ワックスの使い方、ボブからロングまで髪型に合わせたスタイリング

ワックスの使い方、ボブからロングまで髪型に合わせたスタイリング
Pocket

「毎朝のヘアセットが苦手で、ショートヘアが全然おしゃれにキマらない」

「巻き髪をキレイに仕上げたいのに、ワックスの使い方が下手すぎて髪型が崩れちゃう」

このようなスタイリングのお悩みありませんか?

ワックスの付け方って、なんとなく知っているようで「正しい使い方」を教わったことがない女性は意外に多いもの。

実は、ちょっとした使い方のテクニックを覚えるだけでも、ワックスでのセットが見違えるように上達するのです。

そこで今回は、現役美容師がショート、ボブ、ミディアム、ロングヘアの女性に向けて「ワックスの使い方」を徹底解説!

不器用さんでも簡単にスタイリング&アレンジできるコツや、ワックスで上手に髪型キープするポイントもご紹介します。

ワックスの正しい使い方を知って希望の髪型を目指しましょう

女性のが使うワックスのスタイリング例

一般的にワックスは「男性が使うスタイリング剤」というイメージがあります。

しかし、ワックスの正しい使い方を覚えると、女性もさまざまなバリエーションのヘアスタイルや可愛いアレンジを楽しむことができるのです。

ショートやボブなどの短い髪の毛はもちろんのこと、ワックスはロングヘアの巻き髪セットにも欠かせないアイテム。思い通りのおしゃれな髪型にセットできた日には、気分もぐんと上がるはず!

まずは、ワックスの基本的な使い方を美容師がわかりやすく解説していきましょう。

失敗しない基本的なワックスの使い方を美容師が解説します

ワックスでのヘアセットを失敗しないためには、髪に少しずつ馴染ませる付け方を基本としましょう。

髪の毛の広がりやボリュームを抑えたい部分は、ワックスを少しずつ付け足すようにしながら、理想の仕上がりになるまでワックスの量を調整する使い方がおすすめ。

付けるワックスの量が多すぎると、髪がペタンと重くなったりベタベタしたり…「スタイリングを失敗した!」なんてことになりやすいので注意しましょう。

一度髪の毛につけたヘアワックスは、基本的にシャンプーしないと落とすことができません。

朝の忙しい時間には、つけすぎたワックスを落として「イチからスタイリングをやり直し」をする余裕なんてないはず。

そのため、ワックスは様子を見ながら少量ずつ髪に馴染ませていく使い方がベストです。

ワックスの最適な使い方はあなたの髪質、状態、ヘアスタイルをはじめ、季節や天候でも大きく変わります。

前髪にワックスはつけすぎないようにすると良いでしょう

特に前髪やトップ、後頭部、根本付近の髪の毛には、絶対にワックスをつけすぎないようにしましょう。

髪を洗っていないような「清潔感のない見た目」になったり、予想以上にボリュームダウンしすぎたりする恐れがあるため、ワックスの付け方と使用量には注意してくださいね。

べたべたするからワックスは嫌い、というあなたに知って欲しいこと

ベタベタにならないヘアワックスについて解説します

本当は毎日のスタイリングにワックスを使いたいけれど「ワックスはべたべたするから苦手」という女性も多いでしょう。

  • ワックスの使い方が間違っているのかな?
  • 付け方や付ける量が正しくないのかな?

このように「自分の使い方が下手なの?」と悩んでしまう女性は少なくありません。

もちろん、ワックスの使い方自体がわからないことが原因でスタイリングがうまくいかないケースも多いです。

しかし、ワックスの使い方ではなく「ワックスの選び方」が間違っているなんてことも!

ワックスは、どんな成分を使っているのか、また「ワックスの成分配合バランス」によって使用感やテクスチャーが大きく変わります。

ワックスベタつくものが多い

特に、メンズワックスやハード系ワックス、ファイバー系ワックスは「ホールド力」や「粘着力」を高めるために、ベタつきやすい成分が多く配合されている傾向が。

「ワックスはべたべたするから嫌い」と感じている女性は、これまでそのようなワックスを選んできてしまった可能性があります。

女性向けに柔らく作ってあるバームタイプのワックスなら、嫌なベタつきもなく快適にヘアセットできるはず。

ヘアバームならベタつかずヘアセットできます

また、ご自身のヘアスタイルや髪質、好みの仕上がりに合わせてワックスを使い分けることも大切。

前髪のふんわりしたセットなら、クレイタイプやバームタイプのワックスを使ってみたり、パキっとした髪型に仕上げたいときはジェルワックスを使うなど、ワックスの使い分けも意識してみましょう。

ワックスがベタベタして嫌いという女性は、こちらの記事も参考になりますのでぜひご一読を。

ワックスが嫌い!ベタベタして苦手な方へおすすめを紹介

 

ショート・ボブの女性のワックスの使い方について

ショート&ボブのワックスセット例

ここでは、ショートやショートボブの短髪ヘア、ボブスタイルの女性におすすめのワックスの使い方を紹介します。

ワックスの使い方さえマスターできれば、お客様自身でも簡単に「おしゃれで抜け感のあるショートヘア」にスタイリング可能。

ショートヘアを長時間しっかり髪型キープしたい場合には、ジェルワックスや少し固めのワックスがおすすめ。

手のひらで伸ばしたワックスを髪全体に馴染ませるようにヘアスタイルを整えていくのが、ワックスの上手な使い方のポイントです。

ソフトで自然なツヤ感を重視したヘアセットをしたいなら、メンズ用やハード系ワックスではなくバームのような柔らかめのワックスが最適。

毛先や前髪、襟足などのナチュラルな束感や動きを出したい部分を中心に付けて、理想の髪型を作りましょう。

ワックスで作る束感ショートボブ

くせ毛を活かしたショートやボブもオシャレなニュアンスを出しながら、まとまりのあるショート、ボブに仕上げることができますよ。

ドライヤーで髪をしっかり乾かした後にワックスを使うのが、長時間きれいに髪型キープをするためのポイント。

またボブヘアの場合には、ジェルなどのハードなヘアワックスでセットするよりも、髪にツヤ感をのせるようなグロスワックス、または保湿系ワックスで「まとまり」を意識してスタイリングしてみましょう。

ヘアスタイルのお好みに合わせて、セットに使用するワックスの種類や付け方を変えてみてくださいね。

髪質に合わせた適量をしっかりなじませて使うのがコツ

ワックスの使用量によってヘアスタイルの仕上がりが変わる

ワックスは、その使用量によって髪型の仕上がりや質感、ニュアンスが大きく変わります。

多めの量のワックスをつけると、ウェットな質感のヘアスタイルに。

毛先だけに動きを出したい場合や、前髪に軽い束感を作りたいだけなら、バームのような使い方で少量のワックスを指先でつける程度がおすすめです。

また、くせ毛やダメージ毛などの「乾燥しやすい髪質」であれば、使用目安量よりも少し量を増やしたワックスの使い方が合うケースも。

適量をしっかり髪の毛に馴染ませた使い方をすることで「髪のパサつき」や「アホ毛」が抑えられるため、広がりがちなくせ毛でもショートやボブのヘアスタイルがまとめやすくなります。

実際に、ワックスの量を大幅に増やした使い方をすることで「理想の髪型を再現できた」と、ショートボブのお客様からご報告をいただくことも多いです。

髪の毛の長さや求めるデザインでワックスの使い方は変わりますが、ショートやボブなどの短いヘアスタイルであればパール1つ分が基本。

規定のワックス使用量で物足りなさを感じるようであれば「少しずつワックスを付け足す」といった使い方で試してみてくださいね。

ミディアム・ロングヘアのあなたにおすすめのワックスの使い方

ミディアムやロングヘアにもヘアワックスは使えます

ヘアワックスは、ショートやボブなどの短い髪型に使うスタイリング剤だと思われがち。

しかし、パーマをかけたミディアムや巻き髪ロングヘアの「仕上げスタイリング」にも、ワックスは欠かせないアイテムなのです。

ロングヘアに使うワックスは保湿成分が多く含まれたバームワックスや、ツヤ感を演出できるグロス(ジェル)ワックスなどがおすすめ。

もちろんワックスの使い方も、とっても簡単。

髪の毛全体にワックスを使うのではなく、パーマや巻き髪スタイリングした毛先を中心にワックスを付けていきましょう。

特に、パーマ液やコテ、アイロンなどの薬剤ダメージ&熱ダメージを受けたロングヘアの毛先は、乾燥してパサつきやすい傾向があります。

ツヤ出し成分や保湿成分が多く含まれたワックスをヘアセットの仕上げに使うことで、サラツヤのロングヘアを美しくキープできますよ。

 ロングヘアをワックスで仕上げた実例

ミディアムやロングヘアのワックス使用量は、以下を目安にするのがおすすめ。

  • ミディアムヘアならパール2つ分
  • ロングヘアの女性はパール3つ分

毛先のベタつきや髪全体の重さが気になるようであれば、髪質に対してワックスの量が多い可能性があります。

この場合にはワックスの量を減らすなどして、使い方を調整してくださいね。

「ワックスを付けると、巻き髪やパーマロングのセットが崩れてしまう」という女性は、水分が多いジェルワックスやグロスワックスよりも油分中心で作られているバーム系ワックスがおすすめ。

ワックスのオイル成分で髪の毛をコーティングしておくと、湿気が多い日や雨の日の「ヘアスタイル崩れ」を予防する効果も期待できます。

コテで巻いた後や、ドライヤーでブローした後に握るようにしてワックスをつけ、手ぐしで優しく形を整えてあげましょう。

ヘアアレンジごとにワックスの使い方をマスターしましょう

ワックスを使ったヘアアレンジ実例

ワックスは、ミディアムやロングのヘアアレンジでも大活躍します。

  • ざっくりとしたひとつ結び
  • 編み込みアレンジ
  • ポニーテール
  • アップヘアの無造作アレンジ
  • お団子などのまとめ髪
  • おくれ毛セット

このようなアレンジヘアを可愛く仕上げるには、髪のまとまり感が欠かせません。

そのため、正しいワックスの使い方を覚えておくのがおすすめ。

アホ毛が出ているようなボサボサ髪では、おしゃれな無造作ヘアアレンジではなく「だらしない印象」を与えてしまう恐れもありますからね。

あほ毛もワックスで収めると綺麗なボブになる

髪の毛をしっかり保湿してくれる成分が配合されたワックスで、アレンジ前に髪全体を扱いやすい状態に整えておきましょう。

コテやヘアアイロンでの巻き髪はもちろんのこと、垢抜け感のあるかきあげ前髪をスタイリングする際にも少量のワックスで仕上げてみてください。

きっと、普段よりもキレイなヘアスタイルを長時間キープできますよ。

美容師が開発したプリュムワックスは髪をまとめるだけではありません

プリュムワックスについて解説

美容師がお客様の声を反映してお作りした「プリュムワックス」は、スタイリング剤として髪をセットしたり、女性の髪をまとめたりする際に大活躍。

しかし、それだけではないのが美容師開発ワックスのスゴイところ!

プリュムワックスには保湿成分を贅沢に配合しているため、ヘアセット以外にも「毛髪保護効果」を実感できるのです。

ドライヤーで乾かした後に
おでかけ前のスタイリングに
コテ、アイロン後のヘアセットに

寝る前の保湿ケアにプリュムワックスは、このようにバリエーション豊かな4つの使い方ができます。

ベタベタしないワックスの特徴

使い方、使用量については髪質やダメージレベルによっても違うため、ご自身のベストを見つけてみてくださいね。

チリチリしてしまう縮毛、アホ毛を抑えたい女性なら、ワックスをつけた後にドライヤーで上から下に向かって温風を当てる使い方がおすすめ。

パサつくロングヘアにプリュムワックスをつけてみた

髪表面にツヤを出し、うねりやチリチリ感を適度に抑えることができますよ。 

ロングの巻き髪にも使えるワックスは保湿効果がある

さらに、プリュムワックスは髪や肌にも優しい成分だけでお作りしているため、お肌がデリケートな女性でも毎日の「寝る前ケア」にお使いいただけるワックスです。

朝起きて髪がパサパサ広がる乾燥毛や、くせ毛で広がりやすい女性なら、おやすみ前にワックスで保湿しておくのがおすすめ。

美容師おすすめのワックスでスタイリングしてみた例

「 寝癖が出にくくなったし、朝のスタイリングも楽になった」と嬉しいお声をいただいています。

  • メンズ用のハードワックスを使うとバリバリの質感になるのが嫌
  • ファイバー系ワックスは髪や手のベタつきが気になる
  • 男性用のジェルワックスやグリース、グロスワックスだと濡れ髪っぽくなりすぎて苦手

このように「スタイリング剤にこだわりがある女性」にも、毎日快適にお使いいただける使用感のワックスです。

髪に潤い、毛髪保湿ができてツヤ・まとまりのある髪へ

パサつく乾燥毛にワックスで艶と保湿を与える

美容師開発のプリュムワックスは、毛髪保湿&保護成分をバランスよく配合したワックス。

くせ毛で悩む女性のためにお作りしたワックスだからこそ、パサつく毛髪に潤いを与え、自然なツヤ感とまとまりのある髪に見せることができます。

やさしい保湿成分だけでお作りしたワックスなので、寝る前や朝出かける前などさまざまなワックスの使い方ができるのも大きな魅力です。

プリュムワックスは精製済みワセリンとホホバオイル、アルガンオイル、ミツロウが主成分。

髪馴染みに優れたホホバオイル&アルガンオイルをバランスよく配合することで、ワックス特有の嫌なベタつき感を軽減しています。

ワックスの保湿成分が髪内部までしっとり潤し、毛髪表面にも適度な「うるおい層」を作るため、

  • 髪の毛がパサパサして広がってしまう
  • カラーやパーマ、縮毛矯正で髪のダメージが気になる
  • くせ毛のうねりやチリつきを抑えたい
  • 枝毛や乾燥のせいでアホ毛が目立つ

このような髪悩みがある女性にもおすすめのワックスに仕上がっています。

美容師がヘアカット後にプリュムワックスでヘアセット

カット後にドライヤーで乾かしてプリュムワックスをつけただけで、こんなに髪をキレイに見せることが可能!

ショートヘアをはじめ、ボブ、ミディアム、ロングヘアの方にも使いやすいワックスです。

使い方も簡単なので、ワックスでのヘアセットが初めての女性からも好評。

ツヤのある美しいヘアスタイルをキープしながら、毎日をおしゃれで快適に過ごしたい女性にこそ、美容師開発のプリュムワックスをぜひ一度お試しくださいね。

ワックスの使い方、まとめ

今回は、女性のワックスの使い方について現役美容師が解説してきました。

ヘアワックスは男性だけではなく、ショートやボブ、ミディアム、ロングヘアの女性にもぜひお使いいただきたいスタイリング剤。

ご自身の髪質や状態に合わせたワックスを選び、正しいワックスの使い方をすることで今よりもっとオシャレで可愛い髪型を楽しむことができます。

ワックスは前髪の無造作な束感づくりや、ヘアアレンジ、コテ巻きセットにも大活躍!

「不器用だからワックスなんて上手に使いこなせない」と諦めず、毎日のヘアスタイリングに活用してみてはいかがでしょうか。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

「ワックスの使い方、ボブからロングまで髪型に合わせたスタイリング」に対する1件のコメント

  1. コンドウユキ

    この度プリュムワックスを購入させていただきました。
    パーマの収まりが悪く、痛んでいるせいで、毛先がパサついてちぢれて見える感じです。パーマにも揉み込んだりすればウェーブがキレイに出ますか?
    パーマはコテ巻きのようなゆるふわのデジタルパーマです。
    宜しくお願いいたします。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください