美容師解説!おでこが狭い女性の似合う髪型、前髪について

Pocket

硬くて多い、そしておでこが狭いため前髪を作ることができない。

ではどうしたら作ることができるのか?

イメチェンしたい女性は

「無理をして前髪をつくるべきなのか?」

「作ったところで自分に似合うのか?」

考えてみましょう。

▼失敗しないpoint

・無理に短くしない

・機能性はないけど、目に少しかかるくらいの長さが似合う

・量が多い場合は広く取りすぎない

「おでこが狭い・毛量が多い」似合う髪型、前髪について

PhotoGrid_1451955396409

このようにおでこが狭い、そして髪の生え方は前へ前へと行こうとする

流れにくいですよね

前髪を下すと

PhotoGrid_1451955419617

下したら髪の量が多い、硬い女性は苦戦されるはずです。

毛量が多いのでかきあげるくらい伸ばすのも大変なわけです。

かと言って前髪を作ってしまうと直毛なので流れてくれない・・・。

その場合はカットをどうしたらいいのか?

まずは重めのパッツンにすることはNG。

そしてパーマは失敗のリスクがあります。

※パーマをかけて成功する条件

髪の量を梳いて、ある程度髪の毛の長さを残しパーマで毛先が曲がったことを想定しカットをすること。

理屈ではそうですが・・・

はっきり言って難しいです。説明も難しいです(-_-;)

まずは、そこまでして作った前髪が自分に似合うのか?を考えていただきたい。

大人っぽい雰囲気が出やすい骨格ですから、理想はそれを生かしたい。

パーマをかける前にカットだけでどうなるのか?をまずは挑戦しなくてはいけない。

アフター

PhotoGrid_1451955440208

はい。柔らかい感じになりました。

流れてくれるのはプリュムワックスをつけているからでもあります。

カットで隙間を開けて、斜めに切り、流れやすくしました。

※時間がない方はMAX戸来が作った『2019年髪と心のBEFORE→AFTER集』をどうぞ御覧ください。

どうしても額が狭いし直毛の場合って流れにくいのですがどうカットをするのか?によって柔らかさと流れやすさを出すことができます。

どうしても前髪を作りたい女性へ「具体的なカット法」頼み方について

毛先を先細りにしたデザインをお勧めします。

PhotoGrid_1451955459319

このような雰囲気はおでこが狭い骨格の女性に似合います。

上手に梳かないと髪の毛の量が多い方は前髪を柔らかく見せることができないのです。

赤い線で囲っているように

『細分化』していないと絶対に流れない

斜めに切らないと流れない

では『細分化』についてをご説明します。

3分割にしました

これで流れやすくなるし、毛量が多くて硬い髪質でも柔らかく見せることが出来る。

でもはっきり言って、機能性とか持続性はないです!!

おでこが狭いお悩みを抱えている方は無理をして前髪を作る傾向にあります・・・

おすすめは前髪を作らないことです。

狭いということは顔が小さいということなんです!

意外と皆さんは自分のことを知らなかったりします。

コンプレックスとして抱えてしまっているんですよね。

生かしてしまえばよい!!

とはいえ、作りたい人へどうしたらいいのかをお伝えしたい

おでこが狭い人が前髪を広めにとってはいけない理由

このように広くとっておでこも広く見せるカットもありますが、これはなかなか通用しないしバランスが重要。

正面から見たら頭が大きく見えます。

正面のほとんどが前髪になってしまいますので、バランスが悪いです。

毛量が多い女性は重く野暮ったくも見えてしまうわけです。

おでこが狭い女性は深く広く取るのは似合う髪型ではない。

しかもお客様の雰囲気を無視して髪型は作れません。

服装的にもかわいらしい感じではなく大人の雰囲気の女性に厚く広い前髪は、似合うとは言えない。

だったらかき上げる前髪のほうがいい。

で、こちらのお客様はこのように

PhotoGrid_1451955262797

前髪の量を慎重に梳いて

軽くしました。

しかし、広く切ってしまった前髪は伸びるまで我慢しなくてはいけない

伸ばさないと直すことができません

なので応急処置として均一に軽くしました。

これをシースールーバングとも言いますね。

おでこが狭くて毛量が多い場合はこのように軽くするのと理想は前髪の範囲を狭くしなくてはいけない。

もちろん何もセットをしていません。「お客様でも再現できる」を当たり前にしたいから。

おでこが狭いと老けて見えてしまうこともある

ピンクを着たくてもきれない、似合わない系統の方は

例えば山田優さんがそうですね。(主観)

こちら

PhotoGrid_1452303240753

山田優さんは過去の髪型を見ても大体は前髪が長めです。

パーソナルカラー的にかっこいい色が似合う。

10代や20代の女性になってくると似合うスタイルを考えるとファッションも関係してきますので、もしこのように前髪を長めにする際は全体的な雰囲気を変えなくてはいけなくなります。

重くなってしまうのも垢抜けないのである程度毛量は梳いたほうがいい。

そこで重要なのは 梳きすぎてしまう でも書いていますが、やりすぎは注意です。

おでこが狭いと前髪にばかり注力を注ぎがちですが全体の雰囲気を考えて髪型をつくることをお勧めしています。

芸能人で例えるおでこが狭い女性におすすめの髪型、前髪

PhotoGrid_1452303221073

やはり前髪は軽めですね。

おでこが狭いなら前髪は軽くすることが基本!

しかし流行を考えた際に軽すぎる前髪も古く見えてしまうこともあります。

とはいえ流行は繰り返されます

似合うなら軽めがよいでしょう。

おでこが狭い方は全体的な雰囲気は大人っぽくなるので顔的に前髪は長めのほうがいい。

僕がお客様の髪の毛をカットする際に意識をしているのは全体です。

骨格に似合わせるだけでは似合うといわれる髪型にならない。

「おでこがコンプレックスで隠したい」

でもどうすればいいのかわからない方は『かきあげより前髪を流しながら下す』ようなデザインをオススメします。

こんなふうに

PhotoGrid_1452303259574

似合わせはその人の雰囲気次第です。

目にかかるのが嫌いな方は続けることができず、すこしセットが必要となりますので、それだったらもっと長めに作ったほうがいい。

普段何もセットをしないでうまくいくような前髪は完全に作るかかきあげるくらいの長さが良いです。

しかし

「どうしても作りたい!!」

「作ったほうが確実に似合う!!」

そんな方は前髪の範囲と量とカットラインにこだわってデザインをしなくてはいけない。

言葉では表現しようとしても難しいのですが…

おでこを脱毛または剃る方もいらっしゃるくらいで、たしかに剃ったり、脱毛をすればおでこは広くなる

ですが将来的にどうなるのか不安なため、あとはダウンタイム時が結構男性からしたら過激なのでおすすめすることはできません。

おでこが狭い女性は顔的にが可愛いより、カッコいい雰囲気を出すことができるタイプのなのでその方向にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?

作っても髪の量が多い、密集している気がしてなんだか違和感があったり・・

かといって奥からもってくるとさらに前髪の量が多くなって正面から見たときに顔がでかくも見えてしまうことがあります。

前髪が「あるか、ないか」違いは?

PhotoGrid_1450795707467

前髪があるかないかで別人に見えますよね。

芸能人ですから自分が似合うスタイル、骨格を隠すことができて当然です。

巷で「エラが張っている」とも言われていたり、骨格がよくないなどとも言われているそうなんです

実際前髪や髪を降ろしている時って全然わからないですよね?

この画像の比較でわかることはこちらの女性の場合はおでこを出さないで作っていたほうが似合うということ

芸能人で例えると一番わかりやすいかな?と思いました。

ですがそこまでおでこは狭くないですよね。

ヘアカタログを見たり情報サイトを見ても参考にはならない

仮におでこが狭くても、どこからどうなったのか?わからないですし、美容師さんが一生懸命にセットをされているので一般のお客様が自宅でやろうとしてもできないわけです。

しかも画像だけでは理解できないと思います。

でも上で載せている画像のようにおでこが狭い人でも似会う髪型のヒントがあるのでぜひ参考にして頂きたい

作るならみんな前髪って軽くしていますよね?

隙間を開けて少し軽くすることによって圧迫感がなくなる効果がある

その圧迫感と例え方がよくわからなかったので表現方法が下手ですが、前髪の量が多くて狭い方になんとなくわかっていただけるかと思います。

おでこが狭いのが嫌で完璧に隠す女性も多くいらっしゃいますが、確かに狭いのは見えなくていいのですが、すべての人に対応できるわけではないのです。

もう一度言います

「作るなら軽めにしましょう」

輪郭を隠したい方へ でも過去に芸能人を書いていますのでよかったらこちらもご覧くださいね。

髪質がそれぞれ違うので「これが似合う」とここでは断言はできませんがおでこが狭くても必ず似合う髪型はある。

ですので自分で切らないで邪魔でも少し我慢をして伸ばしてみる、ちょっとしたセットの仕方をマスターしたら雰囲気は変わります。

なにを優先するのかでも変わってきます。

まとめ

美容師はカウンセリングを大事にしています

似合う髪型は他人に見てもらうのが一番いいため美容師さんに相談をされることをお勧めしています。

その際には髪質や骨格、洋服などすべてをふまえて答えを出せるように僕も聞く耳をもってご提案していきたいと思っています。

あと、前髪だけに注目しすぎて全体の雰囲気の大切さを忘れてしまっている方もいます。

似合わせはすべてにおいて完璧になったら成功するんですね。

こちら

おでこが狭いため浮きやすい。

なんとなくシルエットにメリハリがないですよね。

ブローなどのセットをせずに乾かしただけで

この通り、立体的になりました。

全体も大事ということです。

「おでこが狭い」どうしても前髪を作りたい方はまずは作ったら似合うのか?を考えて頂きたいです。

前髪がない方が似合うかもしれないし作ったほうが良いのかもしれない。

その辺の判断がこちら美容師のセンスだったり技量が重要なポイントになってきます。

作ったほうが確実に似合うのでしたら作る事に専念していきたい。

けど、どっちとも言えない感じでしたら作らないで少し長めの前髪にしたほうがいい。

最後までお読みいただきありがとうございました

▼美容院MAX

東京都渋谷区神宮前1-8-20-2階

『MAX 場所』で検索!

料金など(ホームページ)

戸来オフィシャルブログ(アメブロ)

読むとあったかくなるお客様からのメッセージ集

2019年心と髪のBEFORE→AFTER画像集

⇒戸来に予約お問合せはこちら

▼戸来オリジナル大人の艶活応援アイテム

ショッピングサイト

ショップはこちら

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お得な情報配信中

ショップはこちら

MAX公式LINE@

友だち追加
どなたでも髪質や髪型のお悩みを無料でお話しいただけます。お気軽にご登録お願いします。

MAX戸来オリジナルヘアケア

美容院MAX公式インスタ

ページ上部へ戻る