湿気で髪の毛がボサボサになってしまう!その原因と対策を髪型、髪質をもとに徹底解説!

湿気で髪がボサボサ
Pocket

「湿気で髪の毛がボサボサになってしまう」

「雨の日のまとまらない髪をなんとかしたい」

このようなお悩みを抱えていませんか。

雨の日湿度が高い日は、髪の広がりにうんざりしますよね。

そこで今回は、原宿で美容師をしている戸来「湿気でボサボサになる原因と対策方法」を解説!

実際にたくさんのお客様から喜ばれている方法なので、ぜひ期待して読み進めてくださいね。

湿気で髪の毛がボサボサになる原因

湿気で髪がボサボサしたり広がったりするのは、水分が原因。

特に以下のような方は、ボサボサ感が強く出やすいでしょう。

  • くせ毛
  • ダメージ
  • 加齢による髪質変化

髪の毛は、大きくわけて2つのタイプがあります。

  • 水分を吸収しやすい髪質(吸水性を持つ髪質)
  • 吸収しにくい髪質(撥水性を持つ髪質)

くせ毛やダメージ毛、加齢により変化した髪質の方は「吸水性を持つ髪質」に分類されます。

湿度が高いと、髪の大部分を占める「コルテックス」が水分を過剰に吸収して膨張。

結果、髪の毛がボサボサになったり広がったりしてしまうんですね。

湿気でアホ毛やうねりが出るのも、髪の水分吸収&膨張が原因です。

髪がボサボサにならない対策

髪のボサボサを抑える対策方法は、以下の3つが効果的。

  1. 傷んだ髪を切る
  2. 補修成分の入ったヘアケア製品を使う
  3. ヘアオイルで水分や湿気から髪を守る

ひとつずつ解説していきましょう。

傷んだ髪を切る

こちらはご来店直後のお客様。

縮毛矯正やカラー、パーマなどの繰り返しによって傷んだ髪は、カットしてあげると速攻でまとまりが良くなります。

髪は死滅細胞の集まりで構成されているため、一度傷んだ部分は自己再生しません。

こちらは毛先をカットした後のお写真。

くせ毛は短くした方が扱いやすくなるため、ショートショートボブにするのもおすすめです。

特に雨の日が続く梅雨のシーズンは、普段よりも短くすると「ボサボサ感」に悩まされることも減るはず。

毛量が多い方は、レイヤーを入れてシルエット調整をしてあげるのも良いでしょう。

大きなうねりや表面のボサボサ、チリチリが目立つようなくせ毛も、ショートにすることでパーマ風スタイルに!

中途半端な長さだと毛先が肩に当たってハネる悩みが増えてしまいますが、ショートならそんな心配もなし。

ブロー前にくせ毛用のヘアオイルを馴染ませるだけでセットが完了するので、忙しい朝も時短スタイリングが叶いますよ。

補修成分の入ったヘアケア製品を使う

髪の毛がボサボサしてしまう方は、吸水性の髪質であるとお話しましたね。

これは、内部のたんぱく質が不均等になったり乱れることによって、髪の中に空洞ができてしまうことが元凶!

そのため、髪内部を補修成分で満たしてあげることが必要不可欠です。

また、くせ毛やダメージ毛、エイジング毛は髪表面のキューティクルが剥がれやすく、内側のうるおいや栄養が流出しやすくなっています。

だからこそ、毎日のホームケアで「不足した成分」を補ってあげることが大事なのです。

くせ毛用のヘアオイルで水分や湿気から髪を守る

髪の毛が湿気でボサボサになりやすい方は、保湿系のスタイリング剤で水分湿気から髪を保護してあげましょう。

油分の多いスタイリング剤で髪をコーティングすることで、水分吸収&膨張によるボサボサを予防することができます。

特に、雨の日や湿度の高い日の朝にはくせ毛用のヘアオイルでの保湿ケアを欠かさないようにしてください。

スタイリング剤には、ムースやミスト、ヘアオイル、エマルジョンなどがありますが、湿気でボサボサと広がる髪には「プリュムヘアオイル」がおすすめです。

>>くせ毛のためのプリュムヘアオイルを見る

くせ毛さんやダメージ毛、年齢髪におすすめのヘアケア&スタイリング剤については、この後詳しくご紹介していきます。

湿気によるボサボサを予防!アウトバストリートメント

「湿気で髪の毛がボサボサしてしまう」とお悩みの方の多くは、毎日のシャンプー後に何もつけていないことが多いです。

どんなに「しっとり系」「まとまりやすい髪になる」と書かれたシャンプーでも、これだけではボサボサを抑えられません。

例えるなら、洗顔した後に化粧水や乳液をつけずに放置しているのと同じ。

何もしなければお肌が荒れてしまうのと同じように、髪も正しくケアしないと美しくいられません。

そこで美容師の僕は、ボサボサ髪さんのために「アウトバストリートメント」を開発しました。

プリュムヘアオイルをつけてドライヤーで髪をブロー。その後に、アホ毛、パサつきが気になる箇所へプリュムワックスをひと塗りします。

それが、いま大人気の2STEPアウトバストリートメントなのです。

2STEPアウトバストリートメントの効果

ご来店直後のお客様。髪の毛のボサボサでお悩みということで・・・。

ボブにカット。縮毛矯正はしていません。

髪を乾かす前にプリュムヘアオイルをつけてドライヤーでブロー。

その後、髪の表面にうっすらとプリュムワックスをつけています。

ボサボサする髪質ででお悩みの場合、カットはもちろん大切ですが、ヘアケア剤も大切。

僕のお店ではお客様がおうちで使えるヘアケア剤、プリュムヘアオイルとプリュムワックスの2ステップでの美髪をご提案しています。

湿気や水分によって髪が膨張し、ボサボサになってしまう方こそ「水が入っていない製品」を選ぶべき。

水分が多く使われたミストやムースなどのスタイリング剤は、くせ毛やダメージ毛のボサボサやチリチリを悪化させてしまいます。

僕が開発した「2STEPアウトバストリートメント」には、水を使用していません。

そのため、水分に弱い髪質の方でも快適にお使いいただけます。

ステップ1として、シャンプー後の濡れた髪を丁寧にタオルドライ。

プリュムヘアオイルを付けたら普段通りにドライヤーで乾かすだけ!

髪補修成分のケラチンシルクが、髪内部にじっくり浸透してまとまりやすい状態へと導きます。

髪の毛を乾かした後は、ステップ2として「プリュムワックス」での保湿ケア&保護スタイリングを行いましょう。

保湿効果の高いワセリンやホホバオイル、アルガンオイルなどの油分コーティングにより、髪の過剰な水分吸収を予防!

梅雨時をはじめ、雨の日や湿気が多い日でも髪型をより長時間キープすることが可能です。

ヘアオイルでのケアにワックス保湿をプラスすることで、女性らしくツヤのある「美しい髪」になれると、多くの方に喜ばれています。

 

湿気でうねりやすい髪質をはじめ、ボサボサの爆発ヘアでお悩みだった方からも「ありがとうございます!」というお声をたくさんいただいています。

次は、あなたの髪でこの効果を実感してください。

きっと「もっと早く使っていればよかった」と思うはず。

毎日のヘアケアスタイリングを変えるだけで、びっくりするくらい快適な毎日を送ることができますよ。

ぜひ、この機会にお試しくださいね!

まとめ

今回は、湿気で髪がボサボサになる原因と対策方法を解説しました。

あなたの髪が思うようにまとまらないのは、髪内部の構造水分吸収に原因があります。

内部から徹底補修するヘアケア剤と、水分から髪を保護するスタイリング剤を正しく使うことで、その髪悩みから解放されるはず。

「髪質だから仕方ない」と諦めかけていた方も、ぜひ一度「2STEPアウトバストリートメント」の効果を確かめてみてくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください