ムースとワックスの違いは?使い方&併用の注意を美容師が徹底解説

Pocket

「ムースとワックスの違いってなんですか?」と美容師さんに聞きにくいですよね。

または、聞いてみても期待していたような回答が返ってこなかったり…。

そのため「どっち買えばいいのかな?」と悩んでいませんか?

この記事では、ヘアワックス開発者である美容師MAX戸来(へらい)が、ムースとワックスの違いを徹底解説します!

使い方と特徴だけではなく、髪質・髪型別でも解説しているので「あなたにぴったりのスタイリング剤」が見つかるはず。

ムースとワックスの違い・特徴

「結論から教えて欲しい!」

そんなあなたのために、表をご用意致しました。

よろしければ、ご覧ください。

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ
ムース××
ワックス

まとめると、ムースには「水分」が多く含まれているため、セット力がなく、束感が出ません。

そのため。パーマのセットにおすすめです。

ただし「ベタベタしにくい」という特徴があり、最適な髪質は「軟毛・猫っ毛」。

さらに、髪の「保湿」「補修」などの副次的な効果はありません。

また「強いくせ毛、パサつきを夕方までつややかにしたい」という方には不向きなため、ムースとワックスを併用すると良いでしょう。

ワックスは「油分」が多く含まれているため、商品によっては髪の「保湿」「補修」「保護」が可能。

また「束感」「ツヤ感」を長時間キープできるのが特徴です。

どんな髪質、髪型でも大きな失敗がないため、迷ったらヘアワックスを選びましょう。

ちなみにワックスの種類は「クリーム・バームタイプ」がオススメ!

もっと詳しく知りたい

そんなあなたへ。

以下では

  • 成分の違い・特徴
  • 使い方
  • 用途
  • 髪型別のススメ
  • 髪質別のススメ
  • 併用の注意
  • くせ毛におすすめのワックスについてを徹底解説致します。
“くせ毛のかかりつけ”
くせ毛にお
くせ毛におすすめのワックスといえば
『プリュムヘアケアシリーズ』この記事の後半で、多くのくせ毛悩みを解決した商品をご紹介しています。

成分の違い

結論から言うと、ムースには「水分」が多く、ワックスには「油分」が多いのが特徴。

ムース

水とアルコール(エタノール)のエマルジョンタイプのものを起泡化(界面活性剤)で泡状にしたもの。

主に水分が多く含まれています。

実際にムースの成分表示を確認してもらうとわかるのですが、最初に「水」そして「エタノール」が続くものが多いです。

ワックス

油性成分を加湿溶解し固形化したもの。

主に油分が多く含まれています。

商品によっては、ファイバー(繊維)が含まれているものもあり、それらの粘土によって「ボリュームを抑える」「束感を出す」などが可能。

■主に使用される油分
  • ミツロウ
  • カルナバロウ
  • キャンデリラロウ
  • ワセリン
  • 固形パラフィン

ムース(フォーム)の特徴・使い方

特徴

通常、パーマへアのウェーブをキレイ・簡単に出す目的で使われます。

男性向けの製品によく見られますが、ヘアスタイルをキープするため「固める成分」が配合されているムースもあります。

ヘアスプレーのようにハードに固めるわけではないので、軽い質感の仕上がりを求めている方に好まれています。

そのため、細い髪質や柔らかい髪質、毛量が少ない方にも向いていると言えます。

使い方・使用量・用途

■使い方

  1. 髪の毛を軽く濡らし、ゴルフボール程度の大きさを手のひらに出す
  2. パーマをかけた箇所を揉みこみながら付ける
  3. 自然乾燥

多くつけすぎてしまうと、ペタンと潰れてしまうこともあるので注意が必要です。

■使用量目安
  • ショートからボブ:ゴルフボール1~2個分
  • ミディアム~ロングヘア:ゴルフボール3~4個分
■用途

基本的にはパーマをかけた髪に使用しましょう。

ローやアイロン後に使用してはいけません

なぜなら、綺麗にヘアセットしても「水分」のせいで元に戻ってしまうからです。

こんな経験ありませんか?

「頑張ってヘアセットしたのに、雨に濡れたせいで髪がボサボサ・うねうね」…。

髪は水に塗れると摩擦などの物理的ダメージに弱くなり、膨張しやすくなるのです。

そのため、特にくせ毛やダメージ毛には使わないことをおすすめします。

ワックスの種類・特徴・使い方

ムースと違って、ワックスには種類があるため「どれを選んだらいいのかわからない」という方も。

以下では種類・特徴・使い方をご紹介します。

種類・特徴

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ
ファイバー××
マット××
クリーム・バーム
ジェル×××
グリース××

ワックスの中で一番おすすめはクリーム・バームタイプ

しかし、他の製品に比べると価格が高いのがネック。

使い方・使用量・用途

女性
  1. 指先に適量取る
  2. 手のひら・指の間に伸ばす
  3. 毛先中心から付けたあと、手ぐしを通すイメージで全体になじませる
男性
  1. 指先に適量取る
  2. 手のひら・指の間に伸ばす
  3. 髪を揉みこむように付ける

油分の多いワックスは、過剰につけすぎてしまうとベタっとした髪になってしまいます。

最初は、指先にほんの少しだけ取って、それを手のひらに広げてから、毛先に一番多くなるようにバランスを見て付けていきましょう。

また、前髪は手に残った少量のワックスでセットするのがおすすめ。

■使用量目安

一回の使用量:小粒パール一個分(1g)

足りなければ付け足してください。

■用途
  • パーマのセット
  • くせ毛を艶やかにまとめる
  • 枝毛・切れ毛のケア
  • ボリュームを抑える

髪質・髪型別のススメ

髪型別

ムースワックス
ショートヘア×
ショートボブ×
ボブヘア
ミディアムヘア
ロングヘア

注意

ワックスは固形なので狙った箇所に付けれます。

「立体感」「ツヤ感」「束感」を出しやすいためショート・ショートボブのセットにおすすめ

また、頭皮に付く心配がないため敏感肌の方にもお使い頂けます。

ムースは伸びが良いため使いやすいのですが、ショート・ショートボブの方が使うと「頭皮に付いてかゆみ・赤み」のリスクがあります。

また、狙った箇所に付けれないため、ムースを使うならボブ~ロングヘアの方におすすめです。

髪質別

ムースワックス
くせ毛×
猫っ毛・軟毛
剛毛・多毛×

髪質で選ぶなら猫っ毛・軟毛はムースくせ毛や剛毛ならワックスがおすすめです。

併用の注意

すでにお伝えしましたが、ムースはパーマのセットに最適。

しかし「束感」「ツヤ感」を長時間キープできない商品が多いため、ヘアワックスを併用しましょう。

ムースとワックスの併用例

  1. パーマをかけた部分にムースを揉みこみながら付ける
  2. 自然乾燥
  3. ワックスを毛先中心に付ける

ムースには「油分」が少ないため、仕上げにワックスを付けるとセット力が増し、パーマをより綺麗に出せます。

いかがでしたか?

自分好みのスタイリング剤、見つかりましたか。

最後になりますが、美容師の僕がくせ毛さんのために開発したワックスをご紹介致します。

くせ毛におすすめのワックスといえば

美容師×くせ毛のお客様が共同開発。

プリュムワックス』と『プリュムデュール

すでにご存じの方もいらっしゃるのでは?

こんな方におすすめ

  • 匂いがきつい
  • 手や顔がベタつくのが嫌
  • 頭皮のかゆみニキビなどが気になる(敏感肌)
  • クセうねりを艶やかにまとめたい
  • 枝毛切れ毛を直したい
  • 髪の毛を洗ってもワックスが落ちない

このようなお悩みを解消できます。

使い方(動画付き)

基本的な使い方は他のワックスと変わりません。

ただし、効果は全く違います。

くせ毛のうねり・パサつき・チリつきを抑えるためにトリートメント成分を高配合しているため、付けただけでまとまるのが特徴となります。

以下では『プリュムワックス』と『プリュムデュール』の使い方・効果を動画で解説致します。

プリュムワックスの使い方(動画)

プリュムデュールの使い方(動画)

「付けただけ」くせ毛がまとまる秘密

そもそもなぜくせ毛はうねるの?

以下の図をご覧ください。

キューティクルの隙間から、湿気(水分)が入り込むことで「うねり・ぱさつき」が出る。

特に髪が傷んでいるとは膨張しやすくなります。

そのため、くせ毛さんは日々のヘアケア・毎回の美容室での施術は傷まないように注意しましょう。

プリュムワックス・デュールにはトリートメント成分が高配合しているため「うねり・パサつき」の原因を徹底ガードします。

なにもケアしていない髪は、もろに湿気の影響を受けるのですが、トリートメント成分で守ることでうねり・パサつきを防げます。

プリュムワックスとプリュムデュールの違い

質感・使い心地

セット力ケア効果軽さ束感ツヤ

プリュムワックス

×

プリュムデュール

×

成分の違い

全成分
プリュムワックスワセリン、ミツロウ、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トコフェロール(ビタミンE)
プリュムデュールワセリン、キャンデリラロウ、マイクロクリスタリンワックス、ミツロウ、コメヌカロウ、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、酢酸トコフェロール、パラフィン

※トリートメント成分:ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、ミツロウ

正直、どちらも「軽さ」はありません。

しかし!しっとり・ツヤツヤにしたい方におすすめ!

プリュムワックスとプリュムデュールは「しっとり」するのに「ベタつかない」のが人気の秘密です。

ひと塗りで、パサパサ・うねうねのくせ毛がご覧の通り。

(乾かす前にプリュムヘアオイル、仕上げにプリュムワックス使用)

(プリュムデュールのみ使用)

生の口コミ

プリュムワックス

くせ毛の女性におすすめなのが『プリュムワックスになります。

以下で詳細をご紹介!ぜひ、ご覧くださいね。

プリュムデュール

「適度にセット力があるオーガニックワックスが欲しい。」という男性に、最もおすすめなのが『プリュムデュール

論より証拠〟

その他、生の口コミは以下の公式通販サイトで紹介しています。

くせ毛×ダメージ毛には『2STEP』の本格ケアを

プリュムワックス一つで、トリートメント&セット効果があるのですが…

傷んだ髪をおうちでケアしたい!

強いくせ毛だから縮毛矯正しか選択肢はない

そんなとき『プリュムヘアオイル』を併用するのがおすすめ。

効果はご覧の通り。

『2STEP』で髪質が改善する仕組み

このように、美容室のトリートメントよりも効果的なケアおうちで実現できるのが最大の魅力。

『2STEP』生の口コミ

他にも…

美容室のトリートメントがいらなくなった

脱!縮毛矯正に成功した」など、多くの実感を頂いております。

しかし、価格は9,300円(税込)なので、他の製品に比べると高額…。

 

美容室での縮毛矯正や、トリートメントが不要になるからコスパが良い」とはいえ、気軽には買えないはず。

そのため14日間返金保証をお付けしています!

「価格だけの問題で、くせ毛を改善する機会を失って欲しくない!」というのが僕の本音。

くせ毛×ダメージ毛の「スタイリング&ヘアケア」ができるのは『2STEPアウトバストリートメント』だけ!

以下で詳細を紹介しております。

 

最後に

今回の記事ではムースとワックスの違いについて徹底解説致しました。

お悩み、解決しましたか?

  • 使い方がわからない
  • 自分にあったヘアケア・スタイリング剤がわからない
  • 私のようなくせ毛におすすめの髪型と、オーダー法を知りたい

このようなお悩みはすべて!以下の公式LINEにて無料でお答えしております。

ぜひ登録いただき、気軽にご相談ください。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら