縮毛矯正をやめたいあなたへ美容師がやめる方法や必要な期間をご案内

Pocket

「美容院での縮毛矯正をやめたい」

「髪のダメージか気になるから縮毛矯正をやめたい」

そういったお悩みをお持ちの方は多いです。

うねりや天パのくせ毛を活かす方法はある?

縮毛矯正しないでストレートにする方法はある?

縮毛矯正しないでストレートにする方法はある?

くせ毛さんは朝起きたときの前髪や、梅雨に出てしまう髪のクセが気になるもの。

縮毛をやめて、傷んだ髪をシャンプーやトリートメントなどでケアしたい。

ストレートにしなくても、くせ毛を活かすヘアスタイルが知りたい!

縮毛矯正をやめたい方、縮毛による髪の傷みでお悩みの方。

今回は、縮毛をやめたいあなたに、やめる方法を傷んだ髪のケア方法を詳しくお伝えしていきます。

縮毛矯正をやめるか迷っているあなたへ、まず美容師に相談しましょう

くせ毛や天然パーマのうねり毛をストレートにしたい!

そんな思いで縮毛矯正を始める方が多いです。

くせ毛は女性だけではなく男性も多いもの。

しかし、縮毛矯正をやめたいと思っても、なかなかやめられないもの。

縮毛矯正により髪が傷んできたら、縮毛矯正をやめたほうがいい?

縮毛矯正により髪が傷んできたら、縮毛矯正をやめたほうがいい?

そもそも、縮毛矯正のダメージ毛は髪質改善できるの?

縮毛矯正をやめたいけど、やめ時が分からない。

そういった方も多いです。

縮毛矯正は髪が傷むとお聞きしたことがある方も多いでしょう。

そうなんです、縮毛矯正は髪のダメージが気になるところ。

縮毛矯正をかけた部分はくせ毛やうねりが真っ直ぐになります。

しかし、その分縮毛矯正によるダメージは大きいのです。

縮毛矯正によるダメージは大きいのです。

縮毛矯正をやめたいけど、縮毛矯正をする以外にどんな髪型にしたらいいの?

縮毛矯正をしなくても、デジタルパーマやカットでくせ毛を目立たなくできる?

縮毛矯正後のダメージ毛に後悔している方必見。

今回は縮毛矯正をやめたい方に向けた内容をお伝えしていきます。

縮毛矯正は、40代や50代の方が行うことも多いです。

なぜなら、くせ毛は加齢による場合もあるからです。

しかし縮毛矯正を続けると、やめたいと思った時になかなかやめられないのが悩み。

縮毛矯正によるダメージ毛が生まれると、縮毛矯正をやめたいと思う方が多くなります。

縮毛矯正によるダメージ毛が生まれると、縮毛矯正をやめたいと思う方が多くなります。

今回は、縮毛矯正をやめたいと思う方のやめ方と、ダメージ毛のケア方法を詳しく解説していきます。

縮毛矯正で傷んだ髪は、ショートにすると目立たなくなる?

ロングヘアではダメージ毛が目立ってしまう?

ダメージ毛を抑える髪型やケア方法が気になるところ。

まずは、縮毛矯正をやめたいと思った時の第一歩の踏み出し方をお伝えしていきます。

「縮毛矯正をやめたいけど踏み出せない」

「本当にやめて良いのか迷っている」

こんなときには、担当の美容師さんに相談してみるのがおすすめです。

担当の美容師さんに相談してみるのがおすすめです。

相談する場合は、以下のポイントをしっかり伝えると伝わりやすいですよ。

  • もともとの癖の強さ
  • 髪が濡れているときの状態
  • 乾いているときの状態
  • 縮毛矯正をやめてどんな髪型にしたいのか
  • 直近2年間の施術履歴(カラー、パーマも含む)

やめたいと思ってからは時間がかかるので、動き出すなら少しでも早めがおすすめ。

ちょっとでも「やめたいな」「やめようかな」

そう思っている場合は、美容師に縮毛矯正をやめたいと伝えてみましょう。

しかし、美容師に言い出せない場合もありますよね。

そんな時は、メールや電話で伝えてもOK!

美容師に言い出せない場合は、メールや電話で伝えてもOK!

特に、メールは直接顔を合わせることがないため、相談しやすくなる可能性があります。

ご自身の伝えやすい方法で、思い切って「縮毛矯正をやめたい」ということを伝えてみるのがおすすめですよ。

髪の毛への負担をかけ続ける縮毛矯正のデメリットについて

さて、縮毛矯正は髪が傷みやすくなるとお伝えしました。

その他にも、縮毛矯正のデメリットはあるのでしょうか?

縮毛矯正を続けている方、やめたいと仰っている方は下記のようなデメリットを挙げることが多いです。

  • 多くの時間を消費する
  • 繰り返しかける必要がある
  • 髪に大きなダメージが蓄積する
  • 髪型や髪色の選択肢が少なくなる

縮毛矯正で髪にダメージを受ける。

それ以外には、美容院に行く時間や費用がかかるのも縮毛矯正のデメリット。

美容院に行く時間や費用がかかるのも縮毛矯正のデメリット。

また、縮毛矯正は髪を真っ直ぐにする施術。

ストレートヘア以外の髪型の選択肢が少ないのです。

縮毛矯正をやめたいと思う方は、これらのデメリットによりやめたいと思うもの。

縮毛矯正でサラサラストレートヘアにすることができます。

しかし、縮毛矯正には上記のようなデメリットが。

特に縮毛矯正による髪のダメージは大きいもの。

縮毛矯正とは、薬剤とストレートアイロンにより髪を真っ直ぐにする施術。

薬剤+アイロンの高熱で、髪は大きなダメージを負ってしまいます。

薬剤により、キューティクル(髪の表面組織)が開きやすくなるのです。

薬剤+アイロンの高熱で、髪は大きなダメージを負ってしまいます。

キューティクルが開くと、髪の栄養や水分が流れやすくなってしまいます。

栄養や水分が十分に行き渡らない髪は、乾燥してパサパサに。

縮毛矯正による髪のダメージとは、こういったものです。

このダメージが予想以上に大きい髪質の方もいるので、縮毛矯正をする際は注意が必要なのです。

また、縮毛矯正を続けていくうちに髪にダメージが蓄積。

縮毛矯正を1回、2回した時は髪がサラサラだったのに、それ以降髪のダメージが進行したという方も。

縮毛矯正を続けるほど、髪の傷みが進行するのです。

あなたの縮毛矯正をやめたい気持ちを後押し、やめるとメリットだらけ

縮毛矯正をした方の中には、くせ毛でお悩みの方が多いです。

  • ストレートヘアになりたいから
  • 自分のくせ毛が嫌いだから
  • 雨の日にうねりやボサボサが悪化するから
  • スタイリングを楽にしたいから

こういった理由で縮毛矯正をかけています。

あなたの縮毛矯正をやめたい気持ちを後押し、やめるとメリットだらけ

くせ毛はスタイリングや梅雨の時期の扱いが大変ですよね。

縮毛矯正のデメリット&メリットをよく考えてから、縮毛矯正を受けた方が多いです。

しかし、縮毛矯正を続けていくうちに「縮毛矯正をやめたい」という方も。

縮毛矯正のメリットは、くせ毛の扱いがラクになること。

髪の毛がサラサラのストレートヘアになるのは嬉しいですよね。

一方、縮毛矯正をやめたいと思う方も。

この項目では、縮毛矯正をやめるメリットをお伝えしていきます。

縮毛矯正をやめるメリット

  • 縮毛矯正による髪のダメージがなくなる
  • 美容院に通う時間&費用がなくなる
  • ストレート以外の髪型を楽しめる

なんといっても、縮毛矯正のダメージがなくなるのは嬉しいですよね。

縮毛矯正のダメージがなくなるのは嬉しいですよね。

縮毛矯正をやめたい方の多くは「縮毛矯正による髪の傷みが気になる」という理由から。

しかし、縮毛矯正にはメリットも存在するということもお忘れなく。

縮毛矯正をやめたいと考えても、あなたにとってメリットが大きい場合は、縮毛矯正をやめる必要はありません。

縮毛矯正をやめる・やめないことを考える場合は、メリット&デメリットをよく考えるのがおすすめです。

実際にやめる方法について1万人以上のくせ毛を見てきた美容師が解説

先ほどまでは縮毛矯正のメリット&デメリットを解説しました。

縮毛矯正は髪が真っ直ぐになる分、ダメージも。

また、美容院に行く時間や費用も気になるところ。

「縮毛矯正のデメリットをよく考えたら、やめたくなった」

「縮毛矯正によるダメージ毛を抑えていきたい!」

今までお伝えした内容は、縮毛矯正のメリット・デメリット。

縮毛矯正をやめたい場合は、まず美容師に相談することをおすすめました。

縮毛矯正をやめたい場合は、まず美容師に相談することをおすすめました。

ここからは、そういった「縮毛矯正をやめたい!」と思う方に向けた内容をお伝えしていきます。

縮毛矯正をやめたいという気持ちが強い方、具体的に縮毛矯正をやめる方法を解説していきます。

縮毛矯正をやめるには?

縮毛矯正をやめたいと思った後は、やめるまでの流れと期間があります。

縮毛矯正をやめるまでの流れ、そして期間について詳しく解説していきましょう。

縮毛矯正をやめたいあなたに3つの方法を紹介します

縮毛矯正を辞める場合には、以下の3つの方法から選択してもらいます。

縮毛矯正をやめる方法3つ

  1. 髪を伸ばしながら少しずつ切っていく
  2. 希望の長さまで髪が伸びるのを待ち、バッサリ切る
  3. 最初にばっさり髪をカットしてから伸ばしていく

基本的に、縮毛矯正をかけた部分の髪を切っていくという方法です。

縮毛矯正をした部分は髪が傷みがち。

縮毛矯正で傷んだ髪をカットしていくことが「縮毛矯正をやめたい」と思ったときの手段です。

縮毛矯正で傷んだ髪をカットしていくことが「縮毛矯正をやめたい」と思ったときの手段です。

さて、縮毛矯正をやめたいと思った時の3つの方法。

どの方法を選ぶかは、お客様の好みや希望によって異なります。

「絶対にこうしなきゃいけない」というルールはありません。

もともと髪の毛が長い女性で「髪を短くしてもOK」という場合。

そんな場合は、最初にショート~ボブくらいにバッサリと切ってしまうケースも。

しかし「縮毛矯正をやめたいけど、あまり短くしたくない」という方もいらっしゃいます。

そんなときには、少しずつ伸ばしながら定期的に毛先をカットする方法。

また、希望の長さまで髪が伸びてから切る方法がおすすめです。

希望の長さまで髪が伸びてから切る方法がおすすめです。

縮毛矯正をやめたいと思ったときは、ヘアカラーやパーマはできるだけやめましょう。

縮毛矯正で髪が傷んだ部分にカラーやパーマなどの薬剤を使うと、髪が更に傷んでしまいます。

また、髪が傷む他に現在の髪の状態が分からなくなってしまいます。

パーマによって髪がカールされているのか、地毛の癖毛によるものなのか。

髪の状態を知るためにも、特にパーマを控えたほうが良いでしょう。

くせ毛のうねりやチリチリが気になる場合は、コテで軽くカールをつけてくせ毛を目立ちにくくすることがおすすめ。

縮毛矯正部分とくせ毛部分を馴染ませるために、コテでくるんと巻いてみましょう。

縮毛矯正部分とくせ毛部分を馴染ませるために、コテでくるんと巻いてみましょう。

実際やめるにはどのくらいの時間・期間が必要になる?

縮毛矯正は、強い意志があれば誰でもやめることができます。

「縮毛矯正をやめたい」と思ってからすぐにやめられるものです。

個人差はありますが、縮毛矯正を卒業するために必要な期間は大体1年~2年半くらい。

縮毛矯正部分の髪をカットして、地毛が伸びてくるまでの期間が大体その程度なのです。

髪の毛は1か月に約1cm程伸びると言われています。

縮毛矯正をやめたいと思ってからすぐにやめられますが、髪の毛が伸びるまでののとを考えると、長期的にみた方が良いでしょう。

縮毛矯正を辞める場合には、長期的なスパンで考えることが大事です。

縮毛矯正を辞める場合には、長期的なスパンで考えることが大事です。

もちろん髪型によって、期間は異なります。

以下は髪が伸びるまでの期間。

あくまで目安になりますが、おおまかにこの期間と考えてくださいね。

  • ショート:半年~1年
  • ボブ:1年半前後
  • ミディアム:2年前後
  • ロング:2年半以上

「縮毛矯正をやめたい」

そう思ってからはすぐにやめられるもの。

しかし、施術をやめたからといって「縮毛矯正卒業」というわけではありません。

縮毛矯正で真っ直ぐにした部分が残っているうちは、まだ「やめている過程」の段階です。

施術をやめたからといって「縮毛矯正卒業」というわけではありません。

全ての髪が地毛になってから、完全に縮毛矯正を卒業したことになります。

道のりは長いように思えますが、縮毛矯正はどなたでもやめられるもの。

脱・縮毛矯正までの期間は、コテでカールや巻き髪を作って楽しんでみてはいかがでしょうか。

縮毛矯正をやめるときに必要な髪の毛のホームケアについて

縮毛矯正をやめている過程では、くせ毛部分と縮毛矯正部分が混在しているもの。

実は、髪が扱いにくいというご相談もいただきます。

また、繰り返しの縮毛矯正によって、髪がパサつきやすくなっている方も少なくありません。

縮毛矯正のように強い薬剤を使う施術は、どうしても髪の毛の負担が蓄積しやすくなってしまうもの。

しかし、これらは下記2点で解消できるんです。

  • 正しいホームケアをする
  • くせ毛をキレイに見せるヘアセット

縮毛矯正をやめるときに必要な髪の毛のホームケアについて

特にパサつきや傷んだ髪にお悩みの方が。

縮毛矯正は予想以上に髪が傷んでしまうものなのです。

ホームケアは縮毛矯正のダメージ毛を補修するだけではなく、地毛がくせ毛の場合抑える効果も。

ホームケアには嬉しい効果がたくさん。

ほんの少し習慣を変えるだけでも、伸びかけのくせ毛を「パーマのようなおしゃれな髪型」に。

詳しくは以下で解説していきますね!

縮毛矯正をやめたいあなたが知っておくべき正しいホームケア

「縮毛矯正をやめたい」というご相談をよくいただきます。

というのも、僕はくせ毛をメインに施術しているからです。

くせ毛でお悩みのお客様からご来店いただくことが多いです。

くせ毛や縮毛矯正後の髪はダメージを受けやすいもの。

美容院のケアだけではなく、ホームケアで髪を補修するのもイチオシです。

美容院のケアだけではなく、ホームケアで髪を補修するのもイチオシです。

自宅で簡単にできるヘアケア方法。

ホームヘアケアの中でも特におすすめしたいのが、アウトバストリートメント。

アウトバストリートメントとは「洗い流さないトリートメント」のこと。

お風呂上がりや寝る前にヘアケアすることで、髪にトリートメント成分が浸透しやすいのです。

また、寝る前に髪を保湿することで、朝起きてからの髪のサラサラ&ツヤツヤ感が変わってくるもの。

朝のスタイリングがラクになりますよ。

アウトバストリートメントの中でも特におすすめなのが、ヘアオイル&ワックス。

使い方は簡単2ステップ。

  1. シャンプー後、髪を乾かす前にヘアオイルをつける
  2. 髪を乾かした後、ヘアワックスをつける

髪を乾かす時に欠かせないドライヤー。

実は熱や摩擦で髪がダメージを受ける場合が。

ドライヤーのダメージから髪を守るためにも、ヘアオイルは保護剤になります。

ヘアオイルの正しい使い方

髪を保護するだけではなく、保湿効果も。

そのあとにつけるワックスで、ヘアオイルの保湿効果を閉じ込めます。

どなたでも簡単にできるホームケア。

縮毛矯正で傷んだ髪を補修してみてはいかがでしょうか。

傷んだ髪を保湿・毛髪補修、2STEPアウトバストリートメント

先ほどはおすすめのホームケア「アウトバストリートメント」についてお伝えしました。

アウトバストリートメントの中でもおすすめなのが、ヘアオイル&ワックス。

しかし、ワックスはスタイリング剤として使われているものが多いですよね。

スタイリングだけではなく、ヘアケア用品として開発したのが「プリュムワックス」

くせ毛さん&縮毛矯正で傷んだ髪におすすめしたいのが、プリュムヘアケアシリーズの「2STEPアウトバストリートメント」です。

プリュムヘアケアシリーズの「2STEPアウトバストリートメント」

2STEPアウトバストリートメントの内容

  • プリュムヘアオイル
  • プリュムワックス

この2つがセットになった、アウトバストリートメントです。

縮毛矯正をやめる人のために、ケラチンやシルクなどの成分をこだわり配合しました。

こだわりの成分でホームケアすることで、縮毛矯正をやめる過程でもキレイにスタイリング可能。

こだわりの成分でホームケアすることで、縮毛矯正をやめる過程でもキレイにスタイリング可能。

縮毛矯正を繰り返してきた髪は、薬剤ダメージをはじめ、熱ダメージなどの傷みが蓄積しています。

たとえ傷んでいない場合であっても、くせ毛という髪質は乾燥しやすい性質。

そのため、まとまりやすい髪を作るためには「補修&保湿ケア」が欠かせません。

使い方は簡単2ステップ。

先ほどの項目で紹介した方法で、簡単にヘアケアできますよ。

まずお風呂あがりの髪には、プリュムヘアオイル。

プリュムヘアオイルを馴染ませてから、ドライヤーを。

こうすることで髪に補修成分が浸透して、指通りが良い状態へと導いてくれます。

さらに、仕上げのスタイリングに「プリュムワックス」

ワックスの付け方

プリュムワックスは、上質な保湿成分のみでお作りしている「トリートメントワックス」です。

優しい保湿成分が、縮毛矯正によってパサついたり広がりやすくなった髪を包み込んだりしてくれますよ。

ツヤも出るワックスなので、伸びてきた地毛をきれいに見せることができるのも嬉しいポイントです。

縮毛矯正をやめてプリュム商品を使ったお客様からの口コミ・体験談

ニックネーム : ねり様からの投稿

細かくチリチリしている硬・太・多の髪です。

癖毛にいい商品やサロントリートメントは無数に試しましたが、最初だけ良くてもどんどん痛んできたり重くなったりで、生まれ持った髪質はどうにもならないと思っていました。

こちらの商品ははじめて納得できました。

手触りがツルッとしたのは衝撃です。

やっと良いものに出会えてすごく嬉しいです。

レビュー投稿日:2020年8月6日

ニックネーム : ふる様からの投稿

買って良かったです。傘の横から霧のように髪にかかる雨を受けてもスタイルキープできたのはこちらの商品がはじめてです。

これからもお世話になろうと思います。

ありがとうございます。

レビュー投稿日:2020年6月23日

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

毎日のヘアケアにおすすめのプリュムワックス&ヘアオイル。

毎日のヘアケアにおすすめのプリュムワックス&ヘアオイル。

ダメージを受けやすいくせ毛をやさしく保湿&保護してくれます。

※公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

やめてよかった縮毛矯正、あなたの髪を大切にしてくださいね

今回は、縮毛矯正をやめたいと思っている方にお伝えする内容でした。

「縮毛矯正をやめたい」

そう思ってからやめるまでの期間や正しい方法について。

縮毛矯正をやめたいと思ってからはいつでもやめられます。

しかし、縮毛矯正した部分をカットしてから地毛になるまでは1〜2年半ほどかかります。

縮毛矯正した部分をカットしてから地毛になるまでは1〜2年半ほどかかります。

「やっぱり縮毛矯正を続けたい」

そう思う場合は、それでも大丈夫。

縮毛矯正を続けるか、やめたいか。

それは縮毛矯正のメリット&デメリットを考えた上で、人それぞれなのです。

縮毛矯正を行ってくせ毛を真っ直ぐにできるのですから、長年くせ毛に悩んでい方は嬉しいですよね。

しかし、縮毛矯正は髪が傷みやすいのでホームケアが大切。

縮毛矯正を続ける場合も、やめた後もホームケアすることをおすすめしています。

縮毛矯正は髪が傷みやすいのでホームケアが大切。

今回紹介したように、ホームケアは決して難しいものではありません。

ホームケアで髪を大切にして、おしゃれを楽しんでくださいね!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

Pocket