30代女性がやってはいけない髪型って?若見えor痛いヘアスタイルにならないポイント

30代女性のやってはいけない髪型って?

検索するとよく出てくる「やってはいけない髪型」というキーワード。

髪型は人それぞれ好みがあるためやってはいけないものはありませんが、若造りしすぎると「痛い髪型」と思われてしまうことも。

ということで、今回は「30代からやってはいけない髪型」について解説します

プリュムヘアケアPLUME HAIR CARE

30代女性にインナーカラーは痛い?やってはいいけない髪型なの?

30代にもおすすめ!痛くないインナーカラー
30代にもおすすめ!痛くないインナーカラー

30代でインナーカラーはやってはいけない髪型なの?

そんなことはありません。

たしかに、ピンクや青、紫などの原色のインナーカラーは20代で卒業したいところ。

でも、落ち着いたくすみ系カラーなら30代でも大人可愛く見せることができるのでおすすめ!

30代におすすめ!落ち着いたカラーならやってはいけない髪型ではない!
30代におすすめ!落ち着いたカラーならやってはいけない髪型ではない!

インナーカラーは、パラパラ感のあるぷつっとボブほつれボブとの相性も良い感じです。

ダークトーンや地毛がベースのカラーに、シルバーや赤みを抑えたアッシュ系ハイトーンを入れてみましょう。

おしゃれボブ、ヘアスタイリングのポイント

  • ヘアオイルを髪の毛全体に馴染ませる
  • ドライヤーで液っぽさを飛ばすようにブローする
  • コテで中間から毛先をミックス巻きにする
  • 前髪をワンカールする
  • 艶感スタイリングできるヘアバームを毛先を中心に馴染ませる

30代、派手髪カラーはやってはいけない?こっくりカラーで大人の余裕を!

こっくりカラーのオレンジなら30代からでも可愛い
こっくりカラーのオレンジなら30代からでも可愛い

海外セレブもやっている「フェイスフレーミングカラー」。

顔の周りを囲うようなカラーリングからその名がつきました。

こちらもカラーで個性を引き出す髪型ですが、派手髪のように全頭をブリーチする必要がなく、顔まわりのポイントブリーチ&ダブルカラーで済むので、髪のダメージを極力抑えることができます。

くすみ系のカラーでフレームを入れるのがポイント
くすみ系のカラーでフレームを入れるのがポイント

くすみ系のオレンジやミルクティーベージュをチョイスすれば、30代らしい落ち着いたフェイスフレーミングカラーの完成!

ラフ感を出す、ヘアスタイリングのポイント

  • 髪を根元から濡らす
  • タオルでしっかり水気をとる
  • ヘアオイルやヘアミルクつけて保湿する
  • 髪の毛がすこし濡れた状態でバームを揉み込むように馴染ませる
  • ドライヤーの「弱風」で髪に形をつける

使いたい!おすすめヘアバーム

固まらない&ベタつかない!天然由来成分で優しい使い心地の無香料ヘアバーム。


30代からのショート◎やってはいけない髪型ってある?

 

30代からショートにするならフェミっぽさをだして
30代からショートにするならフェミっぽさをだして

ショートヘアは切りすぎちゃうとフェミニンさが失われるので「ショートは私には似合わない」と思いがち。

一気に切りすぎず、顔まわり、サイド、トップを長めに残すことでニュアンス感や抜け感を出しやすくなります。

トップ長め&襟足短めシルエットを目指ざそう
トップ長め&襟足短めシルエットを目指ざそう

襟足は短くキュッと「くびれ」をつくりつつ、長く残した髪で遊びを作りましょう。

ニュアンスショート、ヘアスタイリングのポイント

  • 根元から髪を濡らす
  • しっかりタオルドライ
  • 根元を指の腹で擦るようにしながらドライヤーで乾かす(生えぐせを直す)
  • スタイルキープワックスを目元からしっかり髪に馴染ませる
  • ヘアスプレーでスタイルを固めて完成

30代のハンサムショートは美シルエットを目指して

30代女子のハンサムショート
30代女子のハンサムショート

30代女子のハンサムショートのポイントは、なんと言っても美シルエットにあり。

王道のハンサムショートヘアはやっぱり定番。

子育てママさんにも人気のあるヘアスタイルです。

前髪は長めに残しておくと色っぽく仕上がる
前髪は長めに残しておくと色っぽく仕上がる

前髪は長めに残し、襟足は短めにしておくと前下がりシルエットになり、フェイスラインをカバーできるので、小顔効果も。

センターパートにしてスタイリングすると、大人っぽさも演出できます。

ハンサムショート、ヘアスタイリングのポイント

  • 髪を根元から濡らす
  • タオルでしっかり水気を取る
  • ヘアオイルを馴染ませる
  • おでこから後頭部に向かってブラッシング
  • ブラッシングをしながら前髪をかきあげるようにドライヤーで乾かす
  • アイロンで自然なセンターパートをつくる
  • ヘアバームを馴染ませる

ショートヘアに!スタイルキープしやすいヘアバーム

自然由来成分でできたスタイルキープヘアバーム。無香料でシーンを選ばない。

オーガニックワックスにキープ力を。固めず、しっかり。 プリュムデュール
プリュムデュールPOINT1 男女問わず使える、固めずスタイルもキープ
プリュムデュールPOINT2 ワックスなのにトリートメント
プリュムデュールPOINT3 お客様の髪とお肌を第一優先
プリュムデュールのヘアセット仕上がりレベル表
プリュムデュールでヘアセットした例1
プリュムデュールでヘアセットした例2
プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)


30代からハイトーンはやってはいけない髪型?黄ばみを抑えた上品カラーならOK!

上品なブロンドカラーで外国人風に
上品なブロンドカラーで外国人風に

30代になったら、金髪やハイトーンカラーはやってはいけない髪型なのかな?

そんなお悩みがある方は必見!

黄ばみやオレンジみを抑えたアッシュ系orベージュ系のカラーなら、清潔感を損なわずハイトーンにすることができます。

ブリーチからのダブルカラーで上品に
ブリーチからのダブルカラーで上品に

カラー後のホームケアは、定期的にムラサキシャンプーで黄ばみを抑えてあげると綺麗な発色を維持することができますよ。


ミルクティーカラーなら上品かつフェミニンに仕上がる

ハイトーンのブリーチありカラーならミルクティー系もイチオシ
ハイトーンのブリーチありカラーならミルクティー系もイチオシ

ミルクティーブラウンとパーマ風ミディアムで大人かわいい髪型に。

長めの顔まわりと軽めの前髪が、若見え&小顔見えを叶えるポイント。

ニュアンスパーマっぽくゆるくラフ感をだして
ニュアンスパーマっぽくゆるくラフ感をだして

キメすぎない、ラフな感じがカジュアルで余裕のあるスタイルが出来上がります。

ハイトーンカラーを長持ちさせるポイント

  • 洗浄力がマイルドなシャンプーを使う
  • トリートメントでダメージケアをする
  • 黄ばみ気になったらムラサキシャンプーを使う

やさしい使い心地のアミノ酸系シャンプー

プリュムシャンプー&トリートメント
サロン級の毛髪補修、おうちで体験 プリュムシャンプー&トリートメント
サロンのノウハウをぎゅと詰め込んだ本格ケア 贅沢な美容成分、まいにち届ける。
プリュムシャンプー
プリュムトリートメント
プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)


ぱっつんロングはやってはいけない髪型?パラパラ感のある前髪なら可愛い!

30歳からのロングヘアは前髪にこだわりを
30歳からのロングヘアは前髪にこだわりを

大人っぽいロングヘアにするなら、脱・ぱっつん前髪を。

前髪を取る幅を狭めにしつつ、毛先を軽くしてパラパラ感のあるシースルーバングに。

パラパラ感のある前髪が大人っぽさを引き出すポイントになる
パラパラ感のある前髪が大人っぽさを引き出すポイントになる

くるっと巻いて眉下くらいの長さの前髪は、小顔効果もあっておすすめ。

暗すぎないトーンの髪色で、重めの雰囲気を払拭したい人にも!

スタイリングで簡単!若見えパラパラ前髪をつくる方法

  • 前髪の毛先を少し濡らす
  • タオルで水気を取る
  • ヘアバームを毛先が束になるようにつける(根本にはつけない)

30代、黒髪ストレートもちょっとした工夫で「今っぽく」なる

 

ただの黒髪ストレートはつまらない!そんな時はこれ!
ただの黒髪ストレートはつまらない!そんな時はこれ!

地毛がしっかり黒い髪の方、暗髪色の方で、そのままのストレートはつまらない!場合にはシースルーバング×顔まわりのくびれで華やかさを加えてあげると良き!

顔まわりは軽くミュアンスをつけるようにくびれを作る
顔まわりは軽くミュアンスをつけるようにくびれを作る

地毛、暗髪色は髪につやを与えてあげると若見え効果もあって、綺麗にしあがります。

髪が傷んでいる場合は、毛髪保有効果のあるヘアオルを試してみて!

セミロングをうるつや髪に!毛髪補修できるヘアオイルを

 

セミロングはドライヤー前や、仕上げにヘアオイルを馴染ませるとサラサラとした質感になって、大人の魅力がアップします。

3つの毛髪補修でしなやかに!おすすめヘアオイル

ケラチン※1、コラーゲン※2、シルク※3がダメージを補修して潤す。無香料で自然派なヘアオイル。

プリュムヘアオイル
補修して芯から潤す。べたつかないプリュムヘアオイル
うねり、パサつき髪になじませてブローするだけ。かんたん&時短ケア 雨の日もうるさら髪続く
やさしい3つのポイント1 地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
やさしい3つのポイント2 天然植物由来の保湿成分を使用
やさしい3つのポイント3 シーンを選ばない無香料
プリュムヘアオイルの使い方
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

※1:イソステアロイル加水分解ケラチン ※2:イソステアロイル加水分解コラーゲン ※3:イソステアロイル加水分解シルク


30代がやってはいけない髪型とは?まとめ

落ち着いた30代演出したいけれど、カラー選びや髪型を間違えると「やってはいけない髪型」になってしまうことも。

大人になったら気をつけたい「30代からやってはいけない髪型」をまとめてみました。

  • 派手めのインナーカラーより落ち着いたカラーを
  • 全頭派手髪より、ポイントカラーを
  • ショート短くしすぎない!トップとサイドは長めに残して
  • 黄ばみの目立つハイトーンカラーは避ける
  • ぱっつんロングヘアよりもパラパラ前髪がベター

やってはいけない髪型と聞くと、なんだか身構えてしまうけれど、ちょっとしたところを気をつけるだけで大人の余裕を醸し出せるのでぜひ参考にしてみてくださいね。