ベタイン系シャンプーの特徴とは?

ベタイン系シャンプーの効果と特徴を美容師が解説
Pocket

ベタイン系のシャンプーってどこかで耳にした、または目にしたことありませんか?最近は毎日使うものは優しい成分のものがいい。食べ物や、お肌につける化粧品などを始め、体に優しいものを選びたい!というのは当然のこと。

そのようにナチュラル志向な人が多くなっている昨今では、ヘアケアでも優しいシャンプーへの注目が集まっています。

そのナチュラル志向の方々におすすめしたいのがベタイン系のシャンプーです。ベタイン系というのは、シャンプーの洗浄成分にベタインを使用しているものを指し、例えばベタイン系で代表的な洗浄成分といえばコカミドプロピルベタインです。

ヤシ油脂肪酸を使用した界面活性剤で植物由来で作られていてアミノ酸系の界面活性剤と並んで、素肌と同じ弱酸性ですから敏感肌の方にも愛される洗浄成分。

そして、シャンプーやコスメに興味がある方ならばご存知かもしれませんが、石油系界面活性剤と比較して環境に優しいという側面もあります。一般的なシャンプーよりもちょっとお値段が高い、いわゆるサロンシャンプーではとてもポピュラーな成分なんですよ。

プリュムシャンプー

ベタイン系シャンプーのメリットは?

素肌想いのやさしい使い心地

ベタインシャンプーの最大の特徴は、頭皮や肌に優しい使い心地なとことろです。赤ちゃん用のベビーシャンプーなどにもベタイン系の界面活性剤は使用されます。

そもそも「ベタイン」というのは、砂糖大根(テンサイ、ビート)由来のアミノ酸系保湿成分から来ています。

▼砂糖大根(テンサイやビートと言われる)

シャンプーの界面活性剤の中でも高価なアミノ酸系洗浄成分と似ており、しっとり、優しい洗い心地を実感できます。  

◆洗浄効果と補修効果を兼ね備えている

シャンプーの洗浄成分は、主にカチオン系界面活性剤、アニオン系界面活性剤がありますが、ベタイン系シャンプーは、その両方の性質を兼ね備えた両性界面活性剤という部類に入ります。

カチオン系の汚れ落とし効果とアニオン系のコンディショニング力の両方を兼ね備えており、近年美容業界では注目が集まっている界面活性剤です。 シャンプーのみならず、お肌に使用するお化粧品にも保湿成分として配合されるほどです。  

◆環境に優しい ベタイン系の界面活性剤は、植物由来ですから、排水に流れていっても環境影響が少ないという特徴があります。と言いますのは、自然界の微生物が分解できる『生分解性』であるからです。

ヒトにも環境にも優しいものが欲しいという方にはぴったりな洗浄成分です。  


ベタイン系シャンプーのデメリットは?

ベタイン系の界面活性剤をメインで使っているシャンプーは価格が高いです。

メインで使っているかどうかは、シャンプーの裏面、成分表記を見ることで確認できます。 代表的なものとしては、 コカミドプロビルベタイン、ラウロイルプロビルスベタイン、ココアンホ酢酸 といったものがあります。

シャンプーは成分が多い順番に成分名が表記されています。

一番目は基本『水』です。水を含む上位5番目くらいまでがシャンプーのメインの成分となります。 それ以降にベタイン系の成分がある場合は比較的価格が安いですが、メインの成分が石油系だとその良さを享受しにくいのが現実です。

 シャンプーの洗浄成分で価格が高価な順に並べると・・・ ベタイン系 ≧ アミノ酸系 ≧ 高級アルコール系、石油系 となります。

サロン品はベタイン系、アミノ酸系の洗浄成分がメインで、市販品は高級アルコール系、あるいは石油系がメインであることが多いです。  

◆洗浄力が弱い

お肌に優しい、環境に優しいベタイン系のシャンプーですが、皮脂分泌量が多い人や普段からヘアスタイリング剤、ヘアスプレーを使う人は汚れ落ちに物足りなさを感じるかもしれません。

確かに、高級アルコール系や石油系といったシャンプーに比べると洗浄力は弱いです。 ただ、頭皮や髪の汚れはシャンプー前の予洗いで70〜80%落ちますから、ぜひ予洗いをしっかりやってみてくださいね。  

ベタイン系はアミノ酸系界面活性剤と混ぜて使用することが一般的

ベタイン系のシャンプーはその成分単体では洗浄力が弱いため、アミノ酸系の界面活性剤と一緒に配合されていることが多いです。

アミノ酸系の界面活性剤は洗い心地がマイルドである反面、泡立ちが物足りないというデメリットがあります。それを補うためにベタイン系界面活性剤を混ぜて製品化するのが一般的です。

編集部おすすめ

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

※本記事内の成分および製品に関する意見は個人の見解であり、効果を100%保証するものではありません。

Pocket