ムースとワックスの違い、つけ方・使い方と併用するコツをご紹介

ムースとワックスの違い、つけ方・使い方と併用するコツをご紹介
Pocket

スタイリング剤にはいろんな種類があります。そんな中、ムースとワックスその違いってなんだろうと思ったことはありませんか?

どちらも同じヘアセットに使うスタイリング剤、しかし、その使い方や手触りは全く別物。

このページではムースとワックスはどう使い分けると良いのか、その違いについて美容師さんに解説してもらいました。

それぞれの特徴、髪型別にどちらがおすすめなのか、また一緒に使う場合の注意点もご案内します♪

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。
プリュムシャンプー

あなたはムースとワックス、どっちを使っていますか?

代表的な髪のスタイリング剤、ムースとワックス。

ドラッグストアやコンビニ、スーパーで購入できる市販品だけでなく、サロン・美容室でもオリジナルの商品を用意、その種類は数えきれないほど。

まず最初に整髪料としてのムースとワックスが、それぞれどんな特徴を持つものなのか説明します。

主に水とアルコールから作られている泡状のムース

ムース
ムース原料は主に水、アルコールなど

ムースとは、水とアルコール(エタノール)のエマルジョンタイプのものを起泡化(界面活性剤)で泡状にしたもの。

主に水分が多く含まれており、ムースの成分表に示は、最初に水、そしてエタノールが続くものが多いです。

油性成分から出来ているワックス

ワックス
ワックスは水や油でできている

ワックスは、油性成分を加湿溶解し固形化したスタイリング剤。

主に油分が多く含み、商品によってはファイバー(繊維)が含まれています。

これらの成分の粘度によってボリュームを抑える、束感を出すスタイリングが可能。

ムースとワックスには以下のような特徴・違いがあります。

ムースとワックスの特長一覧

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ
ムース××
ワックス

続いて、ムースとワックスの特徴と使い方をより詳しく説明していきます。

パーマにおすすめなのはムース、その特徴と使い方

ムースの特徴
パーマにおすすめなのはムース

ムースの特徴

ムースには水分が多く含まれているためパーマを出す効果があり、通常、パーマへアのウェーブをキレイ・簡単に出す目的で使われます。

ムースにはソフト・ハード・ウェットなどの種類があり、セット力(固める力)はあまり高くないものが多く、ワックスに比べると束感は出にくいです。

ショートヘア主体のメンズ向けの製品には、ヘアスタイルをキープするため固める成分が配合されているムースも。

ムースはハードでもヘアスプレーやジェルのようにカチカチに固めるわけではないので、軽い質感の仕上がりを求めている方に好まれています。

油分が少ないためベタベタしにくく、軟毛・猫っ毛、毛量が少ない方にも最適。

強いくせ毛のパサつきを夕方までつややかにすることは難しいため、ムースとワックスを併用すると良いでしょう。

その他、ムースには髪に艶を与える役割も◎

ムースの付け方

ムースの使い方のご紹介

  1. 髪の毛を軽く濡らし、ムースを手のひらに出す
  2. パーマをかけた箇所にムースを揉みこみながら付ける
  3. 自然乾燥

ムースを多くつけすぎてしまうと、ペタンと潰れてしまうこともあるのでご注意ください。

ムースの使用量目安

  • ショートからボブ:ゴルフボール1~2個分
  • ミディアム~ロングヘア:ゴルフボール3~4個分

ムースの使用上の注意点

  • ムースは基本的にはコールドパーマなどの濡れたらカール・ウェーブが出るタイプのパーマをかけた髪に使用しましょう、デジタルパーマは乾くとパーマが出るタイプのパーマのため、ムースでのスタイリングは向いていません。
  • 濡れている髪の毛にアイロンやコテを当てると髪に大きなダメージを与えてしまうので、ムースをつけた後にアイロンやコテを使用したヘアセットは避けましょう。

ショートやボブの部分的なスタイリングにはワックスを

ワックスによるスタイリング例
ワックスによるスタイリング例

ワックスは油分が多く含まれているため、商品によっては髪の保湿をしたり指通りをよくすることもできる整髪料です。

ムースより束感を出したり、今っぽい濡れ髪感をだしたり、毛先に動きを出したりするのに向いているため、特にショート・ショートボブといった短めのヘアセットにおすすめ。

ワックスには様々な種類があり、自分の髪質や髪型に合わせた商品を見つけることが出来ます。

ムースと違い、ワックスには種類が多くあるため、どれを選んだらいいのかわからない、と迷うこともありますよね。

ワックスの種類・特徴・使い方を一覧表でご紹介します♪

ワックスの種類・特徴

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ
ファイバー×
マット××
ヘアバーム
ジェル×××
グリース××××

ワックスの中でレディース・メンズ共に今人気なのが、ヘアバームタイプのワックス。

天然由来成分で作られているものが多く、髪の毛を労わりながらスタイリングできるのも人気の理由のひとつ。

髪の毛を立たせたりスタイリングをキープしたりする力は他のワックスより弱め、しかし、しっとり髪をまとめてくれるのでナチュラルなヘアセットにおすすめです。

ヘアバームタイプのワックスの付け方

ヘアバームでのスタイリング例
ヘアバームでのスタイリング例
女性
  1. ワックスを指先に適量取る
  2. 手のひら・指の間に伸ばす
  3. 毛先中心から付けたあと、手ぐしを通すイメージで全体になじませる
ショートヘア、ワックスのスタイリング例
ショートヘア、ワックスのスタイリング例
男性
  1. ワックスを指先に適量取る
  2. 手のひら・指の間に伸ばす
  3. 髪に揉みこむように付ける

油分の多いワックスは、過剰につけすぎてしまうとベタっとした髪になってしまうことも。

最初は指先にほんの少しだけ取って、それを手のひらに広げてから、毛先に一番多くなるようにバランスを見て付けていきましょう。

前髪は手に残った少量のワックスでセットするのがおすすめです。

ワックスの使用量目安

ヘアバームタイプのワックスの一回のスタイリングでの使用量目安
一回の使用量:小粒パール一個分(1g)

製品や髪の毛の長さ・量によっても異なるので少しずつ調整しながら自分にちょうど良い量を見つけてくださいね。

ワックスの用途

  • パーマ、天パのヘアセット(仕上げにワックスをつけてツヤを与える、束感やまとまり感を出す)
  • くせ毛・ダメージ毛にツヤを出す
  • 枝毛・切れ毛のケア
  • ボリュームを抑える
  • まとめ髪
  • ウェットスタイリング

髪型・髪質、タイプ別の相性リストからどちらを使うか考える

ムースとワックス、それぞれの特徴と大まかな違いについて説明をしてきました。

続いては髪型・髪質別にムースとワックスのおすすめの使い分けをご提案します。

ムース・ワックス、髪型別の相性リストはこちら

ムースワックス
ショートヘア
ショートボブ
ボブヘア
ミディアムヘア
ロングヘア

ワックスは束感を出したり、髪の毛を立ち上げたり、毛先に動きを出したりするのに向いていますから、ショートヘアの方・男性にもおすすめです。

ムースは伸びが良いため使いやすいので、ロングヘアの方でも効率よくヘアセット可能。

ムースはその伸びの良さから、髪の毛が短めの方の場合は頭皮にまでついてしまうこともあるため、ムースを用いたヘアセットの際には付け方に注意しましょう。

髪質から見るムースとワックスの相性リストはこちら

ムースワックス
くせ毛
猫っ毛・軟毛
剛毛・多毛

髪質で選ぶなら猫っ毛・軟毛はムース、くせ毛や剛毛ならワックスがおすすめです。

理由は、ムースとワックスの水分量の違いです。

梅雨や夏の雨の多い時期に湿気でスタイリングが崩れてしまうという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

髪の毛は水分でうねったり広がったりします。

特にくせ毛やダメージ毛は水分を吸収しやすいため、うねりや広がりを防ぎたい、まとめ髪をしたいといった場合には、ムースよりワックスの方がおすすめです。

オイルは蒸発しにくいため、長い時間ツヤ感やしっとり感をキープしたい場合もワックスをお使いいただく方が良いでしょう。

髪の毛にボリュームを出したい、パーマを戻したいといった場合にはムースの方がおすすめなので、自分の髪質や希望に合わせて使い分けましょう。


ムースとワックスを併用する場合に注意すべきポイントは?

ムースはパーマのセットに最適。

  • 束感のあるパーマにしたい
  • ツヤ・しっとり感をもう少しキープしたい

これらの希望があるなら、ムースとワックスを併用するのもおすすめです。

ムースだけだと不足するツヤ・まとまりをワックスでカバー

先ほどもお話ししたように、ムースは水分量の多い整髪料です。

水分は髪の毛に潤いを与えますが、蒸発するのも早いためツヤ感・しっとり感が続かないことも多いもの。

髪の毛にツヤ・まとまりが欲しい場合は、オイル成分がたっぷり配合されているワックスとムースを組み合わせて使用すると良いですよ。

ムース・ワックスの併用を3ステップで紹介します

ムースとワックスを併用する時の順番・使い方をご紹介します。

  1. パーマをかけた部分にムースを揉みこみながら付ける
  2. 自然乾燥
  3. ワックスを毛先中心に付ける

ムースには油分が少ないため、仕上げにワックスを付けるとセット力が増し、パーマをより綺麗に出せます。


くせ毛さんに使いやすいワックス

うねる広がる、まとまらないくせ毛の髪に髪ナチュラ編集部がおすすめしているプリュムワックス。

スタイリング力に注力したものがプリュムデュールです。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

この2つのヘアバームタイプのワックスは、くせ毛さんの髪質でもスタイリングしやすいように作られたスタイリング剤。

くせ毛さんのお悩みである、湿気で髪の毛がうねる・広がる、乾燥してパサつくことを考慮に入れて作られたワックスです。

くせ毛のうねりの原因を図解付きで解説

くせ毛は髪の毛にうねりがあること、うねることによる摩擦でダメージを受けやすい髪質であることから、キューティクルが開きやすいという特徴を持っているため、直毛より水分を吸収しやすい髪質。

また、くせ毛は髪内部のタンパク質分布に偏りがあることによって水分分布も偏り、うねりが生じやすい性質も。

くせ毛がうねる、膨張してしまうのは髪内部の構造が原因
くせ毛がうねる、膨張してしまうのは髪内部の構造が原因

髪の毛はダメージを受けるとキューティクルが開いて剥がれ落ち、髪内部の水分・タンパク質が流出して空洞が出来てスカスカな状態になってしまい、うねりや広がりが悪化、乾燥して髪がパサつく原因になります。

そのため、くせ毛の場合は、髪質に合わせた正しいヘアケアが必要です。

プリュムワックス、プリュムデュールはホホバ種子やアルガニアスピノサ核油を配合することで、ヘアセットしながら同時に保湿・ヘアケアが可能。

天然植物オイルで髪の内部までうるおいを与え、疎水性のある天然ロウ※1で内部からの水分の蒸発と湿気の侵入をブロックします

※1プリュムワックスにはワックス成分としてミツロウ配合。プリュムデュールにはミツロウ・キャンデリラロウ・コメヌカロウを配合。

湿気によるくせ毛のうねりを予防するメカニズム
湿気によるくせ毛、うねり髪を扱いやすくスタイリング

雨や汗による湿気でくせ毛の髪がうねるのを防ぎながらスタイリングしやすくします。

以下の6つの項目に該当するくせ毛の方におすすめのヘアワックス

  • 強い香りが苦手
  • 手や顔がベタつくのが嫌
  • 頭皮のかゆみニキビなどが気になる(敏感肌)
  • くせ毛うねりを艶やかにまとめたい
  • ヘアダメージを予防したい・抑えたい
  • シャンプーで落ちやすいワックスが欲しい

プリュムワックス・プリュムデュールは無香料

しっとり・ツヤ感は与えつつ、敬遠されがちなベタつきや、ワックス独特のキツいにおいを抑えました。

固まらないワックスなので何度でもスタイリングし直すこと、付け足すことが可能。

天然植物オイル配合で、ダメージに弱いくせ毛さんや敏感肌の方にもお使いいただけます。

髪の毛につけた後に残ったら、そのままハンドクリームやリップクリームとしても利用できます。

パキパキに固まらないワックスなのでシャンプーでも落としやすいですよ。

プリュムワックスとプリュムデュール、2つの違いについて

質感・使い心地

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ

プリュムワックス

×

プリュムデュール

×

成分の違い

全成分
プリュムワックスワセリン、ミツロウ、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トコフェロール(ビタミンE)
プリュムデュールワセリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、ミツロウ、コメヌカロウ、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、酢酸トコフェロール、パラフィン

プリュムワックスとプリュムデュールの大きな違いは硬さ。

くせ毛を抑えたいまとめ髪をしたい、ロングヘアにツヤを出したいならプリュムワックスがおすすめです。

プリュムワックスでのスタイリングイメージ
プリュムワックスでのスタイリングイメージ

ショートヘアメンズの方、巻き髪につけたい場合にはプリュムデュールがおすすめ。

スタイリングイメージ
スタイリングイメージ

どちらも水分は一切配合していませんから、パサつきやすいくせ毛やダメージ毛でもしっとりまとまるツヤ髪に仕上がります。

プリュムワックスとプリュムデュールはしっとりしていて、それでいてベタつかないのが人気の秘密。

パサパサ・うねうねのくせ毛がご覧の通りの髪に仕上がります。

くせ毛のダメージケアに2STEPアウトバストリートメント

「傷んだ髪を自宅でケアしたい」

「強いくせ毛だから縮毛矯正しか選択肢はない」

こうしたお悩みにはプリュムワックス・プリュムデュールと、お風呂上がりに使う洗い流さないトリートメント、プリュムヘアオイルの併用がおすすめです。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

プリュムヘアオイルは毛髪補修成分として髪の毛の主成分である「ケラチン※2」と「シルク※3」「コラーゲン※4」を配合しています。

※2イソステアロイル加水分解ケラチン ※3イソステアロイル加水分解シルク ※4イソステアロイル加水分解コラーゲン

ケラチンは傷ついた髪の毛の代わりとなり、シルクとコラーゲンは皮膜を作ることで髪の毛の表面からダメージを補修。

くせ毛特有の髪の毛表面の凹凸も皮膜で包み込むため、つけた瞬間からなめらかな手触りに。

ドライヤーの前に使用することでダメージに弱いくせ毛を熱ダメージから守ります。

髪の補修とヘアセットができる組み合わせ、2STEPアウトバストリートメント

お風呂上がりだけではなく、スタイリング前(プリュムワックス・プリュムデュールを付ける前)に使用するもおすすめです。

2STEPアウトバストリートメントで、内側から潤い溢れるしっとり髪にヘアセットできます。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

ご利用いただいているお客様からの口コミ、体験談

実際に「プリュムワックス」「プリュムデュール」「プリュムヘアオイル」をご利用いただいたくせ毛のお客様からはたくさんのお喜びの声をいただいております。

においがなくてお気に入り、ミーさん様からの口コミ

ワックスやオイルは何使っても痒くなるので諦めていましたが、こちらは本当に痒くなくて感動しました。
匂いが全くないこともお気に入りです。
不器用なので、前髪につけるとつけすぎて髪の毛洗ってないみたいになることが多かったんですが、こちらのワックスはべたつかず程よく束感が出てくれます。
良いものに出会えて嬉しいです。
★★★★★ 2021年6月1日

くせ毛の女性におすすめなのがプリュムワックスです。

パサつきがちなくせ毛も、しっとりツヤのあるパーマ風のシルエットに。

ちゃんとニュアンスが出せる、 youjin様からの口コミ

固まらないのに、スタイルが決まります。
くせ毛なのに綺麗にパーマみたいにできます。
程よく固くて毛先の動きとか、ちゃんとニュアンス出せます。
★★★★★ 2020年6月7日

適度にセット力があるオーガニックワックスが欲しい、そんな男性におすすめなのがプリュムデュール

ツイストパーマやピンパーマなどのメンズパーマで傷んだ髪も、優しくスタイルキープ。

手触りツルッ、ねり様からの口コミ

細かくチリチリしている硬・太・多の髪です。
癖毛にいい商品やサロントリートメントは無数に試しましたが、最初だけ良くてもどんどん痛んできたり重くなったりで、生まれ持った髪質はどうにもならないと思っていました。
こちらの商品ははじめて納得できました。
手触りがツルッとしたのは衝撃です。
やっと良いものに出会えてすごく嬉しいです。
★★★★★ 2020年8月6日

※個人の意見・感想であり、効果を保証するものではありません。

くせ毛×ダメージ毛のスタイリング&ヘアケアができる2STEPアウトバストリートメント、ぜひ一度お試しください。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

商品紹介ページでは実際にお使いいただいているその他のお客様からの口コミ・体験談を掲載しています、ぜひご覧ください。


ムース、ワックスの違いと併用するポイント、まとめ

人気のスタイリング剤、ムースとワックスについて美容師さんに解説していただきましたが、いかがでしたでしょうか。

髪型や髪質に合わせて正しいものを選ぶ、場合によってはムース・ワックスを併用するという方法もあります。

くせ毛やダメージを受けた髪のスタイリングには髪ナチュラ編集部おすすめ、くせ毛を見続けてきた美容師がプロデュースしたヘアセット・ヘアケアが同時にできる「2STEPアウトバストリートメント」を。

髪のおしゃれを楽しみながら、ご自宅での正しいヘアケアも実現できるセットです、ぜひお試しください。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket