パサパサくせ毛を活かす髪型を美容師が教えます【ショートからロングまで】

Pocket

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

くせ毛さんは「髪が広がるから、いつも結んでいる」「縮毛矯正をやめられない」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、カットとホームケア次第では、縮毛矯正なしでもダウンスタイルを楽しむことができるんですよ!

今回は、美容師である僕が『くせ毛を活かす女性の髪型』をショートからロングまで徹底解説していきます!

くせ毛を活かすカットのポイント

くせ毛を活かすためには、とにかくカットが重要!

扱いにくいと言われているくせ毛も、正しくカットすることで素敵なスタイルに仕上げることが可能です。

カットのポイントは、たったの3つ。

  1. すきすぎない
  2. 広がりを恐れず軽さを出す
  3. レイヤーを入れて毛量を調整する

これらのポイントについて、ひとつずつ解説していきましょう。

すきすぎない

くせ毛のせいで「ボリュームが出てしまう」「まとまりが悪い」とお悩みの方は多いですよね。

しかし、まとまらないからといって髪をすきすぎてしまうのはNG!

下の女性をご覧いただければ、わかりやすいと思います。


Beforeは、他の美容院でスカスカになるまで梳かれてしまった髪。

そしてAfterは、毛先をカットで整えてあげた状態です。

カットだけで、ここまで別人のような髪になれちゃうなんて驚きますよね!

逆に言うと、カットを間違えてしまうと髪がバサバサになってしまうということ。

くせ毛さんは、直毛の方と比較すると髪が乾燥しやすいため、毛先を梳きすぎると余計に傷んで見えます。

また、毛量を減らしたいからといって、根元近くから梳いたスタイルも避けましょう。

 

チリチリした髪が表面に浮いてきたり、ピョンピョンと短い毛が飛び出して、いわゆる『アホ毛』が目立つ原因になってしまいますよ。

広がりを恐れず軽さを出す

癖があって髪が広がりやすい方は、重めのデザインにして広がりを抑えようとしているかもしれません。

しかし、まとまりだけを重視した『軽さがないスタイル』は、くせ毛の方にはあまりおすすめできないんです。

その理由は、野暮ったい印象になってしまうから。

さらにくせ毛の方が重めのスタイルにするとゴワゴワが目立ち、頭が大きく見えやすいというデメリットもあります。

このように、全体のバランスをみて軽さを出してあげた方が、垢抜けた印象の髪型に近づけます。

広がりを恐れずに、程良い軽さを取り入れたカットをしてもらいましょう。

また、くせ毛を活かすなら、適度に軽さを出して『パーマ風スタイル』にしてあげるのもオススメです

ふんわりとした空気感と束感を作ってあげることによって、くせ毛もここまでオシャレな髪型に変えることができます。

動きのある髪型は、若々しく見せてくれる効果もあるのでオススメですよ!

レイヤーを入れて毛量を調整する

くせ毛を活かした髪型を作るためには、レイヤーや段を上手く入れて毛量を調整することが大事。

特に、毛量が多い方は適度に梳いたりして、このように軽くカットしてもらいましょう。

ただし、先ほどもお話した通り、梳きすぎると毛先がパサパサになったり、アホ毛が目立ちやすくなるため注意してくださいね。

もう失敗しない!美容院でのオーダー方法

自分に合った髪型に仕上げてもらうには、美容院で正しくオーダーすることも重要です。

そのためには、施術前にカウンセリングの時間を十分にとってくれる美容師に担当してもらいましょう。

オーダーするときに美容師さんへ伝えるべきことは以下の内容です。

  • 髪の毛の特徴や悩み(ハネやすい・うねる・乾燥する・ゴワゴワする・ボリュームがでない等)
  • 今までの施術履歴(縮毛矯正やパーマ、カラー、ブリーチなどをいつ頃したのか等)
  • どうなりたいのか(セットが楽な髪型にしたい・くせ毛を活かしたい・縮毛矯正をやめたい・若く見せたい・顔型をカバーしたい等)
  • 髪型や髪色などの詳細(参考写真があると特に良い)
  • NGなこと(縮毛矯正はしたくない・セットが難しい髪型は嫌・梳きすぎないでほしい等)

このように、できるだけ詳しく伝えた方が失敗しにくくなります。

「こんなに色々注文したら、面倒くさい客だと思われちゃうかも?」なんて遠慮する必要はありません。

上記のオーダー内容をしっかりと聞きながら、一緒に髪型を考えてくれる美容師さんはたくさんいます!

