50代でもロングヘアの髪型を続けたい大人女性のあなたへ

Pocket

仕事も家事もまだまだ忙しい50代の女性にとってロングヘアを維持するのは簡単なことではありません。

弱く細くなる髪、白髪や抜け毛対策も含め時間を割いてヘアケアをして綺麗で健やかな髪を大変ですよね。

このページでは50代の女性がロングヘアの髪型を続けるために必要なポイントについて美容師に聞きました。

30代後半から40代にかけて女性の身体に起こる変化、それに併せて弱く細くなってしまう髪は放っておくとパサパサ・ボサボサに。

白髪や抜け毛も目立ち始めるため、ロングヘアを美しくキープするのは本当に大変なので美容室では50代の女性にショートヘアをすすめるところが少なくありません。

それでも女性らしさ溢れるロングヘアを続けたい、そんな50代の女性のあなたにおすすめのヘアスタイルをご案内します。

ご自宅で簡単に使うことができて、サロンクオリティのヘアケアが可能になるヘアケアアイテムもご紹介しますので、ぜひページ最後までお付き合いくださいませ。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト 江川 徹
    • ヘアメイクアーティスト
    • 江川 徹@tooru_f.hair_salon
    • 縮毛矯正、髪質改善が得意な東京・錦糸町を中心に活躍するベテラン。

プリュムシャンプー

なぜ50代にはロングヘアよりもショートヘアをすすめられるの?その理由について

50代からはショートヘアの女性が多い
50代からはショートヘアの女性が多い

忙しい毎日の合間を縫って美容室に行くと、ロングヘアよりも手間がなく簡単にヘアケア・ヘアセットができるショートヘアを進められたこと、ありませんか?

美容師さんはお客様のご要望を伺いながら、似合う髪型を提案していくのが仕事ですが、50代の女性の髪を見るとロングヘアは大変だろうなと思ってしまいます。

健やかな状態を維持しながら、ツヤやまとまりのある美髪にするのは本当に難しく、毎日のヘアケアにも時間がかかるもの。

でもなぜ50代になると髪がそんなに弱くなってしまうのでしょうか?

50代でロングヘアを続けるためには徹底したヘアケアを

ヘアケアを正しくしている髪は美しい
正しいヘアケアで美髪を維持

女性の身体には30代後半から40代にかけて女性ホルモン、エストロゲンの減少という変化が起こります。

このエストロゲンは思春期から20代まで多く分泌され、また妊娠をしたときには増加する女性ホルモンであり、髪のハリやコシを出してくれるもの。

出産後には元の身体に戻るため分泌量が減少してしまい、ヘアサイクルがズレることで抜け毛や後天的なくせ毛に悩まされることがあります。

30代半ばから同じようにエストロゲンが減少することで、女性の髪質は変わりはじめ、ハリ・コシを失って弱く細くなってしまいます。

それまではなかったくせ毛が出始めたり、白髪や抜け毛が目立ちはじめるのもこの頃。

女性は抜け毛・薄毛になるとびまん性脱毛症(髪全体のボリュームが減少)になるため、トップはぺたんこ、後ろ髪は絶壁に見えてしまうことも。

50代から髪のボリュームがなくなりぺたんこになりやすい
50代から髪のボリュームに悩まされることも

その状態でロングヘアを維持するためには、これまで通りのヘアケアやヘアセットでは難しく、変わっていく髪質に合わせて正しいヘアケアをスタートしなければなりません。

50代のやってはいけない髪型にロングヘアが挙げられることがありますが、これは正しくはやってはいけないというよりも、美しい髪をキープすることが難しいことが理由です。

女性らしさ溢れるロングヘアはパサパサ・ボサボサになってしまっていると見た目が悪く老けて見えてしまうもの、徹底的なヘアケアで綺麗なロングヘアを魅せられるようにしましょう。

抜け毛・薄毛が目立つ場合にはショートヘアがおすすめ

ショートヘアでふっくら感を出す
ショートヘアでふっくら感を出す

50代に入って抜け毛・薄毛が目立ってしまう場合、ボリュームの出るカットでカバーできることもありますが、無理にロングヘアを続けても年齢以上に年老いて見えてしまいます。

そんなときはショートヘアにすることも選択肢に入れるようにしてください。

ショートヘアはヘアカットやスタイリングで薄毛をカバーしやすく、何より毎日のヘアケアにかかる時間がぐっと短くなるため楽になります。

加齢による髪質変化に対して妥協ではなく、柔軟な発想で対抗しておしゃれで素敵なショートヘアを手に入れましょう。


50代ロングヘア、おすすめのヘアスタイルをご紹介

50代におすすめのロングヘア
50代におすすめのロングヘア

50代になっても女性らしいロングヘアを続けたい、そんなあなたに美容師からおすすめのヘアスタイルを提案させていただきますね。

課題はボリュームが減ってしまうこと、それから白髪が出てくるため白髪染めが必要になることです。

弱く細くなるヘアケアについては後程ご案内させていただくとして、まずはどんなロングヘアの髪型がおすすめなのか、紹介していきます。

50代ロングヘアにおすすめ、ふんわりボリュームが出るパーマスタイル

50代女性はパーマスタイルでボリュームアプ
50代女性はパーマスタイルでボリュームアプ

ほとんどの50代の女性が髪質の変化によって悩まされる髪のボリュームダウン。

トップやサイドの髪がぺたんこになってしまうと顔の形や骨格が悪目立ちしてしまうこともあります。

そんな50代の女性におすすめなのがふんわりとボリュームを出すことができ、毎朝のヘアセットにかかる時間も減らせるパーマ。

ロングヘアの場合は特に大きめのウェーブをかけてあげると大人っぽさが出せるのでおすすめですよ。

トップやサイドにパーマをかけてボリュームアップ、目的は全体をひし形シルエットに仕上げること。

丸顔・面長といった顔の形で気になる部分をカバーできるだけでなく、小顔効果も得られます。

生まれつきのくせ毛、またはアラフォーでの髪質変化で後天的なくせ毛が出てきた場合はそのうねりを上手に活かしてボリュームを出しましょう。

白髪染め・ヘアカラーは明るすぎない髪色を選ぼう

白髪染め、ファションカラーならブラウンを
白髪染め、ファションカラーならブラウンを

ボリューム以外にも50代の女性には髪の悩みがありますが、そのひとつが白髪です。

ロングヘアの場合は白髪がちらちらと散見するとおばさんぽく見えてしまうので注意しましょう。

白髪染めやヘアカラー(ファッションカラー)をする場合の注意点は明るすぎるハイトーンの髪色を選ばないことです。

無理な若作り、痛い髪型に見えてしまうことだけが問題ではなく、ボリューム感が減ってしまうので避けた方が良いでしょう。

美容師が50代の女性におすすめするヘアカラー、まず最初はブラウンです。

ハイトーンを避けたブランベース
ハイトーンを避けたブランベース

若い世代にも人気のヘアカラーですが、ブラウンは白髪もしっかり染まりやすく、落ち着きがあって上品で透明感もあるため大人の女性にもおすすめ。

その他、ブラウンベースで染めたら次回毛先からアッシュ系の髪色にするのもあり。暗めの髪色でも重たさがなく、さりげないおしゃれ感が出ます。

あまり流行りに流されたくないあなたにはベージュ系ブラウンを、やや明るめですが柔らかい髪の雰囲気を出すことができて若作りをしているような印象も与えません。

白髪染め、ヘアカラーは50代の女性にとってメリットの多い髪のおしゃれですが、色落ちしてそのままにすると一気に老けて見えるのでくれぐれもご注意を。


パサパサ・ボサボサな髪にならないための正しいヘアケア

正しいヘアケアで美髪を維持
正しいヘアケアで美髪を維持

50代におすすめのロングヘアとしてパーマやヘアカラーを提案させていただきましたが、これらの施術は美容室でも髪へのダメージが大きなものであり、髪をしっかりヘアケアしてあげないとすぐにパサパサ・ボロボロになってしまいます。

弱く細くなってしまう50代の髪にはどのようなヘアケアが必要なのでしょうか。

傷みやすく乾燥しやすい髪に大切なのは保湿・毛髪補修

傷みやすい髪に艶と潤いを
傷みやすい髪に艶と潤いを

髪が弱く細くなるということはダメージを受けるとすぐに傷んでしまうということ、これはくせ毛の髪の特徴とよく似ています。

ダメージを受けて傷んだ髪、というのは髪の最も外部の組織であるキューティクルが開いて剥がれ落ち、髪内部の水分やたんぱく質が流出してしまい空洞が出来ている状態。

その状態の髪は水分を吸収しやすく、梅雨や夏の雨の日などは過度に水分を吸収してしまいチリチリになってしまいます。

そんな傷んだ髪のヘアケアに必要なのはズバリ、保湿と毛髪補修。

毎日のヘアケアで出来るだけ髪にうるおいを与えて保湿、さらに髪内部を補修することが重要になります。

いろんなヘアケアの方法がありますが、最も身近で多くの人が毎日行っているのがシャンプー&トリートメント。

毎日使うものを見直すことでワンランク上のヘアケアを手に入れることができますよ。

そこにプラス、お風呂から出た後に使う洗い流さないトリートメントも加えれば言うことなしです。

ヘアミルク、ヘアウォーターなどいろいろな種類がありますが、弱く細くなっている、または傷んでしまっているダメージヘアにはヘアオイルがおすすめです。

油分で髪をコーティングすることで、内部からの水分の流出と外部からの余計な水分の侵入をガード、さらにドライヤーやアイロン・コテの熱から髪を保護してくれます。

ヘアオイルを使うとパサついていた髪にツヤも出て、まとまりやすくなるのでヘアセットも楽になりますよ。

編集部おすすめのヘアケアセット

トリートメントでキメの整った髪
トリートメントでキメの整った髪

プリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」を紹介します。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

マイルドな洗浄力、毛髪補修成分であるケラチン(加水分解ケラチン)を含むプリュムシャンプーとそのケラチンに加え、髪を内部から補修するヘマチンを配合したトリートメントで髪をしっかり毛髪補修、さらに保湿成分で髪にうるおいを与えます。

使用前後比較
使用前後の比較(カット・スタイリングあり)

お風呂から出た後に使う洗い流さないトリートメントとしてプリュムヘアオイルを使うことで、さらに髪を徹底的に保湿・毛髪補修、ツヤ・まとまりのある髪へと導きます。

毎日簡単に使い続けることができて、ご自宅でサロンクオリティのヘアケアが実現可能なこの組み合わせ、実際にお使いいただいているお客様からの口コミをいくつか紹介させていただきますね。

若い頃はストレート、てるてるぼうずさんからの口コミ

若い頃はストレートだった髪も年齢とともにクセ、うねり、パサつきが…。
色んなシャンプーを試しました。
巷で話題のクリームシャンプーも試しましたが全く効果はありませんでした。
そんな時、この定期便を知りました。
元々プリュムヘアオイルをよく使っててとても良かったので、シャンプー、トリートメント、オイルのセットの定期便でこれほどお値打ちなら使ってみようと思い申し込み。
さすが!という感じです。
まだ2回しか使ってないのに既に効果が出ています。
パサつかずにしっとりまとまり、手触りもとてもいいです。
感謝感激!これからもお世話になります!
★★★★★ 2021年7月24日

市販品では買えない、YURICOさんからの口コミ

シャンプートリートメントは使い心地もいいし、オーガニックな香りで好き。
もともとここのヘアオイルは単品で買っていたのでこの定期便に切り替えたけれど、使いやすいし、かなり満足。
どちらかとえいばヘアオイルが一番優秀。
市販ではこのレベルは買えないと思う。
★★★★★ 2021年8月26日

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧くださいませ。


50代女性のロングヘア、まとめ

髪質の変化によって美しく健康な髪を維持するのが難しい50代、それでも女性らしさ溢れるロングヘアをお選びになる場合にはいくつかの注意点があります。

まず髪の美しさを魅せる髪型であるロングヘアですから、弱く細くなってしまう50代の髪であっても徹底的なヘアケアを続けて健やかな状態を維持しなければなりません。

ボリュームダウンしてしまった場合にはパーマで髪をふんわりとさせ、全体をひし形シルエットに仕上げるようにしましょう。

白髪染めやヘアカラーをする場合には明るすぎない髪色を選んで、色落ちにはくれぐれも注意するようにしてくださいね。

パーマ、ヘアカラーいずれも髪へのダメージが大きな施術、髪はより傷みやすくなるため正しいヘアケアを選んで髪がパサパサ・ボサボサになることを防ぎましょう。

くせ毛を見続けてきた美容師がプロデュースしたプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」なら、徹底的に髪を保湿・毛髪補修、ご自宅で簡単にサロンクオリティのヘアケアを実現できます、ぜひ一度、お試しくださいませ。

このページが50代でもロングヘアを維持したい、でも髪質の変化にどう対応すれば良いかお悩みのあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

※本記事内の成分および製品に関する意見は個人の見解であり、効果を100%保証するものではありません。

Pocket