これでバッチリ湿気対策!雨の日に髪の毛がうねらない方法について

Pocket

「湿気で髪がうねるのを何とかしたい」

「雨の日に髪のクセが強く出て、髪型がきまらない」

このようなお悩みを抱えていませんか?

梅雨時期や雨の日など、湿度が高い日はどんなに時間をかけてセットしても髪がうねってしまいますよね。

でも、もう大丈夫!

実は髪のうねりで悩んでいる方は、正しい対策法を知らないだけなんです。

今回は、湿気で髪がうねってしまう理由と「うねらないための効果的な対策方法」を美容師の戸来が解説します。

湿気で髪がうねる理由

湿気で髪がうねる理由は、髪の毛が空気中の水分を吸収して膨張するから。

ただし、完全な直毛さんの場合には髪の内部にある「たんぱく質」が均等に配置されているため、水分を吸収しても大きくうねることはありません。

湿気によってうねったり爆発してしまうのは、くせ毛やダメージ毛です。

くせ毛と直毛性質の違い

くせ毛は吸水性を持つ髪質なので、少しの湿気や水分でも髪がうねりやすいんですね。

逆に、直毛でキューティクルがしっかりしている髪は撥水性(はっすいせい)を持つ髪質。

そのため、湿気や水分を取り込みにくく雨の日でも大きくうねらないのです。

また、髪の毛のダメージがある場合もくせ毛と同じように髪内部がスカスカの状態になっています。

内部の空洞に少しでも水分を取り込もうとするため、傷んだ髪の毛も湿気によってうねりやすくなるのです。

湿気でうねらないための対策方法

湿気でうねらないための対策方法は、以下の4つがおすすめ!

  1. シャンプー後はしっかり乾かす
  2. ヘアアイロンでスタイリング
  3. くせに合わせたカットをしてもらう
  4. ヘアケア製品で湿気から髪を守る

すぐに実践しやすいよう、ひとつずつ解説していきましょう。

シャンプー後はしっかり乾かす

髪は濡れた状態のまま放置してしまうと、本来のクセが強く残りやすい特性を持っています。

さらに、濡れた髪はキューティクルが開きっぱなしの状態!

乾かさずに濡れたまま寝ると、摩擦刺激で髪が傷む原因にもなります。

そのため、お風呂あがりやシャンプー後にはドライヤーを使って手早く乾かすようにしましょう。

「毛先→中間→根本」の順番で優しくコーミングを行い、タオルドライを丁寧にしてくださいね。

ちなみに、髪のうねりは根本(ねもと)に原因があることがほとんど。

髪をどんなに乾かしても、頭皮が濡れているとその水分で髪がうねってしまうため、根本からしっかり乾かすのがコツです。

また、クセやうねりが出やすい部分も重点的に!

  • 耳の後ろ側
  • 襟足
  • 前髪の生え際
  • 後頭部

これらの部位は、乾かしが甘くなりがちです。

今日からは、少し意識しながらドライヤーを使ってみてくださいね。

ヘアアイロンでスタイリング

湿気で髪がうねることで髪型が決まらない場合、ヘアアイロンでスタイリングする方も多いはず。

このとき注意して欲しいのは、アイロンの設定温度です。

海外製のアイロンなどでは、200度という高温設定ができるタイプの製品もありますが、これは絶対にNG!

髪を構成する「たんぱく質」であるケラチンは、150度になると熱変性(ケラチン変性)を起こしてしまいます。

すると、髪が炭化してパサパサになってしまうので注意が必要です。

髪は「死滅細胞」と呼ばれる死んだ細胞の集まりで構成されているため、一度ダメージを受けると二度と元には戻りません。

傷んだ髪は、さらに湿気でうねりやすい状態になってしまいます。

「アイロンで真っ直ぐにしても、髪が湿気でうねってしまう」という方は、高温での継続使用によってダメージ髪になっている可能性が高いです。

アイロンを使用する際には、必ずヘアオイルなどで髪を保護したうえで、130~140度を上限としてセットするようにしてください。

また、スタイリングの仕上げには湿気から髪を保護する「保湿ケア」を欠かさないことも大切です。

くせに合わせたカットをしてもらう

くせ毛さんのなかには、かなり強いうねりで悩んでいる方も多いでしょう。

髪質によっては、完全にうねりを抑えることが難しいケースも!

この場合は、ベースのカットを「多少うねってもオシャレに見える髪型」にしてもらうのがオススメです。

うねりを活かしたスタイルにすることで、雨の日や湿気が多い日のストレスから解放されることも少なくありません。

全体のうねりを「動き」として活かし、毛先が少しハネることによって誤魔化すことができます

特に「襟足の髪が外側にハネやすい」とか「後頭部の髪がうねりやすい」なんて方に最適ですよ。

ぜひ、担当の美容師さんに相談してみてくださいね。

ヘアケア製品で湿気から髪を守る

湿気によって髪がうねるのは、水分の過吸収による「膨張」が原因だとお話しました。

逆に考えると、水分を過剰に吸収しないよう「油分」で構成されたヘアケア製品を使えば、湿気から髪を守ることが可能ということ!

水分を多く含んだヘアミストやムースなどでは、湿気のうねりを解消することはできません。

「油分」に着目することが、うねり解決へのカギなのです。

僕がくせ毛専門美容師として開発した「ヘアケア製品」について、このあと詳しくご紹介していきますね。

「湿気でうねる髪にサヨナラしたい!」という方は、ぜひご覧ください。

湿気に強いヘアケア製品を使おう

雨の日や湿度の高い日の「髪のうねり」を抑えるなら、湿気に強いヘアケア製品を使うことが必須。

とはいえ…

「どの製品を使えばいいか、わからない」

「あらゆるヘアケアをしてみたけど、効果がイマイチだった」

このような方も多いでしょう。

そんな方にこそ、僕が美容師として開発した「2STEPアウトバストリートメント」をお試しいただきたいです。

2STEPアウトバストリートメントは、大人気のプリュムヘアオイルとプリュムワックスを併用する「くせ毛・うねり髪用ケア」です。

使い方はとっても簡単。

ドライヤーで乾かす前に、補修×保護効果のあるプリュムヘアオイルを馴染ませます

普段通りに乾かしたら、仕上げにプリュムワックスで髪を保湿コーティングするだけ!

たった2ステップで、湿気による厄介な「うねり髪」に効果を発揮します。

プリュムヘアオイルの水分調整

髪の表面だけではなく、内部に不足している成分もしっかりと補修するため、水分を過剰に吸収しにくい髪質へと導くのも嬉しいポイント。

さらに、縮毛矯正やヘアアイロンなどで蓄積したダメージを補修する効果も期待できます。

 プリュムヘアオイルの補修効果

  実際にお使いいただいたお客様からは、 嬉しい口コミ&ご感想もたくさん寄せられているんですよ。

一部ご紹介しますので、迷っている方は参考にしてみてくださいね!

ワックスの感想

ワックス口コミ

このように、湿気でうねったり広がってしまう髪質の方から、大変喜ばれています。

リピーターさんが非常に多いのも、2STEPアウトバストリートメントの特徴。

ぜひ、あなたの髪でも驚きの効果を実感してください!

 

まとめ

今回は、雨の日に湿気で髪がうねってしまう理由と、うねりを改善する方法をご紹介しました。

湿気で髪がうねるのは、髪質とダメージに原因があることがほとんど。

そのため、正しいヘアケアを行ってあげれば「厄介なうねり」から解放されるはずです。

毎日のホームケアを徹底し、素直にまとまる美髪を実感してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!  

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

プリュムヘアケアはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください