くせ毛はダメージに弱く傷みやすいの?その理由・仕組みを解説

なぜくせ毛はダメージに弱く傷みやすいのか、その理由・仕組みを解説します

くせ毛さんはヘアセットをするために時間を必要としますし、スタイリングに使うドライヤーやアイロン・コテの熱も髪にダメージを与えてしまいます

また人気のある縮毛矯正とそのダメージについても、施術の仕組みと一緒に解説します。


くせ毛さんは毎日のスタイリングでダメージを受ける機会が多い

\ 監修はこの人 /
    毛髪診断士 遠藤 颯
    • 毛髪診断士
    • 遠藤 颯
    • 毛髪診断士。Webメディアにおいて6年間記事監修を務める。
      10点以上のヘアケア&美容アイテムのプロデュース経験も。

髪は熱でダメージ受ける性質があります。

特に毎日使うドライヤーやアイロン・コテは髪にダメージを与えてしまいます。

くせ毛はドライヤーやアイロン・コテからダメージを受ける機会が多い

直毛に比べてくせ毛のヘアセットには、ドライヤーでのブローやアイロン・コテなど熱を利用する時間が長くなります。

このように毎日髪の毛に熱を加えるスタイリングを続けていると、どのようなことが起こるのでしょうか。

たんぱく質で出来ている髪の毛は、髪が乾いた状態で約150℃から、濡れていると60℃の熱が加わることで熱変性と呼ばれる現象が発生します。

髪の熱変性で起きること

  • 髪が硬くなる
  • 髪の内部に空洞ができる
  • 弾性がなくなり切れ毛が発生する

たとえば、ヘアアイロンやコテはは180℃の高温の方がスタイリングの持ちがいい分、髪へのダメージが大きくなってしまいます。

  • 150℃程度低温なら時間をかけてスタイリング
  • 180℃の高温なら手早くスタイリング

これら2つは美容師の意見も分かれるところですが、ヘアアイロンの扱いに慣れていない場合は、普段使うヘアアイロンの温度を150℃にすることをおすすめします。

まずは150℃からスタートし、慣れてきたら徐々に温度を上げていくのが良いでしょう。

髪の熱ダメージを防ぐ方法については「ダメージヘアにつながるオーバードライとは?ドライヤーで髪を乾かす時の注意点について」をチェック!

ダメージで傷んだ髪は乾燥しやすくなる

傷んだ髪にはダメージケアできるシャンプーやトリートメントを。

髪がどうにも乾燥してボサボサになりやすいと感じたら、髪の傷み具合・状態をチェックしてダメージ補修用のトリートメントを選ぶようにしましょう。

詳しくは「リペアトリートメントの特徴と効果について!おすすめなのはこんな髪質の人!」をチェック!


縮毛矯正は便利だけれど、ダメージを受ける原因に

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト 江川 徹
    • ヘアメイクアーティスト
    • 江川 徹@tooru_f.hair_salon
    • 縮毛矯正、髪質改善が得意な東京・錦糸町を中心に活躍するベテラン。
縮毛矯正する前とした後の比較
縮毛矯正する前とした後の比較

ヘアセットにもヘアケアにも時間がかかるくせ毛さん。

くせ毛をまっすぐな髪にできる唯一の方法は縮毛矯正です。

うねり髪に悩むと、必ず一度は縮毛矯正を試してみたいその施術はサロンでも人気のメニュー。

知っておきたい、縮毛矯正とヘアダメージの関係について学んでいきましょう。

縮毛矯正でダメージを受ける仕組み

縮毛矯正は真っ直ぐになる反面、ダメージが大きい
縮毛矯正は真っ直ぐになる反面、ダメージは大きい

縮毛矯正は美容室の施術の中でも髪へのダメージが最も大きいもののひとつである、あるいうことは知っていましたか?

アルカリ性薬剤によるダメージ

髪の毛の一番外側にあって髪を保護してくれているキューティクル。

縮毛矯正ではまずキューティクルを薬剤で開くことから始まります。

その後、浸透した薬剤の成分で髪内部のたんぱく質の結合を切断。柔らかくなったタンパク質をアイロンの熱でまっすぐに引っ張った状態に。そこに次の薬剤を使って結合を固定化させる、というのが縮毛矯正の仕組みです。

このように、強い薬剤と熱を加えるため、見た目は真っ直ぐになっていてもダメージを受けることからは逃れられません。

縮毛矯正の後にはヘアケアを

縮毛矯正後もヘアケアを大切に
縮毛矯正後もヘアケアを大切に

縮毛矯正を受けた後は、ダメージヘア用のシャンプーやトリートメントを使いましょう。

くせが伸びたあとは、ヘアケアを怠りがち。

しかし、実際髪の毛は大きなダメージを受けているので、時間が経つと指どおりが悪くなったりパサつきの原因にもなります。

ダメージケアにぴったりのシャンプー&トリートメント

編集部セレクト

プリュムシャンプー&トリートメント【本体】
「頑固なくせ毛」「ケラチンシャンプーだけでは物足りない」そのような方のためのシャンプーです。
健康な髪 内部のコルテックスの密度が高く、表面のキューティクルも整っている。 芯がしっかりしていて、指どおりも良いため、まとまりやすい
ポイントは、ケラチンとヘマチンの組み合わせ
髪と頭皮をつつみこむ 摩擦レスなもっちり泡 素肌とおなじ弱酸性で優しい洗いごこち
加水分解ケラチン ナノレベルで浸透 ヘマチン 擬似キューティクルを形成 W処方が髪悩みにアプローチ 空洞を埋めて、表面を整える
アミノ酸系&ベタイン系 マイルドな洗い心地
オーガニック認証原料 アルガンオイル使用
天然オレンジとゼラニウム精油の香り
内側から補修し、表面を整える。うるおいとツヤのある髪に。
プリュムシャンプー&トリートメント
定期購入(初回限定)

4,900円 (税込)

通常購入(送料無料)

11,000円 (税込)

洗い流さないトリートメントも取り入れてみて

リペア用の洗い流さないトリートメントは、基本的に濡れた髪に使うと良いでしょう。

  • タオルで水気を拭き取る
  • 目の荒いくしで髪を整える
  • 毛先から洗い流さないトリートメントをつける
  • 根本から髪を乾かす

毛髪補修成分が含まれたヘアオイル

編集部セレクト

プリュムヘアオイル
補修して芯から潤す。べたつかないプリュムヘアオイル
うねり、パサつき髪になじませてブローするだけ。かんたん&時短ケア 雨の日もうるさら髪続く
やさしい3つのポイント1 地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
やさしい3つのポイント2 天然植物由来の保湿成分を使用
やさしい3つのポイント3 シーンを選ばない無香料
プリュムヘアオイルの使い方
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)


くせ毛にダメージを与えない!うねりを活かした髪型という選択肢も

ヘアアイロンやドライヤーのブロー時間を抑える、または縮毛矯正をしないでくせ毛を活かしたいという方へ!

くせ毛を活かす髪型をご紹介します。

くせ毛×ショート

くせ毛を活かすショート
くせ毛を活かすショート

レイヤーを入れたくびれショート。

大人っぽいクールな印象に
大人っぽいクールな印象に

全体に散りばめたハイライトが立体感を演出します。

束間を出しながら、毛先のパサつきもまとめて艶やかに。

プリュムワックス(ヘアバーム ソフト)
美しい艶をつくる、うるおいのベール プリュムワックス
とろけるバームタイプ べたつかず、自然な艶感を やさしさ溢れる、天然由来成分仕立て
湿気から髪を守り、うねり&広がりを抑える
地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
しっとりつやつや、うるおしてスタイリングできる
プリュムワックスのヘアセット仕上がりレベル表
プリュムワックスでヘアセットした例1
プリュムワックスでヘアセットした例2
プリュムワックス
(ヘアバーム ソフト)60g

3,500円(税込)

くせ毛×ボブ

くせ毛を活かしたボブ
くせ毛を活かしたボブ

くせ毛のハネ&うねりをめいいっぱい活かしたボブ。

切りっぱなしの毛先が今っぽくてカジュアルに
切りっぱなしの毛先が今っぽくてカジュアルに

切りっぱなしの毛先がポイント。

ウェット感のあるヘアバームでカジュアルに仕上げましょう。

プリュムデュール(ヘアバーム ハード)
オーガニックワックスにキープ力を。固めず、しっかり。 プリュムデュール
プリュムデュールPOINT1 男女問わず使える、固めずスタイルもキープ
プリュムデュールPOINT2 ワックスなのにトリートメント
プリュムデュールPOINT3 お客様の髪とお肌を第一優先
プリュムデュールのヘアセット仕上がりレベル表
プリュムデュールでヘアセットした例1
プリュムデュールでヘアセットした例2
プリュムデュール
(ヘアバーム ハード)60g

3,900円(税込)

くせ毛×ミディアム

くせ毛を活かしたミディアム
くせ毛を活かしたミディアム

くせ毛さん特有のうねりをパーマや巻髪のように活かしたミディアム。

フェミニンでとっても可愛い。

うねり髪を活かせばパーマのような質感に
うねり髪を活かせばパーマのような質感に

パーマのような質感をだすために、ブロー前にヘアオイルを。

ふんわり感を出したい時は、毛先だけにつけてみて。

プリュムヘアオイル
補修して芯から潤す。べたつかないプリュムヘアオイル
うねり、パサつき髪になじませてブローするだけ。かんたん&時短ケア 雨の日もうるさら髪続く
やさしい3つのポイント1 地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
やさしい3つのポイント2 天然植物由来の保湿成分を使用
やさしい3つのポイント3 シーンを選ばない無香料
プリュムヘアオイルの使い方
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)


くせ毛はダメージに弱いく傷みやすいその理由について、まとめ

くせ毛さんは髪が傷みやすい、と感じてしまう理由は以下のとおり。

  • 直毛さんに比べてドライヤーでスタイリングする時間が長い
  • 直毛さんに比べてアイロンでスタイリングする時間が長い
  • 縮毛矯正をかけることでダメージを受けている

対策は以下のとおり。

  • ダメージヘア用のシャンプーやトリートメントを使う
  • ドライヤーのかけ方に気をつける
  • くせ毛を活かす髪型にチャレンジする