パーマとヘアアイロン・コテ、ダメージが強くて髪が傷むのはどっち?

パーマとヘアアイロン・コテ、ダメージが強くて髪が傷むのはどっち?
Pocket

毎朝のヘアセットでくせ毛のうねる髪を伸ばしたり、カールをつけるためにヘアアイロンやコテを使っていると「パーマの方が良いのかな」と考えたこと、ありませんか?

パーマは部分的にかけることも可能、毎日ヘアアイロンやコテの熱で髪に負担をかけるのとどっちが良いか、迷いますよね。

このページでは美容師がパーマとヘアアイロン・コテ、どちらがダメージがより強く髪を痛めてしまうのか解説しています。

美容室によっては髪が傷まないパーマと称した施術も用意しているのですが、本当に大丈夫なのでしょうか?

毎朝のヘアセットで使うヘアアイロン・コテが実際に髪へどんな影響・ダメージを与えているのかも気になりますよね。

パーマにせよヘアアイロン・コテにせよ、髪にはダメージはかかります、その対処法もこのページで紹介しているのでぜひ、最後までお付き合いくださいませ。


種類によって異なるパーマによる髪へのダメージ

くるっとかわいいパーマ、実はいくつか種類があるのをご存知ですか?

くるっと可愛い、おしゃれ度もぐっと増すパーマをかける前には自分に似合うものはどんなものか、あれこれ調べますよね。

インターネットで検索しているとパーマは髪へのダメージが大きい、ということが分かるはず。

しかし、パーマはその種類や使う薬剤、施術方法によって髪の傷み具合には違いがあります。

パーマは大きく分けて以下の2つの種類に分かれます。

  • デジタルパーマ
  • コールドパーマ

一般的にデジタルパーマは髪へのダメージが大きく、コールドパーマの方がよりダメージが小さくなります。

それぞれどのような施術を行うのか、具体的に説明していきますね。

デジタルパーマは長持ちしますが薬剤&熱によるダメージが髪にかかる

デジタルパーマは、ふんわり可愛いカールが長持ちする美容室でも人気の高い施術のひとつ。

その内容はパーマ剤を使い、60~80度の高温で髪の形状を変化させるというもの。

薬剤・熱、それぞれのダメージが髪への大きな負担となるため、デジタルパーマは美容室の施術の中でも縮毛矯正に次いで髪へのダメージが大きなものです。

デジタルパーマはダメージが大きく、髪が傷みやすい施術

髪質や髪の毛の状態によってはパーマをかけた後にパサパサ・チリチリになってしまうことも。

失敗してしまったり、何度も繰り返してダメージが蓄積することによって切れ毛や枝毛の原因にもなるので、パーマをかける前には美容師さんとのカウンセリングが非常に重要です。

最近では弱酸性低温デジタルパーマという新しい種類のパーマも登場、髪の毛が傷まないパーマとしてお客様にすすめる美容師さんも少なくありません。

弱酸性低温デジタルパーマの特徴は以下の3つ。

  • 髪の毛の弱酸性を保ったままパーマをかける
  • 通常のデジタルパーマより低温(40℃~60℃)
  • 加熱する時間が短い

従来のデジタルパーマに比べると弱酸性低温デジタルパーマは髪へのダメージがより少なく髪を傷めないのは確かです。

コテを使って巻いたように柔らかい質感に仕上がるのも、女性から人気のあるポイントですね。

とはいってもダメージが少なく髪が傷みにくいだけで、頻度が高ければ髪が傷んでしまうことに変わりはありません、くれぐれもご注意を。

デジタルパーマや縮毛矯正は失敗してしまうと見た目が大変なことになってしまいますが、その失敗を誤魔化すために焦ってストレートパーマや再度、縮毛矯正をかけるのは絶対にNG!

ただでさえ傷んでしまったカモの毛がさらに悪化、ボロボロになってしまいます。

デジタルパーマに失敗したときの対処法は別ページを用意しました、ぜひお役立てくださいませ。

コールドパーマはダメージが少なく髪への負担は少ない反面、長持ちしない

コールドパーマ

コールドパーマの特徴はデジタルパーマと違い、髪の毛への熱ダメージはありません。

髪へのダメージが軽減できるため、パーマやヘアカラーを繰り返して髪が傷んでしまっている場合にはコールドパーマをお選びいただく方が良いですね。

コールドパーマは、ショートヘアやボブなどの短い髪型にもかけやすい種類のパーマでもあります。

ショートヘアにかけやすいコールドパーマ

髪へのダメージを減らすことのできるコールドパーマですが、デジタルパーマと比較するとあまり長持ちしません。

1か月程度でゆるくなり、それ以降はどんどん取れていってしまいます。

熱ダメージがないコールドパーマですが、薬剤を使う点ではデジタルパーマと同じ。

大切なことなのでもう一度、パーマをかけると髪の毛は必ず傷みます。

傷みにくいから、とコールドパーマが取れてしまったからと何度も繰り返せば髪はどんどん傷んでボロボロの状態に。

美容師さんには、これまでパーマやヘアカラーをどのくらいしてきたかお分りになる限り伝え、あなたの毛髪状態をしっかり見てもらってから、パーマをかけることをおすすめします。

乾いたときより濡れている方がカール・ウェーブがでるコールドパーマ

コールドパーマは髪の毛が乾いているときよりも「濡れている状態」の方が、カールやウェーブがしっかり出る特徴があります。

濡れている髪のカール

そのため、パーマ後の髪の毛に何もヘアケアアイテムを使わずにドライヤーをかけるとパサパサに傷んで見えてしまうこともあるので、ご注意ください。

コールドパーマをスタイリング剤でヘアセット

パーマをかけたら髪が傷んでしまった、と思ったらまずヘアケア・スタイリング剤を見直してみましょう、それだけで見た目が全然変わることもあります。

濡れているときの方がカールが出やすいコールドパーマのヘアセットにおすすめなのはしっとりと髪をまとめるヘアバーム系のワックスがおすすめですよ。

パーマについては毛髪診断士がその原理をより詳しく別ページで解説しています、こちらも合わせてご一読ください。


本題、パーマとヘアアイロン・コテはどっちが髪が傷まない?

ヘアアイロンとパーマどちらが髪が傷むのか

毎朝、時間をかけてヘアアイロン・コテでヘアセットをするのと、美容室でパーマをかけてもらうなら、どちらが髪へのダメージは少なく抑えられるのでしょうか。

先に結論を言えば、パーマよりもヘアアイロン・コテを「正しく」使えばより髪への負担が減って傷みにくいです。

パーマは、薬剤で髪の毛内部の強いタンパク質結合(ジスルフィド結合)を強制的に切断し、再結合する施術

このジスルフィド結合を切るため、髪表面を覆っているキューティクルを開かなければなりません。

パーマの仕組み、髪へのダメージはかなり大きい

パーマをかけるということは、髪内部のタンパク質構造だけでなく、キューティクルにも大きな負担がかけることになります。

ご自宅でのヘアアイロンやコテでのヘアセットは、髪の毛の結合のなかでも弱い「水素結合を利用します。

髪の性質と水素結合、パーマに比べダメージをより少なく抑えられます

水素結合は髪が濡れると切れて、水分が飛ぶとき(髪が乾くとき)に再結合する弱い種類の結合でしかないので、髪へのダメージは少なくて済みます。

強い結合を強制的に薬剤で切断して再結合するパーマに比べ、弱い結合を利用するのがヘアアイロン・コテの方が髪は傷みにくいわけです。

髪の毛は死滅細胞の集まりです

美容室でパーマ剤を塗布するときは、基本的に頭皮には薬剤がつかないようにしますが、根元からふんわりさせるパーマや全体にくるくるしたパーマをかける場合には、どうしても頭皮にパーマ液がついてしまいます。

お肌や頭皮が敏感だと、パーマをかけるたびに髪の毛だけでなく皮膚まで傷ませてしまうリスクがあることを考えるとヘアアイロン・コテならそのリスクを避けることもできますね。

ヘアアイロン・コテと正しいヘアケアでいろんな髪型を楽しみましょう

美容師から言わせていただくと、くせ毛のように傷みやすい髪質や、ダメージを受けて髪が傷んでしまっている場合は、基本的にパーマをかけることはおすすめできません。

どんなに傷まないパーマでも、パーマ液や熱ダメージが原因で髪の毛がパサパサに乾燥してボサボサになったり、ビビリ毛になったりする可能性があるからです。

髪の毛は死滅細胞と呼ばれる「死んだ細胞」が集まって構成されているため、一度傷むと自己再生ができません。

パーマの失敗でビビリ毛になっている

パーマは一度かけてしまうと髪型を変えにくいというデメリットもあります。

傷みやすい髪質や傷んでしまった髪にはヘアアイロン・コテを使っていろんなヘアスタイルを楽しむようにしましょう。

ヘアアイロン・コテでの巻き髪を基本としていれば、その日によってさまざまな髪型やアレンジ、カールの強さなどの変化を楽しみいただけますよ。

パーマ風にヘアセット

このような「波ウェーブ」や「ミックス巻き」を覚えると、パーマをかけなくてもセルフでパーマ風のヘアスタイルを再現可能。

パーマ風のミックス巻き

ショートヘアやボブの方は26mmのコテ、ミディアムからロングヘアの女性は32mmのコテを選ぶと、パーマっぽいニュアンスにスタリングしやすいのでおすすめです。

ボブをコテでヘアセット

ちなみに、パーマよりもヘアアイロンやコテの方が髪が傷みにくいとお話してきましたが、正しい使い方をしなければ熱ダメージで傷んでしまいます。

コテを使うときの温度は130℃~140℃を守ることが大切。

髪の毛のたんぱく質は150度で熱変性を起こしてしまうため、高温でのコテやアイロンの使用は絶対に避けましょう。

ヘアアイロンをかけるとき、コテ巻きするときは温度に気を付ける

しかし、髪の毛が太い方や剛毛さんの場合、アイロン・コテを使っても温度が低いとカールが付きにくいという問題も出てきます。

その場合は、設定温度を上げるのではなく髪をブロッキングして細い毛束ごとにコテを当てるようにしましょう。

均一に熱が伝わることで、髪型も長持ちしますし、キレイなパーマ風ヘアに仕上がるのでぜひ試してみてくださいね。

パーマであれヘアアイロン・コテであて、大切なのは正しいヘアケア

パーマをかける場合も、ヘアアイロンやコテでヘアセットする場合も、髪の毛が傷まないように正しいヘアケアをすることが何より大切。

ヘアアイロンやコテ、ドライヤーでヘアセットする前には、毛髪補修&保護成分をしっかり含むヘアオイルを髪の毛に馴染ませるようにしましょう。

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当してきた美容師が作ったプリュムヘアオイルは、補修保護成分ケラチン、シルク、コラーゲンを贅沢に配合しています。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

髪ダメージを内部からじっくり補修するだけでなく、ドライヤーやヘアアイロン・コテの熱ダメージから髪の毛を保護し、傷まないように予防する働きもあります。

キレイな髪の毛をキープしたい方はぜひ使ってみてくださいね、カラーやパーマで傷んだ髪の補修ケアにもおすすめです。

スタイリングにはヘアセットと同時に保湿もできるワックスがおすすめ

パーマやヘアアイロン・コテで作ったカールを綺麗に見せて長持ちさせたいなら、保湿もできるトリートメントワックスを使ったスタイリングを試してみましょう。

パーマで傷んだ髪にはトリートメントワックスがおすすめ

乾燥に弱いくせ毛を見続けてきた美容師が作ったプリュムワックスは女性のパーマヘアや巻紙をふんわりキープするのにぴったりなスタイリング剤です。

コテ巻きしてスタイリングしました

カチカチに固めるハードタイプやメンズのショートヘアに使うべたつきやすいマットタイプとは違い、ベタベタの手触りを極力抑えています。

毛先をコテで巻いてパーマ風に仕上げる

ヘアセットやお直しのときにも指がひっかかることがないので、パーマをかけて弱くなった髪が切れることもありません。

シャンプーで簡単に落とせるため、髪の毛が傷まないのも人気の理由のひとつ。

パーマをかけた髪の毛コテ巻き仕上げの髪に自然なツヤをのせながら、おしゃれでかわいいヘアスタイルをしっかり長持ち。

コテで作ったパーマ風の髪型も、軽さと柔らかさを演出しながらキープ。

ワックスはにおいが苦手、という方もご利用いただける無香料のスタイリング剤です。

ヘアオイルとワックスを組み合わせて同時にヘアケア・スタイリング

ドライヤーやヘアアイロン・コテを使う前に髪に馴染ませるプリュムヘアオイルと、ヘアセットをしながら同時に保湿・ヘアケアもできるプリュムワックスの組み合わせをプリュムヘアケア「2STEPアウトバストリートメント」と呼びます。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

艶が出てカールが綺麗に見える

実際にご利用いただいているお客様からの口コミをいくつか紹介させていただきますね。

くせ毛がよくまとまる、るい様からの口コミ

癖毛がよくまとまってスタイリングも楽です。
とくに雨の日は重宝します。
★★★★★ 2021年10月1日

髪質改善が必要なくなった、よしじゅん様からの口コミ

綺麗な髪になりたくて髪質改善を始めました。
その時はとても綺麗になりますがパーマをかけた時のにおいが気になっていました。
サロンシャンプーで手触りは良くなりましたがパサついていました。
そんな時にこのオイルとワックスを使い始めるとツヤが出て50代ですがこれまでで一番綺麗な髪になりました。
ワックスは髪につけた後リップや手につけても大丈夫です。
お値段以上です。
シャンプーとトリートメントももうすぐ届く予定でとても楽しみです。
髪質改善は必要なくなりました。
★★★★★ 2021年11月1日

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧くださいませ。


パーマよりはヘアアイロン・コテの方が髪は傷みにくい、ヘアケアをお忘れなく

おしゃれなヘアスタイルに必須のふわっとした女性らしい巻髪やカール、くせ毛や天然パーマの髪の毛ならそのまま活かすことができますが、基本的にはパーマかヘアアイロン・コテを使わなければなりません。

髪へのダメージは薬剤・熱を使うデジタルパーマが最も強く、コールドパーマなら熱からのダメージはありませんがやはり薬剤を使って髪の毛内部と表面のキューティクルのダメージを与えてしまうため、パーマだといずれの場合にも髪への強いダメージがあります。

ヘアアイロンやコテ、ドライヤーからの熱によるダメージはパーマに比べれば軽く、気が向いたら自分の好きなヘアスタイルにも簡単にアレンジできるメリットも。

いずれの場合にも髪質に合わせた正しいヘアケアを導入してあなたの大切な髪を健やかな状態に導いてあげましょう。

美容師が作ったプリュムヘアケア「2STEPアウトバストリートメント」は導入も簡単、使い続けることでサロンクオリティのヘアケアが可能。

傷みやすく乾燥しやすいくせ毛の髪質だけでなく、パーマ・ヘアカラーなどの髪のおしゃれが原因で髪が傷んでしまった場合にもおすすめです。

このページがパーマかヘアアイロン・コテを使うか迷っているあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いただき、ありがとうございました!

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket