髪の毛がデコボコ、ガタガタになる原因とは?改善方法をご紹介!

髪の毛がデコボコしたり、ガタガタしたりする原因

髪の毛がデコボコしたり、ガタガタしたりすることってありませんか?

たまに、そのような髪の毛が出てきてしまう場合もあれば、いつも髪の毛がデコボコした手触りで困っている、という場合もあるでしょう。

この記事では、どうして髪の毛がデコボコしてしまうのか、それを解決するにはどうしたらいいのか、解説していきます。

プリュムヘアケアPLUME HAIR CARE

髪の毛がデコボコしたり、ガタガタしたりする原因

\ 監修はこの人 /
    毛髪診断士 遠藤 颯
    • 毛髪診断士
    • 遠藤 颯
    • 毛髪診断士。Webメディアにおいて6年間記事監修を務める。
      10点以上のヘアケア&美容アイテムのプロデュース経験も。

髪に指を通したときにデコボコ、ガタガタになっていて手触りも見た目も悪くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

考えられる4つの理由をご紹介します。

原因1:生まれつきの、連珠毛という髪質

でこぼこ、ガタガタした手触りの連珠毛
でこぼこ、ガタガタした手触りの連珠毛

髪の毛がデコボコになってしまう理由のひとつ、生まれつきの髪質「連珠毛」です。

大きさの異なる膨らみが数珠のように連なっており、見た目もデコボコです。

ガタガタした髪の毛、と表現する人もいます。

ツヤが出にくく、傷んでいるように見える髪質です。

原因2:加齢によるくせ毛

年齢を重ねることで髪質は変化していく
年齢を重ねることで髪質は変化していく

年齢を重ねることで、髪の毛にくせが出たり、ガタガタ、ボコボコとした髪質になることがあります。

美しい髪を維持する女性ホルモン「エストロゲン」が減少するために発生します。

主に40歳前後から徐々に髪質が変わってくることが多いです。

同時にパサつき、うねりに悩まされる人も少なくありません。

結節性裂毛症

結節性列毛症の写真 引用:新ヘア・サイエンス
結節性列毛症の写真 引用:新ヘア・サイエンス

髪の毛が毛先から裂けて白く見えてしまう結節性列毛症の場合も、裂けている部分の手触りがデコボコになります。

先天性の場合と後天性の場合がありますが、多くのひとは後天性です。

結節性列毛症は、内的要因と外的要因2つの可能性があります。

結節性列毛症の原因

内的要因:消耗性疾患、鉄欠乏性貧血、甲状腺機能異常によるもの[1]

外的要因:パーマや縮毛矯正、ブリーチやヘアカラーといったダメージの強い施術を受けた場合

髪の毛は中心部をメデュラという芯、その周辺をコルテックスと呼ばれる繊維状のタンパク質が囲み、一番外側にキューティクルと呼ばれるウロコ状組織が詰まっています。

このとき、繊維質であるコルテックスを結びつけていたマトリックスと呼ばれる成分が溶出てしまうことで繊維がほどけてバラバラの状態になります。

傷んで乾燥した状態で、髪を無理にくしでといたり、ブラッシングしたりするとバラバラになった繊維が露呈して白く見えてしまいます。

結節性裂毛症が見られた場合は、その毛先から数センチ程度まで及んでいる可能性があるのでカットして傷んだ部分にヘアケアをしてあげましょう。

根元のヘアキャストが髪に付着している

ヘアキャストの写真 引用:新ヘア・サイエンス
ヘアキャストの写真 引用:新ヘア・サイエンス

髪の根元に白い汚れのようなものが付着して、デコボコな手触りになっている場合はヘアキャストの可能性があります。

ヘアキャストはフケではなく、髪の毛根を包む毛包と呼ばれる組織が髪に巻き付いたものです。

本来、髪の毛根の一部である毛包がなんらかの力で髪が引っ張られたときにちぎれて髪にくっついてしまったもので、フケのように手で払っても簡単には落ちません。

ヘアキャストがあると髪に指を通したときにやはり手触りが悪くなります。

シャンプーやブラッシングで髪に引っ掛かりがあったときも強引に引っ張らないように心がけましょう。

まとめ髪やポニーテールなどの際も髪を強く引っ張りすぎないように注意してくださいね。

ヘアスタイリングが髪に付着いている

スタイリング剤が髪に付着してデコボコする
スタイリング剤が髪に付着してデコボコする

ヘアスプレーやヘアワックスの残りカスが髪に付着している場合、手触りがデコボコしていることがあります。

スタイリング剤を使用した後、しっかりと髪を洗い流さないとこのようなことが起きます。


デコボコした髪の毛を抜くのはNG

髪に指を通してみたらデコボコ、ガタガタになっているからといって、髪の毛を抜いてはいけません。

髪の毛を抜くと毛穴や頭皮が傷んでしまう原因にもなるため、デコボコな髪を見つけても抜かないようにしてください。

まずは原因に対して、正しい解決方法をとるようにしましょう。

たとえば、ヘアケアすることで改善できるタイプもあります。

大切な髪を手触りの良い状態に導くにはどのようなヘアケアが良いのか、ご紹介します。


デコボコした髪の毛のヘアケア&スタイリング方法

プリュムヘアオイル&ワックス:デコボコした髪をスタイリングして艶を与えつつと指通りをよくする
プリュムヘアオイル&ワックス:デコボコした髪をスタイリングして艶を与えつつと指通りをよくする
\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。

デコボコになってしまった髪はトリートメントしたからといってすぐに改善できるわけではありません。

また、髪の毛は爪と同じ「ケラチン」という繊維のようなタンパク質でできており、一度伸びてしまった部分は自己再生することはありません。

このような理由から、デコボコ&ガタガタ髪を改善するには、スタイリングで綺麗に見せてあげることが効果的です。

ヘアオイルをつけて乾かした後、ワックスでスタイリング

スタイリング前とスタイリング後の比較
スタイリング前とスタイリング後の比較

デコボコした髪を綺麗にスタイリングする方法は以下のとおり。

  1. 髪の毛全体を濡らして、寝ぐせをオフ
  2. タオルで優しく水気を拭き取る
  3. プリュムヘアオイルを毛先→中間→根元の順番で馴染ませる
  4. ドライヤーで根元からしっかり乾かす
  5. ヘアアイロンをするならここのタイミングで
  6. プリュムワックスを髪の表面につけて艶出し&保湿をする

①オイルをつけて乾かす②仕上げにワックスを使うという2STEPのケア&スタリングがおすすめ。

2STEPのヘアケア&スタイリングについて
2STEPのヘアケア&スタイリングについて

今回使用したヘアオイルとワックスはこちら

2STEPアウトバストリートメント
2STEPだから実感。ヘアケア&スタイリング
2STEPアウトバストリートメント 使い方
湿気の多い日も素直髪、つづく
2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)


髪表面のデコボコ、ヘアキャストやスタイリング剤を落とすシャンプー方法

髪にくっついてしまったヘアキャストやスタイリング剤のカスは、正しいシャンプー方法でしっかり落としてあげましょう。

頭皮と髪汚れを落とす正しいシャンプー方法は以下の通り。

  1. お風呂に入る前にヘアブラシでホコリを落とす
  2. シャワーのお湯で予洗いをしておおまかな汚れを落とす
  3. シャンプーをつけたら、頭皮を指の腹でマッサージするように髪を洗う
  4. 洗い残しがないようにしっかりすすぐ
  5. コンディショナーおよびトリートメントを馴染ませてすすぐ

ポイントは、予洗い。じつはお湯だけの予洗いで頭髪の80%の汚れは落とすことができるんです。

予洗いに時間をかけることで、シャンプーの泡立ちが格段によくなり、汚れ落ちもアップします。

ぜひ、試してみてくださいね。


髪の毛がデコボコ、ガタガタになる原因とは?改善方法まとめ

髪の毛がデコボコ、ガタガタしてしまう原因と対策は以下のとおり。

  • 生まれつきの連珠毛という髪質:ヘアケア&スタイリングでカバー
  • 年齢による髪質変化で起こるくせ毛:ヘアケア&スタイリングでカバー
  • 毛結節性裂毛症:傷んだ部分をカット
  • ヘアキャストの付着:正しいシャンプー方法で落とす
  • スタイリング剤の残りカス:正しいシャンプー方法で落とす

髪の毛がデコボコ、ガタガタして困っている人は参考にしてみてくださいね。

参考文献

[1] 品川シーサイド 皮膚・形成外科クリニック 性裂毛症