産後の髪の毛がパサパサする原因は女性ホルモンの低下、毛髪診断士が対策方法を解説

産後の髪の毛がパサパサする原因は女性ホルモンの低下、毛髪診断士が対策方法を教えます
Pocket

家事にお子さんの子育て、お仕事…。

そんな大忙しのママ、ふとした瞬間に髪質が変わったな?と思うことはありませんか?

赤ちゃんを産むと髪質が変わる、聞いてはいたけれどこんなにも変わるの?と驚いてしまったかもしれませんね。

産後は女性ホルモンである「エストロゲン」の急激な低下により、髪の毛にパサつきが発生します。

いま生えている部分の髪の毛が元に戻ることはありませんが、これから生えてくる髪の毛はパサつきが改善する可能性があります

  • 産後に髪がパサつくのはなぜか
  • 髪のパサつきは元に戻るのか
  • すぐにパサつきを解決する方法について

これらについて毛髪診断士が解説

産後の髪のパサつきを体験したママたちの体験談も合わせてどうぞ。

産後に髪の毛がパサつく原因はホルモン分泌量の変化

赤ちゃんを産むと女性の体には想像を超えるほど大きなホルモンバランスの変化が起きます。

妊娠・出産を体験し、子育てをするのですから体に大きな変化があって当然なことです。

まず産後2〜5日すると母乳をつくるためのホルモン「プロラクチン」が脳の下垂体という部分から分泌されます。

プロラクチンが乳腺を発達させて母乳が作られる

このラクチンの作用によって乳腺が発育し、母乳がでてくるようになりますが、一方で毛髪の成長に関わる「エストロゲン」の分泌は急激に減少します

このエストロゲンの減少により、産後から新たに生えてくる髪の毛にハリとコシがなくなり、「髪がパサパサしてきた」「抜け毛が増えた」と感じることが多くなります。

妊娠前および妊娠中はエストロゲンが多く分泌されているにもかかわらず、出産後は短期間で減少するため、その変化をとても大きく感じる人が多いのです。

「髪のパサパサ」みんなは産後いつから髪質の変化が起きたの?

産後髪がパサついてしまう原因

それでは他のママさんはいつから髪質の変化を感じていたのでしょうか?

ほとんどの女性が産後数ヶ月から半年で髪のパサつきや抜け毛といった髪質の変化を感じているようです。

ママさんたちのリアルボイスを見てみましょう。

ロングヘア、2ヶ月でパサパサに

私は31歳で初めての出産を経験。もともとロングでストレートな髪でしたが、2ヶ月目から目に見えて髪がパサパサしてきたなって感じがしました。

今思えば出産後1、2ヶ月は赤ちゃんのこと、家のことで大忙しで自分の外見なんて気にしてられませんでしたけれど(笑)

ちょうど「わたしって最近外見気にしてないな」って焦り始めたのが2ヶ月目だったので、そこで気がついたのかもしれません。

そして、産後って全くと言っていいほどヘアケアする時間がないんです。

日中は髪の毛を一本に結んでいるし、お風呂上がりなんでドライヤーで髪を乾かす時間すらありませんでしたよ。それも髪の毛がパサパサになった原因かも。

ショートヘア、細い髪質から太い髪質へ変化

わたしは25歳で赤ちゃんを産みました

元々の髪質は細めのストレートでボリュームは少なめ、子育てのことを考えて妊娠中にばっさりショートヘアにしました。

産後半年くらいから「髪の毛がうねるな」と感じました。あとはもともと髪は細かったのですが、1年くらいしたら逆に太くなってパサつきやすい髪質になりました

子供を保育園に預けて本格的に復職するタイミングだったので、カラーしたりヘアアイロンをするようになったことも原因かも。

抜け毛と白髪に驚いた

28歳で子どもを出産しました。

わたしの場合はもともとくせ毛で、出産による髪のパサパサはそこまで気になりませんでしたが、4ヶ月目で抜け毛が多くなって、ぴょんぴょんしたアホ毛が目立ち始めました

あとは一時的でしたがに白髪が増えて、驚きました

子育てしながら仕事をしなければなかったので今後は美容院に行く暇がないと思い、復職のタイミングでショートにしました。

髪質が元に戻ってきたと感じたのは1年後くらいからですが、結局産後は髪が細くなりました。

このように個人差はありますが、産後数ヶ月で髪質の変化を感じるママが多いようです。

その伸びてきてしまった部分はどうなるのでしょうか?

一度伸びた部分は元に戻らないので注意

 一度伸びた部分のパサつきは治らない

髪の毛は死滅細胞と呼ばれるもので作られていて、一度伸びてきた部分を後から元に戻すことはできません。

今伸びているパサついた髪、細くなった髪、うねりが出てしまった髪はトリートメントやヘアオイルなどを使って補修してあげる必要があります。

そして、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌の増加とともに、これから生えてくる髪、伸びてくる部分の髪質が戻るのを待ちましょう

出産後、数ヶ月から半年が髪のパサつきのピーク

母乳を作り出す「プロラクチン」、作られた母乳を分泌する「オキシトシン」の分泌が盛んな産後数ヶ月から半年は髪のパサつき、抜け毛などの症状がピークに達します

ただし、ずっとこの状態が続くわけではないので安心してくださいね

それでは、産後どのくらいで髪質はもとに戻るのでしょうか?

産後の髪の毛のパサつき、抜け毛は1年ほどで自然に改善しはじめる

エストロゲンと毛髪成長の関係性

個人差ははりますが、おおよそ1年くらい経つと元に戻り始めます。

その目安となるのが、月経の再開です。

月経が再開されると卵巣から女性ホルモンである「エストロゲン」が分泌されるため、妊娠前と同じように髪の毛を作る毛母細胞が活性化。

新たに生えてくる髪の毛はしっかりした艶のある毛髪になってきます。

ちなみに1年後に一気に全ての毛髪が生え変わるわけではなく、毛根一つひとつがランダムに少しずつ生え変わっていきます

女性の毛髪周期について
髪は永遠には伸び続けることはなく、一定の期間を経ると自然に抜け落ちます。

この抜け落ちたところからまた新しい髪が生えるのですが、1本の毛髪が成長しはじめてから自然抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルと呼びます。

産後から1年後にちょうどヘアサイクルの成長期に差し掛かった毛髪からしっかりとした髪の毛が生え始めるのです。

髪質が戻ったママの体験談

1年もすると、髪に艶が出て、パサつきもなくなってきました

産後はホルモンバランスの変化や環境の変化で不安になるし、イライラすることもあるけれど、心配しなくても大丈夫。

ちゃんと髪の毛生えてきますよ

 

産後のママさんへ、気軽に髪のパサつきを改善する方法

産後のママにおすすめのヘアケアトリートメント

女性ホルモン「エストロゲン」の減少によって引き起こされた髪のパサつきをすぐに改善するにはトリートメントの使用がおすすめです。

一度パサついて伸びてしまった部分の毛髪は、内部のタンパク質や水分が不足した状態。

髪の毛は皮膚のような自己再生機能が備わっていないため、トリートメントで補修してあげる必要があります。

とくに毛髪は「ケラチン」というタンパク質でできているため、ケラチン配合のトリートメントの相性が良いでしょう

ケラチントリートメントに関する記事はこちらをどうぞ。

ケラチントリートメントとは?くせ毛にも効果がある?毛髪診断士が解説

普段のヘアケアにヘアオイルを取り入れると効果的

お風呂上がりの濡れた髪はとてもデリケートな状態。

しっかりケアしている時間も取れないママさんにおすすめなのがヘアオイル

ヘアオイルはインバストリートメントよりも油分が多く髪に残るため、しっとり感、まとまり感が高く産後にぴったりのヘアケアアイテム。

プリュムヘアオイル使用の実例
28歳女性 出産後半年 プリュムヘアオイル使用、スタイリング前後

ママのリアルボイス

産後はドライヤーで自分も髪の毛を乾かす暇がないくらい大忙し。夜は夜泣きでくたくた。美容室に行きたくてもいけない。そんなときに毛髪補修成分入りのヘアオイルは重宝しました。

美容室にてプリュムヘアオイル時用の実例
34歳女性出産後半年 プリュムヘアオイル使用、スタイリング前後

ママのリアルボイス

細い毛と太い毛が混在して、浮き毛&アホ毛で髪にまとまりがない状態に。久しぶりのサロンでヘアオイルを使ったら相性がよかったのでおうちでも使ってます。無香料なのも子育て世代には嬉しい。

今回使用した毛髪補修成分のヘアオイルはこちら

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

 

産後の髪のパサつき、まとめ

産後の髪のパサつきは女性ホルモン「エストロゲン」の急激な低下によって引き起こされます。

数ヶ月から半年で髪のパサつきのピークとなり、出産から1年後には月経の再開とともに妊娠前の髪に戻っていきます。

その間はトリートメント、特に時間のないママさんでも使いやすいヘアオイルでホームケアをすることをおすすめします。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

Pocket