イランイランの香りって?精油にはどんな効果があるの?

イランイランの香りって?精油にはどんな効果があるの?

イランイランの精油は甘く魅惑的な香りで、高級な香水にも広く使われています。

そんなイランイランの精油、リラックス効果があるということで人気ですが、それ以外にもうれしい効果や作用がたくさんあります。

「イランイランの香りってどんな効果があるの?」

「どのような作用をもたらしてくれるの?」

そこで今回は、イランイランの精油の効果や作用についてご紹介します。

プリュムヘアケアPLUME HAIR CARE

イランイランの基本情報

イランイランの花の写真
イランイランの花の写真

イランイランはタガログ語※1で「花の中の花」という意味を持ち、フィリピン、インドネシアなど東南アジア地方から、セイシェル、マダガスカル、コモロ諸島まで広く分布する熱帯樹木で、樹高は10~20mになります。

マダガスカルでは女性が花を摘みやすくするために2mほどの高さに主枝や幹を折り曲げて仕立てるそう。

イランイランは、黄色、ピンク、藤色の綺麗な花を一年中咲かせ、甘く強い特徴的な香りを漂わせます。

用途はさまざまで、インドネシアでは新婚のカップルが夜を過ごすベッドにイランイランの花をまき散らすという風習があり、これはイランイランの香りがムードを高める催淫作用があることからできた習慣と考えられています。

また、インドネシア東部の人達は、イランイランとココナッツオイル、ウコンの花を混ぜ合わせたものをヘアトリートメントとして用いることで、強い日差しから髪を守っていたと言われています。

 

※1 タガログ語やマレー語など諸説あります。


イランイランの精油 基本情報

イランイランの花の写真
イランイランの花の写真
【精油名】イランイラン(Ylang Ylang)
【学名】Cananga odorata
【科名】バンレイシ科
【原産地】コモロス、マダガスカル、インドネシアなど
【抽出部位】
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【香りの特徴】エキゾチックで魅惑的。香りは強い。
【ノート】ミドル ~ ベース

イランイランの精油グレードについて

イランイランの精油には5つのグレードがあり、同じ原料を数回に渡って繰り返し蒸留する「分留」という方法で生産されます。

その蒸留段階は5つに分けられ、希少なものから順に並べると以下のようになります。

  1. エクストラ
  2. ファースト
  3. セカンド
  4. サード
  5. コンプリート

イランイランの花は一年中咲いていますが、最も品質の良い精油は、5月と6月の早朝に摘まれたものから抽出されます。最初に抽出される「エクストラ」は少量しか採れないため最も高級で、主に香水産業などで使用されます。

以降は徐々に香りと成分が劣っていきますが、サード」は保湿作用に優れるのでスキンケア製品に添加されます。

総合的といわれる「コンプリート」はすべてのグレードをミックスしたもので、複数の香りの成分がバランスよく含まれています。

グレードの説明がない精油のほとんどはコンプリートになります。


イランイランと相性の良い精油とは?

イランイランは香りが強いため、少量でのブレンドをおすすめします。

エキゾチックな香りが特徴のイランイランは、さわやかな柑橘系やウッディー系、フローラル系の香りとの相性が良いです。

【相性の良い精油】

フローラル系…強さが和らぎ、甘くやわらかい香りになる

  • ラベンダー
  • ローズ
  • ジャスミン
  • ゼラニウム

柑橘系…さわやかな香りの中に優しい甘さが広がる香りになる

  • グレープフルーツ
  • ベルガモット
  • レモン

ウッディー系… 甘さの中にすっきりとしたシャープな香りになる

  • サンダルウッド
  • パチュリ    

など

※イランイランは香りが強いため、妊娠中の方や低血圧の方、乳幼児の前では使用を避けるようにしてください。
※血圧を下げる作用と鎮静作用があるので、低血圧の人は眠気やだるさ、頭痛を引き起こす可能性があります。
※香りが強いため、直接嗅がないようにしてください。また、高濃度ではなく少量もしくはブレンドした状態での使用を行うようにしてください。


イランイランの香り、主な作用や効果とは?

イランイランの香りの作用や効果についてお伝えします。

鎮静作用

イランイランの香りは心を落ち着かせてくれる働きがあります。

そのためリラックス効果があるだけでなく、動悸、高血圧、頻脈、てんかん症の発作などにもいいとされており、実際に、イランイラン精油の吸引で、収縮期血圧の低下が認められたという研究報告もでています。[1]

また、誘眠作用もあるので、睡眠の質を高めてくれる効果が期待できます。

    抗不安作用

    イランイランの甘く強い花の香りは、鎮静作用や抗うつ作用に優れ、ストレスや緊張から解放してくれると言われています。

    気持ちをリラックスさせてくれるので、不安や、ストレス、緊張感、恐怖、怒りなどの負の感情があるときにおすすめです。

    催淫作用

    イランイランに含まれている「β-カリオフィレン」という成分が、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を高めてくれるはたらきを持つとされています。

    そのため、生理痛の緩和や、生理不順、更年期の女性特有の症状の緩和に役立つことが期待できます。

    また、頭皮の皮脂バランスの調整にも役立つので、髪の毛、頭皮のケアにも向いているとされ、最近ではスキンケアやヘアケアに用いられることが多くなっています。

    ※上記は植物の一般的な性質を述べたもので、化粧品の効能を示したものではありません。


    イランイランの香りで心安らぐ、幸せな毎日を

    エキゾチックな甘く強い香りが特徴のイランイランは、今ではさまざまな効果が期待できるものとして人気です。

    精油をそのままルームフレグランスとして使用する方や、イランイランが配合された香水やお香、シャンプー・コンディショナーなどを利用する方も増えています。

    女性にうれしい効果も多くあるので、香りが苦手でなければ使ってみるのもいいかもしれません。

    精神的な疲れを感じるときや、女性としての魅力を高めたいときに、イランイランの香りの力をぜひお試しください。

    参考文献:
    [1] AEAJ イランイラン精油の芳香浴による動脈機能改善の可能性