雨の日でも髪の毛がうねらない方法、これで湿気対策もバッチリ!

雨の日でも髪の毛がうねらない方法、これで湿気対策もバッチリ!
Pocket

じっとりと暑い梅雨や夏、湿気が多いと髪の毛がうねってスタイリングも大変ですよね。

現役美容師さんに、湿気で髪がうねる理由と、湿気で髪がうねらない方法を教えてもらいました。

じめじめしていると髪がうねる、そのメカニズムを知って湿気で髪がうねりにくいヘアスタイリング方法をマスターしましょう。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。
プリュムシャンプー

梅雨や夏、湿気で髪がうねるのはなぜ?イメージ図と一緒に解説

雨の日にうねる髪、その理由とは?
雨の日にうねる髪、その理由とは?

蒸し暑い梅雨や夏、雨が降って湿気が多くなるとうねる髪の毛。

なんとなく湿気が多いと髪がうねることは分かってはいるものの、その具体的な理由は知っていますか?

それは、髪の毛が空気中の水分を吸収して膨張することが原因です。

くせ毛と直毛性質の違い
くせ毛と直毛性質の違い

雨の日の湿度は80%から90%、ほぼ100%に近いことも多く、髪の毛はその湿度の影響を受けると水分を吸収して膨張します。

このとき、生まれつきのくせ毛は髪内部の親水性が高いタンパク質の配置のバランスが直毛に比べて悪いため、楕円形に膨張します。

これが湿気によるうねりの原因です。

また、くせ毛はうねる髪を抑えるために、ドライヤーやアイロン、コテを使う頻度の高くなりやすく、物理的ダメージを受けやすい傾向に。

くせ毛と直毛の実例と内部構造の比較
くせ毛と直毛の実例と内部構造の比較

そのほか、カラーやブリーチをした後のダメージ毛も内部の水分やタンパク質が流出しており、毛髪内部に空洞ができてしまいます。

この空洞は湿度が高い時期には積極的に水分を取り込んで膨張、チリチリになってひどいうねりが出てしまうことがあります。

雨の日、湿気でうねるのはくせ毛やダメージを受けている髪

雨の日の湿気でうねりやすいのは、くせ毛やダメージを受けて傷んだ髪です。

くせ毛は毛髪構造そのものが水分を吸収すると歪むため、湿度が高いとうねりがひどくなります。

ダメージを受けて傷んでしまった髪は、表面を覆うキューティクルと呼ばれるウロコ状の構造が開いて剥がれてしまい、髪内部の水分・タンパク質が流出して空洞ができます。

その空洞に水分が入り込むと膨張してしまい、うねりの原因に。

傷んだ髪が湿気で膨らむ原理
傷んだ髪が湿気で膨らむ原理

生まれつきのくせ毛については、「治す」ことはできません。

しかし髪の湿気対策をすることで、うねりにくくする方法はあります。


雨の日の湿気で髪の毛がうねらないようにする方法

湿気対策をした髪は指通りが良くうねりにくい
湿気対策をした髪は指通りが良くうねりにくい

湿気が多いと髪がうねる原因が分かりましたね。ここからは、髪がうねらないようにする方法をご紹介します。

雨の日に湿気で髪の毛がうねらないようにする方法、それは以下の2つ。

  1. アイロンやドライヤーを使ったスタイリング
  2. ダメージ予防のための正しいヘアケア

それぞれのポイントを詳しく解説します。

スタイリングにアイロンを使って湿気で髪がうねらないようにする方法

アイロンでヘアセットすることは髪の毛がうねらない方法ですが、髪のダメージに気をつけましょう。
ヘアアイロンでうねりを伸ばす

梅雨や夏、雨の多い日に湿気で髪がうねらないようにする方法、その1つ目はスタイリングにアイロンを使うことです。

うねる髪を事前に伸ばしておくことができます。

商品によっては200度といった高温設定ができるものもありますが、ヘアセットで使用する場合のアイロン設定温度は140〜150度が良いでしょう。

その理由は、髪の毛が高温の熱で傷んでしまうため。髪の毛のほとんどを構成しているタンパク質は、おおよそ150〜160度以上になると髪の弾力が低下して、パサつきの原因となります。

ゆで卵をお湯で茹ですぎると、黄身まで硬くなる原理と同じ。

髪の毛は死滅細胞で出来ていますから、一度ダメージを受けて傷つくと自己再生することはありません。

アイロンやコテでのヘアセットは、注意して使わないと髪を傷めてしまう可能性があることも認識しておきましょう。

アイロンの熱による髪へのダメージを防ぐ方法

  • 設定温度は140~150度、高温にしないこと
  • 使う前にヘアオイルをつけてドライヤーでブローする
  • ヘアセット後、ドライヤーで冷たい風を当てる

オイルで濡れている髪はドライヤーで乾かしてからアイロンを通しましょう。ヘアセット後は最後の仕上げにドライヤーの冷たい風でブローすることをお忘れなく。

キューティクルが閉じて髪内部からの水分やタンパク質流出を止められるだけでなく、アイロンの熱によってほどけてしまった水素結合を再び結び付けることで、湿気で髪がうねらない状態へと導きます。

髪ナチュラ編集部セレクト

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

ダメージ予防、正しいヘアケアでうねりにくい健やかな髪へ

ホームケアでヘアダメージを予防しよう
ホームケアでヘアダメージを予防しよう

傷んでしまうと湿度によってひどいうねりが生じる髪。

自己再生できない髪の毛のための正しいヘアケアには、乾燥対策にうるおいを与える保湿、それから髪内部にできた空洞を補修するための毛髪補修成分が必要です。

傷んだ髪のための正しいヘアケア、といっても何か特別なものを取り入れる必要はありません。

まずは最も身近で、毎日使うヘアケアアイテム、シャンプー&トリートメントにこだわるところからはじめましょう。

ダメージを受けて傷んだ髪の状態に合ったものを取り入れて。その皮脂を適度に残せる、マイルドな洗浄力を持つシャンプーがおすすめ。

具体的にはアミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を含むシャンプーからスタート。一緒に使うトリートメントには保湿、毛髪補修成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

髪ナチュラ編集部セレクト

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

髪ナチュラ編集部イチオシ

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)


正しいヘアケアとスタイリングで湿度でうねらない髪へ

現役美容師さんに、梅雨や夏、雨の日に湿気で髪がうねる原因と、その対処法をお聞きしました。

湿度が高いときに髪がうねるのは、髪が水分をとりこんでしまうため。とくに生まれつきくせ毛の場合には、髪の毛が水分を取り込むと歪んでしまうのが原因。

また、パーマやヘアカラーなどの髪へのダメージが大きな施術を受けて傷んでしまった髪は内部がスカスカ、乾燥して水分をとりこみやすい状態になりがち。

湿度で髪がうねらないように予防・対策方法として正しいヘアケアを取り入れてみてくださいね。

じめじめとした季節。湿気で髪がうねらない方法を取り入れて、快適な美髪ライフを♪

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

※本記事内の成分および製品に関する意見は個人の見解であり、効果を100%保証するものではありません。

Pocket