若く見える髪色、アラフォーが選ぶべきヘアカラーのオーダー方法とは

Pocket

あなたは髪色、ヘアカラーにどんな色を選んでいますか?

20代~30代までは髪のおしゃれとして選んでいた髪の色も、40代~50代、いわゆるアラフォーになると白髪染めに変わるもの。

このページではアラフォーでも若く見える髪色、どんなヘアカラーを選ぶべきなのか美容師が解説しています。

明るいハイライトだと若く、ダークブラウンや黒だと老けて見えるものなのか?

白髪染めやヘアカラーは髪へダメージを与えますが、あなたは傷まないように正しい髪のホームケアが出来ていますか?

本当に若く見える髪色選びのコツと綺麗な髪であり続けるためのヘアケアのポイントも紹介しています、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

40代、いわゆるアラフォーになったときに若く見える髪色とは?

20代から30代にかけておしゃれでかわいいヘアカラーを楽しんでいたあなたも、40代~50代、いわゆるアラフォー世代になると髪に白いものが目立ち始めます。

流行りの髪色よりも、大人の女性であるあなたに似合う、「若く見える髪色」とはどのようなカラーなのか。

美容師が選ぶべき、また選ぶべきではないヘアカラーについて解説していきますね。

若く見える髪色として選ぶべき、または選ぶべきではないヘアカラーとは?

アラフォー世代のあなたが白髪染め、ヘアカラーで選ぶべき「若く見える髪色」はズバリ、7~8トーンのブラウン。

顔色も良く見えるので、全体的な雰囲気も若く見える髪色といえます。

このカラー色持ちも良いため、髪のダメージを最小限に抑えることが可能、髪にツヤがあるように見える色であるのも嬉しいポイントですね。

逆に大人の女性がヘアカラーで選ぶべきではないのがアッシュ系・グリーン系の髪色。

これらのカラーは色落ちが早く、1か月もしないうちに色が落ちて、すぐにまた全体カラーをせざるを得ません。

美容師として全体カラーは髪へのダメージが蓄積しやすいこともあり、おすすめしません。

その理由は、ヘアカラーによる髪へのダメージが蓄積すると、結果として乾燥してパサパサの髪になってしまうため。

40代~50代だけでなく、30代半ばを過ぎると女性の髪はとてもデリケートになってきます。

そのくらいの年齢の髪は、それまではブリーチをしてもぜんぜん大丈夫だったとしても、数回の全体ヘアカラーで髪へのダメージでスカスカな状態になってしまうことも珍しくありません。

色落ちした髪は老けて見えます

ヘアカラーを繰り返し、髪が傷んでしまうと色落ちしやすくなります。

色落ちすると必要以上に髪色が明るく見えたり、キラキラして余計に髪が痛んで見えてしまうことも。

何度もカラーをしている髪の毛先だけがすぐに黄色くなってしまうこと、ありますよね?

これこそが老けて見える原因

毎回全体カラーをしているなら要注意、どんなに「トリートメント効果のあるカラーだから、やればやるほど髪が綺麗になる」なんて言われても、信じてはいけません。

髪を染めるカラー剤という薬剤は必ず髪へダメージを与えます。

もしトリートメント効果があるなら髪の状態は維持されるはず、ですがカラーを繰り返している髪の毛先の色落ちが早い、というのは矛盾してますよね。

実際に美容院にいらっしゃったお客様

こちらのお客様は毛先と根本の色ムラ(色の差)が目立っているため、老けて見える要因になっています。

色ムラがここまであると、髪のツヤ感が損なわれていますよね。

ツヤのない髪は、女性の見た目年齢をぐんと引き上げます。

傷んでいるから色落ちし、さらに色落ちすることで余計に傷んで見える、という悪循環に陥ってしまうわけですね。

デリケートな髪質になりはじめる30代後半で選ぶべき若く見える髪色

30代半ば、アラサー女性が若く見える髪色は、暗めのカラー(7トーンまで)が主流です。

髪色は、30代女性にもやはりブラウン系がおすすめ。

明るい髪が絶対にダメ、暗い髪色は良くないというわけではなく、人それぞれ似合うヘアカラーが異なります。

暗いカラーでも透明感があったり、明るい髪色でも「柔らかい可愛らしさ」を出すことも可能。

あなたに本当に似合っていれば「この色や明るさはダメ」という髪色はありません、むしろ「若く見せる髪色選びに大事なこと」は、髪のツヤ感

選んだ髪色にしたとき、全体的に髪にツヤ感が出る髪色を選ぶようにしましょう。

40代~50代で髪の色を黒にすると老けて見える、というのは「嘘」

 

40代~50代の女性が黒髪にすると老けて見える、というお話を聞いたことはありませんか?

美容室で白髪染め・ヘアカラーに関して相談すると、「黒髪は重くなって老け見えする」「若々しく見せるならカラーで明るくした方がいい」と言われがち。

でもこれ、「嘘」です。

ヘアカラーをやめて地毛のまま、黒色にしておくことでヘアカラーのダメージを受けないず、健康的なツヤ・まとまりのある髪を取り戻す女性も多いですよ。

黒髪だと白髪が目立ってしまうのでは?とご心配かもしれませんが、美容師の僕としては「白髪が伸びれば、髪色は暗くても明るくても気になるもの」と考えています。

これらのさまざまな理由で「黒髪はダメ、カラーリングしなきゃいけないという呪縛」から抜け出せない女性も少なくありません。

何度もヘアカラーを重ね、髪にダメージが蓄積し続けてしまうよりも、無理なカラーリングはやめて地毛の黒髪を活かすという選択肢も考えてみて良いのではないでしょうか。

若く見える髪色を長くキープする方法

若く見える髪色を長くキープするためには、ヘアカラー施術によって髪を傷ませないことが大事。

まず見直すべきは基本のヘアケア、毎日使用するシャンプーを今の髪質に合った正しいものに変えましょう。

美容室で白髪染めやヘアカラーをすると、髪の内部に酸化染料やアルカリ剤が残ります。

これらを「残留薬剤」と呼ぶのですが、そのまま放置していると髪に二次的ダメージを与えてしまうのです。

カラーの残存薬剤除去作用のあるシャンプーを使おう

残ったヘアカラー薬剤が原因と分かっているなら、それらの薬剤を除去できるシャンプーを選ぶべき、ですね。

僕が美容師として開発した「プリュムシャンプー」は、残留薬剤除去作用のあるヘマチンを配合。

ケラチンとヘマチンの効果

余計な薬剤をシャンプーで取り除きながら、カラー剤によって傷んだ髪を補修。

髪の傷みを最小限に抑えて「若く見える髪色」をより長くキープできます。

 しっかり洗浄、傷んだ髪を保湿・毛髪補修できるプリュムシャンプー・トリートメント

商品紹介ページでは実際にプリュムシャンプー・トリートメントをご利用いただいているお客様からの口コミ・体験談もご覧いただけます!

シャンプー後の洗い流さないトリートメントにはヘアオイルがおすすめ

傷んだ髪のシャンプー後には「ヘアオイル」で、髪の保湿・毛髪補修と保護を欠かさないように。

カラー剤は、どんなに優しいものでも必ず髪にダメージを与えます。

薬剤を髪の内側に浸透させて髪表面のキューティクルも開いてしまうため、内部のうるおいや水分が流出しやすい状態にしていまうんですね。

そんな状態の髪を保護し、うるおいを維持するのがプリュムヘアオイル

プリュムヘアオイルの補修効果

ケラチンシルクなどの成分が髪の内側から毛髪補修。

髪へのダメージがこれ以上進行するのを予防、傷んだ箇所を徹底補修してくれるわけです!

髪を傷ませない生活習慣が身につけば、髪内部の染料が流出するのを防ぐことができるため、髪色もぐんと長持ちするでしょう。

シャンプー後の髪にプリュムヘアオイルを馴染ませることによって髪のツヤ・まとまりが出るだけでなく、ドライヤー・アイロン、摩擦などの熱から髪を守ります。

若く見える髪色に染めるときにはプリュムシャンプー・トリートメント、プリュムヘアオイルを使って傷んでしまうあなたの髪を優しくヘアケアしてあげてくださいね。

くせ毛の髪におすすめ、プリュムヘアオイル

アラフォー世代におすすめの髪色とヘアケア、まとめ

30代後半から40代、50代にかけて落ち着きのある大人のヘアカラーを始めるならどんなヘアカラーを選ぶべきか、紹介させていただきました。

若々しく見せる髪色はズバリ、7トーンのブラウン系の髪色がおすすめ。

どんなヘアカラー・白髪染めでも髪には必ずダメージが残ります。

これからヘアカラーをするのであれば、髪のホームケアを変えて傷んだ髪を保湿・毛髪補修すべき。

傷みやすいくせ毛の美容師である僕が開発したプリュムシャンプー・トリートメント、およびプリュムヘアオイルの「毛髪補修成分配合3点セット」でヘアカラーしながら健やかな髪をキープしてくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 サロンクオリティの髪質改善が自宅で出来るプリュムヘアケア毛髪補修成分配合3点セット

Pocket