前髪を重くするためのカット・スタイリング、2つの方法を美容師が解説

前髪を重くする方法とは?
Pocket

ヘアスタイルの中でも重要な前髪、髪型に合わせて重くするにはどうしたら良いのでしょうか。

美容室でのヘアカットのオーダーやご自宅でのヘアセット、それぞれにポイントがあります。

このページでは美容師が前髪を重くする2つの方法について解説しています。

重い前髪=垢抜けないというイメージがあってこれまでしっかりスタイリングしたことがないとどうすれば重くすることができるかわかりませんよね。

猫っ毛や軟毛などの髪質で前髪を重くするのが難しいときの美容室でのオーダー方法や、重めの前髪にヘアセットするときのポイントを紹介していますのでぜひ、ページ最後までお付き合いください。


毛量不足・髪質で前髪を重くできない、美容室でのオーダー方法

重めの前髪でアンニュイに
重めの前髪でアンニュイに

しっかりと重めの前髪を作るためにはそれなりの量の髪が必要です。

しかし、猫っ毛や軟毛だと髪のボリュームを出すのは難しく、30代後半から40代にかけての髪質変化によって女性でも髪の量が減って薄毛に悩まされてしまうことも。

重めの前髪にしたいのに、なんだかスカスカ。

でも大丈夫、しっかりと前髪を重くするための美容室でのヘアカットのオーダー方法のポイントを解説します。

前髪を重くするためには?まずは美容師さんに髪質を伝えることから

重め&広く作った前髪
重め&広く作った前髪

まず最初に美容室でカットを担当してくれる美容師さんにあなたの髪質について出来る限り細かく情報を伝えてください。

軟毛・猫っ毛やくせ毛、さらにこれまでパーマやヘアカラー、縮毛矯正・白髪染めなどをしたことがあればそれらも教えてあげてくださいね

髪のコンディション普段のヘアセット方法を把握してからでないと、前髪を重くするために無理なヘアカットをすると全体のデザインバランスが崩れてしまいます。

傷んでしまっている髪を使って前髪を重くしたとしても、見た目にはボサボサ・ボロボロ。

調整カットを含めて美容師さんに希望する髪型をオーダーするようにしてください。

前髪にボリュームがない場合はトップからもってきて重くする

重めの前髪はマッシュショートにも
重めの前髪はマッシュショートにも

髪質や髪の状態で前髪のボリュームを作ることが難しい場合ヘアカットで出来ることは前髪のその上にあるトップから髪を持ってくるようにデザインをすることです。

髪質・髪の状態を把握した上でトップから髪を下して前髪を重くすれば、全体のバランスが崩れることもありません。

逆の言い方をすれば、状態によってはトップから髪を持ってくることが難しいこともあります。

例えば、トップが短すぎる場合、その他加齢によって薄毛に悩む女性の場合、トップから髪が薄くなってしまうため(びまん性脱毛症と呼ばれています)この方法では前髪を重くすることができないことも。

もう1つの方法であるヘアスタイルで前髪を作るようにしましょう。


ヘアセットで前髪を重くする方法とは?注意点も合わせて紹介します

顔まわりの髪で小顔効果を
顔まわりの髪で小顔効果を

これまでシースルーバングなどのヘアスタイルを選んでいたあなたが、前髪をしっかり作って重くするにはどうすれば良いのでしょうか。

ただ前髪を下してボリュームを持たせれば良いだけ、のように思えますが実は思わぬ落とし穴があります。

美容師がスタイリングで前髪を重くする場合の注意点・コツをご案内しますね。

前髪を重くするときには作りすぎに注意しましょう

抜け感を残した重め前髪
抜け感を残した重め前髪

ヘアカットで前髪にボリュームを持たせるようなデザインにしてもらい、いざスタイリングをするときに注意すべき点は前髪を重くしすぎてしまうことです。

前髪はヘアスタイルでも重要度が高い部分、そこを重く作りすぎてしまうと、せっかくおしゃれな髪型にカットしていても一気に垢抜け感を失ってしまうことに。

美容室で重めの前髪に合わせたカットをしてもらったときは美容師さんにスタイリングのコツ、どのくらいの重さで前髪を作れば良いのか確認しておきましょう。

何事も過ぎては毒、顔まわりの後れ毛をつくたり、丸めのラウンドで自然な形にしたり、バランスのよい前髪を作ってくださいね。

毛量が足りない場合にスタイリングで前髪を重くするには

コテorアイロンでワンカールした前髪
コテorアイロンでワンカールした前髪

髪が弱く細くなってしまいボリュームが出なくなってしまった場合、スタイリングで前髪を重くするコツは髪が固まってしまうような整髪料を使わないことです。

スタイリング剤にはムースやスプレーなどいろいろなものがありますが、ヘアセットをするときにカッチリとした髪型作りには髪を固めてしまうタイプのスタイリング剤が良いのですが、ふんわりとボリュームを持たせる場合には不向き、固まった前髪がスカスカになっておでこが見えてしまいます。

前髪につければスッとまとまる
前髪につければスッとまとまる

女性らしいふんわりとナチュラルなヘアセットをするなら固まらないヘアバームタイプのワックスがおすすめ。

ヘアバームはヘアオイルとワックスの中間の手触りでさらりとしていて、ヘアセット後の髪が固まることはありません。

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛のお客様のカット・スタイリングを続けてきた美容師がプロデュースしたプリュムワックスはヘアバームタイプ、べたつきを極力抑えました。

髪に揉み込んで手ぐしで整えるだけでOK、ボリュームのある前髪作りに適しています。

それだけでなく、乾燥してパサつく髪にうるおいを与えるため保湿効果のある成分をたっぷり配合。

使い続けることでふんわりナチュラルなヘアセットができるだけでなく、保湿・ヘアケアまで可能な優れモノ。

重めの前髪もカチカチではなくさらり・ふんわりとしている方が女性らしさもアップします、ぜひ試してみてくださいね。


前髪を重くするため2つの方法、ヘアカット・スタイリングまとめ

試してみたいヘアスタイルには重めの前髪が必要、でも今まではできるだけ軽めにヘアセットしてきたからどうしたらいいかわからない、そんなあなたへ。

前髪を重くするための方法には2つ、ヘアカットとスタイリングがあります。

美容室で重めの前髪が似合う髪型にカットしてもらう場合は、あなたの髪質・髪の状態を出来る限り美容師さんに伝えた上でぴったりのデザインをしてもらいましょう。

猫っ毛・軟毛さんでぺたんこになってしまうなどの場合はトップから髪を持ってくることで前髪を重くすることができます。

もし加齢による髪質変化で髪が薄くなってしまいボリュームが出しにくくなっているならスタイリングで解決を。

ふんわりとナチュラルな髪型作りにおすすめなヘアバームタイプの髪が固まらないワックスで前髪にボリューム感を出しましょう。

くせ毛を見続けてきた美容師が作ったプリュムワックスならベタつかずにおいもなし、さらに保湿成分を配合しているのでパサつく髪を抑えてツヤのある髪型にヘアセットできるだけでなく、保湿・ヘアケアまで可能、ぜひお試しくださいね。

このページが前髪を重くする方法を探しているあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

プリュムワックス 60g

3,500円(税込)

Pocket