ヘアマスクと普通のトリートメントの違いって?正しい使い方を解説◎

ヘアマスクと普通のトリートメントの違いって?正しい使い方を解説!

おうちでサロンクオリティーのヘアケアをするなら、ヘアマスクは試してみる価値あり!

ヘアマスクは普通のトリートメントなどのヘアケアアイテムとどう違うの?正しい使い方は?そんな疑問にお答え。

髪の状態に合わせた正しいヘアケアアイテムを使って、まとまりのある髪を手に入れましょう。

\ 監修はこの人 /
    毛髪診断士 遠藤 颯
    • 毛髪診断士
    • 遠藤 颯
    • 毛髪診断士。Webメディアにおいて6年間記事監修を務める。
      10点以上のヘアケア&美容アイテムのプロデュース経験も。
プリュムヘアケアPLUME HAIR CARE

ヘアマスクとは?どんなヘアケアアイテムなの?

ヘアマスクって?
ヘアマスクって?

傷んだ髪のダメージ補修に効果のあるヘアマスクは、お風呂やシャワーでシャンプーした後に使う「インバスヘアケア」アイテムです。

そんなヘアマスク、最大の特徴は、髪の毛の内部に浸透して指通り滑らかな状態へと導いてくれることです。

美容室でのスペシャルケアとしても使われる優れもの。

例えば、このような髪にぴったり!

  • ヘアアイロンの使用によるダメージ毛
  • ブリーチによるダメージ毛
  • ヘアカラーによるダメージ毛
  • パーマや縮毛矯正によるダメージ毛

ダメージの強い施術を受けたあとのダメージケアにもおすすめです。

シャンプーしたあとの髪から水気をとってヘアマスクを適量、毛先から揉み込むように馴染ませ、5分から10分程度置いてから洗い流します。

トリートメントと使い方は似ていますが、その効果は異なるもの。トリートメントと比べてどのような違いがあるのかご紹介します。


ヘアマスクとトリートメントは何が違う?

ヘアマスクと普通のトリートメントってどう違うの?
ヘアマスクと普通のトリートメントってどう違うの?

ヘアマスクもトリートメントも、ダメージを受けた髪を内側から補修してくれるヘアケアアイテム。

では何がどのように違うのでしょうか?

まずそれぞれの特徴を確認した上で比較してみましょう。

ヘアマスクの特徴&使い方

ヘアマスクのテクスチャーは硬めでしっかりしている
ヘアマスクのテクスチャーは硬めでしっかりしている

ヘアマスクはトリートメントよりもこっくりとした濃いめのテクスチャーが特徴です。

いつもよりヘアダメージが気になる場合は、スペシャルケアとしてのヘアマスクの使用がおすすめです。

ちなみに、ヘアマスクは毎日使うヘアケアアイテムではなく、2日〜3日に1度程度の使用頻度で十分です。

シャンプーを終えた後、髪から水分を拭ったらトリートメントを髪の量に合わせて適量取って髪に揉み込みながら馴染ませます。

そのあとは5分から10分程度置き、トリートメントに含まれる成分が髪内部に染み込むのを待ちます。

このとき、ポイントとして濡れたホットタオルで髪を包んであげるとより効果的に髪の毛に成分が入っていきますよ。

時間が経ったらトリートメントを洗い流して完了です。

一般的なトリートメントの特徴&使い方

普通のトリートメントはヘアマスクに比べて柔らかめ
普通のトリートメントはヘアマスクに比べて柔らかめ

一般的なトリートメントは柔らかく、薄めのテクスチャーが特徴です。

日々のヘアケア、ヘアダメージの予防のため、デイリーケアとしての使用がおすすめです。

シャンプー後水気を切った髪に馴染ませて洗い流しましょう。

トリートメントを続けても髪の乾燥やパサつきが解消されないときは、ヘアマスクを試してみてくださいね。

ヘアマスクとトリートメントを比較してみる

ヘアマスクと、その違いを分かりやすく表にしてみました。

 ヘアマスクトリートメント
使用頻度2 日or3日に1度毎日
使用目的傷んだ髪のスペシャルケア保湿&毛髪補修
組み合わせるシャンプーノンシリコンシャンプー組み合わせ販売しているもの
テクスチャーしっかりめさらっとめ

トリートメントの場合、シャンプーとの組み合わせで販売されているものが一般的です。

一方、ヘアマスクはシャンプーとトリートメントに付随して販売しているものもあれば、スペシャルケアとして単体で販売されているものもあります。

ヘアマスクの使い道が髪内部に成分を染み込ませて内部から補修をすることと考えると、ノンシリコンタイプのシャンプーを組み合わせて使うと満足感を得やすいでしょう。


ヘアマスクの使い方とトリートメントとの併用について

ヘアマスクとヘアトリートメントの併用について
ヘアマスクとヘアトリートメントの併用について

ヘアマスク、トリートメントとも使い方はほぼ同じです。

でも正しい使い方をすればより傷んだ髪の毛への効果もアップします。

ここからは効果を実感しやすい使い方をご紹介します!

髪の状態に合わせてヘアマスク置き換えを

髪のパサつきやヘアダメージを感じたとき、トリートメントを変えるかとヘアマスクを取り入れるか、どちらを選んだ方が良いのでしょうか?

使っているトリートメントで効果を実感できなくなった、そんなときはヘアマスクを取り入れてみて。

毎日、髪質に合わせたシャンプー&トリートメントを続けてもまだ髪のパサつきが気になってしまう、その時は上記のトリートメントの変わりにヘアマスクを使う「置き換えパターン」を。

トリートメントも合わせた使い方もOK

トリートメントもするときは、以下の順番が効果を実感しやすいでしょう。

  1. シャンプーする
  2. ヘアマスクする
  3. トリートメントする

ヘアマスクで内部まで潤いと補修成分を届けて、最後にトリートメントで毛髪表面のコンディションを整えます。


ヘアマスクとトリートメントの違いまとめ

ダメージを受けた髪内部から補修。指通り滑らかな状態に導くヘアケアアイテム「ヘアマスクとトリートメント」その違いについて解説しました。

髪へのダメージが蓄積している場合は、毛髪補修効果がより高いヘアマスクを2日〜3日に1回程度、トリートメントの代わりに使うと良いでしょう。

ヘアトリートメントもする場合はシャンプー→ヘアマスク→トリートメントの順番がおすすめです。