毛先がチリチリになったらトリートメント?原因と対策について

  • 2017/2/4
Pocket

毛先がチリチリになってしまったら切ることをオススメします。




食事を改善したり頭皮のマッサージ、美容院でヘッドスパをして改善することはないです。

毎回美容院でトリートメント(髪質改善)をしている人に限って毛先がチリチリになってしまっていますが、非常にもったいないですよね。

サロンケアはやってもらった当日は手触りや見た目は綺麗に直っているように見えて、実際に良くなっているように感じることができる。サラサラで艶もある髪になりますが、ただその場の誤魔化であることを頭に入れておいてください。つまりコーティングです。

トリートメントや髪質改善はくせ毛には効果、意味がない?』でも詳しく記載しています。

毛先がチリチリになってしまった原因と対策について

一度痛んでチリチリになってしまった髪は切ったほうがいいのですが、髪の中間からチリチリになってしまったら切りたくないですよね?

その場合は誤魔化すしかないわけです。

最近では ビビり毛直し、修復など言われる施術が都内で行われていますがそれさえも髪を痛ませる行為なのでチリチリだった毛先が例え真っ直ぐになったとしてもダメージはプラスされているのです。

そしてビビり毛直しをしてもらって真っ直ぐになったら髪の毛を下すことができるのかといえばそうじゃない。

確かにチリチリはなくなったけど下す、見せることができない髪型になっている。

だから結局結んで過ごしている方が大半です。

毛先のチリチリはビビり毛直し(修復)では解決されない?!

これは経験上です。いくら上手にやってもらったとしても誤魔化しで結局は切りたくなりますし、見せたくないです。

施術をする前に美容師さんには「ビビり毛は直すことができないかもしれませんが大丈夫ですか?」や「保障することができない」などと言われるみたいですがチリチリになって藁にもすがる思いで頼りに行ったわけですからNOとは言えず、ビビり毛直しをしてもらって結果失敗をしてしまうケースが多いです。

美容師さんは悩んで来店されたお客様を騙しているわけではないのですが、結局切るしかないわけです。

チリチリになってしまった髪をまるで直すかのように謳っているサロンもありますが、そこまで言うなら直らなかったら返金やお直しの対応をしていただけるように施術前に約束をしておきましょう。

その後を保障していただけないならやる。保障できないなら我慢しましょう。

やってもらったことがある人じゃないとわからないと思いますがチリチリになった毛先を上手く真っ直ぐにしてもらえたとしても切りたくなるはずです。

毛先のチリチリはトリートメントやシャンプーで、プリュムワックスで直る?!

厳密にいうと直らないです。そしてプリュムワックスに関しては絶対に直らないしただの誤魔化しです。

もちろん美容院でするトリートメントも同じ誤魔化しです。

メイクで言えばファンデーションです。

参照『どこにでもあるトリートメントや髪質改善について

僕のお店にはトリートメントというメニューがないのですがチリチリになってしまった方をどうやって対応するのかといえばカットとホームケア製品です。

場合によってはカットのみで解決されます。できるだけ誤魔化したいならホームケアをさらにおすすめします。

その代わりサロンケアはしません。

サロンケアもしてホームケアもしないとチリチリが直らないというならそれは詐欺だと思っています。

 

実際にはこのようなお声が寄せられます

《MAXシャントリの口コミ》

開発中のシャンプートリートメントの口コミ・評判の詳細については『MAXシャントリの口コミ・解析について』をどうぞ。

《プリュムワックスの口コミ》

 

プリュムワックスの口コミについて

チリチリなってしまった方しかわからないと思いますがシャンプートリートメントを適した物に変えるだけで「少しずつ良くなる」という実感をされる方もいるということです。

毛先のチリチリをいかに上手く誤魔化すか?

