シャンプーすると髪の毛がギシギシする原因と対処法を美容師が解説

【美容師解説】シャンプーの後に髪の毛がきしむ原因って?
Pocket

毎日、お風呂やシャワーで使うシャンプー、使っていて違和感を感じることありませんか?

洗髪すると髪がギシギシときしむなら髪質に合わせたものに見直した方が良いですよ。

このページでは現役美容師さんにシャンプーをすると髪の毛がギシギシする原因と、その対処法を解説してもらいました。

髪がきしむのにはちゃんと原因があるので、まず何が問題なのか確認、その上で髪がきしまないシャンプー選びを始めましょう。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。

なぜきしむ?シャンプー後に髪がギシギシする5つの原因

シャンプーすると髪の毛がギシギシときしむ場合、以下の5つの原因が考えられます。

  1. 正しく予洗いできていない
  2. シャンプーの洗浄成分が強すぎる
  3. トリートメントの使用量が少ない
  4. 髪のダメージが進行している
  5. シャンプー方法が間違っている

まずは、なぜ髪がギシギシときしむのか、それぞれの原因について解説します。

シャンプー前に正しく予洗いできていないとギシギシきしむ

あなたはシャンプー前に予洗いをしていますか?

予洗いとは、シャンプー前のお湯洗いのこと。

シャンプー前の「予洗い」が不十分だと、髪がギシギシときしむことがあります。

これは、髪の毛にシャンプーの原液が付着してしまうことで、髪に必要な油分やうるおいが過剰に洗い流されてしまうことが原因。

予洗いを丁寧に行うとシャンプーの泡立ちが良くなり、きめ細かい泡がクッションとなることでキューティクルに負担をかけません。

可能であれば3分程度は、シャワーのお湯で優しく洗うように心がけましょう。

髪全体にお湯をしっかり馴染ませてから洗うと、きしみが軽減されるケースも少なくありません。

シャンプーの洗浄成分が強すぎることで髪がギシギシときしむ

洗浄力の強いシャンプーはダメージヘアには難点があります

髪がきしむのが、シャンプー中やシャンプー後だけである場合は、シャンプーに配合されている洗浄成分が強すぎる可能性も。

シャンプーには「界面活性剤」が洗浄成分として使われています。

この種類や質、強さや配合バランスが髪質に合っていないと髪のきしみが目立つことが多いです。

界面活性剤アニオン界面活性剤両面界面活性剤
分類高級アルコール系石鹸系アミノ酸系ベタイン系
合う人汚れを落としたい人ダメージ毛・くせ毛・敏感肌
合わない人ダメージ毛・くせ毛・敏感肌皮脂分泌多い人・整髪料をたくさん使う人
洗浄力普通
刺激
価格安い高い
おすすめ度

洗浄力の強い界面活性剤は、本来髪や地肌に必要な「皮脂」や「うるおい成分」を過剰洗浄してしまいます。

その結果「髪がきしむ」と感じる方は少なくありません。

一方、髪がギシギシときしみにくいシャンプーはアミノ酸系、ベタイン系の界面活性剤を使ったシャンプーですが、お値段はちょっとお高めになりますね。

トリートメントの使用量が少ないと髪がきしんでしまう

トリートメントの使用量が少ないと、シャンプー後のきしみが出やすくなるので注意しましょう。

特に、高価なトリートメントを使っていると「少しでも長持ちさせたい」とか「もったいない」と感じてしまうもの。

そのせいで、本来使うべき量の半分程度しか髪に馴染ませない方がいらっしゃいます。

そもそもシャンプーは「髪を洗浄するための製品」

髪を綺麗に保つため、ある程度のきしみ感が出てしまうことは珍しくありません。

シャンプー後は、トリートメントで保湿することが前提として作られているため、ケチらずたっぷりと使うようにしてくださいね。

髪のダメージが進行、傷んでしまっている

シャンプー中やシャンプー後に髪がきしむ方の多くは、髪のダメージが進行している可能性が高いです。

美容院でのカラー、パーマ、縮毛矯正などの施術をはじめ、ご自宅でのドライヤーやアイロン、コテなどによる熱ダメージ

そして、寝ている間の摩擦ダメージや、外出中の紫外線ダメージなど、髪が傷む要因はさまざまです。

髪は死滅細胞なので、一度傷んでしまうと自己再生することはありません。

死滅細胞である髪の毛は自己再生能力がありません

本来であれば均等に並んでいるキューティクルが傷み、シャンプーする度に手触りがゴワついたり、キシキシしたりしてしまいます。

髪内部の水分がなくなるとパサパサ・ゴワゴワの原因に

また、キューティクルが傷むことで髪内部の水分やうるおいが流出しやすくなるのも髪のきしみの原因になります。

シャンプー方法が間違っている

シャンプー方法が間違っていると、髪がきしみやすくなります。

特に、以下のようなシャンプーをしている方は気を付けましょう。

  • 髪の毛同士をゴシゴシ擦り合わせている
  • 髪を十分に濡らさずにシャンプーしている
  • すすぎに時間をかけていない

雑なシャンプーや間違った洗髪方法は、髪に大きな負担をかけてしまうことに。

また、界面活性剤が頭皮や髪の毛に残らないよう、丁寧に洗い流すこともとても大事です。

最初にお話した「予洗い」と合わせて、ご自身のシャンプー方法を見直してみてくださいね。


美容師がギシギシ髪がきしまないシャンプーを選ぶときの条件

美容師さんが髪がきしんでしまわないようにシャンプーを選ぶときの条件について、教えてもらいました。

  • 洗浄成分のバランスが良い
  • すすぐ際の泡切れが良い
  • 保湿成分が配合されている
  • 毛髪補修成分が配合されている

これらの条件を満たすシャンプーと出会うことが、ツヤがあってまとまりの良い健やかな髪を目指す第一歩です。

はたしてそんなシャンプーは見つかるのでしょうか?

    傷みやすく乾燥に弱いくせ毛のために作られたシャンプー&トリートメント

    美容師さんの髪がきしまないシャンプー選びの条件を踏まえ、髪ナチュラ編集部がぎしぎしになる髪にお悩みの方へおすすめしたいのが、プリュムシャンプー&トリートメント。

    プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

    4,900円(税込)

    定期購入(初回)

    4,900円 (税込)

    通常購入

    11,000円 (税込)

    2021年はくせ毛改善部門第1位を受賞、高い評価を受けているプリュムシャンプー&トリートメントは、くせ毛に悩むお客様のカット・スタイリングを担当し続けた美容師が、その知識と経験を活かしてプロデュースしました。

    泡の粘度やお湯ですすぐ際の泡切れ、洗い心地はもちろん、配合する洗浄成分の選定保湿成分とのバランスにも美容師の強いこだわりが詰まっています。

    プリュムシャンプー&トリートメントに詰まった美容師のこだわりとは?

    プリュムシャンプーは優しい使い心地の界面活性剤で洗うだけではなく、保湿&毛髪補修成分を配合しています。

    毎日、シャンプーするごとに髪へ直接アプローチ、毎日使い続けることで、傷んだ髪にうるおいを与え、内部から補修して健やかな髪へと導きます。

    洗浄成分の選定と組み合わせ、そして配合バランスにもこだわりました。


    傷んだ髪を優しく洗う美容師こだわりの洗浄成分

    不要な汚れはしっかりと落としながらも「髪や地肌に必要なうるおいは残す」という絶妙なバランスを実現。

    髪と頭皮に優しい洗浄成分に仕上がっています。  

    アミノ酸系の界面活性剤で髪を優しく洗ってくれますホームケアで髪質改善、ヘアセットするとまとまりの良い髪に

    実際にプリュムシャンプー&トリートメントをお使いいただいたお客様からの口コミをいくつか紹介しますね。

    痒みに悩まされていたフジッコ様からの口コミ

    今までシャンプーを変えると、地肌が痒くなったりしましたが、プリュムシャンプーは全く痒くならないです。
    また、髪も絡まず指通りが滑らかです。
    使用してから根元のカラーをしましたが、色持ちが長く乾燥もしていません。
    とても良いです。
    これからずっと使用していきたく、定期便で購入します。
    ★★★★★ 2020年5月13日

    ゆきえ様からの口コミ

    初めて購入しました。
    今までずっとドラッグストアで購入できるシャンプーを使っていましたが、プリュムシャンプーを使って1回目から、違いを感じました。
    しっとりとして、おさまりが良くなります。
    寝癖が付きにくくなり、スタイリングでチリチリした毛が抑えられました。
    髪を乾かす前にプリュムヘアオイルをつけて、朝セットする時にはプリュムワックスをつければ、今まで扱いきれなかった天然パーマの髪と同じだと思えないほどまとまります。
    継続して使い続けたいと思います。
    ★★★★★ 2020年4月21日

    使い続けられるとお喜びいただいたHitomi様からの口コミ

    カットしてもらった後に仕上げでプリュムヘアオイルを付けていただいてから感動して購入しました。
    アトピーで肌が弱いわたしでも毎日使っています。
    くせ毛でも綺麗にまとまり満足しています。
    説明もわかりやすく営業トーク的なものもまったくなくて優しさを感じました。
    ★★★★★ 2020年2月1日

    ※感想はお客様個人のご意見です。

    商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧ください。


    シャンプーすると髪がギシギシときしむ原因と対策、まとめ

      シャンプー後に髪がギシギシときしむ原因と、正しいシャンプーの選び方のポイントを美容師さんに解説してもらいました。

      不十分な予洗いや、髪が傷んでしまっているにも関わらず強すぎる洗浄力を持つシャンプーで髪を洗うと髪はきしんでしまいます。

      トリートメントの使用量が少なかったり、シャンプー方法が間違っていたりすると髪がギシギシになることも。

      • 洗浄成分のバランスが良い
      • すすぐ際の泡切れが良い
      • 保湿成分が配合されている
      • 毛髪補修成分が配合されている

      これらの条件をクリアしている、髪ナチュラ編集部おすすめのプリュムシャンプー&トリートメントをぜひ試してみてくださいね。

      プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

      4,900円(税込)

      定期購入(初回)

      4,900円 (税込)

      通常購入

      11,000円 (税込)

      Pocket