吉田羊さんの髪型、ショートボブやウルフを美容師が解説

吉田羊さんの髪型、ショートボブやウルフを美容師が解説
Pocket

吉田羊さんのことを、一度はテレビで見かけたことがあるかと思います。

ドラマや舞台、CMなどで大活躍中の吉田羊さん。

実は大人気ディズニー作品「アナと雪の女王」でアナとエルサの母親役、イドゥナの声も担当していました。

ファンの間では、透き通るような歌声が話題になっていました。

そんな透明感のある自然体の魅力を持つ吉田羊さんの髪型とは?

一見単純なボブヘアに見えますが、単なるボブでは無いのです。

「ひつじボブ」の愛称で親しまれている、吉田羊さんのヘアスタイルを解説していきます!

ヒツジスト必見、吉田羊さんの「ひつじボブ」の特徴

まずは吉田羊さんのプロフィールを少しご紹介。

吉田羊(よしだ よう)さん。

2月3日生まれの福岡県出身、身長163cm。

気になる年齢は、なんと非公開だそうです!

年齢を公開しない理由は「実年齢にとらわれないキャスティングをしてほしいから」

役作りにストイックで、こだわりをしっかり持って演技しているんですね。

年齢非公開だからこそ、ミステリアスな魅力が増していますよね。

ブレイクのきっかけは、2014年フジテレビ系ドラマ「HERO」で検事・馬場礼子を演じたこと。

2015年には助演女優賞を受賞しています。

その後も「コールドケース」「凪のお暇」「恋する母たち」「まだ結婚できない男」などで様々な役を演じています。

CMでは生命保険やハウスメーカーに出演していることが多く、見ていて安心感を与えてくれるのはその印象があるからなんですね。

そんな吉田羊さんのファンは、圧倒的に40代女性が多いです。

年齢非公開とはいえ、2016年に「第27回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞 40代部門」を受賞。

「恋する母たち」では単身赴任して働くキャリアウーマン、そして母や女性として葛藤する林優子役を演じ切りました。40代の方から支持されている背景が見えてきますね。

さて、次に吉田羊さんの髪型について。

吉田羊さんの髪型はファンの間から「ひつじボブ」と呼ばれています。

由来は羊さんの名前から。

音読みでは「羊(よう)」ですが、訓読みでは「羊(ひつじ)」と読みます。

羊さんの本名は「羊右子(ようこ)」さんで、牧師の父親が聖書にちなんで付けたお名前です。

羊と聖書は深く関わりがありますもんね。

その縁もあってか、「ひつじボブ」と呼ばれる羊さんのヘアスタイル。

「単純なボブじゃないの?」

「ショートヘアを内巻きにするだけでいいんじゃないの?」

そんな疑問があるかもしれませんが、ひつじボブの特徴を見ていきましょう。

  • 前髪なしのかきあげスタイル
  • トップにレイヤーが入ったボブ
  • 片耳を出すことが多い
  • あごラインに沿ったショートボブヘア
  • 時には外ハネスタイルを取り入れることも

ボブヘアは10〜20代向けという印象がある方が多いようです。

しかし、ひつじボブは前髪なし、そして耳を出すことにより大人カワイイを取り入れてくれるヘアスタイルです。

ひつじボブが似合う顔の形とは?

  • 卵形
  • 面長型

ひつじボブは、卵形や面長さんのお顔のバランスを良く見せてくれます。

あごラインに沿った形とトップにレイヤーを入れることで、小顔効果がアップします。

逆に、丸顔さんがひつじボブにすると若く見えすぎてしまうことも。

「大人カワイイ」髪型というより、「キュート」路線の印象になってしまいます。

しかし、レイヤーの位置を高くすることで丸顔を目立ちにくくすることも可能です。

美容師さんに相談して理想のひつじボブに近づけることをオススメします。

片耳を見せる吉田羊さんのスタイルは真似がしやすい

吉田羊さんの大人カワイイを醸し出すポイントの1つは、片耳を出すこと。

片耳に髪をかけるだけならサッとできて簡単ですよね。

なぜ簡単に大人カワイイを作れるのでしょうか?

  • 横顔をスッキリ見せてくれる
  • 小顔効果アップ
  • ボブの重たい印象を爽やかにする

片耳を見せると、ボブの重たい印象や若く見えすぎるという印象をスッキリさせてくれるんですね。

小ぶりのイヤリングやピアスをつけることで、更に上品な印象を与えてくれます。

また、耳に髪をかけると周りの音が聞こえやすくなり、気持ちがスッキリしてやる気アップ効果も高めてくれます。

出勤前やデート前にサッと耳を出してみてはいかがでしょうか。

耳掛けボブ

一方、耳に髪をかけてもすぐ落ちてきてしまうというお悩みも。

スタイリングしないまま耳を出すと、髪の長さや重さにより髪が頻繁にキープできない場合があります。

キープ力を保つ方法は2点あります。

  • ピンで留める
  • スタイリングする時にブローをしっかり行う

耳にかける髪のキープ力を保つ方法 その1 

ピンで留める大きなピンで留めてしまうと目立ってしまうので、短めの黒いピンを耳の上の方に差し込むのがオススメ。

ピン1つではどうしてもキープできないという方は、2〜3個ピンを使うのがオススメです。

耳にかける髪のキープ力を保つ方法 その2

ブローをしっかり行う髪の流れがバラバラだと、耳にかけた髪が落ちやすくなります。

スタイリングする際に、髪の流れを統一して髪の流れをキープしましょう。

ブローだけではなく、アイロンで髪の中間~毛先をしっかり整えると、よりキープ力が強くなります。

吉田羊さんのウルフはかきあげ・流し前髪どちらもかっこいい

「ひつじボブ」を解説していきましたが、吉田羊さんはボブヘア以外にもウルフヘアにしています。

ウルフヘアは、トップと襟足をすいて髪の中間を重めにするひし形のシルエットが特徴的。

トップをふんわりさせて、襟足を軽くすることでエアリーな自然の抜け感を出してくれます。

自然なひし形のフォルムが小顔効果に繋がります。

はじめに、ウルフヘアが似合う顔の形を解説します。

  • 面長
  • ベース型

面長さんにオススメのウルフ顔の横幅を広く見せてくれることで、面長が目立たなくなり小顔効果アップ。

毛先を外ハネにして、顔周りに髪がかからないようにすることもオススメです。

前髪を流すことで大人カワイイを実現してくれます。

ベース型顔のウルフ

ベース型さんのオススメのウルフ軽めの襟足をやんわり外ハネにすることで、エラを目立たなくしてくれます。

両耳を出すとエラが目立つので、片耳のみ出して、耳を隠す側は少し顔に髪がかかるようにしてみましょう。

では、ひつじボブではかきあげた前髪が大人カワイイと解説しましたが、ウルフにした時の前髪はどうでしょうか。

かきあげ?それとも流す前髪が良いの?かきあげ、流し前髪、それぞれの良さと注意点をお伝えしていきます。

「コールドケース」ではかきあげ前髪スタイルだった吉田羊さん。

刑事役を演じて、シャキッとしたクールな印象でしたね。

かきあげ前髪は、知的でクール、それでいて行動派というイメージを与えてくれます。

ウルフ+かきあげ前髪にすることで、魅力的なカッコいい大人の印象になります。

かきあげ前髪にする注意点として、童顔・丸顔の方は顔の形と髪型がマッチしていないように見えることがあります。

かきあげスタイルはかっこいい大人の印象を与える一方、キュートで可愛いイメージの方にはバラけた印象になってしまう場合があります。

だからといって、かきあげ前髪スタイルを諦めないでください。

トップや前髪に高さを作ることで縦幅を作り、丸みを抑えることができます。

美容師さんに相談しながら、自分にぴったりのかきあげウルフを実現することがオススメです。

一方「結婚できない男」に出演時の吉田羊さんの髪型は、流し前髪のウルフでした。

少し外ハネのある前髪が印象的です。

ここで注意なのが、外ハネをカールしすぎないこと。

カールが大きいと元気で若々しいイメージを与えてしまいます。

「結婚できない男」では少し堅めで強気な弁護士役を演じた吉田羊さん。

強さが垣間見えるキャリアウーマン弁護士と、ウルフヘアの流し前髪がぴったり合っていますね。

ウルフ+かきあげ、流し前髪の特徴

  • クールで知的な印象
  • かっこいい魅力的な大人を演出できる
  • 童顔、丸顔の方はかきあげ前髪を作る時に注意する
  • 流し前髪にするときは、外ハネしすぎないように気を付ける

かっこいい印象を与えるかきあげと流し前髪。

あなたに似合うのはどちらでしょうか?

