【美容師解説】チリチリ毛(縮れ毛)の対策方法について

Pocket

「チリチリした髪質のせいで髪型が決まらない」

「縮毛矯正以外の方法で、縮れ毛を改善したい」

このようなお悩みをお持ちの方は必見!

実は、縮れ毛でお悩みのお客様から喜んでいただいている「効果的な方法」があるのです。

今回は、くせ毛専門美容師である戸来が「チリチリ毛(縮れ毛)の対策法」について、詳しく解説していきます。

縮れ毛の原因とは

縮れ毛とは、チリチリしたくせ毛のこと。

くせ毛の種類は大きくわけて4つ。

  • 捻転毛(ねんてんもう)
  • 波状毛(はじょうもう)
  • 連珠毛(れんじゅもう)
  • 縮毛(しゅくもう)

このうちの「縮毛タイプ」が、今回解説する縮れ毛(チリチリ毛)です。

では、なぜ髪の毛が縮れ毛になるのか?

その原因は「先天性」のものと「後天性」のものに分かれます。

まずは、あなたのチリチリ毛がどの原因で生じているのか把握していきましょう。

先天性のチリチリ毛

先天性の縮れ毛は、親からの遺伝生まれつきの髪質です。

チリチリとした縮毛をはじめ「くせ毛」は、髪が生えてくる「毛根」の形状に問題があることがほとんど。

直毛の人は、毛根がキレイな円形をしているのですが、くせ毛の場合には毛根自体が楕円形などのいびつな形をしています。

また、毛穴が真っ直ぐではなく曲がっていることも。

このせいで、うねったりチリチリした髪の毛が生えてきてしまうのです。

後天性のチリチリ毛

後天性の縮れ毛は、髪のダメージや乾燥、加齢、ホルモンバランスなどによって起こります。

美容院の施術の中でも、縮れ毛になるほどダメージを受けやすいのは、パーマやカラー、ブリーチ、縮毛矯正、デジタルパーマなど。

特に、高い頻度でこれらを繰り返している方は、髪のキューティクルが傷つき、髪内部の水分や栄養素が流出しやすくなります。

すると、内部のたんぱく質バランスが崩れたり、水分バランスが極度に崩れることで乾燥、チリチリを引き起こして「縮れ毛」になるのです。

また、年齢を重ねたことによる「髪質の変化」でも、髪のチリチリ化はよく見られます。

チリチリ毛(縮れ毛)の対処法

上で解説した先天性のチリチリ毛(縮れ毛)は、毛根自体に問題があるため基本的には治すことができません。

「酸熱トリートメントや髪質改善を繰り返すと縮れ毛が治る」などと、美容師さんに言われるがまま繰り返し受けている方もいるでしょう。

ところが、これらの施術で先天性のチリチリ毛が治ることはないのです。

むしろ、髪質改善を繰り返し受けることによって、髪のダメージが進行し「後天性の縮れ毛」まで増えてしまう方も多くいらっしゃいます。

「じゃあ、この縮れ毛は諦めるしかないの?」と思ったあなた。

大丈夫です!

この後、縮れ毛の対処法をご紹介していきます。

縮毛矯正にはデメリットが

「チリチリ毛を今すぐ改善したい」という場合、即効性があるのは縮毛矯正

特に、先天性の縮れ毛で髪がチリチリしている方は、縮毛矯正をかけることが多いですね。

美容院で施術を受けた当日に、真っ直ぐなストレート髪を手に入れることができるため、今でも人気がある施術のひとつ。

しかし、縮毛矯正には重大なデメリットがあります。

  • 薬液と熱ダメージによって髪が傷む
  • 施術に時間がかかる
  • 費用がかかる
  • 定期的に通わなければならない
  • ビビリ毛になる恐れがある

このような理由で「縮毛矯正を卒業したい」と、僕のところに相談してくださる方も増えています。

実際に僕自身も、縮毛矯正は髪の負担が大きすぎると考えているため、正直オススメしていません。

正しいホームケアが必須

では、縮毛矯正をしたくない方はどうしたらいいのか?

そんな方には、くせ毛専門の美容師として「ホームケア」をおすすめしています。

実際に美容院MAXへご来店されるお客様にも、必ずご提案している方法です。

特に、ダメージや乾燥、加齢による髪質の変化で「縮れ毛」が悪化してしまっている方にはオススメ。

縮れ毛をはじめ、くせ毛が強くなってしまうときには、髪の乾燥が大きく影響しているケースが少なくありません。

髪の毛全体がパサパサ、チリチリになってしまうタイプの縮れ毛さんは、正しいホームケアを取り入れるだけで改善されることが多いですよ。

縮れ毛のために開発したヘアケア製品

僕が、くせ毛専門の美容師として開発した「2STEPアウトバストリートメント」は、縮れ毛で悩むの人のためにお作りした製品。

チリチリ毛は、髪の表面に無数の凹凸があることがほとんど。

そのため、ヘアケア剤を使用して髪の表面をなめらかに整えてあげる必要があるのです。

ストレートアイロンや縮毛矯正、髪質改善で、手っ取り早く髪を真っ直ぐにする方も多いかもしれません。

しかし、前半でお話した通り…

このような施術やセットを続けていると、髪はどんどん傷んでいきます。

傷むことで、さらに縮れ毛が悪化してしまうという「魔のループ」に陥ってしまうんですね。

だからこそ僕は、正しいホームケアでの縮れ毛対策をおすすめしているのです。

先天性のくせ毛さんや縮毛さんをはじめ、後天性のダメージや乾燥、加齢でチリチリ毛になってしまった方にも喜ばれています。

チリチリ毛(縮れ毛)への効果

「2STEPアウトバストリートメント」は、大人気のプリュムヘアオイルとプリュムワックスを併用する究極のヘアケア

プリュムヘアオイルは、ドライヤー前のタオルドライした髪に使うのがベスト。

高品質な髪補修成分と保護成分が、縮れ毛の内部に浸透して髪質を改善していきます。

さらに、髪を乾かした後にはプリュムワックスで髪表面を優しく保湿。

浸透した美髪成分をしっかり閉じ込め、縮れ毛の大敵である「乾燥」からも髪をしっかり守ります。

特に、ヘアオイルに含まれるケラチンは、髪の9割を構成する成分。

髪がチリチリになった「縮れ毛」の場合には、このケラチン自体が不足している傾向にあります。

そのため、毎日のヘアケアで補ってあげると髪のお悩みが改善していくのです。

 

また、髪の表面がチリチリするタイプの方にはプリュムワックスが効果的。

雨の日や湿気の多い日などには、特に縮れ毛が気になる方も多いでしょう。

プリュムワックスは、そんな厄介な縮れ毛の髪質にもおすすめです。

空気中の水分から髪を保護するため、過剰な水分吸収による「膨張」を予防します。

プリュムワックスは「ワックス」という名がついていますが、固形トリートメントのようなイメージでお使いいただけます。

髪にも肌にも優しい保湿成分だけでお作りしているため、寝る前のケアに使っても一切肌荒れすることはありません。

成分の配合バランスにもこだわっているので、ワックス特有の不快なベタつきもなし。

縮れ毛への効果はもちろんのこと、使い心地も追及したヘアケア製品です。

まとめ

今回は、チリチリ毛(縮れ毛)の対策法について、くせ毛専門美容師の戸来が解説してきました。

縮れ毛は、生まれつきの髪質が原因であることも多いですが、加齢やダメージ、乾燥が原因となって悪化するケースも!

だからこそ縮れ毛には、毎日の正しいホームケアが必須です。

髪の補修を行いながら保護・保湿を徹底して、縮毛矯正をしなくても好きでいられる髪を手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでみて、もしわからない点がございましたら、公式LINEから直接僕にメッセージをお寄せください。

あなたの疑問や質問に無料でお答えいたします!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら