髪質改善とは?酸熱トリートメントと縮毛矯正、その違いと注意点を美容師が解説します

髪質改善とは?酸熱トリートメントと縮毛矯正、その違いと注意点を美容師が解説します
Pocket

傷んでしまって切れ毛や枝毛が目立つ、髪がうねって仕方がないとお悩みのあなたへ。

「髪質改善」という言葉を耳にしたことはありますか?

傷んでパサパサ・ボサボサ、うねり広がるあなたの髪をまっすぐ綺麗な髪に出来る美容室のおすすめメニューなのですが、具体的にどんな施術なのか、ご存知の方は多くありません。

このページでは美容師である僕が、髪質改善とは何なのか、酸熱トリートメントと縮毛矯正のどちらを選ぶべきなのかを解説しています。

美容室での施術が終わるとそれだけで完了、と思われがちですが、実はその後のご自宅でのヘアケアも非常に重要。

髪質改善をご検討されているあなたに是非、ページ最後までお付き合いいただき、今抱えている髪のお悩みをすっきり解決するためのアドバイスになれば幸いです。

傷んだ髪をなんとかしたい、あなたが選ぶべきはどの髪質改善?

傷んだ髪におすすめの髪質改善

最近、髪がパサパサ・ゴワゴワになった、今までになかった髪のうねりが出てきたので何とかしたい。

そんなお悩みを解決するためにインターネットで情報収集をしてみたところ、美容室での髪質改善が気になっている、そんなあなたへ。

美容室で人気のメニューである「髪質改善」とは、具体的にどのような施術なのでしょうか。

まずはその内容について解説していきますね。

美容室ごとに異なる「髪質改善」の内容

実は髪質改善というメニューは美容室によって内容が異なります。

傷んだ髪をツヤツヤ・サラサラにするために行う、いわゆるサロントリートメントを髪質改善と呼ぶ(髪質改善というワードが人気なのでメニュー名を変更しただけ)こともあれば、うねる・広がるくせ毛をまっすぐストレートに変えられる「縮毛矯正」、それから新しい技術である「酸熱トリートメント」、これらを髪質改善としている美容室もありますね。

これらのメニューの中から、傷んだ髪をなんとか解決したいあなたが選ぶべきメニューはどれなのか、具体的な施術内容を見ながら今の髪の状態に最適なものがどれなのか決めていいましょう。

髪質改善として選ぶべきは酸熱トリートメント?それとも縮毛矯正?

酸熱トリートメントと縮毛矯正どちらを選ぶべきか

これまで髪がパサパサ・ボサボサになったり、うねって広がったりしたときに美容室でトリートメントを受けたことはありますか?

ヘアカットだけのつもりで美容室に行って美容師さんから「トリートメントした方が良いですよ」と言われて、されるがままに施術を受けたなんて人も少なくありません。

髪の表面をコーティングしてキューティクルを整え、髪内部から保湿・毛髪補修をすることでパサパサ・ボサボサだった髪がツヤツヤ・サラサラになって驚いたこともあるのではないでしょうか。

サロントリートメントも髪質を改善するための施術ですが、今、美容室で「髪質改善」としてメニューにある「酸熱トリートメント」や「縮毛矯正」とはどのようなものなのか、美容師である僕がそれぞれについて解説していきます。

くせ毛をまっすぐストレートにするなら縮毛矯正、そのメリットとデメリット

縮毛矯正について

うねる・広がるくせ毛はあなたの髪の素敵な特徴なのですが、すぐパサついてまとまりにくい、ショートにすると毛先ははねてしまうし、朝のスタイリングに時間がかかってしょうがないなどのお悩みがついてまわります。

生まれつき・先天的なくせ毛の場合、残念ながら基本的にまっすぐストレートな髪に直すことができません。

ただ唯一、生まれつきのくせ毛をまっすぐな髪にできるのが美容室での縮毛矯正だけなんです。

ではその縮毛矯正がどのような施術なのか、説明しますね。

薬剤で髪内部の結合を切断、熱で伸ばして酸化剤で定着させる縮毛矯正

縮毛矯正はまず、カウンセリングから始まります。

くせ毛の状態・種類、髪のダメージ・傷み具合やこれまでの髪への施術履歴を確認。

具体的な施術内容が決まったらまずシャンプー、同時に髪内部を補修することで親水性(吸水性が高い状態)から疎水性(油分が多く水を含みにくい)に導きます。

髪を乾かした状態でくせ毛の状態を再度チェック、濡れた状態と乾かした状態では髪の動き・クセは変わるので非常に重要なポイントと言えますね。

確認できたらいよいよ第1の薬剤である「還元剤」を髪に塗ります。

この還元剤はくせ毛の種類や状態により異なるため、あなたの髪に合わせたものを準備。

還元剤は髪内部、シスチン結合(S-S結合とも呼ばれます)を切断するためのもので、くせ毛という形を形成している髪の状態を崩すために使います。

縮毛矯正の原理

ちょっとややこしいですが、大切な話なのでもうちょっと突っ込んでお話すると、髪の等電帯(酸性・アルカリ性の傾向を示すもので単位はpH(ペーハー)で表す)は本来、弱酸性、数値で言うと4.5~5.5pH。

この弱酸性の状態でのシスチン結合は非常に強く、薬剤を使わなければ切断できません。

還元剤・アルカリ剤を使うことで等電帯を変えてシスチン結合を弱めて切断するわけです。

その後、還元剤を洗い流して髪にケラチンなどを追加・補修、疎水性を向上(中間処理と呼ばれる工程)。

髪を乾かしたら次はストレートアイロンで熱を加えながらくせ毛を伸ばしてまっすぐな髪の状態へ。

続いて酸化剤を髪に塗ってまっすぐな髪の状態を維持したまま定着させます。

還元剤でアルカリ性にして切断したシスチン結合を文字通り、「酸化」剤で弱酸性に戻して再結合させるわけですね。

最後に酸化剤を洗い流して髪をコーティングするトリートメントをして縮毛矯正は完了となります。

美容師が実施した縮毛矯正の実例担当美容師:錦糸町ボーテコンシェ 江川徹 

縮毛矯正のメリットはうねる広がるくせ毛がまっすぐストレートヘアになること、これは縮毛矯正でなければ得られない効果。

一方で薬剤によりアルカリ性にした髪に熱を与えて、最後にまた酸化剤でシスチン結合を促すという施術は美容室の中でもヘアカラーやブリーチと並びダメージレベルがトップクラス。

縮毛矯正で髪をまっすぐにすることはすなわち、正しいヘアケアを導入していかなければ髪がボロボロになるリスクもついてくる、ということを覚えておきましょう。

酸熱トリートメントは何が違う?やり方やおすすめのポイントと注意点について

今、美容室で髪質改善といえばこちら、酸熱トリートメントを指すことがほとんど。

これまでのサロントリートメントと酸熱トリートメントは何がどう違うのでしょうか。

いわゆる美容室でのトリートメントなら、あなたの髪質にあったトリートメント剤を使ってダメージを受けている髪に水分・タンパク質を補修、その状態で髪をコーティングしてツヤツヤ・サラサラで手触りの良い髪を「一時的に」手に入れることが可能。

施術後、普段の生活を送りシャンプーを繰り返しているとそのコーティングも流れて元の髪へ戻ってしまいます。

半永久的に美髪を手に入れられる酸熱トリートメントは施術方法がそもそも異なります、具体的な工程を見てみましょう。

傷んだ髪に架橋、半永久的に綺麗な髪を手に入れられる酸熱トリートメント

酸熱トリートメント

酸熱トリートメントを受ける場合も、縮毛矯正と同じくまずはカウンセリングからスタート。

あなたの髪がどんな経験をしているのか、パーマやヘアカラーでどのくらい傷んでしまっているかを確認します。

酸熱トリートメントについて説明を受けたら早速、施術開始。

シャンプーして乾かした髪に酸熱トリートメントの薬剤を塗布、ラップで包んで20~30分程度置きます(薬剤を染み込ませます)。

この時、あなたの髪に何が起こっているかというと、縮毛矯正で出てきた「シスチン結合」のお話になるんですね。

ダメージを受けている髪は、本来、髪の架橋となって構成を支えているシスチン結合がなくなってしまっているんです。

元々シスチン結合のあった部分には穴が開いてしまい(この穴をダメージホールと呼びます)、髪そのもの構成が弱くなっているところに酸熱トリートメントの薬剤が浸透することでシスチン結合の代わりとなるイミン結合を作り出すための「酸」(グリオキシル酸など)と「アミノ基」がダメージホールに侵入。

薬剤を染み込ませて時間が経過したらシャンプーで洗い流し、ドライヤー、アイロンで「熱」を与えながら髪を伸ばします。

アミノ基というまた化学でしか見かけないような言葉が出てきましたが、これはアミンという成分から水分がなくなったもので、アミノ酸・タンパク質を含んだものでグリオキシル酸をはじめとする酸熱トリートメントの「酸」と一緒に「熱」を加えられると、水分を飛ばす脱水縮合と呼ばれる現象が発生。

その結果、「酸」とアミノ基はイミン基に変化、さらにイミン結合となることでシスチン結合に代わる役割を果たします。

空いていた穴(ダメージホール)に新しい結合が生まれてそれを塞いで健康な髪になる、これが酸熱トリートメントなんですね。

酸熱トリートメントの原理

酸熱トリートメントはなぜ多くの人に選ばれ、たくさんの美容師もおすすめしているのかというと、半永久的にトリートメントを受けている髪の状態が続くこと、それからくせ毛の場合には縮毛矯正とは違い髪へのダメージが少ないことが挙げられます。

酸熱トリートメントは従来の美容室のトリートメントで行う「一時的な」髪のケアではなく、髪そのものが傷んでいたダメージを補修(イミン結合)するため、シャンプーを繰り返したからといって洗い流されることはありません。

また酸熱トリートメントなら縮毛矯正のようにもともと存在していたシスチン結合を還元剤で切断、アイロンで伸ばした状態を維持して酸化剤で再結合、結果として髪にアルカリ剤が残存したり、ダメージを受けたりするのではなく、穴が開いていた髪に酸・アミノ基を補修、アイロンで伸ばしながら熱を加えることでイミン基・イミン結合を生み出すものなので、新しい髪の状態になりこそすれ、ダメージは受けません。

メリットが多い髪質改善・酸熱トリートメントですが、お選びいただく場合には注意点もあります。

まず健康な髪であればまったく意味がありません(健康な状態であればあえて髪質改善をする理由もないですが)。

それから、施術後24時間はシャンプーは避けるべきであること、施術は髪質・状態によっては1回ではなく2~5回と複数になることもありえます。

縮毛矯正にも言えることなのですが、酸熱トリートメントも価格・値段が決して安くないこともデメリットではありますね。

いずれも施術後に必要なのはご自宅での正しいヘアケア

 自宅でのヘアケアが大切な理由

髪質改善として縮毛矯正、酸熱トリートメントを受けてサラサラの髪を手に入れたら、次はその美髪を維持しなければなりません。

あなたは今、ご自宅シャンプーやトリートメント、それからお風呂上がりに使う洗い流さないトリートメントにどのようなヘアケア用品をお使いですか?

縮毛矯正でダメージを受けた髪にも、酸熱トリートメントで手に入れた新しい美髪にもおすすめ、美容室生まれのヘアケア用品を紹介させてください。

美容室の施術でダメージを受けた髪を保湿・毛髪補修できるプリュムシャンプー・トリートメント

プリュムシャンプーをつかってみた

傷みやすく乾燥しやすい、すぐにパサパサになってしまうくせ毛。

そのくせ毛でお悩みのお客様を担当し続けてきた美容師である僕が開発したのがプリュムシャンプー&トリートメント。

 しっかり洗浄、傷んだ髪を保湿・毛髪補修できるプリュムシャンプー・トリートメント

プリュムシャンプーには選択的洗浄機能があります。

界面活性剤は洗浄能力が高すぎるものは、本来、髪・頭皮に必要である皮質まで洗い流してしまうため、乾燥に弱いくせ毛さんが使いつづけているとパサパサになった髪が目立ちはじめます。

髪の汚れはしっかり落とし、必要な皮脂を残すことのできるプリュムシャンプーならその心配なし、さらに保湿・毛髪補修成分も配合。

髪質改善として縮毛矯正を受けた場合には傷んでしまった髪に水分・タンパク質を補修、酸熱トリートメントの場合には美しい髪の状態を維持できます。

さらにプリュムトリートメントを使うことで追加の保湿・毛髪補修、美容師の経験を活かしてこだわりぬいた成分を配合、髪を優しく整えてツヤ・まとまりのある状態へと導いてくれます。

お風呂上がりの洗い流さないトリートメントにはプリュムヘアオイルを

お風呂やシャワーから出たときに使うヘアケア用品は洗い流さないトリートメントとして非常に高い人気があります。

僕がおすすめするのはヘアオイル、傷んだ髪を優しく保護しながら、保湿・毛髪補修もできる優れモノ。

くせ毛の髪におすすめ、プリュムヘアオイル

プリュムヘアオイルは使い方もとっても簡単。

お風呂、シャワーから出たらタオルドライをしてくしで髪を優しくときます。

プリュムヘアオイルをワンプッシュして髪に馴染ませ、ドライヤーでブロー。

本当に使っていただけばその違いは歴然、しっとりとまとまりのある髪になりますよ。

毛髪補修成分配合3点セットなら髪質改善後にご自宅でサロンクオリティのヘアケアが可能です

 サロンクオリティの髪質改善、プリュムヘアケア毛髪補修成分配合3点セット

美容師の僕が傷みやすく乾燥しやすいくせ毛のために試行錯誤を重ね、ときにお客様からの率直なご意見に悩み、またときに喜びの声を聞かせていただいた末に完成させたプリュムシャンプー&トリートメントとプリュムヘアオイル。

この商品のセットはプリュムヘアケア「毛髪補修成分配合3点セット」としてくせ毛のお客様だけでなく、髪のダメージやまとめにくい髪質のお客様からも大変ご好評をいただいております。

縮毛矯正はまっすぐストレートヘアが手に入る施術である反面、本当に髪のダメージに泣かされるものであり、髪が伸びて根元はうねる、毛先はダメージでボロボロになってしまうと傷んだ部分をカット、伸びてきた髪を再度、縮毛矯正するという抜け出せない迷路に迷い込む可能性が低くありません。

おしゃれなまっすぐヘアの髪を楽しみたいなら、毛髪補修成分配合3点セットをご自宅での毎日のヘアケアに取り入れて髪の状態を維持しましょう。

毛髪補修成分配合3点セットで正しいヘアケアを続けていれば、次にヘアカットするときにもう一度縮毛矯正を受けるのではなく、あなた自身の髪を活かしたヘアスタイルにチャレンジできるはず。

髪質改善として酸熱トリートメントを選んだ場合も、半永久的に綺麗な髪だからもうヘアケアなんて必要ない、なんてことはありませんよ!

半永久的である理由は、イミン結合で生まれた新しい状態の髪もダメージを受け、傷んでしまう可能性があるからです。

一度手にいれた美髪、手放したくはないですよね?

プリュムヘアケアの毛髪補修成分配合3点セットをご自宅で続け、新しい健やかな髪をキープし続けてくださいね。

髪質改善を検討中のあなたへ、美容師からのアドバイス

傷んだ髪を綺麗にすべく、美容室での髪質改善を調べ続けているあなたへ、美容師が髪質改善とは何なのか、縮毛矯正・酸熱トリートメントとはどのような施術で、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか、解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ややこしい内容もありましたが、髪への影響が大きい縮毛矯正、酸熱トリートメントを受けるのであれば、美容師の僕からするとどうしてもあなたにお伝えしたかった内容です。

どちらの施術も良い・悪いではなく、目的に合わせて正しい選択をしてもらうためのお話になったはず。

何より、どんな髪質改善施術で綺麗な髪を手に入れたとしても、一番大事なのはあなたの髪に合った正しいヘアケアを導入すること。

せっかく手に入れた美髪もなんとなーく市販品のシャンプーやトリートメント、ヘアオイルを使っていると髪は大変な状態になりえます。

髪質改善をご検討中のあなたの髪は少なからず今も傷んでしまっているのではないでしょうか。

もしそうなのであれば、プリュムヘアケアの毛髪補修成分配合3点セットを一度、試してみてください。

もしかすると髪質改善施術を受けなくても、ツヤ・まとまりのある綺麗な髪を取り戻せる可能性が十分ありますよ。

商品詳細ページにはこれまで実際にご利用いただいたお客様からの口コミ・体験談も記載されています、ぜひご確認くださいませ。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 サロンクオリティの髪質改善が自宅で出来るプリュムヘアケア毛髪補修成分配合3点セット
Pocket