あいまいなオーダーの方が、よっぽど美容師さんを困らせてしまうし、仕上がりも「こんなはずじゃなかった…」とガッカリする結果になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

くせ毛を活かした髪型【ショート編】

それでは、お待たせしました!

くせ毛さんにおすすめの髪型を、長さ別にご紹介します。

まずはショートヘアからいってみましょう。

ショートヘアはくせ毛さんにこそオススメ

ショートヘアは軽さを出しやすい上に癖も活かしやすいため、くせ毛の方にはメリットがいっぱい!

縮毛など、チリチリして爆発しやすい髪質の方や、ボリュームのコントロールがしにくい方にも向いています!

上のお客様はごわごわするくせ毛で毛量も多く、前に行っていた美容院では「短くできない」と言われてしまっていたそうです。

しかし、ごわつく髪だってショートを楽しむことは可能!

毛量が多い場合には、バランスをみて量を調整してあげることが大切です。

全体のデザインはもちろん大切なのですが、前髪や毛先のニュアンスを変えるだけでもさまざまなイメージの髪型を楽しむことができますよ。

こちらのお客様は、量を調節してスッキリとした印象の髪型に仕上げています。

サイドを長めに残してカットすると、小顔効果も期待できるのでオススメです。

また、襟足や毛先がクセで跳ねてしまう方は、あえて『ハネ』を活かすのもGOOD!

「襟足や毛先がハネる=真っ直ぐにしないといけない」という固定観念は捨ててしまいましょう。

生えグセやハネも、活かしてしまえばあなたのチャームポイントになります。

ショートは自分らしさを活かしやすい髪型のため、思い切って挑戦してみると「自分のくせ毛を好きになれた」という方も大変多いです。

ショートヘアをセットするときのコツ

ショートヘアのセットには、保湿効果のあるワックスを使いましょう。

ワックスにも色々な種類がありますが、パリパリに固めないソフトタイプが普段使いに最適。

 

美容院MAXの公式LINEへご相談いただいた方には、僕が開発した『プリュムワックス』をオススメしておりますが、大変喜ばれております。

パーマ風のスタイルを作る際には、ブローやアイロンなしでもOK。

指先で束感をつくるようなイメージで、髪に動きをもたせてあげましょう。

クセやうねりをナチュラルにまとめて、優しい印象のショートヘアを作ることができるので、多くのくせ毛さんにご愛用いただいています。

▼ショートヘアのセット方法はこちらの動画も参考にしてみてくださいね!

 

僕の美容院でカットさせていただいた際も、仕上げのセットのときに『プリュムワックス』を使用することがほとんど。

まとまる上に自然なツヤも出るため、パサパサ感が気になるくせ毛さんにはイチオシです!

ちなみに、強いくせ毛の方や剛毛、ダメージが酷い方には『プリュムヘアオイル』とのセットでお使いになることをオススメしております。

くせ毛を活かした髪型例【ショートボブ&ボブ編】

次に、くせ毛の方におすすめの髪型『ショートボブ&ボブスタイル』をご紹介します。

勇気の出ない方はショートボブ&ボブから

「くせ毛は気になるけど、ショートヘアにするのはちょっと…」と迷っている方には、ショートボブやボブがおすすめです。

もともとのクセを活かして、自然なふんわり感のある女性らしいシルエットが完成!

程良い動きのあるボブスタイルは、若々しさと可愛らしさをアップしてくれるため『大人の女性』におすすめです。

また、くせ毛を真っ直ぐにするために縮毛矯正をかけている方も多いでしょう。

縮毛矯正には「髪が傷む」「繰り返しかけないといけないので手間」「明るい髪色にできないなど制限がある」など、デメリットもたくさんあるんですよね。

そのため、ある程度の年齢になってから卒業される方も少なくありません。

いわゆる『脱縮毛矯正』というものです。

そんな方にも、ショートボブやボブといった髪型はオススメ!

【脱縮毛矯正でショートボブにカットした画像】

縮毛矯正をやめる場合には、『縮毛矯正済みの部分』『根元に近いくせ毛部分』が自然に馴染むような髪型にする必要があります。

担当の美容師さんとよく相談しながら、カット方法を決めていきましょう。

それか僕に相談してください。

多くの方が『脱縮毛矯正』をして快適な日々を過ごしています。

美容師MAX戸来に相談する【公式LINE】

ショートボブ&ボブをセットするときのコツ

くせ毛さんは、何もつけないと広がりやすい髪質のため、ドライヤーで乾かす前には『ヘアオイル』でボリュームを抑え、お出かけ前には『ワックス』で毛先に束感とツヤをのせてあげましょう。

ショートボブ&ボブはふんわりしたシルエットと自然な動きを目指したい髪型なので、毛先を軽くコテで巻いてあげるのもオススメです。

特に「縮毛矯正が残っている」という方は、毛先を巻くと『くせ毛と縮毛矯正済みの髪』が自然に馴染むようになります。

また、残っている縮毛矯正部分が傷んでパサパサする方の場合、髪を乾かす前やコテを使う前には『プリュムヘアオイル』を馴染ませるのがベスト。

浸透した成分が、髪の損傷を修復&保護してくれるため、ワックスで仕上げのセットを行った際に驚くような違いを実感していただけるはずです。

くせ毛を活かした髪型例【ミディアム編】

続いて、くせ毛を活かすことができるミディアムヘアをご紹介します。

ヘアアレンジしたいならミディアムがおすすめ

ミディアムは、なんといっても長すぎず短すぎないのが人気のポイント。

結ぶこともできる長さなので「忙しい時には、パパッと縛れる長さをキープしたい」という方にもおすすめです。

こちらのお客様からは「長さをできるだけ変えないで、まとまる髪型にしたい」とのオーダーをいただきました。

髪の長さは変えずに毛量調整とデザインの微調整を行うことで、『まとまるミディアム』を実現!

ミディアムは「中途半端な長さだから、扱いにくい」などといわれることもありますが、一概にそうとはいえません。

実際は、それぞれのライフスタイルや髪質に合わせた髪型を作ることができれば、毎日を快適に過ごすことは可能なんですよ。

広がってボリュームが出過ぎてしまう方は、全体のバランスをみながら毛量を減らしつつ、毛先までまとまりやすいミディアムを目指しましょう。

ちなみに、くせ毛でも髪の毛が細かったり毛量が少ない方の場合、「後頭部やトップにボリュームが出にくい」なんてこともあるはず。

そんなときには、トップがふんわりするようにレイヤーを入れたデザインがおすすめです。

そして。

縮毛矯正をやめる場合は、矯正済みの髪の毛と地毛の境界線を馴染ませるようなカットを施してあげましょうね。

 

「毛先に縮毛矯正をかけた部分が残っている」という方は、毛先にコテでワンカールつけてあげるだけで、くせ毛の部分と自然に馴染ませることができますよ。

ミディアムをセットするときのコツ

ミディアムヘアのセットは、「どのようなスタイルにしたいのか」によって方法が変わってきます。

「動きを出したニュアンス感のある髪型にしたい」という場合には、ヘアオイルを馴染ませた後にコテで軽く巻きましょう。

 

このとき、コテの温度は130度ほどに抑えておくことが大事。

180~200度などの高温で巻いてしまうと、きついカールになってボリュームが出過ぎてしまうことがあります。

コテで巻く際には、『ゆるめのふんわりカール』を意識しましょう。

「朝は忙しいから、とにかく簡単なセットが良い!」というのであれば、朝はワックスを馴染ませてコームで梳かすだけでもOK!

 

巻く場合も簡単セットの場合も、シャンプー後のアウトバストリートメントとして『ヘアオイル』での保湿ケアを欠かさないことも大切です。

くせ毛を活かした髪型例【セミロング&ロング編】

最後に、くせ毛を活かしたセミロングとロングヘアをご紹介します。

セミロング&ロングにする際の注意点

くせ毛の方が長めの髪型にする場合は、広がりすぎるリスクがあるため注意が必要。

ボリュームが出すぎないように、毛量をしっかり調節してもらいましょう。

こちらのお客様は、たった2センチの『毛先メンテナンスカット』を行い、レイヤーをほどよく入れることで中間~毛先のおさまりを改善しました。

きれいに伸ばしていくためには、定期的に毛先をカットしてあげることも重要です!

セミロング&ロングをセットするときのコツ

セミロングやロングヘアの場合には、アウトバストリートメントとしてのヘアオイルとワックスでの2ステップケアがおすすめ。

特に、髪が硬く太いくせ毛さんであれば、乾かす前に毛先から中間、そして根元の順番で丁寧にコームでとかしましょう。

この後『ヘアオイル』を馴染ませ、ドライヤーで乾かしてからワックスで仕上げます。

ヘアオイルで髪全体をサラサラ&ツヤツヤの状態にした後、まとまり感やツヤ感が足りない部分に少量ワックスをつけるイメージでセットしてくださいね。

こうすることで、軽やかなのにしっかりまとまる『ロングヘア』を作ることができます!

▼プリュムヘアオイルとプリュムワックスの併用方法はこちらの動画も参考になるかと思います。

くせ毛を抑えるホームケアのススメ

くせ毛を活かすには、とにかくカットが大切だとお話してきましたが、それと同じくらい『ホームケア』も重要なのです。

カットが完璧だったとしても、間違ったケアを続けていたら台無し!

毛先や中間がパサパサになったり、全体的にボサボサとした印象のだらしない髪型になってしまうことも少なくありません。

ホームケアのポイントは以下の通りです。

  • 自分に合ったシャンプー&トリートメントを使う(品質の良いものが◎)
  • 洗い流さないトリートメント(プリュムヘアオイル)をドライヤー前に使う(熱ダメージから髪を守る)
  • 朝のセットのときにワックスを使って髪をコーティングする(摩擦ダメージを予防)
  • 髪の乾かし方に気を付ける(濡れたままの髪で寝ないこと!)

なかでも、『プリュムヘアオイル』でのアウトバストリートメントと、『プリュムワックス』による保湿コーティングのWケアは、僕がおすすめしているヘアケア方法のひとつです。

ヘアオイルでダメージから保護・補修

みなさんご存知の通り、くせ毛という髪質は、乾燥しやすく傷んで見えやすい性質があります。

そのため、くせ毛さんの髪質を考慮して作られた『プリュムヘアオイルでアウトバスケアするのが必須!

配合成分と「熱の力」によって髪の質感改善ができるよう、美容師である僕が計算し尽くしてお作りしています。

使い方はとっても簡単!

髪を乾かす前、タオルドライした状態でプリュムヘアオイルを1~2プッシュ程度馴染ませましょう。

乾かす前に付けて、ドライヤーで普段取りに乾かしてあげるだけ!

繰り返しのカラーやアイロンの使用、コテ巻きなどによるダメージがある方もこの通り!

1回の使用量は、髪の長さや毛量によって調整してくださいね!

ごわつく手触りの髪も、ヘアオイルを馴染ませて乾かすだけで『なめらかな美髪』を目指すことができます。

ワックスで『うねる髪』を保湿コートしてツヤ髪へ

セットの仕上げには、『プリュムワックス』をお使いいただくのがオススメ。

お顔のファンデ―ションのようなイメージで「髪をよりキレイに見せる」といった効果が期待できます。

スキンケアで例えるなら、ヘアオイルが美容液。

そして、ワックスはファンデーションのような役割だと思って頂けるとわかりやすいでしょう。

正しいホームケアを行うだけで、ここまで若々しい印象に変わるんです!!

Afterは、思わず触れたくなるような『なめらかでツヤのある質感』が魅力的ですよね。

お肌のお手入れだけではなく、髪のケアも毎日行ってあげるのがキレイな女性の新常識だと僕は考えています。

そんなプリュムシリーズの2ステップケアは、こちらより詳細をご覧くださいね!

実際に使用したみなさんの、嬉しいお声もたくさんご覧いただけますよ。

まとめ

今回はくせ毛を活かす女性の髪型一覧を、長さ別にご紹介させていただきました。

どんな髪型にするかはもちろん大切ですが、毎日自宅で行えるヘアケアを取り入れていくと「私のくせ毛ってイイかも!」と思える日が必ず来るはず!

実際に、LINE相談でお話しているお客様のなかには、「最近自分の髪が好きになりました」とご報告くださる方も多いんですよ。

ぜひ、あなたも自分に合ったカット正しいホームケアで、くせ毛というコンプレックスを『あなただけの魅力』にチェンジしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下の公式LINEでは似合う髪型や、くせ毛のパサつきを最大限に活かすためのアドバイスをさせて頂いております。

お気軽にご質問ください!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら