くせ毛だけどブリーチをして髪色を変えたい場合、コレは知っておこう

くせ毛だけどブリーチをして髪色を変えたい場合、コレは知っておこう
Pocket

「くせ毛でも髪色を明るくしたい!」

そんな時、ブリーチをしてからヘアカラーで染めるもの。

でも、くせ毛の髪質がブリーチを入れたらどうなるの?

剛毛、天然パーマ、前髪だけうねるなど、くせ毛の種類は様々。

くせ毛はブリーチをしないほうがいい?向いてない髪質?

髪質が変わる、柔らかくなるなど言われていますが本当でしょうか。

ブリーチ後、傷んだ髪が治るのかも気になるところ。

今回は、美容師がくせ毛とブリーチの関係を徹底解説していきます!


綺麗にカラーリングするためのブリーチ、あなたのくせ毛に何が起こる?

髪がうねる、パサつく、天パなど、くせ毛の種類は様々。

「くせ毛でもハイトーンを入れたい」

「初めてブリーチをするけど、くせ毛にブリーチをしても良いか気になる」

ブリーチは髪が傷むと言われていますが、くせ毛はブリーチをしない方がいい?

ブリーチは髪が傷むと言われていますが、くせ毛はブリーチをしない方がいい?

もし髪が傷んでしまった場合の直し方は?

今回お伝えする内容はこの二つ。

  • くせ毛の方がブリーチを入れる前に知っておきたいこと
  • くせ毛でブリーチを入れてしまった方の髪の傷み改善方法

今回は、そんなくせ毛とブリーチの関係を、美容師が詳しくお伝えしていきます。

まず初めに、ブリーチをする理由をご存知でしょうか?

ブリーチというのは、髪の毛の色素を脱色すること。

髪の毛本来の色を脱色して、ヘアカラーを入れるものです。

特にハイトーンと呼ばれる明るめのヘアカラーを入れるとき、ブリーチは必須。

くせ毛の髪質がブリーチを入れたらどうなるの?

髪の色を明るくしたいほど、ブリーチを入れなければヘアカラーが入りにくいからです。

では次に、くせ毛がブリーチを入れると何が起こるのかお伝えしましょう。

それは「髪が傷む」ということ。

しかし、大切なのは「くせ毛のほうが、ブリーチをしたときに髪が激しく傷む」ということです。

くせ毛ではない方の髪質は真っ直ぐですよね。

ところが、くせ毛は乾燥してパサつきやすく、うねりやチリチリの髪質。

くせ毛は、すでに傷みやすい髪質なのです。

くせ毛は傷みやすい髪質

そこにブリーチをすると髪が更に傷み、修復が難しくなります。

くせ毛がブリーチをすると起こること

  • 髪のダメージが大きい
  • 髪の修復が難しい

今からブリーチをしたいというくせ毛さん。

この二つをよく念頭に置いてくださいね。

ブリーチすると髪はどうなる?失敗しないために知っておくべきこと

くせ毛の髪質でブリーチを入れる場合。

それは髪のダメージが大きく、ダメージを修復するのが難しくなります。

くせ毛の髪質でブリーチを入れる場合、ダメージを修復するのが難しい

では一体なぜでしょうか?

ブリーチは髪が傷むと言われていますが、その仕組みはなんでしょう。

ブリーチの仕組みを解説します。

ブリーチとは、先ほどもお伝えしたように髪の色素を脱色すること。

髪本来の色を抜くものです。

日本人の髪の色は黒い方が多いですよね。

髪の黒色を、薬剤を使って脱色します。

ブリーチは薬剤を使って、髪の色素を脱色すること

その際、髪の表面を覆っている組織「キューティクル」が開いた状態になります。

通常、キューティクルは閉じているもの。

キューティクルが整った状態=髪が綺麗な状態なのです。

逆に、キューティクルが開いたまま=髪が傷んだ状態

開いている部分から髪の毛の栄養や水分が流れ出て、髪が乾燥してパサつく原因になります。

それが、ブリーチをすると髪が傷む理由。

キューティクルが開いたまま=髪が傷んだ状態に

髪をハイトーンにしたいほど、ブリーチで脱色する回数が多くなります。

しかし、ブリーチをするほど髪が傷むということを覚えておいて。

また、キューティクルが開いた状態だと、ヘアカラーが色落ちしやすくなるというデメリットも。

開いている部分から水分や栄養が流れ出てしまうのと同じで、ヘアカラー剤も流出しやすいのです。

  • ブリーチをすると髪が大ダメージを受ける
  • ヘアカラーが流れやすくなる

この二つを押さえておいてください。

くせ毛の悩みである乾燥・パサつきがひどくなるけどうねりは減る?

先ほどの項目では、ブリーチをすると髪が乾燥してパサつきやすくなるとお伝えしました。

くせ毛はパサつきやすく、髪の毛がチリチリしやすいもの。

くせ毛はパサつきやすく、髪の毛がチリチリしやすいもの

ブリーチをすると更に髪が乾燥して、大ダメージを受けてしまいます。

しかし「くせ毛でブリーチをしたら、うねりが治った」

そう仰るお客様もいるんです。

それは、薬剤で髪質が変わるからです。

剛毛で硬い髪質のくせ毛さんがブリーチをしたら、髪質が柔らかくなったという方も。

それは髪の質感を変えるほど、薬剤が髪に強い影響を与えているということです。

くせ毛でブリーチをしたらうねりが治る?

逆に、髪質が細くて柔らかくパサつきやすい方は要注意。

髪が更に乾燥してパサつきやすく、大ダメージを負う場合も。

ブリーチは薬剤の中でも髪の傷みが強く出るものですが、髪質によっては要注意です。

最悪、髪を切るしかなくなるほど髪の傷みが激しく、修復不能になる場合も。

ブリーチをするときは、くせ毛や髪質を美容師さんによく伝えて相談しましょう。

ブリーチするとくせ毛を縮毛矯正できなくなることを知っておこう

くせ毛さんがブリーチをすると髪のダメージが強いとお伝えしました。

ブリーチは、髪の傷みを強くするもの。

では、ブリーチをした後にくせ毛の縮毛矯正をしても良いのでしょうか?

ブリーチ後にくせ毛の縮毛矯正をしても良い?

答えは、もちろんNG

ブリーチも縮毛矯正も、髪にダメージの大きい薬剤を使用しています。

特に縮毛矯正は、薬剤とストレートアイロンを使って直毛にするもの。

薬剤+アイロンの高熱で髪の傷みが強くなります。

ブリーチだけでも髪の栄養がほぼ無くなるもの。

そこに縮毛矯正をすると、髪に栄養がなくなるどころか、栄養補給しても修復不可になる場合が。

縮毛矯正について

ブリーチと縮毛矯正を一度に行うというのは、それほど髪が大ダメージを受けるのです。

特に乾燥してパサつくくせ毛さんは要注意。

では、ブリーチ後どのくらい経てば縮毛矯正を入れられるのでしょう?

それは、ブリーチをした部分が新しい髪の毛に生え変わってからが望ましいです。

ブリーチをかけた髪の上から、縮毛矯正をするのは避けたいところ。

しかし、どうしてもくせ毛が気になって縮毛矯正をしたい場合。

そんな時は、ブリーチ後少なくとも1~2年経ってから縮毛矯正をしてください。

ブリーチ後少なくとも1~2年経ってから縮毛矯正を

美容師としては、ブリーチ後に縮毛矯正をすることをおすすめできません。

しかしくせ毛をどうしても真っ直ぐにしたい。

そんな場合は、ブリーチと縮毛矯正の間隔を大きくあけてくださいね。


施術後、あなたの大切な髪を守るためにやるべきホームケア

くせ毛でブリーチをしたいという場合。

それは、髪が大きなダメージを受けるので美容師としてはあまりおすすめできません。

しかし、どうしてもくせ毛でもブリーチをしたい!という場合。

くせ毛だけど、髪をハイトーンにしておしゃれを楽しみたい。

できるだけ、そんなお客様のご要望に応えて髪のおしゃれを楽しんでいただきたいです。

そこで提案したいのが、毎日のホームケアをしっかり行うこと。

毎日のホームケアをしっかりと

くせ毛でブリーチを入れたいのなら、ホームヘアケアで髪にしっかり潤いを。

  • 髪をしっとり保湿できるシャンプー、トリートメント
  • ヘアオイル
  • ヘアミルク
  • 頭皮のマッサージ

など、自宅でできるヘアケアは様々。

最近では、ドラッグストアやホームセンターでもヘアケア用品をたくさん見かけますよね。

ヘアケア用品は、ご自身の髪質に合っていれば市販のものでもOK

ヘアケア用品はご自身の髪質に合っていれば市販のものでもOK

大事なことは「ヘアケアを続けること」です。

ご自身で続けられそうなヘアケアを行なって、髪のダメージを抑えてくださいね。

より乾燥してパサつく髪のため正しいシャンプー・トリートメント選びを

くせ毛でブリーチをしたい場合、髪に大ダメージが。

くせ毛といえば、もともと乾燥してパサつきやすい髪質。

実は、そんなくせ毛さんのために作られたヘアケア用品があるんです。

くせ毛のためのヘアケア用品、「プリュムヘアケアシリーズ」。

[plume]

主にくせ毛を施術してきた美容師が、くせ毛さんのために研究開発して作られたケア用品です。

乾燥してパサつきやすいくせ毛のために作られたものなので、保湿効果が高いです。

中でも、くせ毛の毎日のケアで使いやすいのがシャンプーとトリートメント。

髪は、毎日または2~3日に一度洗うもの。

洗髪しながらヘアケアを行えて、くせ毛改善に繋がるのなら更に嬉しいですよね。

プリュムヘアケアシリーズにも、シャンプー&トリートメントがあるんです。

  • プリュムシャンプー
  • プリュムトリートメント

どちらか一方を使うだけでも、髪がしっとり潤います。

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

より髪を保湿、くせ毛を抑えたい方はシャンプー&トリートメントどちらも使うことがおすすめです。

乾燥しやすいくせ毛。

更に、くせ毛+ブリーチで傷んだ髪をやさしく保湿。

毛髪補修のできる「ヘマチン」「ケラチン」が配合されています。

この二つの成分が指通りなめらかな髪質に。

毛髪補修効果の高い「ヘマチン」「ケラチン」

ブリーチをしなくても、くせ毛でお悩みの方にもぴったり。指通りをよくするヘアケア用品です。

洗髪のあとは保湿・毛髪補修、ヘアオイルとヘアワックスで髪を守る

くせ毛の方に、そしてくせ毛+ブリーチを施術される方に。

プリュムシャンプー&トリートメントを紹介しました。

毎日のケアに取り入れやすいシャンプーとトリートメント。

しかし、それだけではなく「もっとしっかりケアしたい!」というくせ毛さんに。

くせ毛さんだけではなく、ダメージの強い髪質の方に。

そんな方々におすすめなのが、ヘアオイルとワックス。

「もっとしっかりケアしたい!」というくせ毛さんにはオイルとワックスを

ヘアオイルは髪を保湿し保護してくれるもの。

ワックスは、基本的にスタイリングに使われます。

しかし、保湿効果の高いワックスは髪を保護する役割が。

ヘアオイルもワックスも保湿効果の高いものがおすすめ。

中でも「プリュムヘアケアシリーズ」のオイルとワックス。

「プリュムヘアケアシリーズ」のオイルとワックスがおすすめ

プリュムヘアオイルの効果

3つの毛髪補修成分配合。

イソステアロイル加水分解コラーゲン、ケラチン、シルクが指通りなめらかにしてくれます。

コラーゲンとシルクは保湿力が高い成分。

ケラチンは髪に馴染みやすく、毛髪補修の高い成分です。

ベタつきがなく、さらりとした使い心地が嬉しいです。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

プリュムワックスの効果

  • 3つの保湿成分配合が髪を保護
  • くせ毛を抑えるやさしい仕上がり
  • 固まらないので使いやすい

保湿効果の高いプリュムワックス。

ミツロウ、ホホバ種子油、アルガンスピノサ核酸という保湿成分がやさしく浸透。

スタイリングだけではなく、髪に潤いを与えてくれます。

スタイリング剤として、くせ毛のうねりやパサつきを抑える嬉しい仕上がりに。

ご紹介させていただいたプリュムヘアオイルとプリュムワックスを組み合わせたプリュムヘアケア2STEP洗い流らないトリートメントもおすすめ。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

ぜひ詳細、および口コミをご覧いただきあなたの大切な髪にご利用ください。


くせ毛でブリーチするなら事前に美容師さんに相談するようにしましょう

くせ毛さんがブリーチをすると起こること。

それは「髪が傷む」こと。

美容師として、くせ毛でブリーチをすることはおすすめできません。

しかし、どうしてもヘアカラーを楽しみたい!

そんなときは、美容師とよく相談して決めてくださいね。

くせ毛でブリーチするなら事前に美容師さんに相談するように

もしくせ毛さんがブリーチをする場合は、ヘアケアが大切に。

毛髪補修効果、保湿効果の高いヘアケア用品を選んでください。

中でもおすすめなのが、くせ毛メインに施術してきた美容師が開発したプリュムヘアケアシリーズ。

乾燥したくせ毛のために作られたので、保湿&毛髪補修効果が高いです。

くせ毛でもブリーチをしたい!

そんな方は、髪のダメージに気をつけてヘアケアをしっかり行なってくださいね。

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

Pocket