髪の毛をすくべき髪質とすいた後のメリット・デメリットについて

髪はすくと広がる?
Pocket

髪の毛の量が多くてまとまりにくいからヘアカットのときはいつも髪をすくようにしているあなたへ。

実は髪質によって髪をすいた方が良い場合とそうでない場合があるのをご存知ですか?

このページでは美容師が髪をすくべき髪質とそのメリット・デメリットについて解説しています。

全体的に軽めに髪型にしたいから、髪をすいておきたいと思うお気持ちは分かりますが、必ずしもすべての髪質で髪はすくべきではありません。

髪をすいたらどんなメリットがあるのか、またデメリットにどんなことが考えられるのか、あらかじめ知っておきましょう。

元々毛量が多くて広がりやすい、髪をすいたために広がりやすくなったときのヘアケア・スタイリングもご案内します。

ぜひ最後までお付き合いいただき、髪をすくことの本当の意味を理解しておきましょう。

髪質によって髪をすくべきかどうかは異なる

毎日のヘアセットで広がる髪にウンザリ、次に美容室でヘアカットするときは絶対に髪をすく、と決めているあなたへ。

実は髪をすくべきかどうかは、髪質によって異なります。

髪の毛をすくべきなのは以下の2つの髪質の場合。

  • 毛量が多い
  • 髪の毛が太い・硬い

この他に髪をすくべきではない髪質もあるので、それぞれ詳しく説明していきますね。

毛量が多い場合はバランス・デザインを考えながら髪をすくべき

もともと髪の毛の量が多い場合は希望する髪型に近づけるためにも、バランスよく髪をすくべきです。

ショートやミディアム・セミロング、ロングヘアといったどんなヘアスタイルにも共通して言えることですね。

毛量が多い場合は髪をすくべき担当美容師:戸来

髪の量が多い場合には、切りっぱなしカットや毛先ぱっつんカットでは、モサっと重い印象になりがち。

スタイリングの際のボリュームコントロールも難しくなるので適度に髪をすくべきです。

ショートの場合は髪をすくだけでなく、バランスよくレイヤーを入れて動きのある髪型にするとおしゃれに仕上がりますよ。

髪をすくだけでなくレイヤーを入れるとショートはおしゃれに仕上がります担当美容師:戸来

うねる・広がる髪にお悩みのくせ毛さんも毛量調整のために髪をすくと良いです。

気になる髪のうねりを活かした可愛らしいパーマ風のヘアスタイルにできますよ。

髪の毛が太い・硬い場合も髪はすくべき

髪が太い・硬いという髪質だと、髪の毛に動きが出しにくいもの。

ふんわりとした可愛らしい髪型にしたい、毛先に動きを出して立体感のあるヘアスタイルにしたい場合は、髪の毛をすくとイメージに近い髪型作りがやりやすくなります。

太い・硬い髪質の場合は髪をすいてヘアセットしやすくしましょう担当美容師:Genki

ただし!毛先をすきすぎないように注意すること。

毛先をすきすぎるとスカスカ&バラバラになってしまい、ハネて広がって髪のまとまりが悪くなります。

全体のバランスを見つつ、毛先には多少重さを残してあげると毎日のスタイリングが楽になりますよ。

髪をすくべきではない髪質とは?

毛量調整のために髪をすくべきなのは毛量が多い、または髪が太くて硬い髪質ですが、以下のような髪質のだと髪はすくべきではありません。

  • 毛量が少ない
  • 猫っ毛・髪の毛が柔らかい

そもそも、髪の毛が少ない方は必要以上に髪をすいて毛量調節をしなくても良いです。

毛量が少ないのに髪をすいてしまうと、ふんわりとしたボリュームを持たせることが難しくなります。

もし毛量が少なく、猫っ毛で髪の毛が柔らかい髪質でメリハリのある髪型にしたいなら、髪をすくのではなく、レイヤーで立体感を出すようにカットしてもらうのがコツ。

薄毛やボリュームが出にくい女性に髪をすかないレイヤーで作る髪型担当美容師:戸来

カット前に美容師さんにカウンセリングをしてもらい、髪質を伝えた上で髪をすくか、レイヤーを入れて立体感を持たせるか決めましょう。

髪の毛をすくメリットとデメリット

髪の毛をすくことで得られるメリット、デメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、髪をすくと以下の3つのメリットがあります。

  1. 毛量を減らせる
  2. 軽くて垢ぬけた髪型になる
  3. 髪の毛に動きを出せる

髪をすくと毛量を減らしてバランスを取りやすい

髪の毛をすくと毛量を減らして全体のバランスを取りやすくなるのが大きなメリットですね。

生まれつき毛量が多い場合、こんなお悩みを抱えることになります。

「髪の厚みがありすぎて膨らんでしまう」

「毛量が多くてコテやアイロンでのセットが大変」

こうしたお悩みは髪をすくことで解決、毎朝のヘアセット・スタイリングがぐっと楽になりますよ。

髪をすいてあげるとヘアセットが楽になる

毛量が減るとお風呂やシャワーのあとのドライヤーにかかる時間も減ることもメリットと言えますね。

軽くて垢ぬけた髪型を楽しめる

髪の毛をすくことでおしゃれでエアリーな、軽い髪型を楽しめます。

毛先まで切り揃えたような重い髪型だと、どうしても動きがない印象を与えてしまいがち。

もともと毛量が多いと、レイヤーを入れたカットだけでは髪全体に重たさが残ってしまいます。

髪をすくことで軽くておしゃれな髪型を楽しめます担当美容師:Genki

こちらのお客様のようにデザインを踏まえて全体的にバランスよく髪をすくことで。軽くてかわいいヘアスタイルに変えられます。

髪の毛をすくと動きを出しやすくなる

髪に動きを出しやすく、メリハリのある髪型を楽しめるようになるのも髪の毛をすくメリット。

ショートやショートボブといった髪型は、襟足にかけて髪をすいて軽くしてあげると一気におしゃれ度がアップします。

髪をすくことで動き・メリハリのある髪型になります担当美容師:戸来

襟足の髪をすいてコンパクトにまとめると、トップや後頭部のふんわりとした丸みが出しやすく、頭の形もキレイに見えるのでおすすめ。

パーマヘアや毛先をコテで巻く場合も、適度に髪をすくことで動きのあるカールが出やすくなります。

パーマ・コテ巻きの場合も髪をすくと綺麗なカールが出やすい担当美容師:戸来

髪の毛をすく場合のデメリットについて

メリットもあれば必ずデメリットもあるもの、髪をすくことにもデメリットはあります。

  1. 毛先や髪の表面がパサパサしやすい
  2. 髪の毛が広がる

特に髪をすきすぎてしまうとこれらのデメリットが顕著になるのでくれぐれもご注意ください。

毛先や髪の表面がパサパサする

毛先がスカスカになるほど髪の毛をすいてしまうと、髪が傷んでいるように見えるため要注意。

毛量が多いからといってむやみに髪をすくのはよくありません。

髪をすきすぎると髪はまとまりにくくなる

髪をすきすぎると、髪の表面に短い毛がピョンピョン出てアホ毛に見えたりパサパサになっている印象を与えてしまうことも。

髪をすく、というのは技術と経験がもとめられる担当美容師:戸来

髪をすく場合、美容師の技術やセンス、経験によって仕上がりが大きく変わります。

実は髪をすく、セニングというものは美容師のカット方法の中でも難易度が高いもの。

髪の毛をすいて軽くするなら、何度か通っていて信頼できる美容師さんにお願いするようにしましょう。

髪の毛をすくと広がりやすい

髪をすきすぎて広がってしまう髪

髪の毛をすきすぎると、髪全体のボリュームダウンどころか、髪の毛が広がってしまう原因になります。

髪の重みがなくなってしまい、膨張しやすくなることがその主な理由。

髪をすくと短い髪の毛が無数に作られることになるのですが、その短い髪が他の髪の毛を押し上げてしまうことで髪が膨らみ、広がる原因に。

髪をすいたことで短い髪が作られ、ほかの髪を膨らませて全体的に広がる原因に

いつもヘアセットにスタイリング剤を使わないと髪をすいた後にまとまりの悪さを感じることが多くなります。

髪をすいて毛量調整をしたら、スタイリング剤を使ってまとまりの悪さをカバーしてくださいね。

髪をすいた後はヘアケア・スタイリングを

毛量の多さをコントロール、軽さ・動きを出すために髪をすくとパサついたり広がりやすくなることをお伝えしました。

せっかく髪をすいて希望の髪型に近づくことができたなら、ヘアケア・スタイリングをしないのはあまりにもったいないです。

ここから髪をすいた後におすすめのヘアケアアイテムを紹介させてくださいね。

入浴後に使う洗い流さないトリートメントにヘアオイルを導入

あなたはお風呂やシャワーから出たあとに使う「洗い流さないトリートメント」を何か利用していらっしゃいますか?

入浴中に使うシャンプー&トリートメントをインバストリートメントと呼ぶのに対し、入浴後に使うヘアミルクやヘアウォーター、ヘアオイルなどをアウトバストリートメント、または「洗い流さないトリートメント」と呼びます。

パサつく、広がる髪におすすめの「洗い流さないトリートメント」はズバリ、ヘアオイル

油分で髪をコーティングしてドライヤーやコテ・アイロンの熱から保護、さらに含まれる成分で髪の保湿・毛髪補修まで可能になります。

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛のお客様を担当し続けた美容師が、その経験と知識を活かして作り出したプリュムヘアオイルは髪をすいた後にパサつく広がる髪にぴったり。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

プリュムヘアオイルでツヤ・まとまりのある髪へBefore:スタイリング前 After:スタイリング後

ケラチン、シルクとコラーゲンを配合しているプリュムヘアオイルは髪を油分で保護するだけでなく、パサつく髪を保湿・毛髪補修。

髪をすいて広がる髪やくせ毛、パーマやヘアカラーなどで傷んでしまった髪を健やかな状態に導きます。

パサつく・広がる髪にはプリュムヘアオイルがおすすめ

プリュムヘアオイルを馴染ませると、ツヤ・まとまりのある髪へ、ご使用いただくとその効果に驚かれること間違いなし。

続いてお出かけ前のヘアセット、パサつく・広がる髪を抑えてしっかり髪型をキープさせるならプリュムワックスをぜひ、お試しください。

保湿・ヘアケアまでできるスタイリング剤、プリュムワックス

髪をすくことで生じる表面のアホ毛・浮いてしまう髪やパサパサ感を抑えて、なめらかな美髪に見せてくれるワックスです。

しっとりまとまるプリュムワックスでスタイリングBefore:スタイリング前 After:スタイリング後

ワックス、と聞くとにおいが苦手、ベタベタするのがイヤ、という声が聞こえてきそうですが、ご安心を。

プリュムワックスは無香料・無香性でにおいナシ、手触りも極力ベタつかない作りにしてあります。

最大の特徴はヘアセットをするだけでなく、使い続けることで含まれる成分によって髪の保湿・ヘアケアまで出来ること。

ふわっとナチュラルなヘアスタイル作りをしながら大切な髪をヘアケアまでしてくれる優れモノです。

保湿・毛髪補修のできる洗い流さないトリートメントとしてのプリュムヘアオイル、ヘアセットしつつ保湿・ヘアケアまでできるプリュムワックスの2つを組み合わせた2STEPアウトバストリートメントは毎日、簡単にご自宅で続けられるサロンクオリティのヘアケアセット。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

梅雨や夏の雨・湿気や汗で髪が広がる、うねることにお悩みのあなたにもおすすめです。

2STEPアウトバストリートメントで広がる・パサつく髪をヘアケア・ヘアセットイメージ図

実際にご利用いただいているお客様からの口コミをいくつか紹介させていただきますね。

傷んでしまった髪が美容師がセットしたようなツヤツヤの状態に、彩子様からの口コミ

2STEPアウトバストリートメントを早速購入し、数日たちましたので乾燥をお伝えします。
おすすめしていただいたように乾かす前にはプリュムヘアオイル、出かける前にプリュムワックスを使用すると私の剛毛・くせ毛、そして傷んだ髪がまるで、美容師さんにセットしてもらったかのようにツヤツヤに仕上がり一日中ボリュームを抑えることができました!!
感動です!
★★★★★ 2020年1月15日

くせ毛で広がるくせ毛の髪もツルツルしっとり、きよこ様からの口コミ

乾かす前にプリュムヘアオイル、出掛ける前にプリュムワックスを使ってみました。
そしたらくせ毛で広がる髪でもツルツルしっとりが一日中キープできましたよ。
ありがとうございます!
無くなりましたらまた、購入させていただきます!
★★★★★ 2020年1月15日

※感想はお客様個人のご感想です。

商品詳細ページには、その他のお客様からの口コミ・体験談を掲載してますのでぜひ、ご確認ください。

髪がすくと広がるのは仕方がないと諦めるしかない、または髪をすきすぎてまとまらない、こんなお悩みをお持ちならぜひ、この2STEPアウトバストリートメントを試してみてくださいね。

髪をすくべき髪質とそのメリット・デメリット、まとめ

髪をすくべきな髪質とは、毛量が多い、または髪が太い・硬い場合、猫っ毛で柔らかい、もともと毛量が少ない場合には髪をすくのではなくレイヤーを使って立体的な髪型作りをすべきです。

髪をすくことで全体的に軽く、おしゃれなヘアスタイルを目指すことができますが、パサついて広がりやすくなりがち。

せっかくおしゃれな髪型を手に入れたなら、ヘアケア・スタイリングでカバーしましょう。

プリュムヘアケア「2STEPアウトバストリートメント」で髪を保湿・毛髪補修、ヘアセットしながら保湿・ヘアケアし続ければ、ツヤ・まとまりのある美しい髪を手に入れられますよ。

髪をすくことは実は経験のある美容師さんでなければ難しいスキルです、信用できる美容師さんにあなたが希望する髪型を伝えて上手に髪をすいてもらいましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket