なぜくせ毛はダメージに弱く傷みやすいのか、その理由・仕組みを解説

なぜくせ毛はダメージに弱く傷みやすいのか、その理由・仕組みを解説します
Pocket

くるくるうねるくせ毛の髪は可愛らしく魅力的なのですが、ヘアケアやスタイリングが大変ですよね。

そんなくせ毛さんはダメージに弱く乾燥しやすいため、ちょっと手を抜くとパサパサ・ボサボサになってしまいます。

このページではくせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当してきた美容師が、なぜくせ毛はダメージを受けやすく傷んでしまうのか、その理由について解説しています。

毎朝、うねって広がるくせ毛をまとめてヘアセットをするために時間を必要としますし、スタイリングに使うドライヤーやアイロン・コテの熱も髪にダメージを与えてしまいます。

一度傷んだ髪は乾燥しやすく、毎日使うシャンプーも髪の状態に合わせたものを選ばなければさらに乾燥が悪化する原因に。

そんなくせ毛のうねりを直せる唯一の方法、縮毛矯正とそのダメージについて施術の仕組みと一緒にご案内します。

ダメージを受けやすいくせ毛を守るヘアケアについても紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いいただき、あなたの大切な髪を守る方法を手に入れましょう。


うねるくせ毛の髪は毎日のヘアケア・スタイリングでもダメージを受ける機会が多い

ダメージを受ける機会が多いくせ毛
くせ毛はヘアダメージを受ける機会が多い

あながは毎朝のヘアセット、どうやって仕上げていますか?

髪をまとめるためにちょっと濡らしてドライヤーでまとめ、アイロンやコテでうねる髪を伸ばすのはくせ毛のスタイリングの基本ですよね。

正しく使わなければドライヤーやアイロン・コテは髪にダメージを与えてしまいます。

ダメージを受けて痛み、パサパサに乾燥する髪を毎日、綺麗に洗うシャンプーも髪質に合ったものでなければますます悪化することについても解説していきますね。

くせ毛は毎日のドライヤーやアイロン・コテからの熱でもダメージを受けます

ストレート・まっすぐな直毛さんに比べて、うねるくせ毛の髪のヘアセットにはドライヤーでのブローやアイロン・コテなど熱を利用してヘアセットする時間が長くなります。

これらの機器による熱が髪の毛に伝わるとどのようなことが起こってしまうのでしょうか。

そのほとんどがたんぱく質で出来ている髪の毛は、髪が乾いた状態で約150℃から、濡れていると60℃の熱が加わることで熱変性と呼ばれる現象が発生します。

熱変性によってたんぱく質は固まるという特徴を持つため、髪の内部のたんぱく質は不規則に固まってしまい、あちこちに空洞が発生

すると髪が濡れることでキューティクルが開くたびに髪内部から水分が流出、結果として髪は乾燥してパサパサになってしまうわけですね。

くせ毛の髪に熱によるダメージを与えてしまわないよう、ドライヤーやアイロン・コテは正しく使うように心がけてくださいね。

具体的にどのように使えば良いのか、くせ毛さんのドライヤーでの髪の乾かし方を別ページで解説しています。

ダメージで傷んだくせ毛は乾燥しやすく、シャンプーも慎重に選ぶ必要があります

毎日のヘアセットに使うドライヤーやアイロン・コテによって傷ついた髪は乾燥してパサつきやすくなりますが、その状態で今まで使ってきたシャンプーを使い続けるのは乾燥を悪化させる可能性があります。

シャンプーには界面活性剤と呼ばれる成分が含まれており、その洗浄力で髪を綺麗に洗うのですが、洗浄力が強すぎるシャンプーだと髪の毛や頭皮が乾燥してしまう可能性があるんです。

洗浄力が強いシャンプーは本来、髪の毛や頭皮にうるおいを持たせる皮脂を根こそぎ洗い流してしまうため、髪がパサパサになる原因に。

髪の状態が健康であれば問題ないのですが、傷んで乾燥しやすくなった髪に使い続けるとさらにパサつきを加速させることになります。

くせ毛の髪がどうにも乾燥してパサついてボサボサになりやすいと感じたら、髪の痛み具合・状態をチェックして正しいシャンプーを選ぶようにしましょう。


くせ毛の髪がダメージを受ける最も大きな理由の1つ、縮毛矯正について

縮毛矯正する前とした後の比較
縮毛矯正実施:美容師 ボーテコンシェ江川

ヘアセットにもヘアケアにも時間がかかるくせ毛の髪。

うねって広がるくせ毛をまっすぐサラサラな髪にできる唯一の方法が縮毛矯正です。

くせ毛の髪質に悩むと必ず一度は縮毛矯正を試してみたいと思うものですが、その施術によるダメージはどのようなものなのでしょうか。

生まれつきくせ毛がまっすぐな髪になる縮毛矯正でダメージを受ける仕組み

縮毛矯正は真っ直ぐになる反面、ダメージが大きい
縮毛矯正は真っ直ぐになる反面、ダメージは大きい 美容師:江川

美容室の中には縮毛矯正を髪質改善のメニューとして並べているところもありますね。

うねる・広がる髪を真っ直ぐサラサラにできるという観点では、たしかに髪質を改善していると言えるのかもしれません。

しかし、施術を受ける前に知っておいていただきたい点として、縮毛矯正は美容室の施術の中でも髪へのダメージが最も大きいもののひとつである、あということ。

髪の毛の一番外側にあって髪を保護してくれているキューティクル、このキューティクルを縮毛矯正ではまず薬剤で開くことから始まります。

その後、髪内部のたんぱく質の結合を切断したらアイロンの熱で髪をまっすぐに引っ張った状態に。

そこに次の薬剤を使ってまっすぐなままに維持させる、というのが縮毛矯正。

何が髪へのダメージになるかというと、最初に使うキューティクルを開く薬剤のせいでキューティクルが剥がれ落ちてしまうんですね。

髪を守る壁を失った髪は髪内部から水分やたんぱく質が流れ出て空洞だらけで乾燥したパサパサの状態になってしまいます。

縮毛矯正前の髪の状態が悪いと施術後にチリ毛になってしまうこともあるため、美容室で必ず美容師さんに相談してから施術を受けるようにしてくださいね。

やめるタイミングが難しい縮毛矯正には正しいヘアケアが必要です

くせ毛を活かした髪型
くせ毛を活かした髪型

縮毛矯正が髪にダメージを与える仕組みについて簡単に説明しましたが、問題は施術後も続きます。

縮毛矯正で伸ばせるのは施術時の髪だけ、当然、伸びてくる髪の毛についてはくせ毛のうねりが出ます。

つまり、一度縮毛矯正を受けると髪が伸びてきた段階でまた施術を受けなければならず、繰り返すたびに髪へのダメージは蓄積され続けるわけです。

縮毛矯正を受けるということは施術の繰り返しによるダメージから正しいヘアケアで髪を守り続ける戦いが始まるということ。

髪が痛みすぎてボロボロになったからやめようと思っても、施術を受けてまっすぐになっている部分と新しく伸びてくる髪のバランスを取りつつ、長い時間をかけて元の髪に戻さなければなりません。

髪をまっすぐにできる縮毛矯正を選ぶのもひとつの選択肢ですが、くるくるとうねる可愛いくせけの髪を活かし、できるだけダメージを与えないヘアスタイルを選んで健やかな髪を維持してみませんか。


ダメージを受けて傷むくせ毛を守るためのヘアケアにはどんなものがある?

縮毛矯正後もヘアケアを大切に
縮毛矯正後もヘアケアを大切に

毎日のヘアセットや縮毛矯正やパーマ、ヘアカラーといった髪のおしゃれによるダメージからくせ毛の髪を守るには正しいヘアケアを続けることが大切です。

ではその正しいヘアケアとは具体的にどのようなものなのか。

痛みやすく乾燥に弱いくせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当し続けてきた美容師が、そのお悩みを解決するために知識・経験を活かしたヘアケアアイテムを紹介します。

ご自宅で簡単に導入できて毎日続けられる、くせ毛のための正しいヘアケアを是非試してみてくださいね。

最も身近で毎日使うシャンプー&トリートメントの選び方について

毎日のヘアセットでも傷んでしまうくせ毛の髪。

ダメージを受けてパサパサと乾燥する髪に強すぎる洗浄力を持つシャンプーはおすすめできないことを紹介しました。

くせ毛さんにはマイルドな洗浄力で本来、必要な皮脂を残してスッキリ洗い上げてくれるシャンプーこそおすすめ。

そんな理想的なシャンプーをくせ毛を見続けてきた美容師がプロデュース、それがプリュムシャンプー&トリートメント。

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

優しく髪を洗う選択的洗浄機能を持つだけでなく、毛髪補修成分としてケラチンも配合。

傷んでしまった髪を内部から補修、乾燥しやすい髪の毛・頭皮のために必要な皮脂も残してくれますよ。

一緒にお使いいただくトリートメントには7つの毛髪補修成分と8種のアミノ酸系保湿成分を配合。

毎日使い続けることであなたのくせ毛の髪を健やかな状態に導いてくれます。

まだ使ってないなら洗い流さないトリートメントを導入しましょう

お風呂で使うシャンプー&トリートメントは、インバストリートメントと呼ばれているのに対して入浴後に使うヘアケアアイテムはアウトバス、洗い流さないトリートメントと呼ばれています。

ヘアミルクやヘアウォーター、ヘアオイルなど種類は様々ですが、くせ毛・髪の毛が傷んでいるならおすすめはヘアオイル

油分で髪をコーティングしてドライヤーやアイロン・コテの熱から保護、さらに配合成分で保湿や毛髪補修も可能です。

くせ毛のお客様のご意見を伺いながら美容師が作ったプリュムヘアオイルにはこだわりの成分を配合しています。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

使い方はとても簡単、お風呂から出たらまずはタオルで優しく髪を乾かして適量を馴染ませます。

その後はドライヤーでブロー、それだけです。

それだけのヘアケアでツヤ・まとまりのある髪に仕上がるため、実際にお試しいただくと髪の変わりように驚かされること間違いなし。

ヘアセットにかかる時間も短縮できて一石二鳥、ぜひ一度お試しください。

アイロンやコテで髪を伸ばす前に使うスタイリング剤としても別ページで紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね。

毎日ご自宅で簡単にサロンクオリティのヘアケアを実現、毛髪補修成分配合3点セット

お風呂の中でのインバストリートメントにプリュムシャンプー&トリートメント、入浴後の洗い流さないトリートメントとしてプリュムヘアオイルを使うこの組み合わせをプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」と呼びます。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

毎日使うシャンプー&トリートメントを見直し、お風呂上がりにヘアオイルを使うだけでサロンクオリティのヘアケアを実現できるこの組み合わせ。

実際にご利用いただいているお客様からの口コミをいくつか紹介しますね。

てるてるぼうずさんからの口コミ

若い頃はストレートだった髪も年齢とともにクセ、うねり、パサつきが…。
色んなシャンプーを試しました。
巷で話題のクリームシャンプーも試しましたが全く効果はありませんでした。
そんな時、この定期便を知りました。
元々プリュムヘアオイルをよく使っててとても良かったので、シャンプー、トリートメント、オイルのセットの定期便でこれほどお値打ちなら使ってみようと思い申し込み。
さすが!という感じです。
まだ2回しか使ってないのに既に効果が出ています。
パサつかずにしっとりまとまり、手触りもとてもいいです。
感謝感激!これからもお世話になります!
★★★★★ 2021年7月24日

市販品では買えない、YURICOさんからの口コミ

シャンプートリートメントは使い心地もいいし、オーガニックな香りで好き。
もともとここのヘアオイルは単品で買っていたのでこの定期便に切り替えたけれど、使いやすいし、かなり満足。
どちらかとえいばヘアオイルが一番優秀。
市販ではこのレベルは買えないと思う。
★★★★★ 2021年8月26日

商品詳細ページではその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、是非ご覧くださいませ。


くせ毛をダメージから守るため、うねりを活かしたおしゃれな髪型という選択肢も

くせ毛はダメージを受ける機会が多く、髪質に合ったヘアケアをしていなければあっという間に傷んでしまい、パサパサに乾燥してボサボサになったり、夏や梅雨の雨で湿気の多い時期にはチリチリになってしまいます。

ヘアセットに使うドライヤーやアイロン・コテは適温で正しく使うこと、もし髪が傷んでしまいパサついて乾燥してしまったらシャンプーを見直すようにしましょう。

うねる・広がるくせ毛を直したい、と縮毛矯正を受けてみようと思ったらそのリスク、メリット・デメリットを必ず理解しておいてください。

髪へのダメージが非常に大きく、繰り返して施術を受けなければならないため正しいヘアケアを続けていなければあっという間にボロボロになってしまうのでくれぐれもご注意を。

くせ毛の髪質、それから縮毛矯正やパーマ、ヘアカラーなどの髪へのダメージが大きな施術を受ける場合にはプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」を使って、保湿・毛髪補修を続けて健やかな髪を維持していきましょう。

このページがくせ毛の髪へのダメージに悩むあなたの問題解決のお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

Pocket