【コラム】プリュムシャンプーに配合されているスルホコハク酸ラウレス2naの特徴と効果について

Pocket

美容師の戸来です。

シャンプーとは一つの成分だけで評価する事はできないので配合されている成分とその量と配合の順位(順番)が重要です。

もし配合順位上位にスルホコハク酸ラウレス2naが来ていたらさっぱり軽い質感の髪の毛になります。

プリュムシャンプーはスルホコハク酸ラウレス2naが第三位の配合量になります。

これだけを見て効果についてご説明することは正直できません。

なぜならその他の界面活性剤やダメージ補修系の成分などがどれだけ配合されているのかでシャンプーの特徴が変わってくるからです。 

プリュムシャンプーに配合されるダメージ補修の成分で代表的なのが『ヘマチン』です。

そのほかにもありますので後ほど詳しくご紹介します。

スルホコハク酸ラウレス2naの毒性と効果について

プリュムシャンプーの一位はアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAそして二位がコカミドプロピルベタインです。

この二つについても詳しくご紹介をしますがここでは簡単に特徴についてご説明します。

◎ココイルグルタミン酸TEA 適度な洗浄力があるにもかかわらず低刺激なので敏感肌の人でも使う事ができる。

◎コカミドプロピルベタイン 静電気を帯びにくく低刺激で赤ちゃんのシャンプーでも使われている界面活性剤。

プリュムシャンプーの上位二位の界面活性剤はともに敏感肌にもお使いいただけるものですが、本題のスルホコハク酸ラウレス2naは低刺激で、洗浄力があります。

そのため敏感肌の方にとっては少し刺激がある場合があります。 

なぜ3番目ににスルホコハク酸ラウレス2naを入れたかったのかというとマイルドすぎるシャンプーの欠点はシャンプー本来の目的である洗うことができなくなってしまうこと。

適度な洗浄力を確保しつつ敏感肌の方にもお使いいただけるように低刺激な成分を混ぜて作らせて頂きました。

現場で美容師をしていていろんな髪の毛を触ってわかる事があるのですが、べったりした髪の毛は触り心地も髪の毛の臭いも良くないためやはりシャンプーには洗浄力は欠かせないものです。

敏感肌や乾燥に困っている方は『湯シャン』をすると頭皮、お肌にとってはいいのですが髪の毛のコンディションを整えるためにはシャントリを使って欲しいという思いがあります。

程よい洗浄力が大切!シャンプーの目的は洗うこと

洗浄成分は配合バランスが難しかったのでかなり開発までに時間がかかってしまいました。

僕自身かなりの敏感肌で頭皮にシャンプー剤をつけて擦ってしまうと絶対にかゆくなります。

過去の話になりますが、頭皮には絶対につけないように洗う時間も数秒でシャントリする日々を過ごしていました。

ちなみに市販シャンプーを使っても頭皮や肌がなんともない方にとっては、スルホコハク酸ラウレス2naが大量に配合されているシャンプーだったとしても問題ないでしょう。

敏感肌でお困りの方はぜひプリュムシャンプーを試してみてくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください