髪がキシキシして引っかかる!その原因と対策を美容師が解説!

Pocket

「髪の毛がキシキシするのを治したい」

「指通りの良い髪になりたい」

このようなお悩みありませんか?

髪の毛のキシキシ感は、正しいシャンプー選びとホームケアで改善することができるんです。

今回は、原宿美容師の戸来が「髪がキシキシしてしまう原因と対策方法」を解説します。

髪がキシキシする原因

髪がキシキシしたり引っかかってしまう原因は、大きく分けると以下の通り。

  • シャンプーが合っていない
  • 髪のダメージ

 それぞれについて、詳しく解説していきますね!  

シャンプーが合っていない

髪の毛のキシキシ感が「シャンプー後に悪化する」という場合には、お使いのシャンプーがあなたの髪質に合っていない可能性が高いです。

シャンプーを変えるだけで、頑固なきしみが改善されることも!

特に注意したいのは、シャンプーに含まれる洗浄成分(界面活性剤)です。

シャンプー後かなり髪の毛がキシキシ&ゴワゴワしてしまうなら、洗浄力が強すぎることが考えられます。

一般的に、洗浄力が強いとされている成分は以下のようなもの。

  • ラウリル硫酸
  • ラウリルベンゼンスルホン酸
  • 石けん

髪のきしみが気になる方は、これらの成分が配合されていないシャンプーを選びましょう。

僕が美容師としておすすめするシャンプーについては、この記事の後半でお伝えします。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

髪のダメージ

髪の毛がキシキシしたり、引っかかるようになった場合には、髪のダメージがかなり進行していることも。

なかでも、キシキシの原因で多くみられるのは以下の2つです。

  • 美容院の施術
  • 間違った髪の扱い方

これらのダメージが髪に蓄積し、手触りがキシキシ、ゴワゴワしてしまう方は少なくありません。

美容院では、縮毛矯正やパーマ、カラーなどの「薬剤」を使う施術に注意が必要。

特に、縮毛矯正は薬剤のダメージに加えて、熱処理の大きな負担もかかります。

繰り返すことによって、髪の毛の状態が悪くなり、キシキシしたり乾燥がひどくなってしまうんですね。

傷みが蓄積することで切れ毛・枝毛が増加し、髪の指通りが悪化する原因にもなります。

また、普段の髪の扱い方ホームケアが間違っていて、キシキシが目立つようになることも。

特に注意してほしいのが、ドライヤーとヘアアイロン(コテ)の使い方です。

熱は、髪の毛に対して確実にダメージを与えます。

すると、キシキシ感やパサつきなどにつながってしまうんですね。

ドライヤーを使うときは、髪の毛に近づけすぎないように気を付けましょう。

具体的には「手に温風が当たっても熱くなりすぎない距離」が適切。

目安としては、20センチくらい離して使ってください。

また、ヘアアイロンやコテでセットしている方は、設定温度に注意!

髪を構成するたんぱく質「ケラチン」は、150度で熱変性を起こしてしまいます。

そのため、普段のセットであれば130~140度を目安に設定することが大切です。

キシキシ髪はホームケアで対策できる

髪がキシキシしてしまっている方におすすめしたいのが、ご自宅でのヘアケアの見直しです。

僕は、美容師としてたくさんのお客様の髪を見てきました。

きしみをはじめ、ゴワゴワ、パサつき、広がり、チリチリなど…

さまざまな髪悩みを抱えている方と接してきました。

そのたびに必ずお伝えしていることがあります。

それは「髪にとって、ホームケアが何よりも大切である」ということ。

ホームケアには、お風呂の中で行うインバスケア、お風呂の外で行うアウトバスがあります。

ここからは、キシキシ髪を改善するためのホームケアについて解説していきましょう。

インバスケアの見直しをしよう

この記事の前半では「シャンプーが合っていないと髪がキシむ」というお話をしましたね。

そこで、まずはインバスケアを見直しましょう。

特に、シャンプー&トリートメントは、品質の良いものを選ぶことが大事。

すでに解説した通り、洗浄力が強すぎるシャンプーはキシキシ感の原因になるので、避けたいところ。

だからといって「洗浄力が弱いシャンプーを選べば良い」というわけではありません。

洗浄力が不足していると、今度はスタイリング剤や髪の汚れなどがきちんと落ちなくなってしまいます。

これでは、別のトラブルの原因になりかねません。

そのため「洗浄力が弱すぎず、強すぎないシャンプー」を使うことが重要となってきます。

プリュムシャンプー&トリートメント

 

くせ毛、ダメージ毛でお困りの方の声を聞いて美容師が作った「プリュムシャンプー」は、お客様にアンケートを実施しながら、何度も試作を重ねて完成したシャンプーです。

髪のトラブルでお悩みの方から「これなら納得!」と言っていただけるまで改良。

強すぎず弱すぎない適度な洗浄力を実現しました。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • コカミドプロピルベタイン
  • スルホコハク酸2Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa

これら4種類の洗浄成分をバランスよく配合することで、髪のきしみ対策をしながらも「スタイリング剤や汚れをしっかり落とすシャンプー」に仕上がっています。

また、髪を健やかに導く「ヘマチン」「ケラチン」を厳選配合。

髪の毛の補修をはじめ、内部へのたんぱく質補給、残存薬剤除去作用、指通り改善効果が期待できます。

しかも、プリュムトリートメントには、上記の成分プラス、

8種類必須アミノ酸、天然植物オイル

6種類の天然花エキス

が豊富に含まれています。

◆実際のお客様 ご来店直後

髪のパサつきとキシキシが気になるというお客様。

プリュムシャンプー&トリートメントで洗った後、ブローしただけで・・・

このような仕上がりに。

そのため、実際に使っていただいたお客様からは喜びの声が毎日のように寄せられています。

ワックスレビュー

プリュムシャンプー&トリートメントは、なめらかな指通りとサラサラの手触りが特徴。

これまで体験したことのないような「洗いあがり」を実感していただけるはずです。

シャンプー後のキシキシ感に悩まされている方こそ、ぜひ一度お試しください。

 

ダメージ髪にはアウトバスケアが必須

キシキシしたりパサパサしたりする髪の毛は、油分と水分のバランスが崩れています。

そのため、アウトバストリートメントで髪の内部と表面を補修・保護・保湿してあげる必要があるのです。

また、ドライヤーやコテ、アイロンなどの「熱ダメージ」から髪を守るためにも、アウトバスケアはしっかり行いましょう。

2STEPアウトバストリートメント

キシキシする髪でお悩みの方には、僕が美容師として開発した「2STEPアウトバストリートメント」がおすすめ。

プリュムヘアオイルとプリュムワックスを併用する、スペシャルなアウトバスケアです。

プリュムヘアオイルには、補修成分であるケラチンシルクを配合。

髪内部への補修&保湿力が高く、髪の毛をなめらかな状態へと導きます。

ドライヤー前に馴染ませるだけで、きしみやすい髪もスルンとした指通りを実感していただけるでしょう。

また、ヘアオイルは余計な水分を含まないので、髪の毛が水気を吸って膨らんだりうねったりする心配がありません。

くせ毛さんでも快適にお使いいただけますよ。

仕上げにプリュムワックスで「保湿ケア」を行えば、ツヤとうるおいのある美髪を作ることができます。

実際にお使いいただいたお客様のお声もご覧ください。

また、防腐剤や人工香料などは一切配合していないため、敏感肌さんでも安心。

寝る前のアウトバストリートメントだからこそ、効果はもちろんのこと成分にもとことんこだわってお作りしています。毎日のホームケアを変えることで 必ず綺麗な髪の毛になることができます。髪がキシキシする方こそ毎日のホームケアを見直していきましょう!

 

まとめ

今回は、髪がキシキシして引っかかってしまう原因と対策について解説しました。

せっかく髪を伸ばしても、きしみやゴワつき、乾燥が目立つと「切った方がいいのかな?」と悩んでしまいますよね。

でも、大丈夫!

記事内でご紹介したシャンプーやトリートメントなどのインバスケア、そしてアウトバスケアは多くのお客様にその効果を実感していただいております。

正しいシャンプー選び、そして本当に必要なヘアケアを続けることで、あなたの髪も美しく輝くはず!

「これまで何をしても、髪の毛のキシキシが治らなかった」という方こそ、ぜひお試しくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください