アラフィフ(50代)の女性がボブにするなら前髪あり?オーダーの注意点

  • 2017/7/16
Pocket

こちらは50代ではなく60代の女性ですが最初は少し長めのボブでした。

そしてパーマをかけられています。ボリュームの出しすぎには注意をしていきたいし雰囲気に合わせて切っていきたいので長さはそこまで切らないでシルエットを変えました。

前髪は横顔を見たときにおでこが見えないようにした。

前髪をありにしてもいいのですが注意をしなくてはいけないのが重くしすぎないことだ。

50代からは「前髪あり」にしよう!!



過去に切らせていただいた髪型変身画像集は「こちらのbefore→afterへ

アラフィフ(50代)女性のボブのオーダー【注意点】

パーマのかけすぎには注意をしなくてはいけない。強すぎてしまうと老けてみます。

重すぎてもいけない。姿勢が悪く見えるとそれも老けて見える原因となります。

後ろ姿ですら変わる。

before

首や背中を見せたくないとか。、結べる長さが欲しい場合上のように少し長めのボブにされる50代女性が多いのですが頭が大きく見えるだけではなく太って見えてしまう。

髪質によっては少し軽く、短めにしたほうが周囲に反応も良い

 

after

トップに動きを出して襟足は適度に長めに残した。

50代のボブは毛先がパッツンになってしまうことが多いためある意味年相応な髪型ですが、そこを少し流行とかファッションを意識してデザインを変えてみてはいかがでしょうか。

もちろんボブもオススメですがセットをしなくては決まらない場合があります。

硬い感じではなく柔らかく作ることをオススメします。

これはプリュムワックスをつけただけのセットです。

うねる、跳ねるを上手く生かすボブということです。

 

美容院ではブローをしてもらうから決まりますよね?でも家でできなければ意味がないわけです。

だから硬いボブだと跳ねてしまえば格好が悪いし顔が小さくて髪質が良くないと決まりません。

 

長かった髪をボブに切ったら跳ねてしまう!!そんなお悩みもありますからセットの方法も教えてもらわないといけない。

 

 

アラフィフ(50代)女性の美容院探しはかなり大変!

ジプシーになってしまったら終わり。焦りますよね・・・。

50代となれば長年通っていた美容師さんも同じくらいの年齢になってしまうため流行などではなく「いつもの髪型」になりがちですよね。

 

 

失敗が怖いから冒険することもなくなる。毎回同じ髪型になってしまう。

担当の美容師さんが長年同じだと飽きてしまうことで50代の女性は髪型を迷走していく。

 

美容院を探すのも面倒になってくる。近場で済ませたいというのが本音でしょう。

仮に頑張って都内に出てきてオシャレな美容院にいったとしても場違いな気がしてストレスとなる。

(ちなみに美容院MAXは2013年11月からオープンしているんですが、僕(平成三年生まれ)が一人で経営をしていてスタッフもいないし、ドリンク、雑誌、甘い会話のサービスがない。

お互いに気を使わないことをコンセプトとしている(笑)

音楽(BGM)ですらないためほとんどの50代女性は瞑想をしているか、携帯を見ている。)

僕のお店にはご存知、女性しかいない(「息子を切ってください」とご紹介を頂くことでしかメンズは切らない)

そして年齢層は40代から60代だ。



ボブからショートヘアに切った女性をご紹介しよう。

こちらは60代の女性で白髪染めを卒業されまして、新たなスタートです。

参照 「かわいいおばあちゃん」になるためには髪型以外にも気を使いましょう

50代以降から髪型だけではなく髪色にも悩まされるでしょう。

特に白髪が多めな女性は頻度良く美容院にいくことが辛い!!

そのため「白髪染めをやめたい、目立ちにくい髪型」でもご紹介しているようにできるだけ白髪染めの頻度を長引かせるためカラーに仕方をお教えするか白髪だらけでも似合う髪型と自信をご提供する。

今まで当たり前に白髪染めをしてきた50代の女性はやめることでどれだけ楽をすることができるのだろうか・・?

 

人生を謳歌することができると言っても過言ではない。

 

50代(アラフィフ)女性の年相応の髪型はボブ?ショート?

アラフィフとはいえども、いつまでも若い「女」でいたいですよね。

そんなときに考えられることは前髪を作るか作らないか?またどんなデザインにするのか?を迷っているのではないでしょうか?

白髪が多くなってしまったり、おでこが広くなってしまったらどうしたらいいのかわからなくなってしまう。

50代となればファッションも、体系も変わってしまう。

そのため髪型も変えなくてはいけない。

ロングヘアだった芸能人ですら皆さんバッサリと切っています。

それにはしっかりした根拠があって切ったほうが綺麗になれるからモデル、女優さんは短くボブやショートにするんです。

「モテたい」は若いときで、これからはオシャレ(綺麗)にシフトチェンジしましょう。

ボブやショートでいいんです。

もちろんロングヘアのほうがいい50代の女性もいらっしゃいます。

参照 ロングヘアを痛いと思っていませんか?

 

年相応のファッションがあるように髪型も年相応なデザインがあります。

なので、たとえば50代女性がボブに切ったときに重めのパッツンで前髪もパッツンだった場合は似合わせることの難易度が高いので僕だったらレイヤー、段の入ったボブをご提案します。

それにも訳がある。



こちらをご覧ください。

参照 宮沢りえさんの髪型について

髪質が原因で重めにしないと広がってしまう、短くする勇気と切った後のセットが大変なんじゃないか?と不安になってしまうのが50代女性の特徴です。

長い髪の毛をバッサリ切ってイメチェンするタイミングのときに美容院を変えてみてはいかがでしょうか?

同じ歳、年代の美容師さんに切ってもらうと同年代と同じデザインのヘアスタイルになりやすい。

若い僕みたいな美容師がお任せで切ると「こんなお母さんがいいなー」というイメージで髪型をご提供します。

よって、カットの技術やキャリアはさておき、同じボブでも作り手の年齢やセンスでデザインが全く違う。

安定を求めるようになっていませんか?

 

50代女性が髪型を変えるという事はとっても勇気がいることです。

失敗をしないようにまずは気持ちを整理してから新しい髪型を検討してみてはいかがでしょうか。

いきなりショートに切ることはさらに勇気がいりますのでやはり、50代からはまずはボブ。

ボブが似合わない人もいますのでその場合は少し長めのショートボブで軽めのヘアスタイルにしてみましょう!!

 

ご質問やお問合せ

 

初めまして…(^ ^)
神奈川県(大船)在住40代女性です。今まで色々な美容室を放浪し続け、未だ満足のいくヘアースタイルに落ち着いておりません。矯正縮毛、デジタルパーマ等を繰り返し、結局美容院へ行って大金をはたいて髪を痛め続けております。この際傷んだ髪をバッサリ切ってしまいたい…そのためには失敗なく自分に似合う(持続性のある)髪型を実現してくれる美容室、美容師さんを…と、MAX様に辿り着きました…。

 

正直金額の高さに動揺しておりますが…それでも内容に納得がいき、自分に出来る範囲の自宅ケア、スタイリングで日々満足のいくヘアスタイルが持続するのであれば、やっていただく価値があるのでは…と思いご連絡させていただきました。まずは一度お会いして、髪の状態を見ていただけたらと思います。よろしくお願いします(^ ^)

お値段については現在一律でカットが三万円となりますが顧客が増えて予約が取りにくくなってきたらご新規様の価格を上げていきます。

縮毛矯正は癖をまっすぐにしますがデメリットもあります。

「生かす」ことが一番良い選択なのはわかっていると思いますが縮毛矯正をかけないと決まらない髪質の場合は髪型に悩みますよね。

参照 縮毛矯正をやめたい女性へ

喜びの声「プリュムワックスがなかったら外出できなかった」

 

夜分遅くにすみません
ワックス使ってみました
今、どうにもならない状態なので、ワックスがなかったら外出もできなかったと思います

どんな状況かと申しますと、パーマをかけたのにもかかわらず、ブローで伸ばさないと、ただただ膨張しています
髪も傷んでるので、真っ直ぐにはなりませんが、ブローしなければ、どうにもなりません
ブログを読ませていただくと、思い通りにならなかったら、その美容師に、やり直しをお願いするのがいいと書いてらっしゃいましたよね?
返金を求めてもいいと

ハイ、返金かお直しは美容師として当たり前の義務です。

パーマの失敗でどうしようもない状況でもプリュムワックスはオススメです。

 

お願いした髪型にならなかった上に、パーマをかけた意味もなく、かえって手間がかかっているわけです
担当の美容師に、やり直しをして欲しいとは、あまり思わないのですが
パーマのやり直しは、希望しませんし、パーマを取るにしても、ダメージが増えるだけですよね?

そうですね、痛めて伸ばす施術になるので悩みは改善されないと思いますので切って伸ばすを繰り返す期間はホームケアに注力しましょう。

今まで、失敗だから返金して欲しいなんてことを言ったことはないんですが、それって普通のことなんでしょうか?
近いうちに、その美容院に行くつもりですが、その前に、少しご意見伺えたらと思いました
よろしくお願いします

参照 美容院で失敗をしたら返金かお直し

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る