミをいくつか紹介します。

てるてるぼうずさんからの口コミ

若い頃はストレートだった髪も年齢とともにクセ、うねり、パサつきが…。
色んなシャンプーを試しました。
巷で話題のクリームシャンプーも試しましたが全く効果はありませんでした。
そんな時、この定期便を知りました。
元々プリュムヘアオイルをよく使っててとても良かったので、シャンプー、トリートメント、オイルのセットの定期便でこれほどお値打ちなら使ってみようと思い申し込み。
さすが!という感じです。
まだ2回しか使ってないのに既に効果が出ています。
パサつかずにしっとりまとまり、手触りもとてもいいです。
感謝感激!これからもお世話になります!
★★★★★ 2021年7月24日

市販品では買えない、YURICOさんからの口コミ

シャンプートリートメントは使い心地もいいし、オーガニックな香りで好き。
もともとここのヘアオイルは単品で買っていたのでこの定期便に切り替えたけれど、使いやすいし、かなり満足。
どちらかとえいばヘアオイルが一番優秀。
市販ではこのレベルは買えないと思う。
★★★★★ 2021年8月26日

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧くださいませ。


ストレートパーマのメリット・デメリットを知って縮毛矯正との使い分けをしましょう

ストレートパーマは基本的にパーマをかけた髪を元に戻す施術であること、縮毛矯正に比べて髪のダメージが少なく済むメリットがあることを紹介させていただきました。

同時に縮毛矯正に比べればダメージが少ないものの、施術で使われる薬剤によって髪が傷むことに変わりはなく、正しいヘアケアが求められることもお分かりいただけたかと思います。

あなたのお悩みがくるくるうねるくせ毛をまとまりやすい髪にしたいなら縮毛矯正、あまり強いくせではないならストレートパーマを選ぶことも可能ですが、自己判断するのではなく、髪の状態を美容師さんに伝えてカウンセリングを受けてからどちらが良いのかを決めるようにしてくださいね。

傷んでしまう髪のヘアケアのキーワードは保湿と毛髪補修、くせ毛を見続けてきた美容師がプロデュースしたプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」ならご自宅でお使いになっているシャンプー&トリートメントを変えて、洗い流さないトリートメント・ヘアオイルを導入するだけ。

それだけでサロンクオリティのヘアケアが実現できます、健やかな美髪を手に入れるためにもぜひ、お試しください。

このページがストレートパーマか縮毛矯正か、どちらを選ぶべきかをお悩みのあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

Pocket