50代女性がボブにするなら前髪あり?なし?美容師さんに聞いてみた

50代女性がボブにするなら前髪あり?なし?美容師さんに聞いてみた
Pocket

50代の大人女性がセミロングやロングヘアから短めにしたい、そんなときに人気なのがボブヘア。

そのボブヘアにするとき、前髪はありの方が良いの?それともなしの方が似合うの?美容師さんに聞いてみました。

大人女性のボブヘアについて、美容室でのオーダーの際に気を付けた方が良いポイントもご案内します。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト 戸来 正博
    • ヘアメイクアーティスト
    • 戸来 正博
    • 40代、50代の女性に寄り添ったヘアスタイルを提案。
プリュムシャンプー

前髪ありの50代女性のボブは若く見える効果がある

50代大人ボブ、前髪ありで若見え効果
50代大人ボブ、前髪ありで若見え効果

50代大人女性が前髪ありの髪型にすることは、決しておかしくありません。

前髪を作ると若々しい印象になりますし、おでこのシワなどもカバーできるので、むしろ50代大人女性には前髪ありのヘアスタイルがおすすめです。

ただし、前髪の作り方には注意点も。

前髪ありのボブにするなら「重くしすぎないこと」が重要

大人女性が前髪を作る場合、重くしすぎないことがとにかく大事です。

前髪が重いと表情が暗く感じられ、老け見えの恐れも。

幼く見えやすいといわれているぱっつん前髪も避けるようにしましょう。

ぱっつん前髪は50代女性がやってはいけない髪型のひとつ

50代の前髪は毛量をしっかり調節して、適度に軽さを出してあげましょう。

斜めに流せるデザインや、ニュアンス感のあるデザインの前髪がおすすめです。

前髪を作るだけで、女性らしさ、若々しさがアップしますよ。

あえてアシンメトリーなデザインの前髪にすることで、可愛いだけでなく個性もしっかり発揮できます。


アラフィフ女性のボブ&ショートボブ実例

前髪なし、あり比較
前髪あり、なし比較

 50代の大人女性に似合うボブは、軽めのデザインであること。

柔らかく空気を含むような髪型にすることで、より若々しく見せる効果も期待できます。

ボブなら毛量をしっかり調節して軽やかさを出したり、ショートボブなど短めの髪型にすると良いですよ。

年齢にとらわれすぎる必要はありません、しかし、大人世代になるとぱっつん前髪や重めボブは似合わせるのが正直、難しい場合も。

50代女性には、レイヤーで段が入ったデザインの方が似合いやすいです。

また、50代になると少しずつ髪が薄くなったり、髪自体が痩せてしまうことによってトップがペタンと潰れてしまいがちなので、レイヤーをバランスよく入れることでトップが自然にふわっとするようなデザインにしてもらいましょう。

後頭部に高さを出したスタイルは、加齢によって出る顔のたるみをカバーする効果も期待できるので、50代女性におすすめするポイントの1つです。

50代大人女性×短めショートボブ

50代女性にはショートボブ
50代女性にはショートボブ

「ボブにすると広がってしまう」という50代の大人女性には、少し短めのショートボブがおすすす。

垢抜け感も演出でき、フェイスラインもすっきりと見せられるおしゃれなヘアスタイル。

くせ毛の方や、髪の毛先が広がりやすい髪質の方の場合、髪の重さで抑えるために重めの髪型にしているのをよく見かけます。

しかし、重たいデザインだと頭が大きく見えてしまったり、垢抜けない雰囲気になってしまうので気をつけたいところ。

髪型が重いと姿勢や全体のバランス悪く見えてしまうこともあり、結果として老けて見える傾向に。

50代大人女性×小顔ボブで若見え

小顔で若見えボブ
小顔で若見えボブ

「年齢サインが出やすい首を見せたくない」

「顔まわりに欲しい」

50代の女性の方は、これらの理由から少し長さのあるボブも人気。

小顔若見えボブのポイントは、レイヤーを使いトップに動きを出して、襟足は少し長めに残すこと。

  • 髪を短くすることに抵抗がある方
  • フェミニンなファッションやメイクが好きな方

上記のような女性にもおすすめです。

50代大人女性×くせ毛を活かすニュアンスボブ

くせ毛を活かすニュアンスボブ
くせ毛を活かすニュアンスボブ

くせ毛や生え癖によって、ハネたりうねったりする髪質の場合はニュアンスボブがおすすめ。

髪の動きやクセを上手く活かすことで、おしゃれで若々しい印象を与えられます。

硬い感じにならないよう、女性らしい柔らかさを出すのがポイント。

カッチリしたデザインのボブは、ハネてしまうとうまく決まらないことも。

しかし、ふんわりとしたシルエットを作ることで、ハネやうねりなどもおしゃれに見せることが可能です。


髪型が決まらないのはなぜ?

50代の髪型が決まらない理由は、大きく分けて4つあります。

  1. カットが髪質に合っていない
  2. 年齢による髪質の変化
  3. パーマによるダメージ
  4. 白髪染めによる髪のパサつき

ひとつずつ解説していきますね。

カットが髪質に合っていない

髪質を活かすカットができれば、セットも圧倒的に楽!

美容院でのカット後は、美容師という「髪のプロ」にブロー、スタイリングをしてもらうので当然髪型が決まります。

しかし、家でセットするのは美容師さんではなくあなたご自身です。

美容院でオーダーする際には「自分でも簡単に再現できる髪型」という点を重視しましょう。

年齢による髪質の変化

50代になって髪型が決まらないと感じる場合、年齢による髪質の変化が影響していることが多いです。

いわゆる「エイジング毛」と呼ばれるもので、年齢を重ねた女性の髪は、ホルモンバランスや加齢によって以下のような変化が出始めます。

  • 髪が細く痩せてくる
  • 毛量が減ってくる
  • くせ毛やチリつきが目立つようになる
  • 乾燥、パサつきが進行する

女性の髪質変化、30代後半から40代にかけて髪が細く弱くなります

「10年前はこんな髪じゃなかったのに…」と、ひとりで悩みを抱えている女性も少なくありません。

今の髪の状態に合わせた正しいヘアケアをスタートさせましょう。

パーマによるダメージ

年齢とともにトップのボリュームが気になり、ふんわり感を出すためパーマをかけている50代の女性は少なくありません。

ところが「髪型が決まらない」とお悩みの女性の中には、パーマをかけたことが原因になっているケースも。

「パーマがかかりすぎてしまい、ボリュームコントロールが難しくなってしまった」

「何度もパーマを繰り返したことで、髪にダメージが蓄積してしまった」

加齢によって弱くなった髪にパーマやヘアカラーはダメージが強すぎてすぐに傷んでしまいます

髪にツヤがなくパサパサしていると、老けた印象になったり疲れた感じに見えてしまうので注意するようにしましょう。

白髪染めによる髪のパサつき

40代~50代の女性にとって、もう1つの髪のお悩みに白髪があります。

白髪染めというものは、基本的に髪の根本を中心に染めていく施術であるため、生えてきたばかりの「新しい髪」に次々とダメージを与えているようなもの。

蓄積したダメージにより、髪が慢性的にパサついて「髪型が決まらない」「広がる」といったお悩みが出てきます。

とはいえ、白髪染めをしなければ色ムラが出てさらに老けて見えてしまうため継続してカラーリングは続けなければなりません。

そんな時こそ、傷んでしまう髪に正しいヘアケアをスタートさせましょう。


50代の大人女性の髪には、状態に合わせた正しいヘアケアが大切

年齢による髪質の変化をはじめ、白髪染めによる髪のパサつきが出やすくなる50代。

そんなアラフィフ女性には、髪質に合わせた正しいヘアケアが必要です。

正しいヘアケアで髪型は決まりやすくなる

年齢を重ねるごとに、お肌のうるおいやハリが不足するのと同様、髪も状態が大きく変わってきます。

お肌に関しては、スキンケアで毎日しっかり保湿してあげる方が多いのに髪のケアは特に何もしていない、ということありませんか?

せっかくなら綺麗な髪で美しいヘアスタイルで毎日を過ごしたいですよね。

そんな毎日のヘアケアに髪ナチュラ編集部がおすすめするのが、プリュムヘアオイルとプリュムワックス。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

  • パサついて髪型が決まらない
  • 広がりが抑えきれない
  • 髪が年々痩せてきている
  • くせ毛が気になってきた
  • ボリュームコントロールがうまくいかない

ヘアオイルは髪の毛不足しがちな毛髪補修成分であるケラチン※1、シルク※2とコラーゲン※3を配合。

※1イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) ※2イソステアロイル加水分解シルク ※3イソステアロイル加水分解コラーゲン

2STEPアウトバストリートメントで髪を保湿・毛髪補修
ヘアセットしたイメージ図

お出かけまえにプリュムワックスでスタイリング売すればツヤっとまとまる髪に。

プリュムヘアオイルでツヤ・まとまりを良くし、プリュムワックスでしっとりナチュラルなヘアスタイルに
Before:スタイリング前 After:スタイリング後

傷んで乾燥、パサパサになってしまった髪も、スタイリングするとこのような仕上がりに。

髪を乾かす前のデイリーケアにプリュムヘアオイル。お出かけ前のスタイリングにプリュムワックスを。ご自宅で簡単にサロンクオリティーのヘアケアとスタイリングを実現できます。

髪の毛は死滅細胞でできているため、一度ダメージを受けてしまった髪は治ることはありません。

だからこそ、スタイリングでツヤ見せをすることが大切。

正しいヘアケア、スタイリングを行うだけで、アラフィフ女性でもここまでツヤのある美髪ヘアスタイルに仕上げられます。


50代の大人女性のボブヘアの前髪はどうしたら良いの?まとめ

髪質変化によってショートヘア、中でも人気のボブにしたい50代の女性の前髪はあり?なし?どちらが良いのか、美容師さんに解説してもらいました。

50代になると「前髪ありの髪型はおかしいのな?」とか「髪型が決まらない」といったお悩みが増えてきます。

前髪を作ることで若々しく見せられるため、50代女性のボブヘアに「前髪あり」はおすすめです。

同時にボブヘアにする場合には、軽めで髪質を活かせるデザインを意識したヘアスタイルにしてもらうよう、美容師さんにオーダーしましょう。

髪が細く弱くなる50代、おしゃれなヘアスタイル選びと同時に、ツヤ・まとまりのある髪作りのため、髪質・髪の状態に合わせた正しいヘアケアを取り入れるようにしてくださいね。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket