実は髪質改善にもなるヘアオイル◎しっとりツヤ・まとまりのある髪を手に入れる

実は髪質改善にもなるヘアオイル◎しっとりツヤ・まとまりのある髪を手に入れる
Pocket

スタリイングのためだけでなくヘアケアにも使えるヘアオイル。

お風呂上がりの洗い流さないトリートメントとしてもおすすめ、使い続けることで髪質改善もできます。

くせ毛やダメージを受けて傷んだ髪にお悩みの方へ。ヘアオイルでの髪質改善について美容師さんに解説してもらいました。

※本記事内の髪質改善とはトリートメントによる毛髪補修を指し、本質的な髪質の改善を意味しません。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。


洗い流さないトリートメントにヘアオイルを使うことで髪質改善を

髪質改善による艶のある髪イメージ
髪質改善による艶のある髪イメージ

美容室でも人気のメニュー、髪質改善。

いわゆるサロントリートメントから、薬剤を使って髪内部を補修して半永久的に元気な髪を作り出す酸熱トリートメントや、くせ毛のうねる・広がる髪をまっすぐに直す縮毛矯正など種類は様々。

いずれも美容室で時間とお金をかけて受ける施術ですが、実はご自宅でもできる髪質改善があります。

それがヘアオイルの使用、具体的にどのような改善が見込めるのか、ご紹介します。

ヘアオイルを使ってご自宅での髪質改善を始めよう

傷んだ髪、美容室にて
傷んだ髪、美容室にて

あなたはお風呂から出たあと、ドライヤー前にどんなヘアケアアイテムを使っていますか?

お風呂の中で使うシャンプー&トリートメントをインバストリートメントと呼ぶのに対し、入浴後に使うものをアウトバストリートメント、または洗い流さないトリートメントと呼びます。

洗い流さないトリートメントにはヘアミルクやヘアウォーター、そして今回ご紹介するヘアオイルがあります。

ヘアオイルは髪にツヤ、まとまりを与えてヘアセットしやすくできるだけでなく、含まれる成分によってヘアケアもできる優れモノ。

使い続けることで髪の質感、指通りを良くするため、まだ導入していない・使ったことがないあなたに是非ともお試しいただきたいヘアケアアイテムです。

お風呂上がりにヘアオイルを髪に馴染ませてドライヤーでブローするだけ

ヘアオイルをつけて髪をブローした
ヘアオイルをつけて髪をブローした

ヘアオイルの使い方はとても簡単、お風呂から出たあとにタオルで髪を優しく(決して強い力でガシガシとやらないでください、髪は摩擦にも弱くダメージを受けて傷んでしまう原因になります)乾かしたら、ヘアオイルを適量とって髪に馴染ませます。

油分で髪をコーティングすることでドライヤーの熱によるダメージから髪を保護。

ブローしたあとの髪は指通りもよくしっとりなめらか、ツヤも出てまとまりが良くなります。

翌朝のヘアセット時にもそのまとまりの良さが役に立ち、スタイリングにかかる時間をぎゅっと凝縮できますよ。

簡単に使えて美髪に見せるだけでなく、ヘアセットにも便利なヘアオイルは髪を労わる成分が配合されているものが多く、毎日の生活習慣に取り込むことが健やかで美しい髪を維持するための髪質改善につながります。


髪質改善のためにおすすめのヘアオイルってどんなもの?

髪の質感をよくするヘアオイルって?
髪の質感をよくするヘアオイルって?

ヘアオイルは古くからヘアケアのために使われてきましたが、こと髪質改善という観点から考えたときにどのようなタイプを選ぶべきなのでしょうか。

ドラッグストアやスーパーで購入できる市販品からサロン・美容室がプロデュースしたものまで選択肢はあまりに多く、どれを選べば良いのか迷いますよね。

ヘアオイル選びで注目すべきポイントについて解説します。

市販品とサロン・美容室生まれのヘアオイルは何が違うのか

多くのメーカーが開発・販売している市販品のヘアオイルと、サロンユースのプロフェッショナル用のヘアオイル。

この2つは一体何が違い、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

大きな違いは万人受けするように作られていて、価格、市販品はリーズナブルなものが多いです。サロン品のヘアオイルは流通量が少ないこと、プルフェッショナル用であることからややお高め。

大切なのは実際に使ってみて髪質に合うものに巡り会えるかどうか。

人気順位などではなく、あなたの今の髪質に合わせたヘアオイル選びであることを覚えておいてくださいね。

サロン・美容室のヘアオイルは値段が高い、これは間違いない真実です。

美容師さんたちはそれぞれの髪のこだわりを形にするため、原価が高くつことからより良いもの、自分の理想に近い商品を作ることに集中するためどうしても値段が高くなってしまいます。

サロン・美容室生まれのヘアオイルを選ぶ際は、そのこだわりがあなたの髪のお悩みにマッチしているかどうか、髪質改善につながるかどうかを美容室や美容師さんに質問して、ぴったりなのかどうかを確認してから選ぶようにしてくださいね。

くせ毛、ダメージヘアに合わせたヘアオイルを選んで髪質改善

編集部のおすすめ!

もしあなたの髪質が傷みやすく乾燥に弱いくせ毛、またはパーマやヘアカラーを楽しんできたためパサつきが出始めたダメージヘアなら、保湿・毛髪補修成分に着目しましょう。

プリュムヘアオイルは髪にうるおいを与えつつ、内部からしっかり補修します。

プリュムヘアオイル
補修して芯から潤す。べたつかないプリュムヘアオイル
うねり、パサつき髪になじませてブローするだけ。かんたん&時短ケア 雨の日もうるさら髪続く
やさしい3つのポイント1 地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
やさしい3つのポイント2 天然植物由来の保湿成分を使用
やさしい3つのポイント3 シーンを選ばない無香料
プリュムヘアオイルの使い方
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

髪を構成するたんぱく質であるケラチン「加水分解ケラチン(羊毛)」、シルク「加水分解シルク」とコラーゲン「加水分解コラーゲン」が傷んだ髪を毛髪補修。保湿成分にはアボカドオイルやマカデミアナッツオイルを採用、合成着色料、合成香料、パラベン、アルコールはフリーです。

無香料で仕上げているため、においも残らず、シャンプーやトリートメント、その他の香りとケンカすることもないですよ。

あなたの髪がくるくるうねるくせ毛、または縮毛矯正やパーマ、ヘアカラー(白髪染め含む)などのダメージの大きな施術を受けて髪がパサパサ・ボサボサになっているならぴったり。

プリュムヘアオイルでツヤ・まとまりのある髪を手に入れつつ、髪質改善を進めていきましょう。


ヘアセットも楽になるヘアオイルでの髪質改善、まとめ

ご自宅で実現する髪質改善の1つ、ヘアオイルについて解説しました。

お風呂上がりのドライヤーでのブロー前に髪に馴染ませるだけ、それだけで髪にツヤ・まとまりが出せるだけでなく、翌朝のヘアセットにかかる時間も短縮。

洗い流さないトリートメントをまだ試されたことがない、または他のものを使っている場合もぜひ一度、ヘアオイルを使ってみてくださいね。

うねる・広がる、まとまりにくいくせ毛やパサつくダメージヘアにお悩みなら、くせ毛を見続けてきた美容師が作ったプリュムヘアオイルを。

しっとりツヤ、まとまりのある髪にできるだけでなく、健やかな美髪に導いてくれます。

プリュムヘアオイル
補修して芯から潤す。べたつかないプリュムヘアオイル
うねり、パサつき髪になじませてブローするだけ。かんたん&時短ケア 雨の日もうるさら髪続く
やさしい3つのポイント1 地肌と髪に心地よいこだわりの無添加処方
やさしい3つのポイント2 天然植物由来の保湿成分を使用
やさしい3つのポイント3 シーンを選ばない無香料
プリュムヘアオイルの使い方
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

Pocket