くせ毛を抑える方法について!髪型のポイントやヘアケア法を解説。

Pocket

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

僕の美容院にはくせ毛で長年悩まれていた方が、たくさんご来店されます。

実際くせ毛に悩んでいる方は多いですよね。

今回はくせ毛を抑える&活かす方法を詳しく解説します!

くせ毛を抑えていい感じに見せるために必要なのは、カット・ヘアケア・スタイリングです。

カットで広がりにくいベースを作り、ヘアケアで髪のコンディションを整え、スタイリングで髪の毛をきれいに見せましょう。

それぞれのポイントについて解説していきますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

お悩み別!くせ毛を活かす髪型解説

くせ毛を抑えるor活かす上で最も重要なのは「カット」です。

適切なカットをしていないと、いくらセットを頑張ってもきれいな髪になりません。

もちろんヘアケアもセットも大事ですが、前提としてカットが正しくないといけないんです。

そこで「襟足が浮いたりハネたりする」「パサパサしてまとまらない」「とにかくうねる」等々、くせ毛のお悩み別におすすめの髪型をご紹介させていただきます!

広がり&ハネが気になる方におすすめのスタイル

広がるくせ毛

くせ毛といっても人によって癖の感じは色々です。

広がりやすい方やハネやすい方には、こちらのようなコンパクトなショートヘアをおすすめしています。

ミディアムくらいの長さだと毛先が肩について外ハネになってしまいやすいので、思い切って短くした方がハネにくく扱いやすくなりますよ!

ボリュームを調節することで、頭も小さく見せることができます。

またハネやすい場合は、しっかりと毛流れや癖の感じを見極めてカットすることが重要です。

襟足の浮きやハネが気になる方におすすめのスタイル

襟足が気になる方向けヘア

襟足に生え癖があって、ハネたり浮いたりする方もいますよね。

そういうタイプの方には、襟足をコンパクトにして上から表面の髪の毛をかぶせるようなデザインにすると、ハネにくくなり落ち着きますよ。

またメリハリのあるカットをすることによって、立体感も出しやすくなります。立体感のある髪型は、横顔を素敵に見せてくれますよ。

毛量が多くてゴワゴワしやすい方におすすめのスタイル

多毛の方におすすめのヘアスタイル

毛量が多いくせ毛さんは、ゴワゴワしてボリューミーになりがちかと思います。

「ボリュームが出すぎてまとまらないから、結ぶしかない……」という方が多いのもこのタイプですね。

量が多い方はくせ毛であっても直毛であっても、梳いたりレイヤーや段を入れたりして量を減らす必要があります

ただ梳きすぎてしまうとスカスカしてしまいますし、短い毛が表面にぴょんぴょん出てきてしまったりしますので、そのあたりは美容師が上手く調節しなくてはいけません。美容師の腕が試されるところでもありますね。

量を上手に調節してあげれば、afterのようなニュアンス感のあるスタイルに。癖の感じも、軽くコテで巻いたかのような雰囲気を出していておしゃれですよね。

コテで巻いたりパーマをかけたりしなくてもふんわりした動きのあるスタイルにできるのは、くせ毛の強みですよ!

くせ毛×猫っ毛におすすめのスタイル

ふわふわショート

ペタンコになりやすい猫っ毛の方は、全体的にふわっとしたスタイルにしましょう。

エアリーなデザインにすれば抜け感も出ますし、髪の毛が細くてやわらかいのも上手く活かすことができます。

もともと波打つような癖があるなら、ワックスで整えるだけでもafterのようなパーマ風ヘアに仕上げることができますよ!

またやわらかい猫っ毛の方はボリュームダウンさせたくないので、あまり梳かないデザインがおすすめです。

チリチリする縮毛の方におすすめのスタイル

縮毛におすすめのスタイル

1本1本の髪の毛がチリチリするくせ毛(縮毛)は、くせ毛の中でも扱いにくいと言われています。

ですがカット次第で、このように爆発しないスタイルにすることができるんです。

縮毛の方には、圧倒的にショートヘアがおすすめ。短い方がゴワゴワ感も目立ちにくくなるからです。

 

乾燥しやすいくせ毛にはアウトバストリートメント必須

くせ毛は静電気の影響などを受けやすく、乾燥してパサパサしがちです。

なのでお風呂上りにアウトバストリートメントを使って、髪をしっかりコーティング&保湿しましょう!

使用するタイミングはドライヤー前です。ドライヤーをかけるまえにアウトバストリートメントをつけることにより、熱ダメージから髪を守ることもできます。

また夜にきちんとケアをしておくと、翌朝の髪の調子も違ってきますよ。

それに自宅で正しくケアができていれば、サロントリートメントや髪質改善をする必要もなくなります。

(※ちなみにサロントリートメント・髪質改善は場合によっては逆に髪が傷むこともあるので注意が必要です)

オイルで整えた髪

くせ毛の方にアウトバストリートメントとしてお使いいただきたいのは、ヘアオイルです。

ヘアオイルは水分を含まないタイプのヘアケアアイテムなので、水を吸収すると余計にうねったり広がったりするくせ毛さんでも安心して使えますよ。

オイルをつける

お風呂上りにヘアオイルを使う場合は、まずしっかりタオルドライして水分をオフした髪にヘアオイルを馴染ませます。

毛先中心につけるようにすると良いですね。

ちなみにここで使用しているのはMAXオリジナルのプリュムヘアオイルです。

ドライヤー

その後ドライヤーで乾かすだけです。

ドライヤーは近づけすぎないように注意。それから頭皮をしっかり乾かすようにすることと、うねりやすい箇所は「うねりと反対の方向に引っ張りながら乾かす」こともポイントになります。

↓ヘアオイルのつけ方&乾かし方は動画でも詳しく解説しているのでぜひご覧ください!

 

朝のセットにはワックスがおすすめ

くせ毛は広がりやすいので、朝のスタイリングではセット力が高いワックスを使うと良いですね。

ですがかちっと固めてしまうワックスを使うと不自然なので、ニュアンス感が出せるソフトタイプのワックスを選びましょう!

ヘアセット

プリュムワックスのような保湿系ワックスを使えば、このようにツヤも出すことができます。

パサパサしやすいくせ毛も、ツヤがプラスされると見違えるほどきれいになりますよ!

ワックスでセット

爆発しやすい縮毛もこの通り。

ワックスでセットするとうねりがきれいに出てくれるので、おしゃれなパーマヘア風に見えますよね。

またワックスでしっかり髪の毛をコーティングしておくと湿気の影響を受けにくくなるので、梅雨シーズンにもぜひ活用してください

▼プリュムワックス&プリュムヘアオイルの詳細はこちらからどうぞ

オイルとワックス商品画像

▼くせ毛に悩んでいた方々から嬉しい口コミもたくさんいただいていますので、一部ご紹介させていただきます!

感想

ワックスのレビュー

オイルレビュー

口コミにもあるように「お風呂上りにプリュムヘアオイルを使って、朝のセットにプリュムワックスを使う」というお客様も多いです。

どのような使い方が良いかはその方の髪質やライフスタイルなどにもよりますので、ぜひ色々な使い方を試して自分にとっての「ベスト」を見つけてみてください。

またプリュムヘアオイルにもプリュムワックスにも一応適量が決まっていますが、使用量だって自分の好みに合わせて変えていただいて大丈夫ですよ。

「毛量が多いし長いから、少し多めにつける」「猫っ毛で髪も短いから少なめにする」のように、調節して使ってくださいね!

 

「縮毛矯正」はおすすめできない?

1452159194907

「くせ毛を抑える」と聞くと、思い浮かぶのが縮毛矯正なのではないでしょうか。

確かに縮毛矯正はメジャーな施術です。それに縮毛矯正をかければ、くせ毛もストレートにできます。

ですが伸びたら再びかけなければいけないので時間もお金もかかりますし、髪もかなり傷みます。

なので僕は髪や地肌への負担が大きい縮毛矯正ではなく、くせ毛を「活かしていく」方法をおすすめしています。

自分の髪質を上手に活かすことができれば縮毛矯正もパーマも不要になるので、余計なお金も時間もかからなくなります。ダメージだって最小限で済むんですよ。

なのでぜひこの機会に、くせ毛を活かすことを検討してみましょう。

どうすれば良いか分からない場合は僕も相談に乗らせていただきますので、ぜひご相談くださいね!

 

まとめ

今回はくせ毛を抑える&活かす方法について、解説をしました。

髪質は悩みの種になりがちですが、カットやセットで扱いやすくすることは十分に可能です。

少しでも参考になればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

公式LINE画像

 

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら