美容師解説!髪を軽くしたい女性必見!メリットとデメリットは?

髪を軽くするメリットとデメリット
Pocket

「毛量が多いせいで、いつも重い髪型になってしまう」

「剛毛で膨らむ髪をなんとかしたい」

こんなお悩みで、髪を軽くしたいと思っていませんか?

しかし、むやみに梳いてもらうのはNG!

逆に、髪のまとまりが悪くなってしまうことが多いため注意が必要です。

今回は美容師戸来が、髪を軽くしたい女性に向けて、そのメリットやデメリット、注意点を解説します。

膨らむ髪をスッキリ見せるヘアケア方法もご紹介するので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

髪を軽くするメリット・デメリット

髪を軽くする前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

メリットは、以下の3つ。

  1. 垢抜けた印象になる
  2. 動きが出しやすくなる
  3. 髪を乾かすのが楽になる

そして、デメリットは以下の2つです。

  1. 梳きすぎると髪がパサパサに見える
  2. 軽くしすぎるとアホ毛が増える

メリット1:垢抜けた印象になる

髪を軽くするときには、基本的にレイヤーシャギーなどのカット技術を使います。

また、毛先を梳くことも多いですね。

毛量が多い方や剛毛さん、広がる髪質の方は、これらのカットによって「重たい印象」が解消されます。

その結果、垢抜けた印象の髪型になれることが多いです。

こちらのお客様もバランスよくレイヤーを入れて髪を軽くするだけで、このようにふんわりとしたスタイルに!

BeforeとAfterを見比べると一目瞭然でしょう。

なんとなく野暮ったいっぽい印象の髪型でも、軽くするだけで一気に洗練されたイメージに変わりますよね。

メリット2:動きが出しやすくなる

毛先を揃えるカット

髪を軽くすると、ヘアスタイル全体に動きが出しやすくなります。

ショートやボブでは束感を作りやすくなるため、おしゃれな雰囲気に変身できるのです。

このとき大事なのは、軽くしてもまとまるカットを意識すること!

柔らかく動く髪は、日本人女性にはとてもよく似合います。

また、くせ毛のうねりを活かした髪型にする場合にも、ある程度軽さを出してあげた方が洗練されて見えるのでおすすめです。

カット、ヘアセット/原宿MAX HERAI 戸来 正博

メリット3:髪を乾かすのが楽になる

ドライヤーで髪がパサつく原因

髪を軽くしたいと思う理由は「髪が扱いにくい」「重い」「毛量が多い」などが多いでしょう。

レイヤーを入れたり梳いて軽くすることで、毛量を減らすことができるため「髪を乾かすのが楽になった」と感じる女性がほとんど。

実際には、軽くしても「頭皮から生えている髪の量」は変わりません。

しかし、中間や毛先の毛量はかなり減らすことが可能。

ドライヤー時の快適さだけでなく、シャンプーの泡立ちが良く感じられることも多いです。

毛量が減ったことにより、アイロンやコテが使いやすくなるのも嬉しいポイントでしょう。

デメリット1:梳きすぎると髪がパサパサに見える

毛量を減らしすぎると髪は広がる

髪を軽くするときには、梳きすぎに注意が必要です。

「とにかく毛量が減れば良い」といった考えで、むやみに髪を少なくしすぎてしまうとパサパサ感が強く出てしまいます。

Beforeのように、毛先を軽くしすぎると髪が必要以上に傷んで見えるデメリットがあるのです。

ただ「傷んで見える」だけではなく、実際にパサついて広がりやすくなるため注意が必要!

髪を軽くする際には、梳き方の加減バランスが重要だといえるでしょう。

デメリット2:軽くしすぎるとアホ毛が増える

2015-07-03_20.11.45

根本付近や中間を梳きすぎてしまうと、短い毛がたくさん作られてしまうため「アホ毛」が大量発生することも!

「軽くしたら余計にボワボワ広がるようになった」

「チリチリした短い髪が表面に出てくるようになった」

このような場合には、梳きすぎカットが原因だと考えられます。

上の女性は、他の美容院で同じところを梳かれ過ぎてしまったお客様。

短い毛が大量にピョンピョン出てくるようになり、僕の美容院へ駈け込んでこられました。

もちろん、梳くこと自体が悪いわけではありません。

僕だってお客様の髪をしっかり拝見したうえで、必要に応じて梳くことは多いです。

しかし、梳きすぎてしまうと余計な髪悩みが増えてしまうので、そのバランスには注意しなければなりません。

髪を軽くした方がいい人

ここまで読んでいただいた方のなかには「髪を軽くするべきか、正直迷っている」という女性も多いでしょう。

以下のような方は、ぜひ髪を軽くすることをおすすめします!

  • 毛量が多いせいで広がる人
  • 髪の毛が太い&硬い(剛毛)で動きが出にくい人
  • くせ毛を活かした髪型にしたい人

下でご紹介するお客様はくせ毛があるため、広がりを抑えるために重めのカットをされていました。

しかし、Beforeでは重すぎて垢抜けない印象を受けますよね?

Afterでは、毛先が軽くなるようにカット。

くせ毛が変にうねらなくなり、一気にオシャレな髪型になったと思いませんか?

ほんの少しのカットだけでも、ここまでイメージが変わるのです。

ところが「くせ毛は軽くすると広がる」とか「剛毛は軽くするとまとまらなくなる」と考えている美容師さんは、かなり多いです。

実際、一切梳かないカットなら、髪の重みで広がりにくくなるので当然ですね。

しかし、軽さのない髪型は古臭い印象を与えてしまいます。

美容師目線でお話をすると、あなたの髪を軽くできるかできないかは、担当の美容師さんの技量や柔軟性、応用力に原因があることがほとんどです。

髪を軽くするときの注意点

実際に「軽くしない方がいい髪質」もあるので注意が必要!

また、髪を軽くするときの注意点もまとめたので、美容院でのオーダー時にはぜひお役立てください。

梳かない方がいい髪質がある

  • 髪質が柔らかくて猫っ毛
  • 毛量が少ない

 このような髪質の方は、むやみに梳かない方が良いでしょう。

その理由は、全体のボリュームコントロールが難しいから。

そもそもの毛量やボリュームが少ないため、このようなペタンとした貧相な髪型になってしまうケースが多いです。

逆に、スカスカになることで髪が広がり、パサつきが目立つ髪に見えてしまうことも!

自然な動きを出したい場合には、髪を梳くのではなくレイヤーを活用して仕上げてもらうことをオススメします。

具体的にオーダーすること

髪を軽くする場合には「髪質」「デザイン」「バランス」を考えて、慎重にカットしてもらうことが重要です。

「毛量を少なくしたい」

「軽くして動きを出したい」

このようなときには、美容院で具体的にオーダーしてください。

参考に例をあげておきましょう。

    • 「毛先はスカスカになるまで梳きすぎないで、全体的に毛量を減らしてください」
  •  
      「中間から毛先にかけてパサパサしない程度に軽くしてください」
  •  
      「内側から短い毛が出てくるのはイヤなので、バランスを見て梳いてください」

上記のようにオーダーされたとき、上手くできないことがわかっている美容師さんは恐らく「まとまりが悪くなるけどいいんですか?」などと言ってくると思います。

正直、そのような美容師さんに当たった場合には、無理に梳いてもらわない方が良いでしょう。

失敗してスカスカになったり、毛先がパサパサになるリスクがあります。

万が一、そのカットが失敗しても美容師さん的には「ほら、言った通りでしょ?」という逃げ道があるので注意してくださいね。

毛量が多い&膨らみやすい方におすすめのケア

「髪を軽くしたいけど、広がるのが怖くていつも結んだまま過ごしている」

「梳かれすぎて、短い毛がたくさん出てくるようになった」

こんな方にこそ、毎日のホームケアが欠かせません。

あなたの髪をもっと扱いやすくするために、美容師おすすめの正しいヘアケアスタイリング方法をご紹介します。

ヘアオイルで髪の質感改善

毛量が多い人や髪が膨らみやすい人は、アウトバストリートメントとして「ヘアオイル」を使うことをおすすめします。

カットで梳いたり軽くしなくても、髪の毛が落ち着くことが多いからです。

僕が美容師として開発した「プリュムヘアオイル」には、使うごとに髪の質感を整える補修成分保護成分をふんだんに配合!

髪の質感が明らかに変わり、ツヤとまとまりがアップしているでしょう。

これは、プリュムヘアオイルに含まれている補修成分「ケラチン」と「シルク」の効果!

これらの補修成分が髪の内部に浸透し、ゴワつく剛毛やパサパサする「くせ毛」も健やかな状態へと導きます。

また、硬くて膨らむ髪質も「しなやかで柔らかい美髪」に変身させてくれると大人気!

軽さのある女性らしい髪質に憧れている方は、まずホームケアを見直すことをおすすめしています。

美容院で梳かれすぎてしまい、パサパサになった毛先にも効果的なのでお試しくださいね!

髪のスタイリングは保湿がポイント

「雨の日や湿度の高い日は、普段よりまとまりが悪い」

こんな風に感じている女性は多いでしょう。

髪の毛は、湿気を含むと通常よりも広がったり膨らんでしまう性質を持っています。

特に、くせ毛の方は直毛よりも水分の影響を受けやすいです。

そんな髪質なのに梳きすぎてしまうと、このように湿気で表面からピョンピョン、チリチリと出てきてしまうんですね。

DSC_4572

そんな方にこそ、プリュムヘアオイルとプリュムワックスでの保湿スタイリングがおすすめです!

上のような女性でも、髪表面を保湿コーティングしてあげるだけでこの通り。

DSC_4581

縮毛矯正やサロントリートメントなどは一切していません。

プリュムヘアオイルをつけて乾かした後、プリュムワックスを付けただけです。

たったこれだけのスタイリングで、髪のまとまりが良くなりツヤのある美しい印象を与えることが可能!

この理由は、プリュムワックスが保湿成分だけで作られたスタイリング剤だから。

硬い髪質やくせ毛の女性は、何もつけていないと髪が傷んで「老け見え」しやすい特徴があります。

だからこそ、プリュムワックスでの保湿仕上げがおすすめ!

広がる髪や膨らむ髪でも、ここまで抑えることができます。

実際にプリュムワックスをお使いのお客様からは、美容室へ嬉しいお声をたくさんいただいております。

edited_PhotoGrid_1453038730411

剛毛で強いクセがあるお客様をはじめ、毛量が多くて髪がまとまらなかった方からも喜ばれています。

髪に束感を与え、くせ毛を軽くふんわりオシャレに見せる効果もあるので、ぜひこの機会にお試しくださいね。

まとめ

今回は「髪を軽くしたい」と思っている女性にむけて、軽くすることのメリットとデメリット、おすすめのスタイリングについて解説してきました。

髪を梳くことによって毛量調節をすると、垢抜けて見えたり扱いが楽になるというメリットがあります。

しかし、信頼できる美容師さんにカットしてもらわないと、余計に広がったり傷んだように見えてしまうことも!

だからこそ、髪を軽くする際には、具体的にオーダーすることをおすすめします。

この記事をきっかけに、自分の髪質や髪型を好きになれる女性が少しでも増えたら、僕も嬉しいです。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

プリュムヘアケアはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください