50代の髪型、ぽっちゃり女性に似合うのはどんなヘアスタイル?

50代の髪型、ぽっちゃりに似合うのはどんなヘアスタイル?
Pocket

ふと気づくと、最近ぽっちゃりしてきちゃったなと感じる50代女性のあなたへ。

50代になった今だからこそ、成熟したふくよかな女性に似合う髪型があります。

このページでは、ぽっちゃり50代の女性におすすめの髪型を美容師がご案内。

ショートやボブからミディアム・セミロング、ロングヘアまでそれぞれの50代ぽっちゃりさんに似合うヘアスタイルを紹介しています。

スタイリング方法についても分かりやすくビフォー・アフター画像で解説しているので、ぜひページ最後までお付き合いいただき、あなたに似合う素敵な髪型探しにお役立てください。

体型に合わせた50代の髪型、ぽっちゃりさんへのおすすめ

50代は髪質や体型が大きく変わる年代

若い頃と比べて体型や髪質が大きく変わる50代。

「ぽっちゃりしてきた」

「ぽっちゃりしてから頬のたるみが気になる」

「前までは面長だったのに丸顔になった?ぽっちゃりというか、デブに見える気がする」

このようなお悩みを抱えている50代のあなたへ。

体型や髪質が変わると「今まで似合うと思っていた髪型もなんだか似合わなくなった気がする。」と感じてしまうことも。

そもそも、50代は髪質の変化から、ぽっちゃりさんでなくても髪型に悩む年代なんです。

それに加えて、ぽっちゃり体型も気になる50代。

50代は髪型の悩みが多い

ぽっちゃり50代はショートの髪型にしない方がいい?

いやいや、ロングは若いから、やめるべき?

などなど、さまざまな疑問やお悩みが浮かびますよね。

そこで、50代ぽっちゃり体型に悩むあなたへ、髪の長さ別に似合う髪型をご紹介します。

50代の髪型、ぽっちゃりさんがショート・ボブを選ぶ場合のポイント

ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型、ショート

50代の髪型、ぽっちゃりさんがショートにするときのポイントはこちらの4点。

  • 襟足をエアリー&束っぽいデザインに
  • トップが立体的になるようにレイヤーを
  • 前髪は長め&斜めに流して女性らしくしつつ縦ライン強調
  • 毛量が多い場合は調節

ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型【ショート】

50代のぽっちゃり女性にも、ショートはおしゃれに決まりますね。

おすすめのショートヘアのポイントを解説していきます。

ぽっちゃり女性がショートの髪型を選ぶ場合は、特に顔まわりを軽めにすることが重要。

そのために、レイヤーやシャギーを上手に入れる必要があります。

「大きい顔に似合う髪型は重めで、ぽっちゃりなフェイスラインを隠せるような髪型じゃないの?」

そのアイディア、ありがちですが実はそうでもないんです。

重めの髪型にしてしまうと顔が暗く見えたり、頭が大きく見えてよりぽっちゃり感を強調したりすることも。

毛量が多い方は適度に軽く

ですから、毛量が多い方は、量を調節して適度に軽くしましょう。

こちらの女性のように、毛先軽めのコンパクトなショートヘアに仕上げると良いですね。

トップが自然にふわっとするように乾かして、最後はパサつきを抑えられるプリュムワックスで軽くセットをしました。  

ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型、ボブ

50代ぽっちゃりさんがボブの髪型にするときのポイントはこちらの4点。

  • 重めボブの髪型は避けてレイヤーを入れたり梳いたりして適度な軽さを
  • ひし形に髪型のシルエットを近づける
  • 頬のたるみが気になるなら前下がりボブの髪型に
  • 髪色を明るめにするのもおすすめ

ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型【ボブ】

すっきり短めの髪型にしたい50代ぽっちゃりさんには、ボブもおすすめです。

ボブの髪型は重めに作るイメージが強いですが、ぽっちゃりをカバーするための重すぎるボブはNG。

ボブの髪型でも少し動きをつけましょう。

レイヤーを入れて立体感とナチュラルな軽やかさを出してあげると、ボブの髪型でも重たく見えにくくなります。

50代ぽっちゃりさんがボブの髪型にする場合、前下がりのシルエットにするのもおすすめ。

前下がりデザインの髪型にするとリフトアップして見えるため、50代で頬のたるみが気になってきたぽっちゃりさんに最適。

ボブの髪型はとにかく「重くしすぎない」ように注意してくださいね。 

軽やかな印象にしたいなら、髪色を少し明るくするのもおすすめですよ。

ミディアムやセミロングの場合、どんなヘアスタイルを選ぶべき?

ウルフカット

ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型、ミディアム・セミロング

50代ぽっちゃりさんがミディアム・セミロングの髪型にするときのポイントはこちらの4点。

  • フェイスラインをカバーできるように顔まわりにレイヤーを入れる
  • 重心を上にする
  • ストレートよりパーマ感やくせ毛を活かして動きのある髪型に
  • 前髪ありなら少し長めにして流す

ミディアム・セミロングは、鎖骨から胸上くらいの長さの髪型で、多くの方が似合いやすい髪の長さ。

50代ぽっちゃりでお悩みのあなたにおすすめの髪の長さです。

ミディアムやセミロングで50代でぽっちゃりさんに一推しの髪型はウルフカット。

ミディアムやセミロングで50代でぽっちゃりさんに一推しのウルフカット

ウルフカットは平成初期に一度大流行した髪型で、50代の方なら藤原紀香さん、相川七瀬さんをイメージするのではないでしょうか。

そのウルフカットが2019年あたりから少し形を変えて、若者からアラフィフ・アラカンさんにまで再流行。

平成初期より丸くやわらかい印象になったウルフカットは、50代ぽっちゃりが気になるあなたにもおすすめですよ。

ウルフカットはレイヤーが特徴の髪型であり、顔まわりの髪もレイヤーでフェイスラインに沿わせるため、大きい顔に似合う髪型をお探しの50代丸顔ぽっちゃりさんにも人気があります。

50代になって髪質の変化でくせ毛が出始めた場合もウルフカットはトップのボリュームや動きがおしゃれのポイントですから、50代になってからのくせ毛のお悩みにも活かすことができますよ。

ウルフカットはエッジが効いた髪型、かっこいい50代になりたい方はぜひ挑戦してみてくださいね。

ロングヘアの50代女性・ぽっちゃりさんに似合う髪型について

ロングヘアの50代女性・ぽっちゃりさんに似合う髪型

50代ぽっちゃりさんがロングの髪型にするときの4つポイントはこちら。

  • 大きめのパーマをかける
  • 動き・束感が出るようにカットする
  • 髪色は暗めにする
  • 前髪は伸ばすか流す

髪が長いので「髪質の変化が目立ちやすい」「お手入れが大変」などを理由に50代の女性が選びにくいロングの髪型。

一方で、50代までロングをキープしてきたあなたにとって、髪をカットするのは勇気が必要ですよね。

長く付き合ってきた髪を無理に切ることはありません、50代ぽっちゃりさんでもロングの髪型を楽しみましょう。

50代ぽっちゃりさんがロングにする場合は大人っぽさを出すのがポイント。

大きめの動きをつけましょう

パーマをかける、コテで巻くなどして、ゆったりしたカールを作りましょう。

くせ毛のぽっちゃりさんは、くせ毛を活かした動きを出すのも良いですね。

髪に動きを出すことで、トレンド感を出しつつ、ぽっちゃり感をカバーできます。

動きのある髪型にすること、これも50代ぽっちゃりさんに似合うロングにするための大切なポイント。

50代になると体型の変化だけでなく、髪のハリコシがなくなってきて薄毛が気になりはじめることも。

髪がペタンとなりやすく、悩んでいたりしませんか?

ボリュームのない髪型はお顔や体が大きく、ぽっちゃり感が増して見えてしまうことがあります。

暗めカラーは髪が綺麗に見える

ボリュームが出にくい場合には、ストレートヘアよりも動きを出しやすい髪型にするのがおすすめ。

毛先のカールやウェーブで大きな動きを出すようにするのが50代ぽっちゃりさんのロングヘアを選ぶ場合のポイントです。

髪にボリュームが出ることに加えて、メリハリが出て、華やかな印象の髪型に。

ロングヘアは髪質が目立ちやすいため、暗めのカラーにしましょう。

暗めカラーはツヤ感が出て、髪を綺麗に見せる効果があります。

50代でパサつきが気になる方でも明るめカラーより目立たなくなりますよ。

ちなみに「髪型の希望を上手く美容師に伝えられない」、そんなときは「写真」を持って行くのがおすすめ。

なりたい髪型に近い芸能人やサロンモデルの写真を美容室に持っていき、「こんな感じにしてください」と美容師さんに伝えるとスムーズです。 

50代くせ毛の髪型、ぽっちゃりさんにおすすめのスタイリング剤

50代ぽっちゃりさんの髪型を素敵に見せるならヘアセットも重要

50代ぽっちゃりさんの髪型を素敵に見せるならヘアセットも重要。

50代は髪質が変化する年代、とお伝えしたように、50代は後天的なくせ毛・パサつきに悩まされることになります。

くせ毛やパサつきがあると、せっかく50代ぽっちゃりさんに似合う髪型にカットしても、なかなか素敵にスタイリングするのが難しくなることも。

そこで50代の髪型作り、ぽっちゃりさんにおすすめなのがヘアオイルを使ったヘアケア・スタイリング。

くせ毛やパサつきには毛髪補修できるヘアオイルを使うことでしっとり、ハリコシのある髪に近づけることができます。

シャンプー後、髪を乾かす前に毛髪補修成分配合のヘアオイルを髪につけて乾かしましょう。

2STEPアウトバストリートメントのBeforeAfter

ヘアセットには、ヘアワックスを使うのがおすすめ。

ヘアワックスを使うと立体感を強調したり、束感を作ったりでき、ぽっちゃりをカバーしやすくなります。

ワックスはパリパリに固まらないヘアバームタイプのものを使うとやわらかく、女性らしい髪型を作ることが可能。

ニュアンスのある髪型作りもできるため、トレンド感もゲットできます。

毛髪補修ができるプリュムヘアオイルと、パサつく髪も簡単にツヤのあるまとまる髪にヘアセットできるプリュムワックスのセット、プリュムヘアケアの2STEPアウトバストリートメントはこちらからご確認いただけます。

 プリュムヘアケアの2STEP洗い流さないアウトバストリートメント

小顔に見せたい場合のおすすめカット・ヘアセットのポイントとは?

髪の長さ別に、50代ぽっちゃりさんにおすすめの髪型を紹介してきました。

どの髪型にする時にも共通している、50代ぽっちゃりさんが髪型を選ぶときに重要なポイントは以下の通り。

  • 毛先に動きを出す&軽めにする
  • 前髪ありなら斜めに流して軽めにする(おでこが少し透けるくらい)
  • 全体のシルエットはひし形に近づける
  • トップにボリューム(動き)を出す

50代ぽっちゃりさんが髪型を変える時には、基本的には上記4つのポイントをおさえた髪型にするのがおすすめ。

しかし、一口に「50代でぽっちゃりしている」といっても、「ぽっちゃり」にはさまざまなタイプがあります。

例えば「身体もふっくらしている」という50代ぽっちゃりさんもいらっしゃれば、「身体は細身だけど顔だけぽっちゃりしている」という方もいらっしゃいますね。

体型は人それぞれ

一人一人、それぞれに体型・骨格は違うので、個人に似合った髪型を作ることが大切。

髪型を決める際には体型だけでなく、もちろん髪質にも関係があります。

50代ぽっちゃりで髪型を選びに迷った場合は、担当の美容師さんと十分に相談して決めるようにしましょう。

それではタイプ別、50代ぽっちゃりさんが小顔に見える髪型おすすめを紹介していきますね。

丸顔タイプならひし形シルエットのショートボブで小顔を目指す

丸顔タイプの50代ぽっちゃりさんならショートボブの髪型がイチオシ。

顔や頭をコンパクトに見せるために、すっきりとしたデザインのショートボブにしましょう。

全体のシルエットはひし形に。 ひし形シルエットの髪型にすると、頭の形がきれいに見えるというメリットもあります。

丸顔タイプならひし形シルエットのショートボブ

またショートボブの髪型でも、50代ぽっちゃりさんの場合、毛先を重たくしすぎないのがポイント。

適度に軽さを出すと良いですね。

襟足が首に沿うようなデザインの髪型にすれば、ネックラインも美しく見えます。

首がほっそりきれいに見えるとお顔もシャープに見えるため、ぽっちゃりが気になっている50代のあなたにおすすめです。

「生え癖があって襟足の髪がどうしてもハネてしまう」という場合は、あえて外ハネにするショートボブに。

外ハネにしてくびれを作ることで、メリハリが出ます。また、外ハネにするとネックラインがタイトに見える嬉しい効果も。

  ショートボブのポイント

丸顔タイプの50代ぽっちゃりさんにおすすめ、小顔効果のあるショートボブのポイントはこちら。

  • 全体のシルエットをひし形に近づける
  • 毛先を軽めにして重くしすぎないように
  • サイドをやや長めに残して耳掛けしてもおしゃれな髪型に
  • 襟足の髪が首に沿うorくびれて外ハネになるデザインの髪型に

サイドの髪を少し長めに残してあげると、フェイスラインが目立たなくなり小顔に見えますし、耳掛けしたときにもおしゃれに見えておすすめです。  

細身よりも若く見られる50代ぽっちゃりさんは髪型で勝負

体型やお顔の大きさに悩む女性は年齢問わず多いもの。

しかし、50代以降は少しぽっちゃりしている方が若く見えることも。

ふっくらしていることは若々しさにつながる

お顔がふっくらしているとハリがあるように見えますし、シワも目立ちにくくなります。

ふっくら、ハリのあるお顔は若々しく、健康的な印象を与えることができますね。

50代でぽっちゃりしていることはデメリットだけでなく、若見えするメリットもある、ということ。

50代のぽっちゃりさんは無理にダイエットをするよりも、髪型で印象を変えるのもおすすめです。

良いところは生かし、気になるところは髪型でカバーしましょう。

50代の髪型、ぽっちゃりさんにおすすめのヘアスタイルまとめ

アラフィフさんにおすすめのヘアスタイル

今回は、美容師が50代ぽっちゃりさんに似合う髪型を解説しました。

50代ぽっちゃりさんが髪型を変える際に重要なポイントは以下の通り。

  • 毛先に動きを出す&軽めにする
  • 前髪ありなら斜めに流して軽めにする(おでこが少し透けるくらい)
  • 全体のシルエットはひし形に近づける
  • トップにボリューム(動き)を出す

ぽっちゃりさんの中には、「重めの髪型にしてしっかりフェイスラインを隠した方がいいのでは?」と考える方も多いもの。

しかし、ぽっちゃりしたお顔を目立たなくするには、実は少しレイヤーを入れて軽めにするのがおすすめなんです。

アラフィフさんこそエアリーなヘアスタイルを楽しみましょう

軽くする=動きを出すことで、フェイスラインから視点を外すことが大切。

軽やかな髪型は50代ぽっちゃりで悩むあなたを明るい印象に変えてくれます。

基本的には、50代ぽっちゃりさんには今回ご紹介したポイントを押さえた髪型がおすすめですが、体型や髪質は人によって異なるもの。

そのため、50代でぽっちゃりでお悩みの方が髪型を変える際には、事前に信用できる美容師さんに相談してくださいね。

若く見えるというぽっちゃり健康的であることのメリットを活かしつつ、お気に入りの髪型を見つけてもっと50代を楽しみましょう。

あなたにぴったりの小顔効果のある髪型探しに是非お役立てください、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 広がる、膨らむ髪を抑えて髪にツヤ・まとまりを与えるプリュムヘアオイル
Pocket