ここまで読んでいただいた方は直すことができないということがわかったかと思います。

「切るか誤魔化すか」です。

できるだけ長さを変えないでカットとシャントリ、プリュムワックスで誤魔化す方法

こちらは髪質に合わないシャンプートリートメントをされていた40代後半の女性ですが、美容院でしかできないようなトリートメントはしていません。

オーダーはカットのみです。

使った製品はMAXシャンプートリートメントと仕上げにプリュムワックスをつけただけになります。

ブローやアイロンなどもしていないし、初回のbefore→afterなので「通えば通うほどよくなる」などのも言ったことがないです。

お客様でもできるケアでafterのようにチリチリしていた髪がツルツルになった。

実はこれも誤魔化しです。

けど、見た目が別人のように変わりましたね。

合わないホームケアをしているとbeforeのようになってしまうということです。

「毛先がチリチリ」できるだけ長さを変えないで痛みを目立たなくカットする

毛先のチリチリだけではなく髪の毛全体がデジタルパーマによってさらに広がってしまっていました。

前回の美容院では広がらないように段やレイヤーを一切入れないデザインにしてもらっていますが、絶対に広がってしまいので広がっても形になるシルエットを目指さないといけない。

髪の毛を伸ばしているから長さを切らないで伸ばしやすくするためにデジタルパーマをかけたがそれが失敗の原因だ。

毛先を拡大するとこのように

毛先がチリチリになってしまっています。

できるだけ長さを変えないでお客様でもできるヘアケアとカットで誤魔化しましょう。

after

詳細はこちらです『デジタルパーマの失敗について

このように失敗される方が多いです

初めまして。
夜分失礼致します。

ワードプレス(合ってますか)
を見ました。

一昨日、美容院でデジパを失敗され、
すごく落ち込み…

たどり着きました。

ほかのデジパ失敗の方々と同じです。

うまくかからず、ボサボサに広がってしまっています。

でも、もう20年以上ロングで、短くしたこともなく…。

なるべく、短くならないように。。

でも、もう切るしかないのもわかってるんです。

戸来さんに、何とかしていただきたく、メールさせていただいてます。

こんな髪型では、もう外に出るのも嫌で、ずっと憂うつな気分から抜け出せません。。

どうか、よろしくお願い致します。

もし、みていただけるのなら、
1番早くて、いつ予約できるのかお伺いしたいです。

土日祭日以外で、よろしくお願い致します。m(_ _)

同じようなお悩みを抱えている方はもっとたくさんいらっしゃるはず。

チリチリしているのは毛先のほんの数センチだけでもしかしたら五センチ以降からはまだ生きているパーマなのかもしれないのであきらめないでください。




毛先がチリチリになってしまう可能性がある人は?ならないためには?まとめ

・毎日ストレートアイロン、コテでセットをする

・毎回カラーを全体にしてもらう

・パーマとストレートを同時にしている

・縮毛矯正+デジパをかける

カットによっても毛先がチリチリになってしまうことがあります。

カラーやパーマを一切していないのにも関わらずパサパサチリチリ担ってしまう方は髪の毛のダメージではなく、髪質画原因だと理解し毎日のホームケアを変えるだけでもコンディションを整えることができる可能性が高いので安易に縮毛矯正やストレートパーマをかけないようにしましょう。

一度やってしまうと何年間も残ってしまうことだってありますので。

毎回のカットやカラー、パーマや縮毛矯正、毎日のホームケアが需要ということです。

ほとんどの方が切りたくないはずです。

伸ばしている途中でもオシャレをしたいからパーマをかけるという選択をされる方がいらっしゃいますが、かける前に髪の毛の状態を正確に判断できる美容師に相談しないといけない。

髪の毛の長さはやっと鎖骨付近まできたのに、その長さで何をするのか?によって半年後全く違う髪型になっているのです。

髪質が原因で毛先だけがチリチリになってしまうことはまずありえません。

乾燥が原因なので僕は自分の製品をおすすめしています。

以上この記事では毛先のチリチリは切るか誤魔化すかできるだけ痛めないように毎日のホームケアや美容院での施術にこだわることで対策し、防げることをご紹介していきました。

最後までい読みいただきありがとうございます!!

 

 くせ毛や髪の毛のダメージ、乾燥に悩んでいる女性におすすめ

プリュムワックスやシャンプートリートメントのネットショップはこちら
ショップはこちら




あなたにおすすめ記事三選
BEFORE→AFTER
髪にいいシャンプーとは
綺麗な髪になる方法は

「初めまして」の女性が必ず確認して下さい

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど
ワックス口コミ、使い方まとめ
『予約やお問合せ、髪の悩みはこちら』

携帯 abbccd@docomo.ne.jp
メール masahiroherai@gmail.com
電話 03ー6447ー4500
携帯 080-1853-4538
LINEID max.herai
ライン登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る