くせ毛・天パにはグリースがおすすめって本当?美容師が解説します

くせ毛さんにもおすすめ、人気のヘアバームを美容師が紹介します
Pocket

スタイリング剤の1つである「グリース」

くせ毛にはグリースが効果的、髪をまとめる、膨らみを抑えてくれると言われています。

くせ毛さんにとって、髪のうねりや広がりを抑えることは大変。

特に時間のない朝にスタイリングするとなると、パッとクセを抑えてくれるスタイリング剤が良いもの。

グリースはどれだけ効果があるのか?

よりくせ毛を抑える使い方とは?

今回はくせ毛を中心に施術してきた美容師が、グリースについて詳しくお伝えしていきます!

グリースはどんなスタイリング剤?くせ毛をヘアセットに向いている?

グリースって一体何?

「グリース」って一体何?

くせ毛にグリースが効くって本当?

グリースが効くというのは、スタイルキープ?

それともヘアケア?

くせ毛が気になる方は、グリースでスタイリングする方もいるはず。

そんなおしゃれくせ毛さんは、こちらの項目を飛ばしても大丈夫です。

まずは、「グリースって何?」というところからお話ししていきますね。

 

始めの項目では主にこの2つを解説します。

1、グリースとは?

2、グリースの使い方

初めに、グリースとは?

ヘアワックスやヘアオイルは聞いたことが多いですよね。

学生さんから社会人、主婦の方まで幅広く使っているスタイリング剤です。

グリースも、同じくヘアスタイリング剤です。

1978年に公開された青春ミュージカル映画のタイトルにもなっているグリース。

映画のタイトルの意味のグリースと、今回紹介するグリースは同じ意味。

作中は1950年代のアメリカが舞台。

当時、ロールアップしたジーンズ、スニーカー、黒のライダース、そしてグリースで髪を固めたスタイルが流行しました。

そのスタイルがGreaser(グリーサー)」と呼ばれた、グリースでヘアセットしたスタイルです。

髪をぴしっと固めたグリーススタイル。

中にはくせ毛さんもいらっしゃったのでしょうか。

映画の中ではどの役者さんも髪型がしっかり決まっていましたね。

グリースは、艶が出て髪がしっかり固まるイメージが強いです。

グリースでしっかり固めたヘアスタイルの例

では、くせ毛にもぴったりなのでは?

そう思われる方も多いですよね。

うねりやパサつき、広がりでまとまらないくせ毛。

グリースはくせ毛さんにも使いやすいスタイリング剤。

くせ毛にも馴染みやすいグリースの使い方は簡単。ワックスとほとんど同じです。

グリースの使い方

1、グリースをつける部分の髪を少し濡らす

2、ドライヤーで軽く乾かす

3、グリースを適量とって髪になじませる

4、最後に髪を整えて仕上げる

ワックスと異なる点といえば、初めに軽く水をつけること。

グリースの使い方は、初めに軽く水をつけること

くせ毛さんのスタイリングは、うねりやハネを水で濡らしてドライヤーをかける方が多いです。

くせ毛のスタイリングを日々行なっている方にとっては、簡単な手順。

少し濡らしてくせ毛にグリースをつけるだけで仕上がります。

なぜ初めにくせ毛のスタイリングしたい部分を濡らすか、ご存知でしょうか?

それは、グリースが水溶性だから。

水と馴染ませて、くせ毛部分の髪にも馴染みやすくなります。

くせ毛もピシッと直してくれるグリース。

毎朝スタイルが決まらないくせ毛さんの味方と言えます。

水溶性で水と馴染みやすいグリースは、少しウェットな仕上がりに。

グリースは少しウェットな仕上がりに

くせ毛も整えられて、トレンドなウェットスタイルにもできますよ。

たくさんの髪質があるくせ毛さん。

特にくせ毛がまとまりにくい方におすすめです。

くせ毛が広がりやすい、膨らむ。

グリースはそんなくせ毛の広がりを抑えて、まとまりのある髪に。

くせ毛のボリュームを抑えてくれるのがグリースです。

グリースってどんなもの?ワックスとはどう違うのか解説します

グリースの質感

くせ毛のボリュームを抑えて整えてくれるグリース。

使い方はワックスに似ていて簡単。

では、グリースって一体何?

ワックスとの違いは?

そう思う方もいらっしゃいますよね。

まずは、整髪料の成分を説明するところから。

整髪料の成分は2つに分けられます。

整髪料の成分とは?

整髪料の成分

1、合成樹脂

2、油

「合成樹脂」成分の多い整髪料は、髪を固めることに使われます。

スプレーやフォーム、ジェルスタイリング剤が挙げられます。

髪をかっちり固めてスタイルを整えるタイプ。

キープ力の高い整髪料です。

一方、主成分が「油」の整髪料は?

合成樹脂整髪料に比べて、柔らかく髪に馴染みやすいものです。

ワックス、グリース、ポマードなど。

合成樹脂整髪料よりも、油成分のタイプは伸ばしたり広げられたりできるもの。

ハンドクリームのように扱いやすい特徴があります。

合成樹脂成分よりキープ力は劣るものの、くせ毛をセットするには十分です。

油成分の整髪料は伸ばしたり広げられたりできるもの

油成分のほうが柔らかいため、くせ毛の手直しもできますよ。

整髪料の成分をお伝えしました。

ワックスとグリース、どちらも油が主成分の整髪料。

では、一体何の違いが?

それは、油分と水分の割合の差です。

ワックスとグリース。

どちらが油分、どちらが水分のほうが多く含まれているのでしょう。

  • ワックス:油分のほうが多い
  • グリース:水分のほうが多い

油分、水分の差にどんな使用感の差があるのでしょうか。

ワックス

硬めのクリーム状である製品が多い。

ハード系やソフト系など種類が様々。

ワックスはハード系やソフト系など種類が様々

髪の束感や毛先に動きをつけられるので、くせ毛のハネやうねりに効果的。

くせ毛の大きなウェーブやうねりを、ワックスで軽くくしゅっとしても可愛いです。

くせ毛が強い方は量多めにワックスをつけてしまう方も。

特にハード系は洗い流すのが大変になります。

くせ毛は傷みやすい髪質。

ワックスを無理に洗い流さないで、少しずつくせ毛から洗い流していきましょう。

グリース

水分が多いのでワックスよりも柔らかめ。

ハード系などはないので、キープ力はワックスに劣ります。

くせ毛の広がりや膨らみを抑えてくれる効果が◎

乾燥してパサついたくせ毛さんにオススメです。

水溶性の高いグリースは、洗い流しやすいメリットも。

グリースは水分が多いのでワックスよりも柔らかめ

ただ、製品によってはニオイの強いものもあるので注意。

グリースのサンプル品があれば、香りの確認を。

以上、ワックスとグリースの違い、いかがでしたか?

油分の多いワックス、水分の多いグリース。

柔らかさやくせ毛の効果もそれぞれです。

くせ毛さんに合った髪質のタイプを選んでみてくださいね。

髪にツヤが出るグリースはパサパサ・チリチリのくせ毛向き

ワックスとグリースの違いを解説しました。

グリースは水分の多い柔らかいスタイリング剤。

くせ毛さんにぴったりなのです。

なぜくせ毛さんにぴったりなのかというと、くせ毛さんは傷みやすい髪質だから。

うねりやパサつき、チリチリした髪質を持つくせ毛さん。

くせ毛のうねりで髪同士が絡まり、くせ毛同士刺激を受けてしまいます。

パサつきやチリチリのくせ毛さんは、水分不足の乾燥した髪質。

髪に水分が足りないと、栄養が行き渡らない髪に。

パサついたくせ毛になってしまいます。

傷みやすい髪質のくせ毛さん

そんな乾燥してパサついたくせ毛さんにオススメなのは、ワックス?

それともグリース?

ここで考えたいのは、水分の多いほう。

パサついたくせ毛さんにオススメなのは、グリースです。

ワックスに比べて水分を多く含むグリース。

仕上がりはくせ毛にツヤを与えてくれます。

乾燥したように見えるくせ毛に、ツヤ感を出してくれます。

グリースはウェットな質感を出してくれるスタイリング剤。

くせ毛で髪にツヤがない、髪に天使の輪ができない。

そんなくせ毛さんのお悩みを解決してくれますよ。

水分が多いグリース。

スタイリング後、少しずつ水分が蒸発していきしっかりキープしてくれます。

くせ毛さんのお悩みを解決してくれるグリース

「スタイリング剤はどれを使えば良いか分からない」

「乾燥しがちなくせ毛に、簡単にツヤ感を出したい」

そんなくせ毛さんには、比較的扱いやすいグリースがおすすめです。

ただし、グリースをつけるぎすとテカテカしてしまいます。

違和感のあるほどツヤ感をアップさせずに、自然な仕上がりになるように心がけて。

くせ毛の毛量や髪質に合った量のグリースで整えてくださいね。

くせ毛におすすめなのはグリース?それともワックス?

グリースとワックスの違い。

そして、パサパサ、チリチリのくせ毛さんには水分の多いグリースがおすすめとお伝えしました。

ここで気になるのが、くせ毛にはグリースかワックス、どちらが効果的?ということ。

くせ毛さんにとってスタイリング剤は大切なものですよね。

くせ毛さんにはグリースとワックス、どちらがスタイリングしやすいのでしょうか?

それは、先ほどお伝えしたグリースとワックスの違いにありました。

くせ毛さんにはグリースとワックス、どちらがスタイリングしやすいのでしょうか?

グリースとワックスの違い

1、油分と水分量

  • ワックス:油分のほうが多い
  • グリース:水分のほうが多い

2、柔らかさ

  • ワックス:ソフト系~ハード系まで柔らかさが様々
  • グリース:柔らかい形状が多い

グリースは水分が多く柔らかめ。

ワックスは油分が多く、柔らかいソフト系~ハード系まで様々なタイプがあります。

ここで考えたいのが、くせ毛の種類。

くせ毛といっても、チリチリ、細い毛、うねり毛などたくさんの髪質がありますよね。

くせ毛の種類によってグリースとワックスを使い分けると、より効果的な使い方ができます。

先ほども解説したように、パサつきやチリチリのくせ毛さんは、水分不足の乾燥した髪質。

パサついた髪質はツヤ感が足りないので、水分の多いグリースを使うのが効果的です。

パサついた髪質はツヤ感が足りないので、水分の多いグリースを使うのが効果的

逆に、パサついた髪質にドライ系ワックスを使うとパサついて見えることも。

くせ毛がパサついて乾燥した髪質には、ツヤ感の出るグリースを。

では、うねりの強いくせ毛さんにおすすめなのはどちらでしょう?

うねりくせ毛さんには、くせ毛をそのままウェーブに見立てるスタイリングがおすすめ。

ウェーブで髪に動きや束感をつけられる、ワックスがおすすめです。

ワックスを適量取り、くしゃっとくせ毛の部分につけてウェーブで動きを出しましょう。

ワックスはスタイリングキープ力も高いです。

ウェーブを長時間キープするには、グリースよりもワックスがおすすめです。

また、毛量が少なく柔らかいくせ毛さんにはワックスがおすすめ。

特に、水分の少ないドライワックスがスタイリングしやすいです。

柔らかいくせ毛さんは髪にボリュームが出なくて困りますよね。

髪の根元にワックスをつけて髪を立たせると、ボリュームが出ますよ。

毛量が少なく柔らかいくせ毛さんにはワックスがおすすめ

根元にワックスをつけすぎてしまうと、ワックスの重みで髪が立たないことも。

髪がぺたんとしないように気をつけて、適量ワックスを使いましょう。

くせ毛別にグリースorワックス、どちらが効果的かまとめてみましょう。

パサついたチリチリくせ毛

グリースがオススメ。

ツヤ感の少ないパサついたくせ毛にツヤ感を与えてくれます。

うねりの強いくせ毛

髪に動きが出るワックスがオススメ。

ワックスを使ってうねりをウェーブに見立てて、くせ毛を活かした髪型に。

毛量が少なく柔らかいくせ毛

ドライワックスがおすすめ。

髪の根元にワックスをつけて髪を立たせ、ボリュームを出すスタイルがイチ押しです。

髪型に合わせて使い分け、合わせて使ってもOK

グリースとワックス、それぞれ髪質ごとに使い分けするのがオススメと紹介してきました。

グリースとワックス、それぞれ髪質ごとに使い分けするのがオススメ

しかし、毛量が少なくパサついたくせ毛の場合は?

うねりとパサつきどちらも入っているくせ毛の場合は?

そんな髪質には、グリースとワックス両方混ぜ合わせて使ってみましょう。

初めにお伝えしたように、整髪料の成分は合成樹脂か油。

グリースとワックスは、どちらも成分が油なのです。

油分と水分の割合が違っていても同じ成分の整髪料。

混ぜても問題はありません。

グリースは水分が多くツヤ感を出すのが得意な整髪料。

パサついたくせ毛さん向きです。

ワックスは油分が多く、束感や毛の動きを出すのに効果的。

この2つを混ぜ合わせて、より効果的にスタイリングしましょう。

グリースとワックス両方混ぜ合わせて使ってみましょう

グリースとワックスを混ぜ合わせる割合は、基本的に1:1がおすすめ。

ただし、ツヤ感を出したい場合はグリースを多めに。

束感や立体感を出したい時はワックスを多めにしましょう。

くせ毛の髪質や好みによって割合を変更してみてくださいね。

ここで髪型別におすすめの使い方をご紹介します。

1、七三分けなどかっちりヘアにおすすめの使い方

くせ毛さんがかっちりヘアをするのは難しいとのお悩みも。

髪がまとまりにくいくせ毛さん。

七三分けや髪をセンター分けにしたい!

そんなかっちりヘアになりたいくせ毛さんにおすすめの使い方です。

そんなかっちりヘアになりたいくせ毛さんにおすすめの使い方とは?

スタイリング剤の配合は、グリース:ワックス=1:1の割合で。

または、グリースのみ使って前髪を固めましょう。

髪がパサつきやすいくせ毛さんは、グリースのみ使うのがおすすめ。

使い方は、髪の分け目のトップからサイド、前髪の下に向かってスタイリング剤をつけること。

初めに分け目のトップにつけることで、髪がハッキリ分かれてスタイリングしやすくなります。

好みによって、前髪の根元を立ち上げて。

2、ウェーブかかったパーマ風ヘアにおすすめの使い方

ウェーブの強いくせ毛さんは、そのままくせ毛を活かしたパーマ風ヘアにするのがおすすめ。

スタイリング剤を適量つけて、髪全体をまとめましょう。

毛先に動きの出るようにくしゃっとスタイリング剤をつけてみて。

うねり+パサつきが気になるくせ毛さんは、グリース:ワックス=1:1の割合で。

ウェーブの強いくせ毛さんはパーマ風ヘアにするのがおすすめ

うねりの方が気になるくせ毛さんはワックス多めに配合しましょう。

ウェーブをしっかりキープするためには、毛先にしっかりスタイリング剤をつけてみてくださいね。

パーマやカラーで髪にダメージがあるなら保湿・毛髪補修できるものを

くせ毛さんの髪質別にオススメのスタイリング剤をご紹介しました。

グリースとワックス。

あなたのくせ毛にはどちらが効果的でしょうか?

グリースとワックスを混ぜ合わせて使うこともおすすめ。

それぞれの髪質によって使い分けてみてくださいね。

では、髪が傷んだくせ毛さんはどんなスタイリング剤を使えば良いのでしょう?

髪が傷むと、スタイリング剤によっては馴染みにくいものも。

髪が傷んだくせ毛さんはどんなスタイリング剤を使えば良いの?

保湿成分の少ないスタイリング剤だと、髪が更に傷む場合があります。

パサつきやダメージが強い髪質のくせ毛さん。

スタイリングしながら、できればダメージを抑えたいですよね。

そこでオススメなのが、くせ毛さんのために開発、研究して作られた毛髪補修効果の高いヘアケアシリーズ。

「プリュムヘアケア」です。

プリュムヘアケアのスタイリング剤

1、プリュムヘアオイル

2、ワックス

  • プリュムワックス
  • プリュム・デュール

ワックスは2種類、「プリュムワックス」「プリュム・デュール」

よりクセの強いくせ毛の方には、キープ力の強いプリュム・デュールを。

プリュムヘアケアシリーズは、保湿力が高いので髪にダメージがある方におすすめです。

くせ毛さんのために開発、研究して作られたプリュムヘアケアシリーズがオススメ

1、プリュムヘアオイルの効果

  • イソステアロイル加水分解コラーゲン
  • イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)
  • イソステアロイル加水分解シルク

この3つの毛髪補修成分が髪のダメージケアに効果大!

髪の指通りを改善してくれる、保湿と毛髪補修効果の高いヘアオイルです。

無添加(香料、着色料、保存料、アルコールフリー)なので、敏感肌さんにもお子さんにもお使いいただけます。

2、プリュムワックスの効果

  • ミツロウ
  • ホホバ種子油
  • アルガンスピノサ核酸(オーガニック原料

この3つの保湿成分が髪に潤いを。髪を保護してくれます。

無添加(香料、着色料、保存料、アルコールフリー)なので、敏感肌さんにもお子さんにも。

リップクリームやネイルケア用品としてもご使用いただけます。

「プリュム・デュール」はキープ力と保湿力の高いヘアワックス。

「プリュム・デュール」はキープ力と保湿力の高いヘアワックス

5つの天然成分が髪を保湿・保護してくれます。

スタイリングしながら髪を保湿し、ダメージを抑えてくれるプリュムヘアケアシリーズ。

傷みやすい髪質のくせ毛さんに効果的のヘアケア用品です。

グリース、ヘアワックスを上手に使い分けてくせ毛を活かしたヘアスタイルを

グリースとワックスの使い分け、効果など解説してきました。

あなたにぴったりの使い方は見つかったでしょうか?

グリースは水分が多いスタイリング剤なので、パサつきや乾燥が気になるくせ毛さんにぴったり。

柔らかいので手直ししやすく、どなたでも扱いやすいです。

くせ毛の髪質によって、グリースとワックスの使い分けもおすすめです。

 

グリース、ヘアワックスを上手に使い分けてくせ毛を活かしたヘアスタイルを

使い分けだけではなく、混ぜて使っても効果的◎

傷みやすいくせ毛さんにおすすめのスタイリング剤は、プリュムヘアケア。

スタイリングしながら髪を保湿しダメージを抑えてくれますよ。

あなたの髪質に合ったスタイリング剤を使って、くせ毛を活かした髪型を楽しんでみてくださいね!

Pocket