前髪を伸ばせばどちらも簡単に実現できるので、試しみてはいかがでしょうか。

レイヤーを入れて吉田羊さんの髪型に近いシルエットを目指す

吉田羊さんの髪型「ひつじボブ」「ウルフヘア」を紹介してきました。

実は、どちらにもレイヤーが入っていたことにお気づきでしたか?

ウルフヘアでは綺麗なひし形シルエットになるように、ひつじボブも顔の中間〜耳の下のほうにレイヤーが入っています。

レイヤーカットとは、段が入る髪型という意味。髪の下の方が長く、トップになるほど髪が短くされたヘアスタイルです。

  • 小顔効果
  • 髪に動きが出る
  • 髪が軽くなる

レイヤーを入れることで、これらのメリットがあります。

特にひし形のシルエットは、髪に自然な動きが出るため小顔効果が高いです。

どちらかというと、ひつじボブよりもウルフのほうがレイヤーが強く出ていますね。

ひつじボブの場合は髪の中間〜毛先にボリュームを持たせるように、ウルフヘアでは耳の下のほう〜あごラインに髪のボリュームがあります。

ひつじボブのレイヤーは自然な仕上がりになり、毛先にボリュームを持たせるウルフは、より大人っぽく落ち着いた印象にしてくれます。

  • 卵形
  • 面長
  • ベース型

こちらの3つの顔の形の方がレイヤーを入れると、より自然に大人カワイイ仕上がりになります。

横幅を持たせてくれるレイヤーカットで、更に小顔効果がアップします。

吉田羊さんに近いレイヤーの入った髪型にしたいという方は、美容師さんに相談してみましょう。

あなたにぴったりのシルエットを見つけて楽しんでみてくださいね。

美容室でのオーダー方法、ひつじボブでもOK

さて、吉田羊さんの髪型を紹介してきましたが、お好みのスタイルは見つかりましたか?

お好みが見つかったあなたに、美容室でのオーダー方法をお教えします。

美容室内で美容師に相談している

  • 美容師に、スタイリングしてほしい髪型の写真を見せる
  • 写真がない場合はイラストを描いて持っていく
  • 言葉で伝える

中でもオススメなのが、髪型の写真を見せること。

正面、背面、左右の写真があると分かりやすくなります。

こだわりのある方は、斜め下や上からの写真もあると良いですね。

イラストも同様。

写真で好みの髪型がどうしても見つからない、なりたいヘアカラー写真がない場合は、イラストで再現してみましょう。

ただし、なりたいヘアカラーをイラストで見せていただいても難しい場合があります。

その場合はカラーサンプルなどをお見せしますので、一緒に好みのカラーを見つけていきましょう。

美容師に「ひつじボブになりたい」と伝える

言葉で吉田羊さんの髪型になるようにオーダーを伝える場合は「吉田羊さんのひつじボブにしたい」と仰っていただければ大丈夫です。

その場で写真をネット検索したり、雑誌をご覧いただいたりしてお好みのヘアスタイルをお探しします。

「なんとなくこんなヘアスタイルが良いけど、説明するのが難しい」

そんな場合はお手伝いしますので、一緒にお好みを見つけていきましょう。

パサつきに注意、髪質に合っているか美容師さんに確認を

吉田羊さんの「ひつじボブ」「ウルフヘア」について解説していきました。

どちらもレイヤーが入っていて、小顔効果や軽い印象を与えてくれます。

小顔効果アップなどの良い点もありますが、実は注意しなくてはならない点もあるんです。

レイヤースタイルにする際の注意点

  • 毛先がハネやすくなる
  • 髪質によりパサついて傷んだ髪に見えることも

特に、ウルフヘアで襟足を軽くすることにより、毛先がハネやすくなります。

髪に段差をつけることで全体が軽くなりますが、場合によってはまとまりにくくなることも。

髪の毛がハネることで、傷んでいるように見えてしまうことがあるんです。

実際に髪の毛が痛んでいてパサつきが気になる方がレイヤーを入れると、髪がまとまらない場合もあります。

レイヤーカットしている美容師

個人の髪質によってレイヤーの入れ方も変わってきますので、まずは美容師さんにご相談ください。

髪の毛がハネにくく、まとまりやすくなるように調整しながらレイヤースタイルを作っていきます。

髪が痛んでパサついている場合は、髪の保湿などのダメージケアとレイヤーカット、両方施術いたしますのでご安心くださいね。

カット後のケアも含めて、ご相談を承っております。

スタイリングには美容師監修のヘアワックスがおすすめ

これまで吉田羊さんの髪型「ひつじボブ」「ウルフヘア」と、美容院でのオーダー方法について解説してきました。

では、美容院でカットした後はどのようなスタイリング剤を使えば良いのでしょうか?

自宅でのヘアスタイリング

スタイリングミスト、スプレーなど様々なスタイリング剤がありますが、オススメはヘアワックスです。

ミストやスプレータイプの場合、スタイリング剤が乾燥したら髪も一緒に乾燥してパサついてしまう可能性があります。

そこで、髪の潤いを保ったままヘアキープ力の高いヘアワックスが一番髪にやさしいと言えます。

女性が使うヘアワックスには市販品とサロン品がありますが、どちらが良いのでしょうか?

ズバリ、髪にやさしく保湿力の高いサロン販売ワックス(ヘアバーム)がオススメです。

市販品ワックス(ヘアバーム)のほうは水分が多く含まれ、髪の毛に伸ばしやすくセットしやすいです。

一方、サロン販売ワックスは水分を少なめに抑えたバーム状のものが一般的。

過剰に水分が含まれていないので、少量の塗布量でスタイリングしたい部分につけることができます。

ワックスが固くて手に取りにくい場合は、手を少し温めてからワックスを柔らかくしてみましょう。

髪にやさしいサロン販売ワックスは、美容師が監修して作られた商品が多いです。

中でもオススメなのが「プリュムワックス」

ダメージ毛になりやすい、くせ毛さんのために美容師が研究して開発したワックスです。

まとまりやすくツヤも出るのでスタイリングしやすい

髪にやさしい「プリュムワックス」は、香料・着色料・保存料が含まれていないオーガニックワックス。

特にパサついた髪を乾燥から守り、保湿力が高いんです。

ミツロウ、ホホバ種子

  • ミツロウ
  • ホホバ種子油
  • アルガンスピノサ核酸(オーガニック原料) 

これら3つの保湿成分が含まれていて、うねりやパサつき、髪の広がりを抑えてくれます。

プリュムワックスのボブの髪型ヘアセット

スタイリングしながら髪の保湿を保ってくれる、髪にやさしい美容師監修ワックスです。

ワックスが固まりにくいので髪がまとまりやすく、保湿力によりツヤを与えてくれますよ。

流行りのウェットヘアも実現できる優れものです。

吉田羊さんの髪型まとめ

吉田羊さんの髪型の特徴と、美容院でのオーダー法、スタイリング剤を紹介してきました。

吉田羊さんの髪型

  • ひつじボブ
  • ウルフヘア

髪型の特徴

  • 「ひつじボブ」「ウルフヘア」どちらもレイヤーが入っていて、小顔効果の高いスタイル
  • 前髪を流す、かきあげるスタイルでクールで知的な印象に
  • 片耳を出すと大人カワイイ度アップ!

美容院でオーダーするときは写真を見せながら相談してみましょう。

カット後のスタイリングは、髪の保湿力が高い「プリュムワックス」がオススメ!

吉田羊さんの髪型を参考に、大人カワイイスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

Pocket