髪の毛量が多い女性に似合う髪型について美容師が解説します

髪が多い人におすすめの髪型
Pocket

「髪の毛の量が多くてしたい髪型にできない」

「ぼわって膨らんでしまうから頭が大きく見えてしまう・・・」

そんなお悩みの方へ。

今回は、「髪の毛の量が多い女性に似合う髪型は?」というテーマでお話していきたいと思います。

この前も「髪の毛の量が多い!扱いにくいし頭が大きく見える・・・」というお悩みを抱えてお客様がご来店くださいました。

「髪が多いけど、もっとオシャレで扱いやすい髪型にしたい」と思っている女性に似合う髪型と膨らむ髪を抑える方法をくせ毛ならお任せ!の美容師がご紹介します。

ぜひ最後までお読みくださいね。


美容師解説!髪の毛の量が多い女性に似合う髪型

それでは、早速「髪の毛の量が多い女性に似合う髪型」をショート、ボブ、ロングの長さ別に解説していきましょう。

まず大前提として、ひとつだけお話させてください。

毛量が多い場合には、ある程度梳いて髪の量を減らしてあげることが必要不可欠です。

梳いて軽さを出した髪型
梳いて軽さを出した髪型

しかし、髪の毛を梳くという行為は美容師側からすると失敗するリスクが大きく、梳くことをオススメしないことも。

特に、髪の量が多い女性には「上手に梳かないと広がってしまう恐れ」があるから。

だから「本当は梳かなきゃいけないのに、梳けない」と美容師さんは困ってしまいます・・・。

軽やかにするためには髪の毛の量が多い女性は迷わず梳いて毛量を減らすことが重要。

もちろん、広がらないように扱いやすいように、髪質や骨格を分析して軽くします。

髪の毛の量が多い女性に似合うショート・ショートボブ編

髪の量が多くてくせ毛でも大丈夫、「短くすると広がる」と思う方もOK。

ショート初心者さんでも小顔にできる髪型はこれ。

毛量が多くても可愛い髪型
毛量が多くても可愛い髪型

似合う髪型を作るときに大切なことは、骨格に合わせたバランスでカットしていくことです。  

髪質とダメージによって広がってしまうため頭が大きく見えてしまっていましたが、コンパクトなシルエットにまとまっています。

コンパクトなショート
コンパクトなショート

毛量を梳いて減らし、トップと後頭部にはボリュームが出るようなデザインにしています。  

「では、次にボブとロングヘアをご紹介します」と言いたいところですが、その前に髪が広がって頭が大きく見えてしまうことで悩んでいる方へ大切な事をご紹介します。  

広がりを抑えるためのに大切なのはホームケアとスタイリング

髪の広がりを抑えるスタイリング
髪の広がりを抑えるスタイリング

髪のひろがりを抑えるには、髪の毛のダメージを補修すること、広がらないようにスタイリングすること、この2つが大切です。

髪型を変える前に、髪のダメージケアと、スタイリングで広がる髪が抑えられることもあります。

 髪質やヘアダメージによって髪の一本一本のキューティクルが開いてしまうと、髪は膨らみます。

髪のために毎日ダメージの補修と保護をしましょう。  

  広がる髪への対策は美容院の前に、ご自宅での2ステップアウトバストリートメントからはじめてみませんか。

ヘアオイルで毛髪を補修して、ワックスで広がりを抑えるスタイリングをします。 

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

髪の毛の量が多い女性に似合うボブ編

髪の量が多い人に似合うボブ
髪の量が多い人に似合うボブ

毛量が多い女性がボブにする場合には、『髪の毛の量を上手く梳くことと、シルエット』が大切。  

 後頭部にもふんわりとした「丸みのあるボリューム」が出て、清楚な雰囲気がぐんと増したような印象に。

このようなボブスタイルを長期間キープするには、 ベースカット、ヘアケアを疎かにいないことを心がけましょう。

髪の毛の量が多い女性に似合う髪型【ロング編】

毛量が多い女性に似合うロング
毛量が多い女性に似合うロング

日本人の大半が面長な骨格、そしてハチが張っている逆三角形にも見えてしまうことが多いです。

そのため、いわゆる「Aラインシルエットのロング」はちょっと難しい。

できるだけ、頭や顔の形がキレイに見える「ひし形」を目指す必要があります。

髪の毛の量が多い女性は、鎖骨くらいの長さのロングがベスト。

梳いてふんわりとした軽さを出してあげても、ペタンコになることがないため毎日のスタイリングも楽ですし、とにかく良く似合います。

また、上手にレイヤーを入れて顔を小さく見せ、全体の雰囲気をすっきりと軽やかにすると若々しさがアップしますよ。

ただし、毛先を軽くしすぎてしまうとパサパサしてしまうので、丁寧に丸くカットするのがポイント。

レイヤーを入れた「ひし形デザイン」は誰でも似合うし、女性の髪型として理想的なシルエットですよ。

また。 毛量が多くてまとまりにくい女性は、ホームケアとして「アウトバストリートメント」をおすすめします。  

アウトバストリートメントで美髪を
アウトバストリートメントで美髪を

こちらはプリュムヘアオイルを付けて乾かした後、ワックスで表面を軽く保湿してあげている状態です。

髪がバサバサしているロングヘアは、清潔感にも欠けてしまいますし、「ちゃんとお手入れしていないのかな?」と思われてしまいがち。

特に、毛量が多い女性の場合には、毛先まで艶やかにまとまるロングヘアを意識したいですよね。


髪の毛の量が多い女性がやってはいけない髪型・注意点

毛先に軽さを出したボブ
毛先に軽さを出したボブ

ここでは、逆に「髪の毛の量が多い女性がやってはいけない髪型や注意点」について解説していきます。

重めのボブ 髪の毛が多い女性が「重めのボブ」にしてしまうと、日本人形のようなヘアスタイルになってしまいがち。

美容師として気持ちはわかりますが、「梳いたら広がるから重めにしましょう」というのは、その場しのぎにしかなりません。

さらに、湿気の多い日にはくせ毛やうねりが強く出てしまうため、重めの髪型だとよりボリュームが気になってしまうでしょう。

髪の量が多いくせ毛さんがボブにする場合は、毛先~全体を軽くして、ナチュラルな動きが出るようなカットを施してもらう必要があります。

中途半端な長さ 「とりあえず、何かあったら結べる長さにしておく」というのは、お客様のライフスタイル、または髪質によっては非常に楽になります。

ただし、毛の量が多い場合は結んでも重めとした印象になってしまう場合も少なくありません。

せっかく長さをキープしていても、どうせいつも結んでいるくらいなら、思い切ってショートボブなど短めの髪型にすることをお勧めします。

段やレイヤーの一切ない髪型 毛量が多い女性の場合、段やレイヤーが一切入っていない髪型はNGです。

なぜなら、髪が扱いにくくなるから。毎朝のセットも上手くできないでしょう。

さらに、毛量が多いくせ毛さんでは、段やレイヤーを上手に使ったカットをしないと「自宅に帰ってから再現できない」という事態に陥りがち。


毛量が多い女性の髪型は「いかに上手く梳くのか」が重要

毛量が多い髪質でも大丈夫
毛量が多い髪質でも大丈夫

髪の毛の量が多い方にありがちな美容院での失敗に、「梳きすぎ」があげられます。

毛量をむやみに少なくすると、「スカスカになって広がってしまう」という経験をしたことがありませんか?

この原因のひとつは、毎回美容院に行くたびに梳いてしまうこと。

梳くという行為は、短い髪の毛を作ることになるため、その短い髪の毛が生えて来た際に上の髪を押し上げてボリュームが出てしまうこともあります。

とはいえ、梳いたら絶対に広がってしまう、なんてことはありません。

毛量が多い女性の髪型は「いかに上手く梳くのか」というポイントが重要なのです。

適度に梳いた髪型
適度に梳いた髪型

カットだけでも、髪の毛の量だけで頭の大きさが小さく見えることも。

そして、女性らしくふんわりするデザインがおすすめです。

「くせ毛は梳いたら広がってしまう」「ショートにしたらセットが大変になる」などと言われ、毛量が多いのに仕方なく『重い髪』を我慢している女性も少なくありません。

毛量が多い・くせ毛の女性は、たとえ梳いてもらわなかったとしても、結局広がってしまうことも。 むしろ、梳いて毛量を減らすと動きが出やすくなります。

確かに梳くことは美容師の技量とセンスが求められます。


まとめ

今回は、美容師解説!髪の毛の量が多い女性に似合う髪型と抑える方法」を解説をしてきました。

くせ毛で髪の毛が多い女性って、「とりあえず、ある程度の長さをキープして、結んで誤魔化す」という方が多いのですが、実は「もったいないなぁ」かも。

あなたに似合う素敵な髪型はもっと他にあるのですから。

髪の量が多くてもくせ毛でも、髪質や骨格、雰囲気に似合う髪型。

そして、あなたのライフスタイルにマッチして、毎日簡単にセットができる「素敵な髪型」と出会えますように。

プリュムワックス 60g

3,500円(税込)

Pocket