髪の量が多い方必読!髪を梳く(すく)と広がるのはなぜ?対処法解説

髪はすくと広がる?
Pocket

「毛量が多くてまとまりにくい髪をどうにかしたい」

「髪の毛を梳くと広がるって本当なの?」

こんなお悩みや疑問はありませんか?

髪の量が多い女性をはじめ、硬い髪広がるくせ毛で困っている場合には、カットで正しく梳くことが重要です。

ただし間違った梳き方をしてしまうと、余計にまとまりにくい髪になってしまうため注意が必要!

そこで今回は、美容院MAX HERAIの戸来が「髪の毛を梳く(すく)メリットとデメリット」を解説。

毛量が多くて広がる方や、梳いた髪におすすめのヘアケア&スタイリングもご紹介します。

髪の毛を梳く(すく)メリット

髪の毛を梳くメリットは、大きくわけると以下の3つ!

  1. 毛量を減らすことができる
  2. 髪型に軽さが出て垢抜ける
  3. 髪の毛に動きを出しやすくなる

毛量を減らすことができる

髪の毛を梳くと、多い毛量を減らすことができるメリットがあります。

生まれつき髪の量が多い人は、以下のようなお悩みを抱えていることがほとんど。

「髪の厚みがありすぎて膨らんでしまう」

「毛量が多くてコテやアイロンでのセットが大変」

こんな場合には、髪を適度に梳くことでスタイリング時の扱いが圧倒的に楽になります。

ボブはショートボブがまとまりやすい

また、毛量が減ることで「髪を乾かす時間」が短縮されるのも、忙しい女性にとっては嬉しいメリットでしょう。

髪型に軽さが出て垢抜ける

髪の毛を梳くと、軽い髪型を楽しむことができるのも大きなメリット。

毛先まで切り揃えたような重い髪型は、どうしても古臭い印象を与えてしまいます。

また、もともと毛量が多い女性の場合には、レイヤー(段)を入れてカットしてあげても、全体的な重さが残りがち。

このように、バランスよく梳いてあげることで髪型に軽さが出て、一気に垢抜けた印象へチェンジすることができます。

髪の毛に動きを出しやすくなる

髪の毛を梳くと、動きのあるスタイルを作りやすくなります。

特に、ショートやショートボブなどの髪型は、襟足にかけて軽くしてあげることでメリハリのあるシルエットに!

襟足を梳いてコンパクトにまとめると、トップや後頭部のふんわりとした丸みが出しやすく、頭の形もキレイに見えます。

また、毛先をコテで巻く方パーマヘアも適度に梳いてあげると、動きのあるカールが出やすいです。

毛先を揃えるカット

髪の毛を梳く(すく)デメリット

髪の毛を梳くときには、もちろんデメリットもあります。

特に「梳きすぎカット」では、このデメリットが強く出てしまうので注意しましょう。

  1. 毛先や髪の表面がパサパサする
  2. 髪の毛が広がってしまう

毛先や髪の表面がパサパサする

毛先がスカスカになるほど髪の毛を梳いてしまうと、傷んで見えることがあるため注意が必要。

毛量が多いからといって、むやみに梳きすぎるのは危険です。

好かれすぎた髪はまとまりにくい

また、髪の表面に短い毛がピョンピョン出てくることで、アホ毛のように見えたりパサパサな印象を与えることも。

梳くという行為は、美容師の技術やセンス、経験によって仕上がりが大きく変わります。

正直、あらゆるカット方法のなかでも難易度が高い技術です。

髪の毛を軽くするときには、信頼できる美容師さんにお願いするようにしましょう。

髪の毛が広がってしまう

梳きすぎは、ボリュームダウンどころか髪の毛が広がる原因になってしまいます。

髪の重みがなくなり、膨張しやすくなることが大きな要因。

また、髪の毛を梳くと、短い髪の毛が無数に作られます。

その短い髪が、他の髪の毛を押し上げてしまうため、髪が膨らんだり広がるというわけです。

特に、普段からスタイリング剤を使用しない人は「まとまりの悪さ」を感じることが多いです。

毛量調整などで髪を梳いた後は、必ず保湿系のスタイリング剤を使用しましょう。

髪の毛を梳いた方がいい髪質

髪の毛を梳いた方がいいのは、以下のような髪質の方。

  • 毛量が多い
  • 髪の毛が太い
  • 髪の毛が硬い

これらの髪質がどのように変化するのか、実例で見てみましょう。

毛量が多い

毛量が多い人は、バランスよく髪の毛を梳いて「毛量調整」することをおすすめします。

これは、ショートヘアにもロングヘアにもいえることです。

髪の量が多い場合には、切りっぱなしカットや毛先パッツンカットでは、モサっとした重い印象になってしまいます。

また、スタイリングでのボリュームコントロールも難しくなるため、適度に梳いた方が良いでしょう。

ショートスタイルの場合には、梳くだけでなくバランスよくレイヤーを入れてあげると、動きのあるオシャレな髪型になります。

毛量が多いくせ毛さんも、軽く梳いてあげるのがGOOD!

コンプレックスの「うねり」も、可愛らしいパーマ風にスタイリングできますよ。

髪の毛が太い・硬い

太い、硬い髪質の人は、髪の毛に動きを出しにくい特徴があります。

  • ふんわりとした髪型にしたい
  • 毛先に動きを出したい
  • 立体感のあるスタイルにしたい

こんな場合には、髪の毛を梳いた方がイメージ通りのヘアスタイルを作りやすいです。

ただし、毛先を梳きすぎないことが大事。

毛先を梳きすぎるとスカスカ&ペラペラになり、毛先がハネたり広がってまとまりが悪くなります。

全体のバランスを見ながら、毛先には多少重さを残してあげる方が毎日のスタイリングも楽になるでしょう。

梳かない方がいい髪質もある

髪の毛を梳かない方が良いのは、以下のような髪質の人。

  • 毛量が少ない
  • 猫っ毛
  • 細毛
  • 髪の毛が柔らかい

そもそも、髪の毛が少ない方は必要以上に梳いて毛量調節する必要はありません。

ただでさえ毛量が少ないのに梳いてしまうと、ふんわりとしたボリュームが出にくくなってしまいます。

上記のような髪質の方が「メリハリのある髪型」にしたい場合には、梳くのではなく「レイヤー」で立体感を出すカットをしてもらいましょう。

薄毛やボリュームが出にくい女性におすすめの髪型

梳いた髪にはヘアケア×スタイリングが必須

毛量調整や動きを出すために梳いた髪は、何もしない「すっぴん髪」のままだとパサついて見えたり広がってしまいます。

そのため、適切なヘアケアスタイリング剤が必須!

シャンプー後には、アウトバストリートメントの「プリュムヘアオイル」がおすすめです。

美容師開発のプリュムヘアオイルには、補修成分「ケラチン」「コラーゲン」「シルク」をたっぷり配合。

毛先まで指通りなめらかでまとまりやすい髪へと導きます。

また、スタイリングには保湿系トリートメントワックスが最適。

保湿成分だけでお作りしたプリュムワックスは、広がりやすい髪もしっとりとまとめ、ツヤツヤの状態をキープするスタイリング剤です。

ワックスでパサパサを抑える

↑プリュムワックスでスタイリング

髪を梳くことで生じやすい「表面のアホ毛」や「パサパサ感」を抑え、なめらかな美髪に見せてくれるワックス。

乾燥してパサつきやすい毛先の保湿にも効果的です。

プリュムヘアオイルとワックスを併用すれば、髪の補修&保湿効果がUP!

湿気や雨、汗などの水分で髪が広がったり、うねりが強く出てしまう方にもおすすめです。

ゴワつきやすい剛毛さんや、膨張しやすいくせ毛さんをはじめ、ダメージエイジング毛で髪がまとまりにくい女性からも大人気!

たくさんのお客様に効果を実感していただいています。

「広がるのは髪質のせいだから仕方ない」

「梳きすぎて髪がまとまらなくなってしまった」

プリュムヘアオイル&プリュムワックスは、こんな方にこそお試しいただきたい自信作です。

 

まとめ

今回は、髪の毛を梳く(すく)メリットとデメリット、そして梳いた髪におすすめのヘアケア&スタイリング剤をご紹介してきました。

毛量が多い方や硬い髪は、梳くことで動きのある「垢抜けスタイル」を楽しめます。

しかし、梳くという行為はカットの中でも難しい技術。

スカスカになるまで梳いてしまうと、髪が傷んで見えたり広がる原因になってしまうことも少なくありません。

髪を軽くしたい場合には、梳くことのリスクをしっかり把握したうえで、信頼できる美容師さんと相談しながら髪型を決めていきましょう。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

プリュムヘアケアはこちら