女性の髪の生え際、短い毛が出る原因と対策方法を美容師が紹介します

前髪を増やしたい!重くしたい。カットやセット法でなんとかなる?
Pocket

女性の髪の生え際。

よく見ると短い毛が生えていて気になっちゃう!

「いつからこんな短い毛が生えていたの?」

一度気になるとずっと気になってしまいますよね。

どのようにケアしたら良いのか、処理したら良いのか分からない。

そもそも、生え際の短い毛の原因は?

女性の髪の生え際の短い毛。

原因と共に、対策を徹底解説!

一緒に原因を突き止めて、正しいケア方法で予防していきましょう。

生え際を見ると短い毛がありませんか?女性の場合、考えられる2つの原因

鏡で生え際を見てみたら、短い毛がチラッと出ている。

いつから生え際から短い毛が?

特に女性の方は、髪の生え際の短い毛について原因が気になりますよね。

生え際の短い毛を抜くにも、切りたくても短くて処理できない。

生え際の短い毛をどのように処理したら良いのか、予防したら良いのか分からない。

一体、髪の生え際に生える短い毛の原因はなんなのでしょう?

髪の生え際の短い毛。その原因は?

女性だからこそ気になる生え際の短い毛。

生え際の短い毛について、考えられる原因2つを挙げていきます。

1、切れ毛になっている

2、ヘアサイクルが乱れている

女性の髪の生え際から短い毛が出る原因

1、切れ毛になっている

切れ毛とはご存知でしょうか?

切れ毛とは、髪の毛が途中から切れてしまうこと。

髪の生え際をクシでとかすときや、手でほぐしていくときに途中で切れて短い毛になってしまう。

そんなことはありませんか?

生え際に切れ毛ができる原因は、髪のダメージによるもの。

髪がなんらかのダメージを受けて傷んだ結果、生え際に切れ毛ができて短い毛になる原因に。

 

生え際に切れ毛ができる原因は、髪のダメージによるもの

2、ヘアサイクルが乱れている

ヘアサイクルとは、髪が成長するサイクルのこと。

髪のサイクルは以下の3ステップです。

新しい髪の毛が生える

髪が成長して伸びていく

寿命がきて髪が抜ける

正しいサイクルはこの通りなのですが、ヘアサイクルに乱れが生じるとこうはいきません。

髪の成長がストップしてしまうのです。

生え際が伸びずに短い毛になるのは、髪が成長できていないから。

髪の生え際で髪が成長できず、短い毛のままであるということです。

原因は、生え際でヘアサイクルの成長期に問題が起きているから。

健康に太く育つはずの髪が、栄養がなく細くて短い髪の毛になってしまいます。

ヘアサイクルの乱れにより、生え際の短い毛の原因に

女性はホルモンバランスの崩れが原因で、ヘアサイクルが乱れやすいとも言われています。

女性の生え際の短い毛。

出産や加齢など、女性ホルモンの乱れが原因。

注意していきたいですね。

カラー・白髪染め、パーマや縮毛矯正が原因で切れ毛になっている

女性の生え際の短い毛が生えてくる原因の1つ、切れ毛。

切れ毛とは、髪が細くなって途中で切れてしまうこと。

生え際の短い毛は、髪が傷んで切れて短い毛になったものです。

女性が髪の生え際に短い毛ができてしまうのは、生え際の髪がなんらかのダメージを受けて傷んだから。

一体どんなダメージを受けると、生え際に切れ毛の短い毛ができてしまうのでしょうか?

生え際に切れ毛ができる理由

  • ヘアカラー、白髪染めによるもの
  • パーマや縮毛矯正によるもの

ヘアカラーや白髪染め、パーマや縮毛矯正には共通点があります。

それは、薬剤を使っていること。

 

ヘアカラーや白髪染め、パーマや縮毛矯正には共通点が

ヘアカラー剤と縮毛矯正の薬剤は用途が違いますが、どちらもアルカリ性の薬剤が含まれています。

人間のお肌は弱酸性。

もちろん頭皮も弱酸性です。

アルカリ性は真逆なので、生え際の髪や頭皮に対して刺激が強いもの。

頭皮が弱ると、髪に栄養が十分に行き渡らなくなります。

栄養が行き渡らない髪は乾燥しパサついた傷んだ髪質に。

生え際の傷んだ弱々しい短い毛が生まれやすくなります。

傷んだ髪が切れ毛となり、生え際の短い毛の原因に。

アルカリ性の薬剤は髪のキューティクル(髪の表面を覆っている組織)を開かせるという役割があります。

一度キューティクルは閉じにくくなることも。

キューティクルが開いたままだと、髪の栄養や水分が流れ出てしまいます。

キューティクルが傷んだ状態

特に髪の生え際は細く短い毛になりがち。

カラー剤やパーマ剤をつける時、生え際に何度も薬剤を重ね塗りしますよね。

生え際に薬剤を重ね塗りすることで、生え際に弱々しい短い毛が発生しやすくなります。

女性は特に白髪が気になるところ。

生え際の白髪は目立つのでカラー剤を何度も塗ってしまいます。

しかし、生え際の傷んだ短い毛の原因になるので注意したいところです。

不規則でストレスが多い、寝不足などの場合も生え際に短い毛が出ます

夜更かしをして朝遅くまで寝てしまう。

油っぽい食事が多く、1日の運動量も少ない。

そんな不規則な生活が続いていませんか?

女性の生え際の短い毛が生えてくる原因2つ目、不規則な生活によるヘアサイクルの乱れ。

ヘアサイクルの3ステップ

1、新しい髪の毛が生える

2、髪が成長して伸びていく

3、寿命がきて髪が抜ける

不規則な生活は、この2ステップ目の髪の成長に大きく関わります。

 

不規則な生活は髪の成長に大きく関わります

十分な栄養が行き渡らない髪は、成長が止まり生え際の短い毛の原因となります。

生活の乱れはヘアサイクルの乱れ。

弱々しい短い毛の原因になります。

ヘアサイクルが乱れる原因

  • バランスの偏った食事
  • 夜更かしや睡眠不足
  • 日頃のストレス
  • 運動不足

これらの原因により髪の生え際に栄養が行き渡らなくなり、髪の成長が止まり傷んだ短い毛が発生してしまいます。

傷んだ短い毛を抑えるために健康的な生活を心がけましょう。

生え際の短い毛の予防のために、油もの中心の食生活から野菜やお魚中心で栄養素を摂り、早寝早起きを。

また、運動することでストレス解消にも繋がります。

運動を続けて、生え際の短い毛を防止する健康な髪に

特に女性は月経が原因で血が足りない、血の巡りがあまり良くないといわれています。

少し早く起きてお散歩をしたり、通勤時歩いたり。

毎日10分でも、少しずつ運動を続けて、生え際の短い毛を防止する健康な髪に。

体が温まることで頭皮の血行も良くなり、髪に栄養が行き渡りやすくなります。

弱々しく傷んだ短い毛の防止に。生え際の短い毛の発生を抑えることができるのです。

女性の生え際の短い毛の防止だけではなく、体の健康も保てますよ。

女性の生え際の短い毛の原因を踏まえ、どんな対策をすれば良い?

女性の髪の生え際の短い毛。

原因は切れ毛、ヘアサイクルの乱れによるものと解説しました。

髪が傷み弱々しくなり、生え際の短い毛が発生しやすくなります。

では、生え際の短い毛を防止するにはどんな対策が正しいのでしょうか?

1、切れ毛を作らない

2、ヘアサイクルの乱れを起こさないこの2点の対策方法をお伝えしていきます。

生え際の短い毛を防止するには?

髪の生え際の短い毛を防ぐ方法

1、切れ毛を作らない

生え際に切れ毛ができることにより、細く短い毛が生まれます。

生え際の短い毛はヘアカラー剤やパーマ剤、縮毛矯正で使う薬剤により髪が傷む。

そして切れ毛になり、短い毛が発生すると説明しました。

薬剤を使わない=ヘアカラーやパーマをしない。

そうすれば髪がダメージを受けず、生え際の短い毛が発生しなくなります。

「でも、白髪が気になるしヘアカラーを楽しみたい!」

「一切薬剤を使わないで髪を染めるなんてできない」

そんな女性も多いはず。

生え際の短い毛の原因は、確かに髪がダメージを受けることで発生します。

しかし、生え際のダメージに注意しながらヘアカラーを楽しんでいけば良いのです。

ダメージがあると分かっていても、ヘアカラーを楽しみたい

短い毛を防止するために、生え際に薬剤を重ね塗りしすぎないことも大切。

ヘアカラー後のダメージケアをしっかりすることも大切です。

美容院でヘアカラーやパーマをかけると、カラー直後はトリートメントにより髪がサラサラに見えます。

それがケアを怠ると日に日に乾燥してパサついた髪に。

毎日のダメージケアが大切になります。

毎日できるダメージケア方法

  • 毛髪補修効果のあるシャンプー、トリートメントを使う
  • 保湿効果の高いヘアオイルで髪を保護する

髪を洗うときに気をつけたいのが、日々使っているシャンプー、トリートメント。

洗浄効果の高い種類を使うと、髪や頭皮がスッキリしますが必要な皮脂や栄養分まで流してしまうことも。

髪の生え際もスッキリしますが、刺激が強いため短い毛を生む原因に。

そこで、洗浄成分の穏やかな「アミノ酸系」シャンプーがおすすめ。

 

洗浄成分の穏やかな「アミノ酸系」シャンプーがおすすめ

生え際の柔らかい短い毛に低刺激です。

更に、毛髪補修効果のある「ヘマチン」成分が入っているとなお良し。

ヘマチンは、カラー剤やパーマ剤の残存薬剤除去作用があります。

この効果により生え際の短い毛のダメージを抑えてくれます。

また、髪の生え際に毛髪補修シャンプーやトリートメントを重点的につけること。

髪の生え際はシャンプーをしっかりつけることが少ないので、意識してつけましょう。

生え際の傷んだ短い毛を防止するためには毛髪補修がとても大切。

2、ヘアサイクルの乱れを起こさない

ヘアサイクルの乱れは、生活の乱れによるもの。

髪の成長が止ますと、生え際の短い毛の原因に。

 

生活習慣を見直して健康な髪に

生活習慣を見直しましょう。

  • バランスの取れた食事
  • 早寝早起きの規則正しい生活
  • 適度な運動でストレス解消

その日のストレスはその日のうちに解消を◎

適度な運動で汗をかいた後は、軽い入浴がおすすめ。

体が温まると頭皮の血行が良くなり、生え際にも髪全体にも栄養が行き渡りやすくなります。

健康な体が作れると、髪も健康になりますよ。

生え際の短い毛を減らすため、栄養の行き渡る健康な髪を作りましょう。

見過ごしてしまうと女性の薄毛の原因にもなるので要注意

気になる女性の薄毛。

  • 髪にハリやコシが無い
  • 髪のボリュームが減ってきた
  • 地肌が見えるようになってきた

40代以降の女性からこのようなご相談をいただくことがあります。

実は、女性の40%以上が薄毛を経験していると言われています。

気になる女性の薄毛

髪の生え際の短い毛が発生しているときは、薄毛の原因のサイン。

生え際に弱々しく傷んだ短い毛が出てきたときは要注意。

切れ毛やヘアサイクルの乱れにより発生する生え際の短い毛。

髪がダメージを受け続けたり、栄養が流れ続けなかったりすると薄毛の原因になります。

生え際の短い髪はすでに髪の傷み始めなので、ここで進行を食い止めることが大切。

ダメージを受けた生え際の短い毛を放っておくと、薄毛の原因「びまん性脱毛症」になる可能性があります。

女性の薄毛、びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症の原因は3つあります。

1、加齢によるもの

2、女性型脱毛症によるもの

3、ヘアサイクルが休止期に入ったから

女性は40代以降、加齢により髪質が変わります。

髪が短い毛になり細くやわらかく、薄くなっていく原因に。

これが女性の薄毛として現れているのです。

 

びまん性脱毛症の原因は?

そして「女性型脱毛症」

逆に「男性型脱毛症」というものもあり、そちらは男性ホルモンの影響がある薄毛のこと。

女性の薄毛は男性ホルモンの影響が少ないとされており「女性型脱毛症」と呼ばれています。

薄毛の原因3つ目、ヘアサイクルの休止期について。

ヘアサイクルの休止期とは、髪の成長が止まる期間のこと。

休止期では、髪が上に押し上げられてその下に新しい髪の毛が生えてくるスペースを作ります。

突然髪が休止期に入るというのは、生え際の短い毛の原因・ヘアサイクルの乱れでもあります。

生活習慣やストレス、女性ホルモンの乱れにより、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

傷んだ短い毛の原因に。

これらの女性の薄毛の原因を防ぐためにも、生え際の短い毛のケアをする必要があります。

日常生活を改善、食事・睡眠時間を変えてストレスのない毎日を

ヘアサイクルが乱れると、生え際の短い毛や女性の薄毛の原因になるとお伝えしました。

ヘアサイクルの乱れを整えるには、食事や睡眠が大切。

ストレスのない生活習慣になるように見直しましょう。

 

生活習慣を見直して健康な髪に

では、なぜ食事と睡眠が髪に関係があるの?

生え際の短い毛や女性の薄毛の原因と直接関わりがある?

具体的に食事・睡眠と髪の関係性を解説していきます。

1、食事と髪の関係

脂っぽい食事を控えましょうと説明してきました。

脂っぽい揚げ物やケーキなどを多く摂りすぎると、体の中性脂肪が増えてしまいます。

中性脂肪が増えると、頭皮から分泌される皮脂も増加してしまいます。

結果、皮脂が詰まり毛穴が詰まりやすくなる原因に。

生え際の傷んだ短い毛の原因にもなってしまいます。

毛穴が詰まると髪が細くうねって出てきたり、髪に栄養が行き渡らなかったりします。

 

毛穴詰まりは髪のトラブルのもと。

クリスマスやお正月になるにつれて、揚げ物やケーキを多く食べてしまいがち。

中性脂肪が増えると、頭皮から分泌される皮脂も増加

油物だけではなく、野菜やお魚も食べてバランスの良い食事を心がけましょう。

2、睡眠と髪の関係

髪の健康には睡眠が大切とお伝えしましたが、なぜでしょうか?

「たくさん寝ると大きくなる」と聞いたことがある方は多いでしょう。

その通り、睡眠時は「成長ホルモン」が分泌されています。

成長ホルモンとは、体が成長するだけではないもの。

髪にも栄養素を与えてくれるものなのです。

成長ホルモンが一番活発になるのが夜22時~深夜2時。

髪が健康に育つ、大切な美容時間。

生え際の短い毛に栄養を与える時間でもあります。

髪の栄養を考えるだけではなく、お肌の成長も伺える美容時間です。

逆に、夜更かしをすると十分に成長ホルモンが分泌されません。

栄養が行き渡らず、細くパサついた髪質になってしまいます。

生え際の弱く短い毛が発生する原因にも。

なるべく美容時間に就寝して髪もお肌も健康を保ちましょう。

加齢が原因の場合はヘアケア用品を見直して大切な髪を守る

髪の生え際の短い毛の原因2つ。

切れ毛やヘアサイクルの乱れは、実は加齢で短い毛になる原因でもあります。

ヘアサイクルは加齢により乱れがちに。

女性なら出産や更年期などにより、女性ホルモンの乱れも原因に。

女性なら出産や更年期などにより、女性ホルモンの乱れも原因に

残念ながら加齢の進行を食い止めることはできません。

しかし、日々のヘアケアで短い毛のダメージを抑えることができます。

毎日のヘアケアにおすすめしたいのが「プリュムヘアケアシリーズ」

中でも、日常的な髪の洗浄に使うシャンプー、トリートメントがおすすめ。

  • プリュムシャンプー
  • プリュムトリートメント

この2つは、毛髪補修成分の「ヘマチン」「ケラチン」が含まれています。

ヘマチンの効果

  • 毛髪補修
  • 頭皮の血行促進
  • 残存薬剤除去作用

ケラチンの効果

  • 毛髪へのタンパク質補給
  • 毛髪の指通り改善

プリュムヘアケアシリーズで毛髪補修

女性の薄毛の原因のサインである、生え際の短い毛。

髪をやさしく洗浄しながら、生え際の短い毛の傷みを和らげる効果大◎

天然オレンジ果皮油の香りなので、リラックス効果も高いです。

就寝時にゆったりとしたやさしい気持ちにさせてくれますよ。

女性のあなたが朝、鏡を見て生え際に短い毛が目立ったら原因をチェック

髪の生え際の短い毛。

原因と対策をお伝えしましたが、いかがでしたか?

生え際の短い毛の原因は、切れ毛とヘアサイクルの乱れによるもの。

髪の生え際に栄養が行き渡らず、弱々しく短い毛になっている証拠。

生え際の短い毛が出てきている時は、女性の薄毛につながるサイン。

サインを見逃さないで、しっかり生え際の短い毛のダメージケアを行ってください。

しっかり生え際の短い毛のダメージケアを

日々のケアには「プリュムヘアケア」がオススメ!

中でも、毎日使えるプリュムシャンプー、トリートメントでしっかり毛髪補修を。

髪のダメージである生え際の短い毛。

髪の傷みのサインであり薄毛につながる可能性があるので、見逃さないようにしてください。

もし生え際の短い毛が生えてきたら重点的にダメージケアを取り入れて。

日々楽しくヘアケアを取り入れて、40代を過ぎてもオシャレを楽しみましょう!

Pocket