ヘアカラー後のシャンプーは何日目が正解?色落ちさせないコツを美容師が紹介します

Pocket

グレージュやピンク系、インナーカラーなどおしゃれで可愛いヘアカラー。

綺麗に染まった髪ですが、カラー後いつからシャンプーをすれば良いかご存知ですか?

このページでは美容師がヘアカラー後のシャンプーは何日目が正解なのか、髪色が落ちないようにするためのコツと一緒に紹介しています。

染めた後にどうも色落ちが早いと感じるのはシャンプーを間違っている可能性があります。

ヘアカラー後の正しいシャンプーとはいつ、どのように行えばいいのか。

これから髪を染める、または髪を染めたばかりのあなたに役立つカラー後のシャンプーについてこのページで正しいやり方を身につけましょう。

美容室でカラー後、いつからシャンプーはして良いの?

最初に結論を書きます、カラー後は当日にシャンプーして良いです。

ただし!ここから重要です、当日シャンプーする場合にはいわゆる市販品ではなく、ヘアカラー後の洗髪に適したシャンプーを使う場合のみ。

洗浄力の高い界面活性剤を使っている市販のシャンプーを使って、2日後に髪を洗うとここまで色落ちするのでご注意を。

市販シャンプーによるカラーの色落ちを検証、2日後でもここまで色が落ちます

特別なシャンプーを用意していない市販シャンプーを使用するのであれば、カラー後のシャンプーは翌日の夜まで待ちましょう。

せっかくのヘアカラー、色落ちさせたくない、でも市販シャンプーしか今のところない、という場合はヘアカラー施術当日のシャンプーはおすすめできませんね。

なぜなら、カラー剤の色素が髪に定着するには通常、24時間程度かかるため。

カラー後、すぐに市販シャンプーで髪を洗うと洗浄力が強すぎて色落ちしてしまう

ヘアカラーの薬液には、髪の表面を覆い内部を守るキューティクルを開く効果があります。

これは髪内部にヘアカラーの色素を浸透させるため。

ブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアの違い

ヘアカラーの施術直後はキューティクルが閉じ切っていないため、洗浄力の高すぎる市販シャンプーでは染料がキューティクルの間から落ちて色落ちしやすくなります。

キューティクルが開いた状態というのは、ヘアカラーの染料だけでなく、髪内部の水分やうるおい成分も流出しやすい状態。

髪内部に空洞ができ、乾燥してパサパサ・ボサボサの髪になってしまいます。

キューティクルが閉じていないと水分・うるおいやその他成分が髪内部から流出します

なので、もう一度、結論を書き直すと「ヘアカラー後、24時間はシャンプーをしない方が良い」、ということになりますね。

カラー後にシャンプーをすると色落ちする、その3つの原因について

ヘアカラーで綺麗に髪を染めた後、シャンプーをすると色落ちする、その主な3つの理由は以下。

  1. お湯の温度が高い
  2. シャンプーの洗浄力が強すぎる
  3. 髪の毛が傷んでいる

先ほど紹介したカラー後、24時間はシャンプーしていないのに色落ちが早いなら、このいずれかが該当しているはず。

それぞれどういうことなのか、説明していきますね。

シャンプーするときのお湯の温度が高い

まず最初に、シャンプーするときのお湯の温度について。

髪を洗うときのお湯の温度が高すぎると、カラーの色落ちを早める原因になります。

普段からシャワーの設定温度を、40℃~41℃前後にしている場合は要注意!

40℃以上のお湯でシャンプー後に髪をすすぐと、その熱によって髪から色素が抜けやすくなります。

ヘアカラー後のシャンプーには人肌程度のぬるま湯がベスト

お湯の温度は35℃~37℃のぬるま湯がヘアカラー後のシャンプーの適温。

体温程度のお湯で髪を洗うように心がけてくださいね。

使っているシャンプーが市販品で洗浄力が強くカラー後の色落ちの原因になっている

せっかくヘアカラーしても色落ちしたらもったいない

当たり前のことなのですが、ヘアカラー後に全く色が落ちないなんてことはありません。

基本的に毎日髪は洗うもの、シャンプーを使っていれば必ず少しずつ色落ちはします。

一概に言えませんが、ヘアカラー後、一般的に1~2カ月程度は髪色がもつもの。

この期間よりも全然早く色落ちしている、髪色が抜けている場合は使っているシャンプーの洗浄力をチェックしてみてください。

シャンプーの洗浄力の強弱は、配合されている洗浄成分(界面活性剤)の種類や組み合わせで決まります。

市販品の場合、どうしても安価に大量生産しなければならないため、安くて強い洗浄成分を配合せざるを得ません。

皮脂やスタイリング剤の汚れをスッキリと落としてくれる反面、ヘアカラーの染料も落ちやすくなるためどうしても色落ちが早くなってしまいます。

最初に紹介をさせていただいた、ヘアカラー後、当日にシャンプーしてもOKなのはこの洗浄力がマイルドなシャンプーを選んだ場合のみ。

髪のおしゃれ、ヘアカラーを楽しむならシャンプー&トリートメントを見直すよう強くおすすめします。

髪の毛が傷んでいるとカラー後の色落ちが早い

ダメージを受けた髪の毛は、健康な髪の毛と比較してヘアカラー後の色落ちが早い傾向があります。

その理由は傷んでしまった髪のキューティクルが開いたり、剥がれ落ちてしまったりしているため

髪の一番外側にあるキューティクルは内部の水分や成分を守るためしまっているのが健康な状態

本来、キューティクルは髪内部の構造を守るためしっかりと閉じており、そのおかげで水分・うるおいやその他成分が流れ出るのを防いでいます。

このキューティクルがダメージを受けてしまうと、髪内部から水分・その他成分と一緒にカラー後の色素まで抜け出てしまうんですね。

出入り厳禁のキューティクルといぅドアが開きっぱなしになってそこから髪にとって大切なものが流れ出ている状態なわけです。

ダメージでパサパサ、その上シャンプーで色落ちまでしてしまった髪

その結果、シャンプーするたびにみるみる色落ちしてキラキラな状態に。

この症状は毎回、髪全体にカラー施術をしていると出やすいです。

ヘアカラーは施術そのものが美容室でも最もダメージが強いもの、髪を染めるときには同時にヘアケア・正しいシャンプー&トリートメント選びをしなければ、あっという間に髪がボロボロになってしまうことを覚えておきましょう。

色落ちしにくく、ヘアケアもできるシャンプー&トリートメントについて

カラー後に使うおすすめのシャンプーとはどんなもの?

これまでヘアカラー後のシャンプー選びについて2つ、大事なことを説明させていただきました。

  1. 強すぎないバランスの良い洗浄力を持つもの
  2. ダメージをカバー、ヘアケアが出来るもの

この2つの機能を持つシャンプー&トリートメントについて具体的にどのようなものか、解説します。

洗浄成分のバランスが良い

ヘアカラーの発色をできるだけ長く楽しむには、洗浄力のバランスが取れたシャンプーを選ぶようにしましょう。

すでに説明させていただいた通り、カラー後に洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと色持ちが悪くなります。

とはいえアミノ酸系界面活性剤だけで作られた低刺激シャンプーでは洗浄力不足になるのでNG。

カラーの色落ちを防ぐという意味では間違っていませんが、洗浄力が弱すぎるシャンプーでは髪の汚れや余分な皮脂、スプレーやワックスなどのスタイリング剤などを落としきることができません。

頭皮と髪がベッタリ、清潔感のない見た目になるだけでなく、フケや抜け毛、頭皮のかゆみなどのトラブルが出てしまうことも多いので、シャンプー選びは慎重に行うべきです。

カラー後のシャンプーにはアミノ酸系で作られているだけでなく、ベタイン系・アニオン界面活性剤など複数の洗浄成分をバランスよく配合したシャンプーを見つけるようにしましょう。

褪色を抑えるヘマチンが配合、ヘアケアもできるシャンプー

カラーの色もちをよくするシャンプー

もうひとつのポイント、ヘアカラー施術後にダメージが蓄積することを考え、ヘアケアができるシャンプーであることも重要です。

髪の褪色を抑えることのできるヘマチンは、髪内部にあるケラチンと強く結びつくことで髪の補修も可能な成分。

さらにヘマチンを配合したシャンプーにはヘアカラー施術で使われたアルカリ性の残留薬剤を除去できるため、カラー後のシャンプーに最適です。

市販シャンプーなら7~10日程度、髪を洗うことで徐々にこのアルカリ性残留薬剤を落とすことができますが、同時に色落ちも目立ってしまいます。

ヘマチン配合のシャンプーで、効率的に薬剤を除去しながら褪色を防ぎ、同時に毛髪補修・ヘアケアもしてしまいましょう。

カラー後におすすめ、色落ちを防いでヘアケアもできるシャンプー&トリートメント

突然ですが、僕はこれまで多くのくせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当してきました。

そんなくせ毛のお客様からのお悩みを伺いながら、知識・経験を活かして作り出したのがプリュムシャンプー&トリートメント

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

カラー後のシャンプーに求められる、バランスの取れた洗浄能力とヘマチン配合という条件をクリアしているプリュムシャンプーには選択的洗浄機能があります。

強すぎる洗浄能力があるシャンプーが洗い流してしまう皮脂を適度に残しつつ、髪について汚れはしっかり洗浄。

頭皮にうるおいが残ることで乾燥から髪を守るだけでなく、ヘマチンがヘアカラーの褪色を防いでくれます。

一緒にお使いいただくプリュムトリートメントには7つの保湿成分、8種のアミノ酸で毛髪補修、こちらにもヘマチンが配合されているため、ヘアカラー後の色落ちを防ぎながら髪をツヤ・まとまりのある健やかな状態に導いてくれます。

実際にご利用いただいているお客様からの口コミの一部を紹介させていただきますね。

使用1か月で頭皮の状態が改善したもも様からの口コミ

頭皮の乾燥がひどく、いつもフケに悩まされていました。
ネットで色々調べているときに、プリュムシャントリを知って試してみました。
使用して1か月ですが、明らかに頭皮の状態がよくなっています!
いい製品を作って頂き、ありがとうございます。
★★★★★ 2020年11月9日

うねりがなくなりカラーの持ちが良くなったつかちゃん様からの口コミ

昨日届きました!
早速プリュムのシャンプーとトリートメント使いましたよ!
うねりが出なくなってカラーの持ちが良くなったと思います!
★★★★★ 2020年5月13日

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧くださいませ。

ヘアカラー当日に使えてヘアケアもできるシャンプー&トリートメントをぜひお試しください

おしゃれな髪色が選べて楽しいヘアカラー、美容室で施術してもらった後、いつからならシャンプーできるか、というお話をさせていただきました。

条件付き」ならカラー後当日、今まで市販シャンプーをお使いでまだ「条件」をクリアできていない場合は最低でも24時間はシャンプーをしないようにしてくださいね。

その条件とは、バランスの取れた洗浄力を持ち、褪色から髪を守るヘマチンを配合しているシャンプーであること。

今回ご紹介させていただいたプリュムシャンプー&トリートメントはこの条件をクリア、カラー後に使い続けることで色落ちを防ぎ、より長くヘアカラーをお楽しみいただけます。

そしてそれ以上に、傷んだ髪を保湿・毛髪補修してくれるため、サロンクオリティのヘアケアをご自宅で簡単に導入することも可能。

ヘアカラーは髪へのダメージが強い施術であることも踏まえ、ぜひ、プリュムシャンプー&トリートメントへの切り替えをご検討ください。

このページがヘアカラーにチャレンジしようとしているあなたのシャンプー選びに役立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

Pocket