雨の日でも髪の毛がうねらない方法、これで湿気対策もバッチリ!

雨の日でも髪の毛がうねらない方法、これで湿気対策もバッチリ!
Pocket

湿気の水分により、くせ毛さんの髪の毛は普段よりうねりやすくなります。

今回は、美容師が雨の日に髪の毛ががうねってしまう理由と、うねらない方法を詳しく解説していきますね。

髪がハネたり広がったりして困っていませんか。うねらない方法や、対策を知るだけでも雨の日が快適に過ごせますよ。

「なぜ湿気が多い日に髪がうねるの?」

「特にどんな髪質がうねりやすくなる?」

そんな疑問も解決していきましょう。

少しでも髪の毛がうねらない方法を知っていただいて、髪のおしゃれを楽しんでいただけたら嬉しいです。

梅雨や夏、湿気で髪がうねるのはなぜ?イメージ図と一緒に解説します

どうして雨の日や湿気の多い暑い日は髪の毛がうねりやすいのでしょうか。

それは、髪の毛が空気中の水分を吸収して膨張するからです。

雨の日は湿気が多い時期。湿気80%や90%など、100%に近いことも多いのですが、その湿度の影響を受けた髪の毛は水分を吸収すると膨張する性質を持っています。

くせ毛と直毛性質の違い

特にくせ毛の髪質は、上記の図のように髪の毛内部のたんぱく質のバランスが偏っています

髪の毛のたんぱく質が不十分な場合もあり、髪内部が空洞になっていることも。

くせ毛と直毛の内部構造の比較

バランスの偏りにより、髪の毛がうねりやすくなるのです。一方、完全な直毛さんの場合はたんぱく質が均等に配置されているため、水分を吸収しても大きくうねることはありません。

雨の日、湿気でうねるのはくせ毛やダメージを受けている髪

雨の日の湿気によってうねりやすいのは、くせ毛やダメージを受けた髪。髪の毛には2つのタイプがあります。

1つは、乾燥して髪の毛が広がりやすい撥水性タイプ。2つ目は、水分を吸水しやすい吸水性タイプ。

くせ毛やダメージ毛の方は、水分を吸水して膨張しやすい吸水性の髪質なのです。

くせ毛は吸水性を持つ髪質なので、少しの湿気や水分でも髪がうねりやすくなります。

逆に、直毛でキューティクルがしっかりしている髪は撥水性の髪質は湿気や水分を取り込みにくく雨の日でも大きくうねらないのです。

ダメージで膨らむくせ毛

とはいえ直毛であっても、髪の毛のダメージがある場合もくせ毛と同じように髪内部が空洞の状態になっていますから、内部の空洞に少しでも水分を取り込もうとするため、傷んだ髪の毛も湿気によってうねりやすくなります。

このような場合でも、これからご紹介する正しいヘアケアをすることで髪のうねり、パサつきを防ぐくことができます。

雨の日に髪の毛がうねらないようにする方法を美容師がご紹介

↑上記スタイリングで使用したくせ毛さん用のヘアケアはこちら

雨の日に湿気で髪の毛がうねるのは、髪の毛が水分を含んで膨張してしまうから。また、くせ毛や傷んだ髪の毛は髪内部が空洞状になっているため、水分を含みやすいと解説しました。

以上が、雨の日に髪の毛がうねってしまう理由です。ここからは、髪の毛がうねらない方法を見ていきましょう。

雨の日に髪の毛がうねらない方法、それは4つポイントがあります。

  1. シャンプー後に髪の毛をしっかり乾かす
  2. ヘアアイロンでスタイリングする
  3. くせに合わせたカットをする
  4. ヘアケア製品で湿気から髪の毛を守る

髪の毛がうねらない方法4つ。

一見難しそうに見えますが、どなたでも簡単にできるうねらない方法です。すぐにうねらない方法を実践できるので、1つずつ解説していきます。

シャンプーの後に髪の毛をしっかり乾かすことが大切

髪の毛を濡れた状態のまま放置してしまうと、髪の毛が傷みやすいと言われています。

それは、本来のクセが強く残りやすい特性を持っているからです。

雨の日で髪の毛が濡れても同じことです。

さらに、濡れた髪はキューティクルが開きっぱなしの状態になります。

(※キューティクル=髪の毛表面組織のこと)

キューティクルが真っ直ぐで整っている状態が健康な髪の毛。

しかし、キューティクルが開いている、または剥がれている状態は、髪の毛の水分や栄養が流れ出ている状態です。

すなわち髪の毛が傷んだ状態になります。

さて、話を戻しましょう。

濡れた髪の毛はキューティクルが開いている状態。

髪の毛を乾かさずに濡れたまま寝ると、摩擦刺激で髪が傷む原因にもなります。

雨の日に傘を忘れて髪が濡れた時にも、髪の毛に同じことが起きています。

雨の日に濡れた髪の毛も、できれば自然乾燥ではなくきちんと乾かすことがおすすめです。

髪の毛がうねらない方法のポイントになります。

うねらない方法1つ目。

それは、ドライヤーを使って髪の毛を手早く乾かすことです。

髪の毛の乾かし方

1、くしで髪をとかす

髪の毛を洗い終わったら、目が粗いくしで髪の毛をとかしましょう。

とかす順番は、髪の毛の毛先→中間→根本。

毛先から優しくとかしてください。

2、タオルドライ

くしでとかしたあとは、髪の毛をタオルでタオルドライ。

タオルで髪の毛全体を包み込み、やさしくポンポンと水分を拭きましょう。

このとき、髪の根本の水分をしっかり取ることがポイントです。

3、ドライヤーで乾かす

タオルドライ後は、クセやうねりが出やすい部分を重点的に乾かしていきましょう。

うねらない方法のポイントになります。

特にうねりが出やすい4つの部分

  • 耳の後ろ側
  • 襟足
  • 前髪の生え際
  • 後頭部

これらの部位は、乾かしが甘くなりがち。今日からは、少し意識しながらドライヤーを使ってみてはいかがでしょうか。

ホームケアでしっかりうかみのうねりを抑えていきましょう。

スタイリングがうまくいかない場合はヘアアイロンを使う

アイロンでヘアセットすることは髪の毛がうねらない方法ですが、髪のダメージに気をつけましょう。

雨の日は髪の毛のヘアセットが決まりにくいですよね。そんなときのうねらない方法は、ヘアアイロンでスタイリングすること。

ヘアアイロンはキープ力が強いので、髪の毛がうねらない方法の1つ。

このとき注意していただきたいのが、アイロンの設定温度。海外製のアイロンなどでは、200度という高温設定ができるタイプの製品もありますが、これは絶対にNG。

140度以下で使ってくださいね

「髪の毛は高熱によりダメージを受ける」

そう聞いたことがある方も多いでしょう。そうなんです、髪の毛は熱により傷みやすくなります。

髪を構成するたんぱく質は、150度になると熱変性を起こしてしまいます。

髪を構成するたんぱく質は、150度になると熱変性を起こしてしまいます。

すると、髪が炭化してパサパサになってしまうので注意が必要です。例えば、お肉を焼きすぎて焦がしてしまうと、水分が蒸発してパサパサに固くなってしまいますよね。

髪の毛もそれと同じ現象が起きるんです。髪は死滅細胞と呼ばれる死んだ細胞の集まりで構成されています。

一度ダメージを受けると二度と元には戻らないのです。

傷んだ髪は、さらに湿気でうねりやすい状態になってしまいます。

雨の日に特にうねりやすくなります。アイロンでヘアセットすることは髪の毛がうねらない方法ですが、髪のダメージに気をつけましょう。

アイロンによる髪のダメージを抑える方法

  • アイロン前に必ずヘアオイルで髪を保護する
  • アイロンの温度を130~140度でヘアセットする
  • アイロン後、髪を保湿する

髪の保湿は、保湿効果が高めのワックスやヘアオイルをつけるのがおすすめです。

この3つのポイントを抑えて、髪がうねらない方法・アイロンによるヘアセットを行ってくださいね。

ヘアオイルなどの油分を含むスタイリング剤でヘアケア

雨の日に髪の毛がうねるのは、水分を吸収して髪の毛が膨張するから。

冒頭でそうお伝えしました。

逆に考えると、水分を過剰に吸収しないよう油分で構成されたヘアケア製品を使えば、湿気から髪を守ることが可能ということです。

ヘアミストやムースなどは水分を多く含んだスタイリング用品ですので、湿気のうねりを解消することは難しいです。

油分に着目することが、うねり解決へのカギ。

雨の日に髪の毛がうねらない方法として使えるスタイリング剤には、水ではなく油分が含まれているものを選ぶのがおすすめですよ。

雨の日に髪の毛がうねらないようにくせ毛をカットしてもらう方法

くせ毛のパサつき改善には洗い流さないトリートメントがおすすめです

↑美容室にて、2STEPアウトバストリートメント使用

雨の日に髪の毛がうねらない方法、それはカット方法によって抑えることができます。

くせ毛さんのなかには、かなり強いうねりで悩んでいる方も多いです。雨の日に髪の毛をスタイリングしてもきまりにくい、うねらない方法が分からないという方も。

そんな場合、うねらない方法としてくせ毛を活かすカットすることがおすすめです。うねりを活かしたスタイルにすることで、雨の日や湿気が多い日の対策に。

全体のうねりを髪の毛の動きとして活かし、髪型に立体感を持たせます。パーマ風におしゃれに決めてもOK。

広がる髪のパサつきをカットでアレンジ

↑美容室にて、2STEPアウトバストリートメント使用

雨の日でも髪の毛のくせ毛が目立ちにくくなりますよ。

「襟足の髪が外側にハネやすい」

「後頭部の髪の毛がうねりやすい」

そういったくせ毛の髪質の方におすすめのカット方法です。ぜひ、担当の美容師さんに相談してみてくださいね。

湿気で髪がうねらないヘアケア用品、美容師のこだわりがつまっています

雨の日や湿度の高い日、うねらない方法として湿気に強いスタイリング剤を使うことがおすすめです。

湿気に強いスタイリング剤として、油分を含むタイプを紹介しました。とはいえ、油分を含むスタイリング剤はたくさんありますよね。

「油分が含まれているなら何を使っても良いの?」

「どの製品を使えばいいかわからない」

このような方も多いでしょう。

雨の日にうねる髪の毛のうねらない方法としておすすめなのが「プリュムヘアケア」シリーズ。その中でも「2STEPアウトバストリートメント」がおすすめです。

アウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントのこと。

くせ毛のために美容師が監修して開発したプリュムヘアケア。雨の日に髪の毛がうねる方におすすめのヘアケア用品です。

プリュムケアヘアの2STEPアウトバストリートメントは

  • プリュムヘアオイル
  • プリュムワックス

この2つがセットになったヘアケア用品。

 プリュムヘアケアの2STEP洗い流さないアウトバストリートメント

特にヘアオイルは水分を含まないヘアケア用品なので、うねらない方法に最適なのです。

アウトバストリートメントであなたのくせ毛をしっかり保湿・毛髪補修

雨の日に髪の毛がうねりやすい方におすすめの、2STEPアウトバストリートメント。

プリュムヘアオイル&ワックスのセットです。うねらない方法・対策として万能なこのセット。

プリュムヘアオイルで髪を保湿&毛髪補修。

そして、プリュムワックスで髪を保護&スタイリング。

ナイトケアにもスタイリング剤としてもぴったりのアウトバストリートメントです。

うねる髪をキレイにまとめてくれますよ。

うねる髪をキレイにまとめてくれますプリュムヘアケア

使い方はとっても簡単。

  1. 髪を洗い終わった後、ドライヤーで乾かす前にヘアオイルをつける
  2. プリュムワックスで髪を保湿してナイトケア

たった2ステップで、湿気による厄介な髪の毛のうねりをまとめてスッキリ。

ヘアアイロンでセットする前にヘアオイルをつけて、セット後にワックスで髪を保護することもおすすめです。

うねらない方法に最適なアウトバストリートメント。雨の日のスタイリングにぴったりなヘアケア&スタイリング剤です。

 プリュムヘアケアの2STEP洗い流さないアウトバストリートメント

湿気で髪がうねるお悩みを持つお客様が実際に使ってみた口コミ・体験談

ニックネーム : さる様からの投稿

更年期とストレスで数年前からチリヂリと広がりパサパサしてしまう髪に悩み、シャンプーやらヘアマスク、美容院でのトリートメント、色々試しましたが結局、いつもすぐにパサパサの毛に戻って諦めていました。

口コミを見て、ダメ元でこちらを購入。

届いて使用方法通りに使用。

次の日は大雨で、効果なくがっかりしたのですが、とりあえず使い続けてみたら、1週間もかからずに、髪がまとまるようになりました。

感激です!

パサパサがしっとり、チリヂリした部分がなくなり、今は雨が降っても手櫛でまとまります。

お値段は高いですが、それだけの価値があります。

買ってよかったです。

レビュー投稿日:2021年5月29日

ニックネーム : ねり様からの投稿

細かくチリチリしている硬・太・多の髪です。

癖毛にいい商品やサロントリートメントは無数に試しましたが、最初だけ良くてもどんどん痛んできたり重くなったりで、生まれ持った髪質はどうにもならないと思っていました。

こちらの商品ははじめて納得できました。

手触りがツルッとしたのは衝撃です。

やっと良いものに出会えてすごく嬉しいです。

レビュー投稿日:2020年8月6日

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

うねらない方法に最適なアウトバストリートメント、プリュムヘアオイル&ワックス。

湿気につよい2STEPアウトバストリートメント

ダメージを受けやすいくせ毛をやさしく保湿・保護してくれます。

※公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

雨の日に髪の毛がうねらない方法、まとめ

今回は、雨の日に湿気で髪がうねってしまう理由と、うねらない方法をご紹介しました。雨の日は髪の毛がうねりやすく、スタイリングするのも大変ですよね。

湿気で髪がうねるのは、髪質とダメージに原因があることがほとんど。

そんな時こそ、ヘアケア&スタイリングをしっかりと行いましょう。毎日のホームケアで、髪の毛のうねりを抑えることがベストです。

中でも、プリュムヘアケアの2STEPアウトバストリートメント、プリュムヘアオイル&ワックスでヘアケアを。

ヘアケアだけではなく、スタイルキープにもおすすめのアウトバストリートメントセットです。

雨の日も髪のおしゃれを楽しんでいきましょう!

 プリュムヘアオイルとプリュムワックスで2STEPアウトバストリートメント
Pocket