トップにボリュームのある髪型にするためのカット・オーダー方法

トップにボリュームのある髪型にするためのカット・オーダー方法
Pocket

髪質が柔らかい軟毛・猫っ毛さんはトップや後頭部がぺたんこになりがち。

ふんわりボリュームを持たせるにはどうすれば良いのでしょうか。

このページでは美容師がトップにボリュームを持たせてふんわりとした髪型にするためのヘアカットとそのオーダー方法を紹介しています。

毛量がやや少ないと髪全体のボリュームを出しにくいのですが、美容室でのヘアカットとスタイリングの組み合わせでそのお悩みは解決可能。

美容師さんにどのようにオーダーすれば良いのか、またヘアカット後にご自宅でヘアセットする際のスタイリング方法についてもご紹介します。

ぜひ最後までお付き合いいただき、トップにふんわりとボリュームのあるヘアスタイルを楽しみましょう。


髪の長さ別、トップにボリュームのある髪型にするヘアカットとオーダー方法

髪質が軟毛・猫っ毛だとどうしてもトップのボリュームを出しにくいものです。

どうすればふんわりとしたボリュームのあるヘアスタイルに出来るのか、髪の長さ別のヘアカット・オーダー方法を紹介していきます。

トップにボリュームの出るヘアカット、ショートヘア編

ボリュームの出る髪型の例

ショートヘアでトップにボリュームを出す髪型にする場合、トップの髪を短めにカットしてもらいましょう。

わざと頭頂部の髪を短くして立たせることでナチュラルなボリューム出ます。

加えて、サイドの髪のボリュームを抑えるとなおベター、よりトップのボリューム感を目立たせることが出来ますよ。

サイドのボリュームを抑えて、トップのボリュームを目立たせるのがポイントに。

 

ミディアムからロングヘアでトップにボリュームを出すためのヘアカット

ミディアムからロングヘアの場合、髪が長くなればなるほど縦のシルエットが強調されるため、トップのボリュームが出にくくなります。

長めのヘアスタイルでトップにボリュームのある髪型にしたい場合は、パーマをかけると良いです。

ヘアセットにかかる時間を減らせるだけでなく、ふんわりとして女性らしい髪型にできますよ。

トップの髪を結んで、ボリュームの出る髪型にしましょう。

パーマで髪が傷んでしまうのが心配な場合はポニーテールなどで髪をまとめるとボリュームが出せます。

トップの髪を結んで、ボリュームの出る髪型を選んでみてはいかがでしょうか。

30代後半から40代にかけての髪質変化にご注意を

もともと髪質が柔らかくボリュームが出しにくいと、30代後半から40代にかけての髪質の変化で毛量が減ると大変です。

年齢を重ねると人の肌にはシワが増えるので目に見える変化がありますが、実は髪の毛にも大きな変化が起こります。

女性の場合、髪のハリやコシを生むエストロゲンと呼ばれるホルモンの分泌量が減ってしまい、髪がより細く弱くなり白髪や抜け毛が出始めるため、改めて髪質に合わせたヘアケアが求められることに。

加齢によって変わる髪質、30代後半から40代にかけてより弱く細くなります

ミディアムやセミロング、ロングヘアのような女性らしい髪型を維持するためには細く弱くなった髪を補修しつつ、傷んでしまっていれば保湿なども必要。

トップにボリュームを出す方法もパーマでダメージを与えてしまうわけにはいかないため、ショートヘアを選ぶと髪にかかる手間がぐっと楽になりますよ。


トップにボリュームのあるヘアスタイルのためのスタイリングについて

髪の長さ別にトップにボリュームの出るヘアカットのポイントを紹介させていただきました。

続いてはご帰宅後にご自身で行うスタイリングについてのコツを美容師が解説していきます。

ショートカットでトップにボリュームを持たせるときのポイントは前髪

ショートカットのオーダーはトップの髪を短めにしてもらうのがコツでしたが、スタイリングするときにはさらに前髪も大きなポイントです。

ボリュームをつくる髪型にするには、前髪がポイントになります。

前髪長めのショートヘアはどうしても縦幅が長く見えてしまいます。

以下の前髪だとおでこ全開。

  • 前髪長めのセンター分け
  • 長めの流し前髪
  • オールバック

トップにボリュームが出にくくなり、顔が下がって見える前髪になるためこれら3つの前髪はNG。

前髪長めのショートヘアの場合、どうしても縦幅が長く見えてしまいます。

ではショートヘアの場合、どのようにしたらトップにボリュームのある髪型に見えるのでしょう?

  • 前髪でアシメントリーを作る
  • 前髪をふんわりと軽く巻く

このような前髪を作ると顔の縦幅が目立ちにくくなります。

前髪の一部を短くしてアシメにすることで、ちょうどよいバランス感に。

髪型と顔のバランスが整って、ボリュームのある髪型に見えますよ。

髪型と顔のバランスを整えるには、前髪をつくることが大きなポイント。

ショートヘアで前髪を長めにしたいなら、前髪の根元に少しワックスをつけて立たせてもOK。

前髪を立たせることでボリューム感も出ますし、目に入らないようにもできます。

前髪を作って顔と髪型のバランスを整えて、トップにボリューム感のあるショートヘアの髪型を作ってみてくださいね。

ミディアムからセミロング、ロングヘアのスタイリングのポイント

そこで、先ほどはロングヘアを鎖骨あたりまでカットすることがおすすめとお伝えしました。

長めの髪型だとトップにボリュームの出しにくいことをご案内しましたが、髪が長いとどうしても縦幅が目立ってしまいます。

手間がなくヘアケアも楽なショートヘアにすることは考えてはみたけれど、やはり女性らしさ溢れる長めのミディアム・セミロング、ロングヘアの髪を切りたくない、それならスタイリングでトップにボリュームを作ってしまいましょう。

トップにナチュラルでふんわりとしたボリュームを持たせるには、トップの髪の根元からワックスを使ってエアリーに立たせます。

元々の髪型ではなく、スタイリング次第でトップにボリュームに出る髪型を作ればOK。

全体的にふわふわと見える可愛い髪型に仕上がりますし、ボリュームの出る髪型も演出にぴったり。

大切なのはメンズワックスで見られるハードタイプやマットタイプのようにカチカチ・ベタベタのスタイリング剤を避けること。

ふんわりナチュラルに仕上がるヘアバームタイプのワックスでナチュラルなふんわり感を出すようにしましょう。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)


トップにボリュームのある髪型にするならパーマしかない?

トップにボリュームのある髪型をつくるには、髪をふんわりさせることが大きなポイント。

ふんわりさせる髪型といえば、パーマが思い浮かびますよね。

では、トップにボリュームを持たせる髪型にするには、パーマをかけるしかないのでしょうか?

トップにボリュームを持たせる髪型にするには、パーマをかけるしかないのでしょうか?

結論から言うと、そんなことはありません。

パーマ以外にもカーラーやカールアイロンでトップにボリュームを出す髪型を作れます。

こちらについては後ほど詳しく解説します。

まずはトップにボリュームが出にくい原因からお伝えしていきます。

「先にパーマ以外でトップにボリュームを出す方法が知りたい!」

そんな方は、原因を飛ばして次の項目を読んでもOKです。

トップにボリュームが出ない3つの原因

トップにボリュームが出ない原因は以下の3つがあります。

  • カットデのザインによるもの
  • シャンプーやトリートメント、ヘアオイルが髪に合っていない
  • 乾かし方、セット法が間違っている

それぞれについて解説していきますね。

カットのデザインによるもの

トップにボリュームを出すには、カットのベースが重要なポイント。

実は、トップにボリュームを出すならパーマをかければOK、という簡単なものではありません。

美容室でパーマをかけると、そのまま美容室の美容師さんにセットしてもらえますよね。

しかし、帰宅後に自分でどのようにスタイリングすれば良いかはわからないことが多いです。

これではトップにボリュームのある髪型にしても、スタイリングができないのでぺたんこになる可能性があります。

カットのベースが大事なのは帰宅後のヘアセットに大きな影響があるため。

  • トップにボリュームの出やすい髪型にカットする
  • カットのバランスを大切にする
  • スタイリングしやすいカットをしてもらう

カットのベースが大事というのは、そのためです。

トップにボリュームの出る髪型を作る場合は、スタイリングしやすいベースを作ることコツ。

カットする際にシルエットも大きなポイントです。

髪のボリュームがなくなってしまう方はパーマをかける方が多いですが、カットのベースも大事。

もちろん、パーマでトップにボリュームのある髪型にできます。

しかし、簡単にカットのデザインもボリューム感に大きく影響することを覚えておいてくださいね。

シャンプーやトリートメント、ヘアオイルが髪に合っていない

トップにボリュームが出ない髪型になる2つ目の原因は、シャンプーやトリートメント、ヘアオイルが髪質に合っていないから。

髪が薄くなってぺたんとしてしまう方には、シャンプーを変えることをおすすめしています。

市販のシャンプーには、しっとりタイプとさっぱりタイプがありますよね。

実は、ボリューム感のある髪型にするのは大きな差はないのです。

それよりも、トリートメントを付ける部分や使用量を変えることをおすすめしています。

髪質に合った、ボリューム感の出るシャンプーやトリートメントを使うのが大切。

中にはボリューム感の出る、ふんわりと仕上がるシャンプーも販売されています。

髪質に合わないシャンプーを使うと、逆に髪が傷んだり細くなったりすることも。

髪質に合った、ハリやコシがでるようなヘアケア用品を使うようにしましょう。

乾かし方、セット法が間違っている

トップにボリュームが出ない髪型になる3つ目の原因、それは髪の乾かし方やヘアセット方法が正しくないこと。

髪がぺたんとする乾かし方や、完全に髪が乾き切っていないのはNG。

髪全体に空気を入れるように、髪の根本からドライヤーを当てるのが乾かすコツ。

また、ヘアセット方法によってもトップにボリューム感のない髪型になってしまいます。

スタイリング剤を使い過ぎてトップがべったりぺたんこになってしまうようなヘアセットは避けるようにしましょう。

トップの髪を立たせボリュームを出す髪型を作るのがポイントですよ

トップにボリュームを出すための3つの方法

トップにボリュームを出す方法

トップにボリュームを出す方法には以下の3つがあります。

  • マジックカーラー
  • コテ(カールアイロン)
  • 朝シャンプー

この3つの中で一番簡単で失敗しないで安全な方法はマジックカーラーです。

コテ、朝シャンだと髪や身体に負担がかかる場合があります。

コテの高温は髪に熱によるダメージを与え、血圧の低い朝にシャンプーをすると身体に負担がかかりますよね。

マジックカーラーとは円柱状になっているヘアアイテム、カーラーに髪を巻き付けてパーマ風ヘアを作るためのものです。

トップにカーラーをつければ、パーマヘアのようにボリューム感の出る髪型に仕上がります。

パーマでも良いのですが、美容室でも最もダメージの大きな施術であるため、髪の状態によっては難しいこともあります。

自宅で簡単にトップにボリューム感の出る髪型をセットしたいなら、ヘアカーラーがおすすめですよ。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

トップに根元パーマをするとボリュームのある髪型になります

家事や仕事で忙しい40代・50代の方はスタイリングになかなか時間をかけるのは難しい場合も。

毎朝、しっかりとヘアセット・スタイリングをすればトップにボリュームのあるヘアスタイルが可能なのですが、家事や仕事で忙しい40代・50代のあなたにはスタイリングになかなか時間をかけるのが難しい可能性があります。

時間をかけずにふんわりとした髪型にするならトップの根元にパーマをかけてボリューム感のある髪型にしましょう。

トップの根本からパーマをかけて、髪型をふんわりさせてボリュームのあるシルエットにすることでトップの髪が自然に立ってふんわり可愛く仕上がること間違いなし。

パーマをかけてスタイリングした髪

毎朝のスタイリングも簡単になるのでおすすめです。

ただし、先にご案内させていただいた通り、髪の状態によってはパーマをかけるとパサパサ・チリチリになってしまうことも。

予め美容師さんに今の髪の状態、そもそも髪質(くせ毛・直毛など)、それからこれまでのパーマやヘアカラーの施術履歴を伝えておくようにしてくださいね。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

猫っ毛のくせ毛さんにおすすめ、根元パーマでふんわりボリュームのあるヘアスタイルに

猫っ毛の方にこそトップの根元にパーマをかけることがおすすめです。

くせ毛の髪質でも軟毛・猫っ毛さんの場合はなかなかボリュームを出すことができません。

その場合はトップ根元にパーマをかけるようにしましょう。

くせ毛で毛量が多い猫っ毛、髪全体がふんわりしているなら、スタイリング次第でボリューム感が少しある髪型に仕上がります。

しかし、くせ毛でも毛量が少なくボリューム感の出にくい猫っ毛だと、トップにボリュームが出せません。

くせ毛のうねりや毛量が少なく、髪が細い猫っ毛なら、トップにボリュームを持たせるための根元のパーマがおすすめです。

くせ毛はうねりのある髪質の方が多いので、パーマが似合いやすい髪型なのです。

髪全体がふんわり仕上がるため、大人可愛いヘアスタイルをお楽しみいただけます。

パーマなしならアイロンやコテを使ってぺたんこトップをふんわりさせましょう

パーマなしでトップにボリュームを作る方法として以下の2つをお伝えしました。

  • マジックカーラーを使う
  • コテを使う

この2つでも、トップにボリューム感が十分に出せます。

特にカーラーは、高熱にもならないですし、寝る前にトップにセットするだけでボリューム感の出る髪型を作れます。

この時注意していただきたいのが、髪は高熱でダメージを受けるということ。

お出かけする当日の朝にセットしたいという方よりも、前日から準備をゆっくり進めたい方におすすめ

一方、コテはお出掛けする当日でも使えます。

コテの高熱で、簡単にトップにふんわりとボリューム感が出せます。

注意点は、髪は高熱によるダメージを受けてしまうこと。

コテでトップにボリュームの出る髪型を作れますが、髪に負担がかかるということをお忘れなく。

髪は150度でダメージを受けると言われているため、コテでボリューム感を出すときは130〜140度で使うこと。

コテを使う前に予めヘアオイルで髪を保護しておくと良いですよ。


ぺたんこになりがちなトップにボリュームを持たせる髪型、まとめ

軟毛・猫っ毛さんの髪型作りにお悩み、トップにボリュームを出す方法をカット・スタイリングそれぞれについて解説しました。

美容室でカットしてもらうとき、ショートヘアならトップは短めにしてもらい立たせる、ミディアムやロングヘアの場合はスタイリング剤でふんわりナチュラルに仕上げるのがコツ。

パーマでふんわりとした髪型にするときもベースになるヘアスタイルはしっかりと美容師さんに相談しながら決めること、ご自宅でのヘアセットがやりやすいようにカットしてもらうようにしましょう。

髪にダメージを与えてしまうパーマは避けたいなら、コテを使ってヘアセットすればOK、ただしコテの熱は髪へダメージを与えてしまうため、温度にはくれぐれもご注意を。

さらに予めヘアオイルを使って髪を保護しておけばダメージを軽減できます。

くせ毛を見続けてきた美容師が作ったプリュムヘアオイルは保湿・毛髪補修成分を配合、コテを使ったスタイリングがしやすくなるだけでなく、仕上がった髪のツヤ・まとまりの良さにあなたもきっと驚かされます、ぜひ一度、お試しくださいませ。

このページが軟毛・猫っ毛でトップにどうしてもボリュームが出ないとお悩みのあなたの問題解決のお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

Pocket