40代・50代の女性におすすめ、大人ボブとはどんな髪型?美容師が解説

40代・50代の女性におすすめ、大人ボブとはどんな髪型?美容師が解説
Pocket

40代、50代に今人気の大人ボブ。

でもそれって、ふつうのボブと何が違うの?

そんな疑問にお答え!

今回は美容師さんに今旬な大人ボブの特徴と、オーダーで失敗しないコツを解説してもらいました。

ヘアケア、ヘアセット方法も一緒にご紹介します。


楽にキマる!エレガントな髪型「大人ボブ」その特徴とは?

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。
スタイリングも簡単にキマる、40代50代の大人ボブ
スタイリングも簡単にキマる、40代50代の大人ボブ

大人ボブは、忙しい毎日でもお手入れが楽、カジュアルな服に合わせやすいといったメリットが。

でも大人ボブとふつうのボブって何か違いがあるのでしょうか?

大人ボブってどんな髪型?

前下がりが特徴的な大人ボブ
前下がりが特徴的な大人ボブ

大人ボブもふつうのボブもベースは同じ。

正しくは大人の女性に似合うボブ、というざっくりとした定義であって、前髪のあり・なしや髪の長さは関係ありません。

前下がりボブでハネ、うねりが目立つ襟足がスッキリ
前下がりボブでハネ、うねりが目立つ襟足がスッキリ

エレガントで大人っぽい、落ち着きがあって、なおかつ上品。それが大人ボブ。

子育てに仕事。そんな忙しい毎日を送る40代、50代女性にぴったりなヘアスタイルです。

ちなみに大人女性に似合うボブをつくるには、抑えておきたいポイントがあります。

詳しく解説していますので、見てみましょう!

40代・50代女性の大人ボブ、抑えたい4つのポイント

落ち着いた髪色とひし形シルエットは抑えておきたいポイント
落ち着いた髪色とひし形シルエットは抑えておきたいポイント

 女性が、大人ボブを選ぶときに抑えておきたいポイントは2つ

  1. ひし形シルエットのボブにする
  2. 暗めで落ち着いた髪色を選ぶ
  3. 艶を大切にする

顔の骨格を上手にカバー!ひし形シルエットの大人ボブ

前下がり+ひし形シルエットでフェイスラインをカバーする
前下がり+ひし形シルエットでフェイスラインをカバーする

大人ボブを選ぶなら、ひし形シルエットを目指しましょう。

ひし形シルエットにすると、スッキリとした印象になり嬉しい小顔効果も得られます。

丸顔タイプやエラ張りの骨格の場合は、少し角度をつけた前下がりの大人ボブにすると、気になるフェイスラインをカバーできます。

前髪を作るなら少し長め、頬骨くらいの長さにするのがポイントです。

美人さんに多い面長タイプはサイドにパーマをかけてボリュームをつけて、ひし形シルエットにしましょう。

大人ボブには落ち着きのあるヘアカラーをチョイス

落ち着きのあるカラーは大人ボブの重要ポイント
落ち着きのあるカラーは大人ボブの重要ポイント

エレガントな大人ボブを目指すなら、髪色は明るくしすぎないように気をつけて。

6~8トーンくらいの暗めのブラウン系カラーを選ぶと、ツヤのある美しい髪に見えるのでおすすめです。

これまでヘアカラーを続けてきて髪が傷んでいるなら、大人ボブにするタイミングで地毛の黒髪にしてもおしゃれ。ヘアカラーを卒業したい方にもぴったりですよ。

ヘアカラーをやめたい場合の正しい方法については別ページで紹介しています。ご参照ください。

艶を大切にする

艶を与えるスタイリングで、若見え効果UP
艶を与えるスタイリングで、若見え効果UP

大人ボブにするなら、髪の艶はとても大切。

「最近、髪質変化で艶がなくなってきた……」そんなときはヘアオイルやスタイリング剤で艶出し&保湿を。

パサパサ&艶なし髪は老け見えの大きな原因になります。

艶がないとぱさついて老け見えの原因に
艶がないとぱさついて老け見えの原因に

スタイリングする時は、艶を意識して、美しい大人ボブをつくりましょう。


大人ボブを失敗しないために注意したい2つのポイント

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト 江川 徹
    • ヘアメイクアーティスト
    • 江川 徹@tooru_f.hair_salon
    • 縮毛矯正、髪質改善が得意な東京・錦糸町を中心に活躍するベテラン。
毛先に動きをだすことで若見えのポイントに
毛先に動きをだすことで若見えのポイントに

これから大人ボブにしてみたい、そんな方へ、失敗しないために気を付けたい2つのポイントをご紹介。

  1. 毛先に動きをつける
  2. 髪にツヤ、まとまりのあるヘアセットを目指す

それぞれの項目についてより詳しく解説します。

大人ボブは毛先に動きをつけて軽さを出す

40代、50代の女性の方が上品な大人っぽさを出すためには、毛先に軽さを出すことがポイント。

切りっぱなしボブよりも、髪にボリュームが出やすくなって、スタイリングも楽に。

逆にワンレングスや重ためのシルエットにするとふんわり感が出にくくなりますから、美容師さんにオーダーするときはレイヤーを入れたスタイルをつくってもらいましょう。

パサつきは老け見えの原因に、艶を意識しよう

艶のある髪は、大人ボブを美しく見せてくれる
艶のある髪は、大人ボブを美しく見せてくれる

パサつきやボサボサ感があるボブは「老け見え」の原因に。

ツヤ感、まとまりのある髪は、大人ボブの基本です。

ツヤ感、まとまり感のある髪にスタイリングするコツ

  1. 髪を乾かす前にヘアオイルを使う
  2. スタイリングには艶のでるヘアバームやワックスを使う

濡れた髪を乾かすとき、なにもつけないと毛髪の水分は失われがち。そんなときはヘアオイルをつけてからドライヤーを。髪を保湿し、艶を与えてくれるので、パサつきがちな髪もしっとり潤います。

ヘアオイルの正しい使い方
ヘアオイルの正しい使い方

編集部セレクトのヘアオイル

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

髪のパサつき、広がり、艶が出ないことでお悩みならヘアバームやワックスなどのスタイリング剤を。

お肌に例えると、ヘアオイル=基礎化粧品、スタイリング剤=メイクアップ。

艶のある柔らかいテクスチャーのヘアバームやワックスなら、髪をまとめながら、ツヤツヤに仕上げてくれます。大人ボブにするなら1つは持っておきたいですね。

大人ボブに、艶の出るワックスの使い方
大人ボブに、艶の出るワックスの使い方

編集部セレクト、まとまる&艶出しヘアワックス


大人ボブ、変化する髪質に合わせてスタイリングを

40代、50代の女性におすすめの大人ボブについて、美容師さんに解説してもらいました。

上品でエレガント、人気の大人ボブ。抑えておきたいポイントはこれ!

  1. 毛先に軽さを持たせてふんわり「若見え」スタイルに
  2. 艶とまとまりのあるスタイリングを

アオイルとヘアバームタイプのワックスを取り入れて、しっとりとツヤとまとまりのある髪型に仕上げて♪

上品でおしゃれな大人ボブを楽しみましょうね。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket