レザーカットとは?髪が傷みやすいって本当?美容師が解説します

レザーカットとは?髪が傷みやすいって本当?美容師が解説します
Pocket

美容室でのヘアカット、その方法にはいろいろありますが、今回ご紹介するのはレザーカットです。

カミソリで髪を削いで整えていくこの技法はハサミでのヘアカット以前に用いられていたヘアカット。

この記事では美容師がレザーカットとはどのようなものか、ハサミでのカットに比べると髪が傷みやすいというのは本当なのかを解説しています。

チョキチョキとハサミで切るシザーカットに比べ、ジャッジャッという独特な音のするレザーカットは髪が傷むというのは事実なのでしょうか。

あえてハサミではなくカミソリで髪を削ぐメリット、デメリットを紹介します。

人気のヘアスタイル、レザーカットで作るショートボブとそのスタイリングにおすすめなワックスについても紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

プリュムシャンプー

カミソリで髪をそぐようにカットするレザーカットをご存知ですか?

レザー
引用:https://www.b-zone.biz/products/list/965

美容室に行って美容師さんにヘアカットをしてもらう場合、ハサミによるシザーカットが一般的。

レザーカットはハサミでのヘアカットが始まる前に採用されていた髪の切り方の1つで、カミソリ(=レザー)で髪を削ぐように切り落としていくのが特徴。

どんな切り方で仕上がりはどのようになるのか、またハサミではなくカミソリでカットするメリット・デメリットについて紹介していきます。

ハサミではない髪の切り方、レザーカットのやり方について

レザーカット前
レザーカット前

ハサミによるシザーカットは髪をまっすぐに切り落とすのに対して、レザーカットは斜めに髪を剃っていくのが基本。

毛先が細く柔らかく仕上がるため、シザーカットと併せてレザーカットを採用している美容師さんもいらっしゃいます。

ハサミでのカット以前に使われていた技法ですが、髪を切りながら毛量調節もできるのでカットにかかる時間を短縮することが可能。

レザーカット後
レザーカット後

毛束を取りながら全体のバランスを考えつつカミソリをスライドさせていくレザーカットは簡単そうに見えますが、美容師さんの技術が露呈する技法でもあります。

ラフなニュアンスヘアに最適ですが、美容室・美容師さん選びは慎重に行うようにしましょう。

レザーカットのメリットとデメリット、髪が傷みやすくなる?

カット中に聞こえてくる独特な音を聞いていると、髪って大丈夫なのかな?と心配になることもあるレザーカット。

シザーカットと比較したときにどんな違いがあるのでしょうか?

 シザーカットレザーカット

メリット

デザインに沿ったカット・シルエットが作れる

毛先が柔らかく細く仕上がる

カットにかかる時間が短縮できる

デメリット

カットと毛量調節それぞれに時間がかかる

デザインに忠実なカットが出来ない

ショートヘアでラフな仕上がりのヘアスタイルに向いているレザーカットですが、裏を返せば細かなデザイン・ライン作りには向いていません。

あなたが希望する髪型に合わせてシザー、レザーのいずれかを選ぶようにしましょう。

そして本題であるレザーカットだから髪が傷みやすいかどうか、という質問に対する答えですが、「熟練の美容師さんがきちんと刃を研いでいるカミソリを使ったレザーカットなら問題はない」、ですね。

カミソリを髪に入れるときの角度やストロークの速さ、丁寧に手入れされたカミソリが用意されているならハサミによるレザーカットと比べても髪が傷みやすいということはありません。


レザーカットで作る髪型、人気のショートボブ

レザーカットで作るショートボブ
レザーカットで作るショートボブ

レザーカットの技法とその特徴について説明させていただきましたが、そのメリットのひとつ、毛先が細く柔らかく仕上がることを活かしたおすすめの髪型をご案内します。

レザーカットで作るおすすめのヘアスタイル、ショートボブ

横から見たショートボブ
横から見たショートボブ

ニュアンスのある髪型作りに最適なレザーカットの特徴を活かすおすすめの髪型がショートボブです。

シンプルな髪型ですが、毛先が柔らかく仕上がることで優しい雰囲気を出すことができますね。

ショートボブはふんわりとしたナチュラルなスタイリングをすれば女性らしさが際立ちます。

ナチュラルなスタイリング
ナチュラルなスタイリング

くせ毛の髪質の場合はマッシュボブにしてもOK、レザーカットでうねりを活かしたパーマ風の髪型にするとおしゃれな無造作ヘアが完成。

顔の形や骨格に合わせて前髪やシルエットを選べば気になる部分をカバーできます。

ぴったりきっちりな髪型には向かないレザーカットですが、遊び心いっぱいのラフでカジュアルなヘアスタイルにはぴったりですよ。


ショートにすると毛先が広がりやすい、そんなあなたにおすすめのスタイリング剤

プリュムワックスで毛先までまとまる
プリュムワックスで毛先までまとまる

毛先の仕上がりが細く柔らかいレザーカットですが、ショートヘアにするとうまくまとまらないのでは?と心配なあなたへ。

基本的にふんわりナチュラルに仕上げるレザーカットによるショートヘアにおすすめのスタイリング剤を紹介していきますね。

カチカチに固まらない、ふんわりナチュラルな髪型作りにはヘアバームタイプのワックス

あなたは今、ヘアセットにどのようなスタイリング剤を使っていますか?

ジェルやムース、スプレーなど様々な種類がある中で、柔らかいナチュラルな髪型作りに最適なのがヘアバームタイプのワックスです。

ヘアバームはヘアオイルとワックスの中間のような手触りでベタつかず、ヘアセット後の髪もさらり・ふんわりと仕上がります。

カチカチに髪が固まることもないため、不意に髪型が崩れてしまっても水で少し濡らして手ぐしを入れればすぐに元通り。

適量を手に取り、髪にもみ込みながらヘアセットするだけなので忙しい朝の時間短縮にもなりますよ。

ヘアセットしながら保湿・ヘアケアもできる美容師が作ったヘアワックス

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛の髪質に悩むお客様のカット・スタイリングを担当してきた美容師が、その声を聞きながら知識・経験を活かしてプロデュースしたプリュムワックス。

極力ベタつきを抑えてさらりとした使い心地を追求、さらに無香料・無香性でにおいもないためワックス独特なキツいにおいが苦手なあなたにもお使いいただけます。

美容師がこだわりぬいた保湿成分を配合しているため、毎朝のヘアセットを続けることで髪にうるおいを与えヘアケアまで可能なスタイリング剤。

レザーカットのラフでニュアンスのある髪型作りにも最適、くせ毛の髪質だけでなく、パーマやヘアカラーなどのダメージの強い施術を受けている、またはそのダメージによって傷んだ髪が乾燥してパサつくならぜひ一度、プリュムワックスをお試してみてくださいね。


レザーカットに関するまとめ

カミソリで髪を削いでいくレザーカットは傷みやすいかどうか、という問いについては「シザーカットと同じように美容師さんの技術と道具のメンテナンスがしっかりしていれば傷むことはない」がその回答になります。

毛先が細く柔らかく仕上がるレザーカットはラフでカジュアル、ふんわりとしたショートボブとの相性が良く、カット後のヘアセットには髪がカチカチ・ベタベタにならないヘアバームタイプのワックスがおすすめです。

このページが毛先が柔らかく女性らしい髪型に仕上がるレザーカットを試してみたいあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうござました!

プリュムワックス 60g

3,500円(税込)

Pocket