はねにくい髪型のためのカットはくせ毛と直毛で違います

はねにくい髪型のためのカットはくせ毛と直毛で違います
Pocket

「ショートヘアにしたら襟足がはねてまとまらない」

「毛先が肩に当たってボブがはねてしまう」

このような髪型のお悩みありませんか?

実は、はねにくい髪型にするためのカットは「くせ毛」と「直毛」でまったく違うのです。

だからこそ、あなたの髪質や生えグセに合わせたカットが必須!

今回は現役美容師が、はねにくい髪型を作るための注意点おすすめカットを、ショート、ボブ、ミディアム、ロングの長さごとに解説。

さらに、自宅での楽なお手入れで「はねにくい髪型」を目指せるヘアケアもご紹介します。

髪をすく・すかないから髪がはねにくいとは断言できない

髪がはねてしまうとき「すいたせいで毛先がはねるのかな?」と、美容院でのカットを疑う人も多いですが「すくからはねる」とか「すかないからはねない」とは言い切れません。

はねにくい髪型を作るうえで大事なのは、くせ毛と直毛ではそれぞれ切り方が違うということ!

特に、くせ毛の髪質は根元の生えグセが「はね」の原因になっていることがほとんど。

くせ毛 はねる原因例

そのため、毛先をまったくすかない重い髪型にしたからといって、髪がはねにくくなるわけではないのです。

すかない、重い髪型でも、はねている例

基本的には、セニングカット(すくカット)を控えめにして、その代わりに「レイヤー」を適度に入れた髪型がはねにくいといえるでしょう。

はねにくい髪型 肩上ショートボブ例

そしてはねにくい髪型、鎖骨下ミディアムロング例です。

はねにくい髪型 鎖骨下ミディアムロング例

少しでもお手入れが楽なヘアスタイルを求めているのなら、肩上のショートボブ、もしくは鎖骨よりも少し長めのミディアムロングがおすすめです。

とはいえ、ショートボブやミディアムロングの髪型にしても、その人の髪質生えグセカット方法によっては髪がはねてしまうケースも。

このあとは、くせ毛さんと直毛さんそれぞれに「はねにくい髪型」のカットポイントをお伝えしていきましょう。

くせ毛さんにもおすすめのショート、ひし形シルエットを目指そう

くせ毛さんが、その髪質を活かしたまま「はねにくい髪型」を目指すなら、断然ショートがおすすめ。

はねにくい髪型 くせ毛 ショート担当美容師:戸来

特にひし形シルエットを意識したショートヘアは、毛先がはねにくいだけでなく、気になる骨格や輪郭を自然にカバーしてくれる髪型です。

大人女性におすすめの「ショートボブ」も、カットだけでまとまりやすく「はねにくい髪型」の代表ともいえるでしょう。

はねにくい髪型 ショートボブ担当美容師:Genki

くせ毛さんのショートで「はね」が気になる部分は、おもに襟足とサイドの髪の毛だと思います。

前下がりのショートボブはカットから2か月ほど時間が経過しても、襟足横の髪がしっかりまとまりをキープしてくれるためオススメです。

はねにくい髪型 くせ毛 可愛い前下がりショート例

また「襟足につむじや生えグセがあるけど、はねにくい髪型にしたい」という女性は、こちらの記事をぜひご覧くださいね。

襟足につむじがあるとショートにできない?はねる毛先の対処法

美容師に相談して毛量に合わせて髪をすく・すかないを決めてください

くせ毛さんが「はねにくいショートヘア」を目指すときには、ご自身の毛量に合わせて髪を「すく」「すかない」かを担当の美容師さんと相談しながら決めましょう。

  • 髪の毛が太い剛毛さん
  • 毛量が多いくせ毛
  • 強いくせ毛のうねりがある

上記のような髪質の場合には、カット方法によっては毛先髪中間あたりから大きくはねてしまうこともあります。

はねにくい髪型 カット方法 すき方担当美容師:戸来

はねにくい髪型に仕上げるためには、髪質はもちろんのことうねりの方向、そして毛流れをしっかり見極めたうえで、

  • カットの仕方
  • 髪をすく量
  • デザイン
  • レイヤーの入れ方

これらを微調整しながら、美容師がひとりひとりに合ったショートスタイルを提案する必要があるのです。

強いくせ毛があって「どうしても髪型がはねてしまう」という女性は、こちらの人気記事もご覧くださいね。

強いくせ毛を活かした髪型、おすすめのヘアケアを紹介します

直毛のあなたにおすすめのはねにくい髪型について

まっすぐストレートの直毛さんは、どんな髪型でも扱いやすように思われがちですが、実はカット方法によっては毛先がはねやすくなってしまいます。

はねにくい髪型にするために、毛先を切り揃えた重めのボブスタイルでまとめようとするケースも多いでしょう。

直毛の重めボブ例

しかし、最近ではニュアンスのある「軽めの髪型」の方が抜け感があってオシャレに見えます。

直毛さんにおすすめの「はねにくい髪型」は、以下のパターン。

  • 顎ラインよりも短いショート、ショートボブ
  • 毛先を重めにデザインした鎖骨より長いロング

直毛 はねにくい髪型 ショートボブ&ロング

逆に一番はねやすい髪型は、肩に当たる長さのヘアスタイルです。

外はねデザインとして、おしゃれな感じではねていれば可愛いのですが、やはり肩の長さのストレートボブはスタイリングが難しいので避けた方が良いでしょう。

ボブやショート、ミディアムにする場合は毛先にパーマをかける

直毛ストレートの髪質の女性が、ボブやショート、ミディアムの髪型ではねにくくするには、毛先にワンカールだけでもパーマをかけることをオススメします。

下でご紹介するお客様は、肩から少し上の長さ。そのため、毎日はねてまとまりにくいとのことでした。

ワンカールパーマで跳ねにくい髪型に担当美容師:戸来

こちらの場合は、一度あごのラインでカット。毛先にかけての束感軽さが出るように全体をデザインして、毛先に軽くパーマをかけただけ。

仕上げには、ワックスを少量もみ込むように付けてスタイリングしただけですが、毛先がきれいに内側へ向いていますよね。

また、こちらの直毛の20代女性は、半年前程にかけたパーマが若干残っている状態でご来店されました。

跳ねる髪型カット前

直毛の毛先にパーマが残っているおかげで、肩につくミディアムの長さでもはねにくい状態をキープしています。

しかし、今回のオーダーは「ショートボブにしたい」とのことでしたので、カット後にはパーマをかけることにしました。

パーマで跳ねにくい髪に

パーマは毛先を内巻きにするだけではなく、ボリュームが出にくいトップや後頭部にふんわりとした丸みを作るようなイメージでデザイン。

ご来店直後と比較してみても、圧倒的に垢抜け感とオシャレ感がアップしましたよね。

パーマスタイルは「セットをするのが難しい」というイメージもあるかと思いますが、簡単なスタイリングで内巻きにすることができます。

乾かすときには根元にドライヤーの風を送るようにしながら、髪をふんわりと立ち上がるようにドライするのがポイント。

毛先はパーマがかかっているので、簡単に乾かしただけでも内巻きになり、はねにくい髪型に仕上がりますよ。

ワックスで跳ねる毛先をスタイリング

ショートやボブは正直「寝癖」がつきやすい髪型ですが、パーマをかけておくと朝のお手入れも楽。

朝起きたらパーマ部分を少し濡らしてからワックスを揉み込むようにスタイリングするだけで、理想の髪型を再現しやすいのでオススメですよ。

はねにくいロングヘアでも毛先がパサパサにならないよう注意して

鎖骨よりも長いロングヘアは、髪全体の重みがあるため比較的「はねにくい髪型」です。

しかし、毛先をすきすぎたり軽くしすぎるとパサパサにはねやすくなるため注意しましょう。

ロング すきすぎでパサパサ跳ねやすくなる

かといって、すべてを重たく切ればいいという問題ではありません。

お客様のお悩みを解決するため、スカスカになってはねていた毛先をストンとまとめるようにカットデザインを微調整しただけでこの通り。

ロングヘア はねにくい髪型 カット例

カットが原因でパサパサに広がる、または「ロングの毛先がはねる」という場合には、ほんの少しのカットで修正することが可能です。

サロンクオリティの毛髪補修3点セットでツヤ・まとまりのある髪へ

ロングヘアは、パーマやカラー、縮毛矯正などを繰り返すことで、どうしても毛先にかけてダメージが蓄積しがちです。

傷んで乾燥した髪は、内部にたくさんの空洞ができるため、空気中の水分を過剰吸収し膨張することによって、うねりや「はね」が生じやすくなります。

ロング 傷んだ髪

そのため、毎日のホームケアでしっかりと毛髪補修&保湿を習慣にしてあげることが、はねにくい髪型をつくるコツ。

下のお客様は、僕の美容室でプリュムシャンプー&トリートメントを使ったあとに、プリュムヘアオイルを馴染ませて乾かしただけ。

毛髪補修3セット ロングヘア お手入れ例

アイロンセットなどは行っていません。

美容師がこだわり抜いて開発した「毛髪補修3セット」は、簡単&楽なお手入れで「はねにくい美髪」を目指すことができるサロンクオリティの贅沢ヘアケアセットです。

毛髪補修3セット うねり、ひろがり、はねを抑える仕組み

ダメージが蓄積しやすい毛先はもちろんのこと、髪内部まで補修成分が浸透することで「うねり」や「はね」が出にくい健やかな毛髪状態へと整えます。

毛髪補修3セット 成分効果

髪のうるおいと水分バランスを正しく整えることで、毛先までなめらかで素直な状態を実感していただけるでしょう。

毛髪補修3セット

忙しい女性も自宅で簡単に、たった3ステップでできる贅沢サロンクオリティのヘアケア。

おうちケアだからこそ、毎日無理なく続けることができます。ぜひあなたも、この機会にお試しくださいね。

はねにくい髪型まとめ

今回は、はねにくい髪型を探している女性にむけて、ショート、ボブ、ミディアム、ロング別におすすめカット方法や注意点をご紹介してきました。

はねにくいヘアスタイルにするためには、くせ毛や直毛などの髪質によってカット方法を変える必要があります。

くせ毛さんならショートでバランスよく毛量調整してもらうこと。

そして、直毛さんのボブやミディアムは、毛先にワンカールだけパーマをかけてあげると圧倒的に扱いやすくなるはずですよ。

毎日のホームケアも見直しながら、あなたが理想とする髪型を思いっきり楽しめることを祈っています。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください