「傷みやすい髪質って?」美容師が改善する方法を解説

Pocket

傷みやすい髪質というのは厳密には存在していません!

正確には「傷んで見えてしまう髪質」と表現します。 上で紹介している髪の毛もそうです。 傷んで見えてしまう髪質なんです!!

けど正しいシャンプートリートメント、仕上げ剤(プリュムワックス)を使うことで ただ乾かしただけでAFTERのようになれました。

こちらは来店直後にプリュムワックスをつけただけです。

髪の毛の表面からパサパサとした髪が出ると傷んで見えます。 それを優しく「べたつかない」と好評をいただいている プリュムワックスを使用しただけで 艶髪になることができました。

トリートメントでなんとかするのではなく 自分の力で、ホームケアだけで解決する術を覚えなくてはいけない。

プリュムワックスが気になる方は『プリュムヘアケアさんの公式サイト』を覗いてみてください。

今すぐに艶を出したい女性はプリュムワックス。 もちろん毎回カラーを全体にしていたり、パーマをしていたり、縮毛矯正をしていたら傷んでしまう。

髪が硬くてキューティクルがしっかりとしている人はパーマや毎回全体カラーをしても痛みが表面的に出ません。 艶が出やすい髪質は存在します。 もともとの髪質が原因な場合できるだけ痛まないようにしなくてはいけません!

▼傷んで見せてしまう原因についてを解説します

。 ・くせ毛や天パ うねりはもともとの遺伝で出てしまうのですが、艶が出にくいです。 カラーなどをしていなくても パサついて見えてしまう場合はもともとの髪質だということを理解しましょう。

・毎日のホームケアが髪質に合っていない 夜シャンプーしてしっかりと乾かさないと、キューティクルが傷つくためすぐ痛んだ髪になります。

傷みやすい(痛み)髪質について

結論から申し上げますとくせ毛の髪質が一番痛んで見えます。ですが痛んでいないので髪質改善やトリートメントは意味がないのでまっすぐにしましょう! 簡単に言えばこのような答えになってしまいます。 PhotoGrid_1451689861052

パサパサしている髪質でくせ毛の女性って髪の毛が痛んでいるからサロンケアをしがちです。もしサロンケアで傷みを修復できのなら?パサパサは直る? PhotoGrid_1451689770039 ではこれはそうですか? カットとカラーしかしていないです。 最後にプリュムワックスを付けました。 「美容院のトリートメントで痛みやすい髪質は改善される?」 いやいや 直りませんね。真っ直ぐにするような施術をしない限り綺麗に見えないのです。 まず整理していきたいです。

上記のお客様はワックスを付けたことによって広がってしまう髪質をまとめただけです。 なぜ女性にはワックスが必要なのか? を熟読して頂きたいのですが、髪の毛は何をしても頭皮から出てきた時点で痛んでいくしかないのです。 美容院では綺麗に見せることができます。 痛みやすい髪質は確かにありますが施術に気を付けたらたいした問題ではない 痛んで見えてしまう髪質を痛ませて綺麗に見せることができます。

こちらのお客様は約4年間通ってくださっているお客様ですがくせ毛伸ばしただけです。縮毛矯正は髪を痛ませますがくせ毛は痛んで見えてしまう髪質で伸ばせばツヤが出ます。 このような施術はネーミングを変えて行う美容院があります。「なるべく痛ませないでナチュラルにくせを伸ばす」と、うたい毎回全体をされる方もいます。

そうするとだんだん痛んでいくのが目に見えてわかるはず。そして傷むを誤魔化すためにトリートメントを毎度しなくてはいけなくなってしまいます。 そのように何度もやって痛まないわけがないのです。カラーも全体を毎回塗っていたら絶対に痛んでしまいます。

決して傷みやすい髪質ではなくただ痛んでいるように見えてました。

半年間ほど通ってくださりこのように今では変えることができました。 髪色って明るくなればなるほど痛みも比例してきますがbeforeのように明るくなってしまっては暗くして綺麗に見せるしかない。 明るければ明るいほど傷んで見せてしまう髪質もあります。 そして明るくすればするほど薬剤のパワーが強くなるので ダメージを気にしている方は7トーン以下を選択するようにしましょう!! カラーで綺麗に見せることができます。

何度も全体カラーをしてしまうと痛んでしまいます。 切って伸ばしてを繰り返してツヤのある綺麗な髪にしていきましょう。 上記のお客様ですが髪の毛の量が多いのがお悩みでした。 梳かないでまとまるうようにするだけのカットではコテで巻いた時に動いてくれませんよね。 なので適度に毛量を梳かないといけない。

そして毛先は丸く切っていけばいい 梳きすぎるとパサパサになってしまう!! 上記のような人でも痛んで見えてしまっているだけ 痛みやすい髪質は確かにありますが、見させて頂きないとわからないのが本音です。

痛みやすいのはくせ毛?

「傷みやすい」というよりはくせ毛は痛んで見えてしまいます。 猫っ毛と言われている髪質は痛みやすいとも言われますが実はツヤが出やすく、ただパーマがかかりにくかったりコテ巻きがキープしにくくなってしまいます。 そのことから「何回かパーマをしないとかからない」と思い何度かかける方もいます。そんなことをしてかけたパーマが果たして可愛いのか?といえばそうではない。 ボリュームを出すやり方がわからない場合はパーマではなく正しくコテを巻く練習をされた方がいいでしょう。 そして巻きがすぐに取れてしまうからといって高い温度で巻くのもおすすめしません。

痛む原因になってしまいます。 ヘアアイロンって傷む?  を参考にして見てくださいね。

痛みやすい、痛んで見えてしまいやすい髪質ですがカットで傷んで見えてしまっている女性がいるのは上でも述べています。 本当はとてもいい髪質なのに梳きすぎてしまったりで様々な美容院での施術の選択ミスをされる方が痛んで見えてしまうのです。 PhotoGrid_1450917295301

こちらのお客様ですが「もともとかなりいい髪質」 けどなんか綺麗じゃない!

理由は「カラーが均一に塗ってもらっていない」からこのように痛んでツヤがなく見えてしまいます。 「シリコーンは髪の毛のコーティングをするから傷みにくくなる」このように考えている美容師さんもいますが、信じた結果が上のお客様のようにカラーが均一の入らず色がすぐに落ちてしまい黄色くなってしまっていました。

カラーリングは傷む をご覧頂きたいのですがカットやカラーを失敗しなければこのようにならないで済むのです。 しかしここまで脱色するほど傷んでしまったら、いくらいい髪質でも綺麗に見えません。 このようなお客様をどうするのか もちろんトリートメントはしません。 しても意味がないのです。

髪の毛は一度痛んでしまっては直らないのですから

PhotoGrid_1450917220257

毛先と中間の髪色がここまで色むらが出るのもあり得ないことです。 サロンケアをしているのにこのようになってしまっています。 では僕がカラーをしてみます

PhotoGrid_1450917258291

このように一回の初回のご来店で変えることができました。もともといい髪質でも傷んで見えてしまう女性はいます。 それは美容院で痛めてしまっているのです。

傷んで見せてしまっていた理由はカラーのムラです!! それはそれだけで傷んで見えていた髪も綺麗に見せることができました。 髪の痛みの原因のほとんどが美容院です だから失敗をしない それだけでいい。

痛んで見えてしまう原因はカット

PhotoGrid_1449185855394 もちろんか乾かしただけです。 「痛んで見えてしまう髪質に見えてしまうカットカラー」があります。 できるだけ長さを変えないで綺麗に見せるカット」があります。 縮毛矯正をするのかカットとカラーだけでどうにかなるのか?は美容師さんに相談をされることをおすすめします。

まとめ

必要最低限のホームケアと美容院での施術を誤ったことをしなければだいたいのお悩みhが解決されるはずです。 艶が出ない癖毛は痛んで見えてしまう髪質で実際は痛んでいない。 そしてその痛んで見えてしまうのを綺麗に見せるのはカットやカラーや縮毛矯正で他は必要がないち思います。 僕のお客様の中では昔から毎朝ストレートアイロンをかけてそれを苦とは思わない女性がいますが、そのような方の場合はアイロンを使わないとくせ毛なので痛んでは見えてしまいます。ですが実際は傷んでないのです。、 コテの使い方、何を付けて巻くか?最後には?寝る前には?などポイントを掴んでしまえば縮毛矯正をかけなくてもいいのです。 今回の記事では「傷みやすい髪質」についてを書かせて頂きましたが結論どんな髪質でも痛んで見えてしまう方はいます。それは未然に防ぐしかないしもし、パサパサになってしまったら最短でどうやって直せばいいのか?を考えていかないといけないのですが、底には美容院のトリートメントなどは必要がないことを頭の中に入れて頂き正しくカットとカラー、縮毛矯正をして頂けたらと思います。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください