アイロンする前にすること、熱から髪を守るスタイリング剤を使う

Pocket

巻いて伸ばしておしゃれな髪型作りに欠かせないアイロン、ご使用前にその熱から髪を守るために何かスタイリング剤を使っていますか?

アイロンをする前にすることと、髪を熱から守るためにおすすめのヘアオイルを美容師さんに解説してもらいました

なぜヘアオイルが良いのか、また正しい使い方とそのコツも説明しています。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。

準備こそが重要、アイロンする前にすることとは?

ヘアセットに欠かせないアイロンする前にすることをしておきましょう

ヘアセット時のアイロンする前にすること、正しい下準備をしないで何もせずにアイロンを使っていると、こんなことが起こります。

  • 髪が傷む
  • 真っ直ぐにならない
  • カールがすぐとれる
  • キレイにセットできない

「朝は時間がないから仕方ない」

「アイロンする前にすることがどんなことなのか知らない」

「正直、面倒くさい」

事情はさまざまあるかもしれませんが、アイロン前の下準備の有無で「あなたの髪の未来」は大きく変わってしまいます。

アイロンする前することとして、以下の3つが非常に重要。

  1. 根元からドライヤーで乾かす
  2. コームで髪をとかす
  3. アイロンの温度を確認

ぱっと見、「は?」と思われたかもしれませんが、これらの当たり前のことを実は正しく守れていないんです。

すぐに正しい方法で実践できるように、ひとつずつ解説しますね。

アイロンする前にすることその1、根元からドライヤーで乾かす

ドライヤーでしっかり乾かしておかないとアイロンで髪がうまくまとまりません

アイロン前には、根本からしっかりドライヤーで乾かすことが大切です。

余計な水分が残っていると、キレイにアイロンでヘアセットができません。

このとき、ヘアオイルをつけてからドライヤーをかけるのがポイント。

なぜなら、何もつけない状態の髪にヘアアイロンを当ててしまうと、髪はドライヤーの熱によって確実に傷みます。

ヘアオイルを使って熱ダメージから髪をしっかり守りましょう。

セットの仕上がり、手触りや髪そのものの改善にもつながりますよ。

寝グセ・生えグセをアイロンを使用する前に直しておくこともお忘れなく!

クセを直すときには、クセが目立つ部分だけを濡らすのではなく、髪の根本から濡らしてドライヤーで乾かしてください。

もし髪にドライヤーをかけるとパサパサになってしまう場合は、別ページに対処方法をご案内していますのでご一読ください。

アイロンする前にすることその2、コーム(くし)で髪をとかす

アイロンする前にすることとして優しく髪をくしでとかすことも重要です

アイロンする前にすることとして、髪を乾かした後はコーム(くし)で髪の毛をとかしましょう。

優しくくしで髪をとくだけでも、髪の絡まりがなくなりアイロンの通りが良くなります。

髪が絡まってコームが通らないときには、無理にとかさないこと。

絡まってしまった髪にヘアオイルを少量つけて、丁寧にほぐしましょう。

無理やりくしを通そうとすると、切れ毛や枝毛、アホ毛の原因になってしまうのでくれぐれもご注意を。

アイロンする前にすることその3、温度を確認

アイロンを使用する前には、必ず設定温度を確認しておきましょう。

ヘアアイロンの温度は130~140度がおすすめ。

なぜなら、髪の大半を占めているタンパク質は150度で熱変性を起こしてしまうため。

髪の内部にあるタンパク質の熱変性について

熱変性が起きた髪は、炭のように変化するためパサパサの見た目ゴワゴワの手触りになってしまいます。

海外製のヘアアイロンなどでは、200度以上に設定できる製品もありますよね。

「高温にした方が早くセットできる」とか「キレイにまっすぐになる」と感じている方も多いでしょう。

しかし、一気に強い熱を受けた髪は大きなダメージを受けます。

髪の毛は死滅細胞でつくられているため、一度受けたダメージは自己回復できません。

髪は死亡細胞、傷んでしまうと自己再生はできません

キレイな髪をキープしたいのであれば、アイロンの設定温度には注意してくださいね。


美容師が正しいアイロンの使い方とコツを伝授します

アイロンする前にすることがわかったら、いよいよ今度はその使い方です。

美容師がアイロンの正しいかけ方とコツをお伝えしますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

毛束を細かく取ってアイロンを当てる

美容師が正しいアイロンの使い方をご案内します

アイロンをかけるときは、髪の毛の束を少量ずつとりましょう。

忙しい朝や急いでいるときには、一気にアイロンで伸ばしたくなるかもしません。

髪の毛束を多くとりすぎてしまうと「毛束の外側」にだけ熱が伝わり、内部がうまくセットできなかったり、ムラになる原因に。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、できるだけブロッキングをして少しずつアイロンを当ててください。

この方が髪へ均一に熱が加わり、巻きやストレートが格段にキレイに仕上がりますよ。

アイロンを当てたら髪を冷ます

髪の毛全体にアイロンを通したら、ドライヤーの冷風で髪を冷やしましょう。

その理由は、ヘアスタイルが崩れにくくなるから。

髪の毛は、冷めるときに形がつく性質を持っています。

そのため、せっかくストレートにしたり髪を巻いたりしても、アイロン直後にほぐしてしまうと髪型をキープしにくくなってしまいます。

ヘアアイロンを当てたら、冷めるまでそのまま待つか、冷風での仕上げを行いましょう。

ナチュラルなヘアスタイルにしたい場合は、髪が十分に冷めてからコーミングしたりほぐしたりしてくださいね。  

保湿成分を含むスタイリング剤で仕上げる

最後の仕上げには、保湿できるスタイリング剤の使用をおすすめします。

ヘアアイロンは、髪の毛に熱を加えてセットする道具。

そのため、必然的に髪表面のキューティクルが傷み、髪を保護する力が低下します。

アイロンを使うときに大切なのは保湿

湿気や乾燥に弱くなってしまい、過剰な膨張やパサパサ感が出やすくなります。

だからこそ、アイロン後には必ず保湿コートしてあげましょう。


アイロン前にドライヤーをするときにおすすめのヘアオイル

アイロンする前にすること、ドライヤーでのブロー前にはヘアオイルを

アイロンする前にすることのひとつ、ドライヤーでブローするときにヘアオイルを使うようおすすめしています。

ヘアミルクやヘアウォーターなどもありますが、ヘアオイルをおすすめするのは水分が少ないことがその理由。

水分が多いヘアケア用品を使うと後から髪がうねる可能性が高くなってしまうのでご注意ください。

たくさん種類のあるヘアオイルの中からどれを選べばいいの?

ドラッグストアやインターネットで探すと本当にたくさんの種類があるヘアオイル、その中からどんなものを選べば良いのでしょうか。

ポイントは補修成分と保護成分が含まれているヘアオイルを見つけること。

数ある選択肢の中から、髪ナチュラ編集部がおすすめするプリュムヘアオイルをご紹介します。

プリュムヘアオイルの水分調整について

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛、その髪質にお悩みのお客様のカット・スタイリングを担当してきた美容師が、その経験と知識を活かしてプロデュースしたのが、しっかり保湿・毛髪補修のできるプリュムヘアオイルです。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

プリュムヘアオイルの毛髪補修効果に関する図解

アイロン前に使うことで油分で髪を保護、含まれる成分によって傷んだ髪やパサつく髪にうるおいを与えて、内部から補修、健やかな状態へと導きます。

プリュムヘアオイルを使ってヘアセットした状態を見てみましょう。

プリュムヘアオイルの使用前と使用後の違い
Before:セット前 After:セット後

プリュムヘアオイルには水分が含まれていません、アイロンでサラサラの仕上がりにしたい方にぴったり。

  • アイロンでの髪ダメージが心配な方
  • 毎日アイロンでセットする方
  • アイロンを使った時の指どおりをなめらかにしたい方

このような方は、ぜひプリュムヘアオイルでのヘアケアを取り入れてみてください。


ヘアセットには保湿・ヘアケアもできるプリュムワックス

ヘアアイロンで髪に熱を加えた後は髪の毛の水分が蒸発しやすいので、艶がなく見えたり、パサつきをしっかり抑えたいという方もいらっしゃいますよね。

「せっかくアイロンでセットしても、すぐに崩れちゃう」

「雨の日や湿気の多い日は、髪型がキープできない」

こんな方にこそ、アイロン後のヘアスタイリングで保湿コートすることをおすすめします。

くせ毛を見続けてきた美容師が作った「プリュムワックス」は、水分や湿気に弱いくせ毛さんのためにお作りしたスタイリング剤、髪の毛を保護&保湿できます。

プリュムワックスはヘアセットだけでなく保湿・ヘアケアもできる

ワックスにもさまざまな種類がありますが、優しく仕上がるヘアバームタイプを選ぶことがポイントです。

パリパリに固まらないヘアバームタイプのワックスなら、使い慣れていない方でも扱いやすいですよ。

プリュムワックスを使う前の広がった髪と使用後のツヤまとまりのある髪の違い

プリュムワックスは、保湿力に優れていながらもベタベタ感を感じにくい使用感です。

そのため、アイロンで巻いたりストレートにした際の「仕上げ」にお使いいただいても、女性らしいまとまった髪をキープすることが可能です。

トリートメント効果のあるプリュムワックス

広がりやすい髪質の方でも、ストンとしたまとまるスタイリングを実感していただけるのも人気の秘密です。

広がりやすい髪をしっかり抑えてスタイリングできるプリュムワックス

アイロン後やセットの仕上げとして、プリュムワックスをお使いいただくだけで、朝スタイリングした髪型を長時間キープできます。

2STEPアウトバストリートメントでヘアケアしながらスタイリングを

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

アイロンする前にすること、ドライヤー前に使うプリュムヘアオイル」と、トリートメント効果もあるスタイリング剤プリュムワックスの組み合わせをプリュムヘアケア2STEPアウトバストリートメント」といいます。

実際に愛用して頂いているお客様からは、嬉しい口コミやお声がたくさん寄せられています。

剛毛で傷んだくせ毛の髪にツヤが出た彩子様からの口コミ

二点セット早速購入し数日たちましたので乾燥をお伝えします。
おすすめいただいたように乾かす前にはプリュムヘアオイル、出かける前にプリュムワックスを使用すると私の剛毛くせ毛そして傷んだ髪がまるで、美容師さんにセットをしてもらったかのようにツヤツヤに仕上がり一日中ボリュームを抑えることができました!!
感動です!
ともに無香料なのは助かるのですが、香りも日によって楽しめるような製品も欲しいです!プリュムローズも楽しみにしています。
★★★★★ 2020年1月15日

くせ毛で広がる髪がツルツルまとまる髪になったきよこ様からの口コミ

先日お電話で注文させて頂いたものです。
早速教えてもらったYoutube動画を参考にしながら、乾かす前にプリュムオイル、出掛ける前にプリュムワックスを使ってみました。
そしたらくせ毛で広がる髪でもツルツルしっとりが一日中キープできましたよ。
ありがとうございます!
無くなりましたらまた、購入させていただきます!
★★★★★ 2020年1月15日

ご友人から髪の変化に驚かれたUme様からの口コミ

先日はありがとうございました!
こちらのヘアオイルとワックスのおかえで付けてから家族からの評判もよく、今まで悩んでいたのは何だったのだろうと思える幸せな日々を過ごしております。
ブログで私の髪のビフォー・アフター写真をご紹介してもらいましたがそれを友人に見せると「こんなに変われるの?すごい!」と驚かれます!
良い商品をありがとうございました!
★★★★★ 2020年1月15日

※感想はお客様個人のご意見です。

2ステップアウトバストリートメント

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も記載しておりますので、ぜひご覧ください。


アイロンする前にすること&その後のスタイリング、まとめ

現役美容師さんにアイロンする前にすること3つを紹介してもらいました。

①髪をしっかり根元からドライヤーで乾かして、②くしで髪を優しくとく、③アイロンを使う前には必ず温度設定を確認すること、です。

アイロン・コテは髪のおしゃれのマストアイテム、しかし、その熱は髪にダメージを与えてしまいます。

アイロンする前にすることの最初の1つとして、ドライヤー前にプリュムヘアオイルを髪に馴染ませて熱から髪を保護しつつ、保湿・毛髪補修をしましょう。

その後のスタイリングはプリュムワックスにおまかせ、ヘアセットをすることが保湿・ヘアケアにもつながります。

この2つの組み合わせ、プリュムヘアケア「2STEPアウトバストリートメント」を続けることで、あなたの髪をツヤ・まとまりのある健やかな状態に保ちましょう。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket