ジメチコン入りのトリートメントは「害がある?」「シリコンは肌に悪い?」美容師が解説

Pocket

「シリコン入りトリートメントは害があるの?」

「シリコン(ジメチコン)は肌に悪い?」

このような疑問をお持ちの方は必見!

今回は、表参道で美容院MAX HERAIを経営している戸来が、トリートメントに含まれるシリコンについて解説します。

シリコン(シリコーン)が入っているだけで「ダメ」「害がある」なんて思っている方こそ、最後までお読みくださいね。

トリートメントに含まれる「シリコン」って何?

トリートメントに配合されているシリコンは、髪になめらかなコーティングをすることで手触り指通りを改善する効果があります。

ちなみに「シリコン」の正式名称はシリコーンです。

このシリコンは、とっても優秀な成分。

多くの化粧品やボディケア製品などにも使用されているほどなんですよ。

成分表記としては「○○コン」「○○シロキサン」などと書いてあるものは、すべてシリコンです。

繰り返しになりますが、シリコンは正しく使用すれば非常に優れた成分。

しかし、使い方選び方を間違えると、髪のトラブルにもつながるため注意が必要です。

シリコンの役割と効果

シリコンは、髪に被膜を張ることで以下のような効果を得ることができます。

  • 髪をキレイに見せる
  • 指通りを良くする
  • 手触りをサラサラに改善
  • 絡まりを予防

    特に「ジメチコン」のようなシリコンは、髪がサラサラになることが最大の特徴であり、メリットといえるでしょう。

    シリコン入りトリートメントを使うと、手触りの違いがご自身でも実感しやすいはずです。

    また、髪の毛が絡みやすい方やキシみが気になる場合には、ノンシリコンを徹底していると逆に髪の状態が悪化してしまうことも。

    例えば、髪をとかしたり、ほどくときに無理な力がかかってしまい「断毛(切れ毛)」の原因になってしまうケースがよくみられます。

    しかし、シリコンで程よくコーティングされた髪は絡まりにくくなるため、ほどくときにもスルっと解ける!

    そのため「髪のダメージ予防」とか「切れ毛や枝毛の予防」というメリットも期待できるのです。

    シリコン(ジメチコン)は害ではない

    僕がみなさんにお伝えしたいのは、シリコン(ジメチコン)には肌や頭皮への害はないということ。

    「シリコンは害である」という情報を、実際に目にしたことがある方も多いかもしれません。

    例えば…

    • 頭皮に膜を張るため毛穴が詰まってしまう
    • 抜け毛や薄毛の原因になる
    • 被膜のせいで髪が呼吸できなくなる
    • 肌に有害である

    このように、たくさんのデメリットだけが目に付いてしまいますよね。

    しかし、これらすべてはノンシリコンシャンプーやトリートメントを売るため。

    肌への直接的な悪影響もありませんし、正しいシャンプーを行っていれば毛根に詰まってしまうこともありません。

    シリコン(ジメチコン)に害があるといわれる理由は、メーカーの営業戦略。

    これが真実なのです。

    そのトラブル!本当にシリコンのせいですか?

    「でも、安いトリートメントを使ったら髪のコンディションが悪くなった」

    「シリコン入りの市販製品で肌が荒れるようになった」

    このような経験をした方も少なくないでしょう。

    しかし、これはシリコン自体の問題ではなく「安いトリートメントに配合されている安価な成分」のせいであることがほとんど。

    または、ライン使いしているシャンプーの洗浄力が強すぎることが原因になっているケースもありますね。

    一般的に「安い成分=洗浄力が強い」という特徴があるので、市販シャンプーやトリートメントを使用している方は注意しましょう。

    シリコン入りトリートメントの選び方・注意点

    シリコン入りのトリートメントは悪いものではありません。

    しかし、製品によってはシリコンを過剰配合しているものが存在します。

    手触りや髪の質感を「すぐに」「わかりやすく」変えるためです。

    1回使ってみて「すごい髪がサラサラになった」と感じれば、そのトリートメントやヘアオイルを使い続ける方は多いはずですからね。

    ところが、この過剰なシリコンにはデメリットがあります。

    特に、シリコンの配合量と配合バランスが過多なものも。

    ヘアオイルやトリートメントの成分表記を見たときに、ほとんどシリコンの場合は注意が必要。

    その成分のほとんどがシリコンで作られている製品意外とあります。

    成分表記は、多く配合されている順番に並べられているため、あなたでも判別することができるはずです。

    このような「シリコンばかりに頼ったトリートメント」を使っていると、髪にシリコンがどんどん蓄積。

    特に、パーマやカラーをされる人は注意です。

    使うごとに美髪になるどころか、ベタベタ&ギットリした見た目や手触りになってしまう恐れもあります。

    美容室でのサロントリートメントにもシリコンは使われる

    美容院のメニューにある「サロントリートメント」にも、実はシリコンがたくさん使われています。

    実際、トリートメントを受けた日には髪がサラサラになり、手触りも良く感じるでしょう。

    「傷んでいた髪が復活した!」とさえ思えるくらいですよね。わかります。

    しかし、サロントリートメントは永久に効果が続くわけではありません。

    その理由は、まさに「シリコンで一時的にコーティングしているだけ」だから。

    髪内部のダメージ状態は、変わっていないんですよね。

    「傷んだ髪を治したい」とか「髪質を良くしたい」という理由で施術を受けても、そのトリートメント効果は2~7日程度で消滅してしまいます。

    髪を毎日キレイに保ちたいと考えているのであれば、サロントリートメントでは意味がないと僕は思っています。

    コスパが悪いうえに、効果も続かないため、僕の美容院では「トリートメントメニュー」をご用意していないほどです。

     

    おうちでサロンレベルのトリートメントを

    毎日安定して「美髪」を作りたいなら、おうちでサロンレベルのトリートメントを行うことが欠かせません。

    一体どういうことなのか、その理由をお話していきます。

    ホームケアの重要性

    他の記事や動画でもお話していますが、髪の毛は「死滅細胞」の集まりで作られています。

    わかりやすく言えば、死んだ細胞の集まりということ。

    そのため、一度傷んでしまうと自己再生はしてくれません。

    傷んだら傷んだままの状態で伸びていくのです。

    「でも髪を切らないでキレイにしたい」と思っている方は多いでしょう。

    そんな方にこそ、ホームケアをおすすめしています。

    髪内部から流出してしまった「美髪成分」を毎日のケアで補うこと!

    さらに、ダメージを受けたキューティクルを保湿・保護してあげることが、美髪を作る秘訣なんです。

    美容師開発!シャンプー&トリートメント

    僕は、美容師としてシャンプー&トリートメントの開発・販売も行っています。

    髪にさまざまなお悩みを抱えているお客様から、細かくご意見や要望をお聞きして作り上げたのがこちら。

    プリュムシャンプー&トリートメントは、髪の補修をしながら洗ってうるおす「ノンシリコン処方」です。

    洗浄成分にはとことんこだわってお作りしたため「優しいのにしっかり落とす」という絶妙なバランスを実現しました。

    シリコン入りのアウトバストリートメントなどを使用している方にも、大変おすすめです!

    もちろん、こだわったのは洗浄成分だけではありません。

    プリュムシャンプー&トリートメントには、美髪づくりに欠かせない「ヘマチン」を高配合。

    傷んだ毛髪の補修効果をはじめ、抗酸化作用による「抜け毛や白髪予防」も期待できる成分です。

    さらに、カラーやパーマで髪に残った「残存薬剤除去作用」も!

    そして。

    髪の大半を構成する「ケラチン」を配合することで、ダメージ髪やエイジング髪に不足した「たんぱく質」を毎日補給。

    毎日使い続けるごとに、髪の質感を美しく整えるシャンプーなのです。

    実際にお使いいただいているお客様からは、毎日のように喜びのお声を頂戴しております。

    「もう他のシャンプートリートメントには戻れません」

    「今まで色々な美容院の高いトリートメントを使っていたけれど、こんなに効果が実感できたのは初めて!」

    このように、リピートしてくださるお客様が非常に多い製品です。

    ノンシリコンだから、嫌なベタつきも一切なくスッキリとした洗いあがりが特徴。

    それなのに、キシまずサラサラとした手触りを体感することができますよ。

    「シリコン入りのシャンプーやトリートメントは苦手」という方は、ぜひ一度お試しくださいね。

    自信があるからこその「14日間返金キャンペーン」も実施中!

    万が一ご満足いただけなかった場合や、髪やお肌に合わなかった際には、責任をもって返金させていただきます。

    ぜひ、安心してご注文ください!

    超ダメージ髪にはシリコン入りアウトバストリートメント

    くせ毛で髪がパサついたり、ダメージが蓄積している方には「アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)」でのケアをおすすめしています。

    僕は美容師としてアウトバストリートメント(ヘアオイル)も開発。

    正直、このヘアオイルを作るにあたり「シリコンを入れるか?入れないか?」という点で試行錯誤しました。

    お客様に試作品のサンプルを配布して感想をお伺いしたり、意見をお聞きしながら…

    23回もの改良を重ねた結果、一番みなさまの評価が高かった「シリコン成分と配合率」を採用したのです。

    こちらは、その洗い流さないトリートメント『プリュムヘアオイル』を馴染ませたお客様の髪。 

    40代女性ですが、Afterはとてもツヤのある若々しい髪に見えますよね? 

    実際にお使いいただいたお客様からは、以下のような嬉しい声もたくさんいただいています!

     

    プリュムヘアオイルはシリコン配合ですが、1回のシャンプーで落ちてくれるし、髪全体を皮膜しません。

    だから重たくならないし、髪にも優しいんです。

    メッシュ状被膜のシリコンなら髪に優しい

    実は、一般的なトリートメントやヘアオイルに含まれているシリコンは、かなり高配合のため強力な被膜が髪に付着します。

    シリコンは、シャンプーでしっかり落としてあげないと蓄積してベッタリしてしまうんですよね。

    要は、シャンプーでシリコンを剥がしてあげる必要があるということ。

    ところが、強力なシリコンのコーティングは、髪表面にガッチリ張り付いているため、剥がれるときに「キューティクル」も一緒に剥がしてしまうといわれています。

    キレイになるために使っているはずの「シリコン入りトリートメント」で、逆に髪をボロボロにしてしまう恐れがあるのです。

    プリュムヘアオイルの場合には、シリコンとして配合している「ジメチコン」の配合量とバランスを追求。

    髪全体を「被膜」でガッチリ包み込んでしまうのではなく、メッシュ状に優しくコーティングするタイプです。

    シャンプーで落としたときにも、キューティクルにダメージを一切与えません。 ちなみに、こちらのお客様は50代女性です。 ↓

    Afterでは、シリコン(ジメチコン)をバランス良く配合したプリュムヘアオイルを馴染ませた状態。

    ツヤが出て、質感が明らかにアップしているのがおわかりいただけるでしょう。

    この絶妙な使用感と配合バランスは、美容師をしている僕だからこそ、カタチにすることができました。

    髪のキューティクルを傷ませるどころか、美髪成分によりダメージ髪を補修する効果も実感いただけます。

    「髪がパサつく」「傷みが気になる」という方こそ、毎日のヘアケアに「プリュムヘアオイル」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    今回は美容師の僕が、シリコン入りトリートメントの害や悪影響について、その真実をお話してきました。

    シリコン入りトリートメントを使用する際には、正しいシャンプーを行い、製品選びを慎重に行えば何の問題もありません。

    「シリコン自体が害」なのではなく、

    • シャンプーで正しく落とせていないこと
    • シリコン配合率が高すぎる製品を使っていること
    • 髪の状態を把握せずに使い続けること
    • 被膜が強すぎるシリコン入りトリートメントを選んでしまうこと

    これらが問題なのです。

    ぜひ、シリコン入りとノンシリコンを上手に使い分けて、あなたもツヤツヤの美髪を手に入れてくださいね。

    何かわからないことや質問がありましたら、公式LINEよりメッセージをお寄せください。

    2日以内に僕が直接回答させていただきます!

    Pocket

    つけるだけでしっとり”艶髪”に。

    Pocket

    2stepでサロン帰りの髪をキープする
    今だけのお得なセット

    くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
    くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
    組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
    まずは試してその効果を実感してみてください。

    2 STEPアウトバストリートメント

    ”使うたび美髪に導く”

    Pocket

    美容師が開発した毎日できる髪質改善

    “使うたび美髪に導く”
    傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
    美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

    プリュムヘアケアはこちら

    コメント

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください