大人女子におすすめのレイヤーボブ8選!こなれ感を出すコツをご紹介

大人女子におすすめのレイヤーボブ!こなれ感を出すコツをご紹介
Pocket

レイヤーボブってどんな髪型?

次にヘアスタイル選びにのためにヘアカタログを見たい!

そんな方必見!

今回は編集部おすすめのレイヤーボブのヘアカタログ&つくり方を紹介します♡


レイヤーボブってどんな髪型?

レイヤーボブは、切り揃えたボブとは異なり「段差」が入ったヘアスタイルのこと。

ちょっとウルフっぽくもあり、毛先に動きと束感が出やすいのが特徴です。

いつもより大人っぽい雰囲気にイメチェンしたい!まかなくても毛先に動きにの出やすいヘアスタイルにしたい!そんな方におすすめ。


重くならない!ハイトーンブロンド×レイヤーボブ

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト 江川 徹
    • ヘアメイクアーティスト
    • 江川 徹@tooru_f.hair_salon
    • 縮毛矯正、髪質改善が得意な東京・錦糸町を中心に活躍するベテラン。
軽さを重視したレイヤーボブ
軽さを重視したレイヤーボブ
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

軽さ重視の、ハイトーン&ダブルカラーレイヤーボブ。

レイヤーとセニングを合わせたカットでヘアアレンジやスタイリングがしやすいベースに。

頬骨にかかるサイドバングで小顔が叶う
頬骨にかかるサイドバングで小顔が叶う

シースルーバングと長めのサイドバングが小顔見せのポイント。

サイドバングは頬骨に軽くかかるくらいの長さで残しておくと、あざとさが出ていい感じに。

コテで軽く巻いてアレンジも自在
コテで軽く巻いてアレンジも自在

軽めの毛先だからコテで軽く巻いて、最後にスタイルキープワックスをつければ完成♡

スタイリングのポイント

  • トップと襟足&毛先部分をダッカールピンで分ける
  • 襟足、毛先をアイロンで外ハネにする
  • トップ、顔まわりを内巻きにする
  • 最後の仕上げにワックスorバームを毛先に馴染ませる
  • 残ったワックスを前髪に馴染ませて束感をつくる
プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)


ナチュラルカラー×カジュアルレイヤーボブ

カジュアル&ナチュラルなレイヤーボブ
カジュアル&ナチュラルなレイヤーボブ
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

シーンを選ばない、ナチュラルテイストのダークアッシュカラー。

やりすぎ感のない、適度なレイヤーを入れて毛先を動きやすく。

毛先の外巻きで可愛くスタイリング
毛先の外巻きで可愛くスタイリング

コテで外ハネをつくれば、カジュアル&ナチュラルなボブのできあがり。

前髪も軽く内巻きにすれば軽さが出て可愛く仕上がる。

スタイリングのポイント

  • コテでくびれをつくる
  • 手で軽くほぐす
  • 前髪を軽く内巻きにして、横流しにする
  • 毛先にヘアバームを馴染ませてパサつきを抑える

ゆるふわ愛されレイヤーボブ

クシュっとしたスタイリングでゆるふわ感を
クシュっとしたスタイリングでゆるふわ感を
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

ウルフベースのレイヤーボブ。

高めの位置からレイヤーを入れているためしっかりと毛先に動きが出やすいのが特徴。

ハイレイヤーだからふんわり束感をつくりやすい
ハイレイヤーだからふんわり束感をつくりやすい

アイロンとワックスで束感をつくればクシュっとした、愛されモテボブの完成。

直毛さんはパーマをかけてもいい感じに仕上がります。

ヘアスタイリングのポイント

  • 根元から髪を濡らす
  • しっかりタオルで水気を拭き取る
  • 頭皮を指の腹で擦るようにしならがドライヤーで乾かす
  • 髪の毛全体を立ち上げるように、下からドライヤーの温風を当てる
  • ふんわりしたら、毛先をコテでカールする
  • スタイルキープワックスをつけて束感をだす
プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)


最旬オレンジカラーに軽い毛先を合わせた「イマドキ」ヘア

オレンジカラーとレイヤーボブで今っぽく
オレンジカラーとレイヤーボブで今っぽく
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

流行りのオレンジ系ブラウンとレイヤーボブの組み合わせで、カジュアルに。

しっかりめにレイヤーをいれつつ、トップのふんわり感がでるように毛量調整。

レイヤーを入れているからしっかり軽さが出る
レイヤーを入れているからしっかり軽さが出る

ベースカットが軽いので、コテ巻き&毛先カールに加えてワックスで束感を。

スタイリングのポイント

  • トップから細かく毛束を取ってアイロンでふんわり感をだす
  • 毛先も同様、細かく分けてカール
  • 仕上げに髪の表面にワックスをつけて束感を引き出す
  • スプレーでスタイルをキープして完成
プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)


濡れ髪スタイルングでくせ毛を活かしたレイヤーボブ

くせ毛さんでも艶のあるスタイリングで濡れ感を
くせ毛さんでも艶のあるスタイリングで濡れ感を
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

くせ毛生かした、ナチュラルボブ。

太い髪質でも、しっかり毛量調整しつつ、くせを生かしてあげればパーマ風に。

束感がいい感じのにラフさを演出してくれる
束感がいい感じのにラフさを演出してくれる

艶のでるヘアバームでしあげれば、束感とこなれ感のでる大人ボブの完成。

スタイリングのポイント

  • 髪を濡らして寝癖とくせをオフ
  • しっかりとタオルで水気を拭き取る
  • ぱさつきやすいくせ毛さんは、ヘアオイルをつけてからドライヤーで乾かす
  • ヘアバームを髪の毛全体に馴染ませて完成
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)


束感&艶ボブで大人っぽく、外国人風に

アッシュカラー×軽さ重視の小顔レイヤーボブ
アッシュカラー×軽さ重視の小顔レイヤーボブ
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

アッシュカラーと軽さ重視の小顔レイヤーボブでクールにキメる。

しっかりレイヤーを入れて毛量調整をしているから、膨らまず美シルエットを保てます。

毛先軽めで、束感重視のストレートスタイル
毛先軽めで、束感重視のストレートスタイル

長め前髪も軽めに仕上げれば、目ヂカラUP&小顔効果も!

スタイリングのポイント

  • 髪の毛を濡らして寝癖をオフ
  • タオルでしっかり水気を拭き取る
  • ヘアオイルを馴染ませて、ドライヤーで乾かす
  • しっかり乾いたら、毛先の手前までストレートアイロンで伸ばす
  • 毛先は軽く外ハネにする
  • ヘアバームを全体に馴染ませて艶感を出す

パーマスタイル&前髪なしのレイヤーボブ

根元は暗めで、毛先にいくほどパープル系ブラウンのグラデーションカラーのボブ
根元は暗めで、毛先にいくほどパープル系ブラウンのグラデーションカラーのボブ
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

血色がよく見えるバイオレットブラウンのグラデーションカラーに、パーマスタイルを合わせた前髪なしのレイヤーボブ。

毛先にしっかり遊びをつくってあげることがポイント
毛先にしっかり遊びをつくってあげることがポイント

毛先にしっかり遊びが出るように、毛量調整を。

仕上げはしっかり艶の出るヘアバームを馴染ませてば大人の濡れ髪スタイルの完成。

スタイリングのポイント

  • 髪の毛をしっかり濡らす
  • タオルでしっかり水気を拭き取る
  • ヘアオイルをつけてドライヤー8割程度乾かす
  • ヘアバームをしっかりめにつけて濡れ髪をつくる
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)


外ハネ&レイヤーボブ

毛先を思いっきり遊ばせるレイヤーボブ
毛先を思いっきり遊ばせるレイヤーボブ
おすすめタイプ
髪量
少ない
普通
多い
髪質
柔かい
普通
硬い
太さ
細い
普通
太い
クセ
なし
少し
強い
顔型
丸型
卵型
四角
逆三角
ベース

派手すぎないミルクティーベージュと、レイヤーを組み合わせたカジュアルなボブスタイル。

細かい束感が特徴的。

アイロンorコテでで外ハネしにたら、スタイルキープワックスでしっかりセット
アイロンorコテ外ハネしにたら、スタイルキープワックスでしっかりセット

アイロン、もしくはコテで外ハネをつくたらファイバー系もしくはスタイルキープ系のわっくすで束感を。

しあげにスプレーで髪型をキープして完成。

髪にパサつきを感じるときは、ワックスにヘアオイルを少量混ぜてみて♪

スタイリングのポイント

  • 毛先をコテで細かく外ハネにする
  • 毛束を軽くほぐす
  • 髪の表面にワックスをつける
  • スプレーでスタイルをキープする

大人のレイヤーボブまとめ

大人のレイヤーボブをご紹介しました。

レイヤーボブのポイントは以下の3つ。

  1. 切り揃えたボブよりも毛先に動きが出やすい
  2. さまざまなデザインがある
  3. ベースが軽めのスタイルなのでヘアセットが楽

ぜひ、髪型選びの参考にしてくださいね!

Pocket