湿気で髪の毛がボサボサ!原因・対策を美容師が徹底解説します

くせ毛の髪の毛、パーマやドライヤーでの改善方法を美容師が解説
Pocket

髪の毛がまとまりにくい、ボサボサしやすいのは湿気が多い日。

「湿気で髪の毛がボサボサになってしまう」

「雨の日のまとまらない髪の毛の対策が知りたい」

このようなお悩みをお持ちの方が多いです。

今回は、美容師が湿気で髪の毛がボサボサになる原因と対策方法を詳しく解説していきます。

髪がまとまらない、広がるのはなぜ?

髪質や湿気以外にもなにか原因があるのでしょうか。

まとまりにくい髪におすすめのスタイリング剤も交えて、対策をお伝えしていきます。

具体的な原因と対策を知って、しっかり髪の毛を守っていきましょう。

プリュムシャンプー

なぜ湿気で髪の毛はボサボサになるのか対策の前に原因をチェック

湿気が強い時期に髪の毛がボサボサになってしまうお悩みを持つ方は多いです。

特に、梅雨の湿気が多い時期は髪の毛がボサボサになるので対策が知りたいですよね。

湿気で髪の毛がボサボサになってしまった場合、対策はあるの?

ボサボサになった髪の毛を治す対策が知りたい!

ボサボサになった髪の毛を治す対策が知りたい!

今回の記事では、湿気で髪の毛がボサボサになる原因と対策を詳しく解説していきます。

湿気でボサボサになった髪の毛は、市販品のヘアケア用品やスタイリング際で治るのでしょうか?

湿気で髪の毛がボサボサになる対策、それは縮毛矯正で治すまでではない?

また、ヘアケア用品と言ってもヘアオイルやスプレーなどたくさんあるもの。

「ケープ」や「エヌドット」、また購入しやすい市販シャンプーでボサボサになった髪の毛を簡単に治せるのか気になるところ。

湿気でボサボサになりやすい髪型や直し方、応急処置方法をご紹介。

湿気で広がりやすい髪型や直し方、応急処置方法をご紹介。

湿気で髪の毛がボサボサ、ちりちりになるときの対策とは?

女性だけではなく、メンズでも湿気で髪の毛がボサボサになるなんてことも。

今回の記事で、湿気で髪の毛がボサボサになる方におすすめの対策を詳しくお伝えしていきますね。

さて、湿気で髪の毛がボサボサになる対策をお伝えする前に、まずは原因からお伝えします。

あなたの髪の毛のボサボサの原因は、どのタイプでしょうか?

湿気で髪の毛がボサボサしたり広がったりするのは、水分が原因。

髪の毛は、大きくわけて2つのタイプがあります。

  • 水分を吸収しやすい髪質(吸水性を持つ髪質)
  • 吸収しにくい髪質(撥水性を持つ髪質)

くせ毛やダメージ毛、加齢により変化した髪質の方は「吸水性を持つ髪質」に分類されます。

くせ毛やダメージ毛、加齢により変化した髪質の方は「吸水性を持つ髪質」に分類されます。

吸水性を持つ髪質の方は、湿気で髪の毛がボサボサになりやすいといえます。

では、湿気で髪の毛がボサボサになりやすい吸水性タイプの方は、何か対策があるのでしょうか。

図解付き、髪の構造と湿気によるボサボサ・うねりとの関係とは?

湿気で髪の毛がボサボサになってしまう原因、それはくせ毛にも通じるもの。

湿気で髪の毛がボサボサになりすいのはくせ毛の方が多いんです。

画像を交えて解説していきますね。

図解付き、髪の構造と湿気によるうねりとの関係とは?

くせ毛の髪の毛は、髪の毛内部のたんぱく質の配置が不均等。

髪の毛内部のバランスが偏っているため、湿気で髪の毛がボサボサになりやすいんです。

湿度が高いと、髪の大部分を占める「コルテックス」が水分を過剰に吸収して膨張。

結果、髪の毛がボサボサになったり広がったりしてしまうんですね。

湿気でアホ毛やうねりが出るのも、髪の水分吸収&膨張が原因です。

湿気でアホ毛やうねりが出るのも、髪の水分吸収&膨張が原因です。

湿気で髪の毛がボサボサになりやすく対策が必要なのはどんな人?

湿気で髪の毛がボサボサになりやすい髪質の方がいらっしゃいます。

特に以下のような方は、ボサボサ感が強く出やすいです。

  • くせ毛
  • ダメージ
  • 加齢による髪質変化

湿気による髪の毛のボサボサを抑える対策方法は、以下の3つが効果的。

  1. 傷んだ髪を切る
  2. 毛髪補修成分の入ったヘアケア製品を使う
  3. ヘアオイルで水分や湿気から髪を守る

湿気によりボサボサになる髪の毛は、髪の毛が傷んでいる場合も。

傷んだ髪の毛を切ることで、湿気によるボサボサ感の対策ができるのです。

こちらはダメージを負った髪をカットしたお客様。

こちらはダメージを負った髪をカットしたお客様。

髪全体がまとまってスッキリしましたね。

更に、湿気でボサボサになってしまうのは髪の毛がダメージを受けているから。

ダメージを受ける前に、ヘアケア用品で髪の毛をダメージ対策。

髪の毛の傷み対策をすることが、湿気によるボサボサを対策する大きなポイントです。


美容師による湿気で髪がボサボサになるのを防ぐ具体的な対策

湿気により髪の毛がボサボサになる原因を挙げていきました。

主な原因は、髪の毛内部の構造によるもの。

また、髪の毛が水分を含んで膨張してしまうからです。

髪の毛がボサボサにならないための対策もお伝えしました。

湿気で髪の毛がボサボサにならない対策は、髪の毛にダメージを負わせないこと。

湿気で髪の毛がボサボサにならない対策は、髪の毛にダメージを負わせないこと。

髪の毛のダメージ対策が、湿気による髪の毛のボサボサ対策にもなるもです。

あまり髪の毛が傷んでいる場合は、髪の毛を切ってしまうこと対策に。

ショートヘアにしてスッキリしてしまうもの、対策の1つなんです。

その他のボサボサになる髪の毛対策としては、ヘアケアをしっかり行うこと。

湿気で髪の毛がボサボサにならないためには、髪の毛のダメージを抑えることが大切。

次の項目から、詳しい具体的な対策を見ていきましょう。

ダメージで傷んでしまった髪をカット・スタイリングする方法

湿気で髪の毛がボサボサになってしまう場合。

そんな対策の1つは、髪の毛を切ってしまうこと。

縮毛矯正やカラー、パーマなどの繰り返しによって傷んだ髪の毛は、カットをするとまとまりが良くなります。

縮毛矯正やカラー、パーマなどの繰り返しによって傷んだ髪の毛は、カットをするとまとまりが良くなります。

ボサボサになりやすかった髪の毛が、カットによってまとまりやすくなるんです。

髪の毛は死滅細胞の集まりで構成されているため、一度傷んだ部分は自己再生しません。

くせ毛の場合、髪の毛を短くした方が扱いやすくなります。

ショートやショートボブにするのがオススメ。

髪の毛のボサボサ対策になりますよ。

特に雨の日が続く梅雨のシーズンは、普段よりも髪の毛を短くするとボサボサ感対策に。

髪の毛の量が多くボサボサしてしまう方の対策は、レイヤーや段を入れてシルエット調整を。

髪の毛の量が多くボサボサしてしまう方の対策は、レイヤーや段を入れてシルエット調整を。

髪の毛の大きなうねりや表面のボサボサ、チリチリが目立つようなくせ毛も、ショートにすることでパーマ風スタイルになります。

中途半端な髪の毛長さだと、毛先が肩に当たってハネる悩みが。

しかし、ショートヘアならそんな心配もいらず、髪の毛のボサボサ対策にもつながります。

ブロー前にヘアオイルを馴染ませるだけでセットが完了するので、忙しい朝も時短スタイリングできます。

湿気で髪の毛がボサボサになってしまう方の対策の1つです。

髪質に合ったシャンプー・トリートメントを選んでホームケア

湿気で髪の毛がボサボサしてしまう方は、吸水性の髪質であるとお話しました。

これは、内部のたんぱく質が不均等になったり乱れたりすることによって髪の中に空洞ができてしまうことが元凶。

そのため、髪の毛の内部を毛髪補修成分で満たすと髪の毛が健康に。

髪の毛の内部を毛髪補修成分で満たすと髪の毛が健康に。

また、くせ毛やダメージ毛、エイジング毛は髪の毛表面のキューティクルが剥がれやすいです。

(※キューティクル=髪の毛の表面組織)

キューティクルが剥がれると、髪の毛の内側のうるおいや栄養が流出しやすくなります。

湿気で髪の毛がボサボサしたり、髪の毛がダメージを負いやすくなる原因に。

だからこそ、毎日のホームケアで不足した成分を補って保湿&毛髪補修することが大切です。

髪質に合ったシャンプー&トリートメントを使ってしっかり髪の毛を保湿することが大切。

特に、湿気で髪の毛がボサボサする場合は保湿&毛髪補修成分の高いシャンプー&トリートメントを。

特に髪の保湿・毛髪補修効果の高い「プリュムヘアケアシリーズ」がおすすめです。

  • プリュムシャンプー
  • プリュムトリートメント
プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

この2つの使い方は簡単で、一般的なシャンプー&トリートメントと同じ。

プリュムシャンプー、トリートメントは保湿効果の高いアミノ酸洗浄成分。

毛髪補修&保湿しながら髪の汚れをバッチリ洗い流します。

髪の毛がボサボサになる対策にもつながります。

洗い流さないトリートメントで湿気による髪の毛のボサボサ対策

髪の毛が湿気でボサボサになりやすい方は、保湿系のスタイリング剤で水分や湿気から髪を保護することがオススメ。

油分の多いスタイリング剤で髪をコーティングすると、水分吸収&膨張による髪の毛ボサボサを対策できます。

特に、雨の日や湿気の多い日の朝にくせ毛用のヘアオイルでの保湿ケアを。

特に、雨の日や湿気の多い日の朝にくせ毛用のヘアオイルでの保湿ケアを。

しかし保湿ケアすることで、湿気の日に出る髪の毛のボサボサ対策になります。

スタイリング剤には、ムースやミスト、ヘアオイル、エマルジョンなどがありますよね。

しかし、どれが湿気でボサボサする髪の毛の対策になるのか分かりにくいもの。

湿気によるボサボサ対策ができるヘアケアやスタイリング剤は?

中でもおすすめなのが、くせ毛用ヘアケア用品の「プリュムヘアケア」シリーズ。

湿気でボサボサと広がる髪の毛に特にオススメなのが「プリュムヘアオイル」です。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

「湿気で髪の毛がボサボサしてしまう」

そんなお悩みの方の多くは、毎日のシャンプー後に何もつけていないことが多いです。

どんなにしっとり系やまとまりやすい髪になると書かれたシャンプーでも、シャンプーだけではボサボサを抑えられません。

湿気でまとまらない髪の毛の対策にはならないのです。

例えるなら、洗顔した後に化粧水や乳液をつけずに放置しているのと同じ。

何もしなければお肌が荒れてしまうのと同じように、髪も正しくケアしないと美しくいられません。

プリュムヘアオイルと併用するのにオススメなのが、プリュムワックス。

プリュムワックスは、ワックスと呼ばれていますが固形トリートメントのような使い心地。

スタイリングはもちろん、ヘアケアもしっかりできるワックスです。

プリュムヘアオイル&ワックスの洗い流さないアウトバストリートメントは、湿気で髪の毛がボサボサになる対策にもぴったり。

使い方も簡単。

髪を乾かす前にプリュムヘアオイルをつけてドライヤーでブロー。

その後、髪の表面にうっすらとプリュムワックスをつけています。

ボサボサする髪質でお悩みの場合、カットはもちろん大切ですが、ヘアケアも大切。

プリュムヘアオイル&ワックスで髪がこんなにまとまりやすくなるんです。

プリュムヘアオイル&ワックスで髪がこんなにまとまりやすくなるんです。

湿気や水分によって髪の毛が膨張し、ボサボサになってしまう方こそ水が入っていない製品がオススメなのです。

水分が多く使われたミストやムースなどのスタイリング剤は、くせ毛やダメージ毛のボサボサやチリチリを悪化させる原因になることも。

対策どころが、ボサボサになる髪の毛を作る場合が。

プリュムヘアオイル&ワックスには、水を使用していません。

そのため、水分に弱い髪質の方でも快適にお使いいただけます。

ステップ1として、シャンプー後の濡れた髪を丁寧にタオルドライ。

プリュムヘアオイルを付けたら普段通りにドライヤーで乾かすだけ!

プリュムヘアオイルを付けたら普段通りにドライヤーで乾かすだけ!

髪補修成分のケラチンやシルクが、髪内部にじっくり浸透してまとまりやすい状態へと導きます。

髪の毛を乾かした後は、ステップ2としてプリュムワックスでの保湿ケア&保護を。

保湿効果の高いワセリンやホホバオイル、アルガンオイルなどの油分コーティングにより、髪の過剰な水分吸収を対策してくてます。

雨の日や湿気が多い日でも髪型をより長時間キープすることが可能。

次は、あなたの髪でこの効果を実感してください。

毎日のヘアケアやスタイリングをする習慣を身につけるだけで、びっくりするくらい快適な毎日を送ることができますよ。

実際にアウトバストリートメントをご利用いただいたお客様の口コミ

ニックネーム : ハナ様からの投稿

白髪染めのたびに縮れていく髪の毛…

特に前髪生え際の産毛が伸びないチリチリが悩みでした

あらゆるオイルやワックスを使いましたが納得いかず

もちろん美容室のトリートメントもしてましたが時間とともに元通り

ストレートアイロン カールアイロンで毎日セットしても崩れるばかり

加齢と諦めていたところ ネットで見つけて注文しました

初日から 久しぶりのサラサラヘアに感激

まだまだロンクヘアで頑張れそうです

触りたくなるサラサラヘア ありがとうございました

レビュー投稿日:2021年11月8日

ニックネーム : るい様からの投稿

癖毛がよくまとまってスタイリングも楽です。とくに雨の日は重宝します。

アトピーですが、痒くもなりませんでした。

レビュー投稿日:2021年10月1日

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

湿気で髪の毛がボサボサしやすい方への対策におすすめの、プリュムワックス・ヘアオイル。

ダメージを受けやすいくせ毛をやさしく保湿&保護してくれます。

※公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

東京・世田谷区医師会の会長、窪田美幸先生からのコメント

湿気により髪の毛がボサボサになる方への対策をお伝えしてきました。

対策として、ヘアケアをしっかり行うことが大切。

湿気により髪の毛がボサボサになる方への対策をお伝えしてきました。

さて、ここでヘアケアについて東京・世田谷区医師会の会長、窪田美幸先生からのコメントを見ていきましょう。

ヘアケアのポイントは、「毎日」「肌に優しい製品で」と語る窪田先生。

くせ毛は、ヘアダメージやエイジング、毎日の間違ったケアで悪化してしまう方が多いと感じています。

私自身、40歳を過ぎた頃からうねりがひどくなり、雨の日は髪の毛が爆発するように・・・。

でも今ではサラサラの仕上がりです。

友人や患者さんからも髪の毛を褒められるようになりました。くせ毛を扱いやすくするには、毎日の”保湿ケア”がとても大切だと実感しています。

ここで大切なのは毎日のケアと使用する製品です。

シャンプーについては、ヘマチンやケラチンが入っており、毛髪の補修と保湿ができるものが良いですね。

また、地肌をいたわることも毛髪のためには大切です。

ヘアケア製品の中には香料が強かったり、添加物が多量に入っているものも多く、敏感肌の方には合わないことがあります。

ですから、できるだけそういったものが入っていない製品を選ぶことが大切です。

(引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000051595.html  )


湿気で髪の毛がボサボサ、その対策まとめ

今回は、湿気で髪がボサボサになる原因と対策方法を解説しました。

あなたの髪が思うようにまとまらないのは、髪内部の構造と水分吸収に原因があります。

内部から徹底補修するヘアケアと、水分から髪の毛を保護するスタイリング剤を正しく使うことで、その髪悩みの対策ができますよ。

湿気で髪の毛がボサボサしやすい方への対策は、特にプリュムヘアオイル&ワックスの併用がオススメ。

髪の毛を洗った後にプリュムヘアオイルで保湿&毛髪補修、その後プリュムワックスで髪の毛を保護。

まとまらないボサボサ対策の大きな一歩になるヘアケアです。

湿気で髪の毛がボサボサ、その対策まとめ

髪質だから仕方ないと諦めかけていた方も、ぜひ一度「2STEPアウトバストリートメント」の効果を確かめることがオススメです。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket