2ステップのヘアケア、プリュムワックスとヘアオイルを併用するメリットについて

Pocket

美容師がくせ毛さんのために開発された『プリュムワックス』は、これまでも多くのお客様から喜ばれています。

くせ毛を美しくヘアセットできるそれは、まるで髪のファンデーションのよう。

そして「もっと効果を実感したい」「ワンランク上のヘアケアをしたい」という方にはプリュムヘアオイルとの併用がおすすめです。

今回は、くせ毛さんの髪をまとめるのにぴったりな『プリュムワックス』と『プリュムヘアオイル』を使った、2ステップケアについて解説していきます。

ワックスとヘアオイルを併用するとスタイリングしやすい

左:ヘアスタイリング前 右:ヘアスタイリング後

プリュムヘアオイルの役割

美容師の監修のもと開発した『プリュムヘアオイル』には、毛髪補修成分としてのシルク、ケラチン、コラーゲンを配合しています。

シルク:イソステアロイル加水分解シルク ケラチン:イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) コラーゲン:イソステアロイル加水分解コラーゲン 

これらの成分が髪内部にじっくり浸透し、くせ毛特有の気になるパサつきやゴワゴワ感の元となるダメージを補修、指通りをなめらかにしてくれます。

また、カラーやパーマ、縮毛矯正でダメージを受けた髪も、しっかりと補修してくれるのも大きな特徴です。

さらに、キューティクル保護成分が髪表面をコーティング。

キューティクル保護成分:イソステアロイル加水分解シルク ケラチン:イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) コラーゲン:イソステアロイル加水分解コラーゲン 

摩擦や外部刺激などの『物理的なダメージ』からしっかりと守ってくれるため、寝ている間はもちろんのこと、アイロンやコテの熱からも髪を守ってくれます。

くせ毛の髪の毛は直毛と比較して、キューティクルの並びが乱れたり、剥がれやすい特性があります。

そのため、何もしないとパサパサ、チリチリになってしまいがち。

また、パーマ剤やカラー剤を使用した施術は、キューティクルが大きく損傷します。

乾燥して扱いにくい髪も、ヘアオイルでしっかりとコーティングしてあげることで、指通りの良い『なめらかな印象の髪』へ導いてくれます。

プリュムヘアオイルを使って美髪に

プリュムヘアオイルはタオルドライした後、ドライヤー前に毛先から、中間、根本の順番でつけてくださいね。

もちろん乾いた髪にもお使いいただけます。

プリュムワックスの役割

プリュムワックスの大きな特徴は、美容師がこだわって選んだ『保湿成分』を配合してお作りしているという点。

保湿成分:ワセリン、ミツロウ、ホホバオイル(ホホバ種子油)アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)

乾燥しやすいくせ毛を心地よく保湿しながらヘアセットできます。

Before:ヘアセット前 After:ヘアセット後

美容室でもお客様から「ワックスってベタベタしないんですか?」というご質問をいただきますが、ヘアバームに近い使用感で、トリートメント成分を固めた固形トリートメントという位置付けですから『ワックスなのにしっとりする、ベタつきにくい』という使い心地を実現しています。

トリートメント成分:ミツロウ、ホホバオイル(ホホバ種子油)アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)

お出かけ前にプリュムワックスで保湿することによって、髪内部の水分蒸発を防ぐことができ、『しっとりとまとまるヘアスタイル』を作ることができるのです。

さらに、朝のセット時に付けていただくと、広がりやすいくせ毛や剛毛、多毛のボリュームを抑える働きはもちろんのこと、『髪にツヤを出す効果』を実感していただけますよ。

Before:ヘアスタイリング前 After:ヘアスタイリング後

この考えはスキンケアからヒントを得ました。基礎化粧品とファンデーションです。

ヘアオイルでベースを整えたら、プリュムワックスで保湿しながらくせ毛をメイク。

イメージ図

ヘアオイルでダメージ補修した後ワックスの保湿力でスタイリングすることによって、広がり、パサつきを抑えたヘアスタイルをキープします。

 

ステップ1: 濡れた髪を乾かす前や、ブロー前にヘアオイル

まずは、シャンプー後の濡れた髪をタオルドライして、水気を拭き取りましょう。

毛先→中間→根元の順にコームでとかした後、再びタオルで水気を取り、2回目のコーミングで髪を整えてあげます。

この状態で、プリュムヘアオイルをつけましょう。

使用量は、ショートなら2プッシュ、ミディアムヘアロングヘア4プッシュは6プッシュが目安です。

パサつきやすい毛先を中心に馴染ませ、手のひらや指に残ったオイルを中間~トップにかけて付けてあげてください。

優しく馴染ませるだけで、補修成分はしっかりと髪に浸透するため、ゴシゴシと擦り込む必要はありません。

髪全体に付け終わったら、普段通りにドライヤーで乾かしましょう。

ある程度乾いてきたらブラシ軽くを整えてくださいね。

もちろん乾いた髪にもお使いいただけます。朝のブローにもお役立てください。

ステップ2: ヘアセットはプリュムワックス

ドライヤーで乾かした後は、サラサラとした手触りになっているはずです。

ここからはスタイリング。

『広がりが気になる場所』『パサつきが目立つ部分』にプリュムワックスをつけてヘアセットしましょう。

 

指先にパール1つ分のワックスをとり、手のひらの体温で温めながら伸ばしましょう。

毛先を中心に、少しずつ足すイメージで付けてあげてください。

ワックスなのに固まらないので、つけた後にドライヤーでブローしたり、ヘアアイロンでセットすることもできますよ。


お客様の声

2ステップアウトバストリートメントをお使いのお客様からは、嬉しいお声をたくさんいただいております。

※感想はお客様個人のご意見です。

このように、「ワックスとオイルを併用したら、ヘアセットが楽になった」「家族や友達からも髪を褒められるようになって、自信がついた」などのお声がいっぱい寄せられています。

自宅でできる簡単なホームケアで、サロン帰りのようなツヤ髪を毎日実感してくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください