【白髪染め】リタッチカラーの適正頻度はどのくらい?

【白髪染め】リタッチカラーの適正頻度はどのくらい?

白髪染めをしていると、「適正な頻度ってどのくらいなんだろう?」って気になりますよね。

私って白髪染めの頻度が多い?逆に少ない?

今回は白髪染めの適正な頻度について解説します。


白髪染めのリタッチの適正な頻度について

\ 監修はこの人 /
    毛髪診断士 遠藤 颯
    • 毛髪診断士
    • 遠藤 颯
    • 毛髪診断士。Webメディアにおいて6年間記事監修を務める。
      10点以上のヘアケア&美容アイテムのプロデュース経験も。

白髪染めのリタッチカラーの頻度は個人の髪の成長速度や白髪の量によって異なりますが、一般的な目安としては以下のとおりです。

  • 髪の成長が比較的速い場合や白髪が多い場合:4週間から6週間ごと
  • 髪の成長が比較的遅い場合や白髪が少ない場合:6週間から8週間ごと

いかがでしょうか?

あなたの白髪染めのリタッチ頻度は適正値より多かったでしょうか?少なかったでしょうか?

一般的な目安はありますが、髪の状態や白髪の量に合わせて頻度を調整することが重要です。

また髪のダメージを最小限に抑えるために、過度な全頭カラー染め直しは避けたほうがよいでしょう。


全頭染め直しの適正頻度について

全頭染め直しの適正頻度は以下のとおりです。

  • 2ヶ月〜3ヶ月

全頭染め直しはカラーの色が落ちてきて、白髪が目立つようになってきた場合に実施します。

すなわち、カラーの持ちをよくすることで、この頻度を減らすことは可能です。


色落ちを防いで全頭染めの頻度を減らすことはできる

髪が伸びる速さをコントロールすることはできないので、リタッチの頻度を少なくすることは現実的ではありません。

しかし、染めた部分の色落ちを防ぐことで全頭染め直し頻度を少なくすることができます。

白髪染めの色落ちを防ぐ方法

  • 8トーン以下のカラーで染める
  • 洗浄力がマイルドなシャンプーを使う

8トーン以下のカラーで染める

8トーン以下の髪色は地毛に近いカラーでしっかり染まるので、比較的色もちが良いと言われています。

ファッションカラーで白髪を染めている方にもおすすめの方法です。

洗浄力がマイルドなシャンプーを使う

白髪染めのカラーを完全にキープできるわけではありませんが、適切なシャンプーを使用することで、カラーの褪色を緩やかにすることができます。

たとえば、ヘマチンを配合したシャンプーはカラー後のケアにぴったりです。

カラー後のシャンプーは色もちをよくするために使用するので、数ヶ月継続使用することで効果を実感できるでしょう。

プリュムシャンプー&トリートメント【本体】
「頑固なくせ毛」「ケラチンシャンプーだけでは物足りない」そのような方のためのシャンプーです。
健康な髪 内部のコルテックスの密度が高く、表面のキューティクルも整っている。 芯がしっかりしていて、指どおりも良いため、まとまりやすい
ポイントは、ケラチンとヘマチンの組み合わせ
髪と頭皮をつつみこむ 摩擦レスなもっちり泡 素肌とおなじ弱酸性で優しい洗いごこち
加水分解ケラチン ナノレベルで浸透 ヘマチン 擬似キューティクルを形成 W処方が髪悩みにアプローチ 空洞を埋めて、表面を整える
アミノ酸系&ベタイン系 マイルドな洗い心地
オーガニック認証原料 アルガンオイル使用
天然オレンジとゼラニウム精油の香り
内側から補修し、表面を整える。うるおいとツヤのある髪に。
プリュムシャンプー&トリートメント
定期購入(初回限定)

4,900円 (税込)

通常購入(送料無料)

11,000円 (税込)

ヘマチン、ケラチン配合。洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプー。